WEB完結カードローンとは?ネットだけで審査まで完結するメリット・デメリット

WEB完結カードローンとは?ネットだけで審査まで完結するメリット・デメリット

ソファで人差し指を立てる女性

カードローンのWEB完結とは?ネットで審査まで完結できる?

「予想外の出費が続いて、生活費が不足する……」「友人との旅行資金の支払いがボーナス前だから、なんとかしなければ……」というように、急な出費が続き貯蓄も底をついてしまっている場合、担保無しでお金を借りることができるカードローンが役に立ちます。

カードローンは消費者金融や銀行などの金融機関で利用できますが、申し込みに必要な書類をそろえて手続きをした上で、一定の審査を受け、審査に通過して初めてカードローンを利用することができます。

そこで今回は、この一連の手続きをなるべく簡単に、かつスピーディーにしたいと考えている方のために、WEBで申し込みから審査まで完結できるカードローンについてご紹介します

WEB完結カードローンとは

カードローンは、旅行やレジャー、生活費など使途が自由で、幅広い目的で利用できます。銀行や信用金庫、信用組合や消費者金融など多くの金融機関で申し込みができ、担保は必要ありません。そのため、急にお金が必要になり手持ち資金が不足する場合に利用する方も多いようです。一般的には、ローン専用カードを使用して、借入先や提携金融機関のATMから現金を引き出して利用するローンのため、「カードローン」という名称になっています。

カードローンを申し込む場合の申込方法は、直接店舗や無人契約機に行って手続きする方法や、電話で申し込む方法、インターネット(スマートフォン)から申し込む方法などがあります。

申し込みの際には、免許証またはパスポートなどの本人確認書類や、収入を証明できる書類が必要になるため、事前に用意しておと比較的スムーズに手続きが可能です。

これらの書類は、店舗での申し込みでは直接提出できますが、インターネット(スマートフォン)から申し込む場合は、スマートフォンなどで撮影した書類の画像を送信したり、スキャナーで取り込んだ書類データをメールに添付して送信したりすることになります。

なお、申し込み、さらに審査や融資までの手続きをすべてネットだけでできるカードローンのことを、「WEB完結カードローン」といいます。また、最近のカードローン契約では、WEB完結の方法が主流になっています。

カードレスのローンの特徴

今までのカードローンは、お金を借りる場合や返済する場合、ATMでカードローン会社のローン専用カードを利用することが一般的でした。しかし最近では、ローン専用カードを発行しないで、「カードレス」でローンの借り入れや返済を行う方が増えています。

カードレスのローンでお金を借りる場合は、カードローン会社のインターネットサイトにアクセスし、自分の銀行口座への振り込みを依頼することが一般的です。現金が銀行口座に振り込まれたら、その銀行のキャッシュカードを使って口座からお金を引き出すことになります。つまり、ローン専用カードがなくてもカードローンを利用できるのです。

また、返済する場合は、カードローン会社が指定する口座に、インターネットからお金を振り込む方法で返済することになります。このように、インターネットバンキングに対応した銀行口座を開設しておけば、申し込みから契約、借り入れ、返済まですべてWEBで完結できることがカードレスのローンの特徴です。また、カードレスならローン専用カードを紛失する心配がないのもメリット。通常は、ローン専用カードの発行には数日~2週間程度かかる場合が多いため、なるべく早くカードローンを利用したい場合は、カードレスで申し込むことをおすすめします。

WEB完結の消費者金融カードローンの特徴

WEB完結の消費者金融カードローンの特徴は、即日融資が可能ということです。カードローンといえば、早くお金を借りる場合に便利と考える方が多いのではないでしょうか。

銀行系カードローンは手続き上、ほとんど即日融資ができません。どうしても申し込み当日にお金が必要という場合は、消費者金融のカードローンを選ぶことになります。

消費者金融カードローンをWEB完結で申し込み、さらに即日融資をしてもらうためには、基本的に、消費者金融が提携している銀行に口座を持っていることが条件となります。

ただし、即日融資の受付時間が早めに終了してしまい、融資が翌日になってしまう場合もあるため、時間に余裕を持って申し込む必要があります。

また、最近では銀行口座を介さず、スマートフォンアプリを使ってコンビニATMなどから借り入れや返済ができる消費者金融のカードローンもあります。ローン専用カードの代わりに、スマートフォンアプリを利用するというイメージです。

この場合は、カードローン会社が提携しているコンビニに行く必要はありますが、銀行口座に入出金履歴が残らないため、急な出費があり、家族に内緒でカードローンを利用したいという場合には適した方法になります。また、スマートフォンアプリを利用した借り入れや返済は、コンビニATMで24時間利用可能なので大変便利です。

WEB完結の銀行カードローンの特徴

銀行系のカードローンでも、WEB完結で手続きができる銀行があります。しかし、手続き上、審査に時間がかかるため、どんなに早い場合でも融資は翌日以降になってしまいます。

また、一般的に、銀行カードローンの審査は消費者金融カードローンより厳しいといわれています。ただし、審査が厳しい分、消費者金融のカードローンよりも低い金利で利用できるのが銀行カードローンの特徴です。

銀行カードローンはその銀行に口座を持っていなくても利用できますが、口座を持っていればWEB完結の場合でも手続きがスムーズに進みます。すでに持っているキャッシュカードでカードローンを利用できる場合が多いため、カードローンの審査に通れば、すぐに利用することが可能です。

さらに、金利の優遇が受けられる場合もあるので、金利の低いカードローンを探している場合には銀行系のカードローンの利用を検討すると良いでしょう。即日融資にこだわらず、金利重視でカードローンを利用したいという方には、銀行系のカードローンがおすすめです。

カードローンの審査をネットで完結するメリット

ノートパソコンへの入力

パソコンやスマートフォンなど、ネット上で申し込みから審査まで完結できることが、WEB完結カードローンです。

ここでは、ネットで審査まで完結できるメリットをご紹介します。

融資までに手間がかからない

スマホを操作する女性

WEB完結カードローンはネットでカードローンの申し込みができるため、店頭に行かなくて良い分、時間の節約になります。

申し込みは、契約したいカードローン会社のホームページにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力するだけです。自宅のパソコンだけでなく、外出中にスマートフォンからでも申し込みができます。免許証やパスポートなどの本人確認書類や収入を証明できる書類などは、スマートフォンで撮影して送信するだけです。

さらに、審査結果の通知もメールで受け取ることができますし、融資の際の振り込み依頼もインターネットバンキングを利用すればスピーディーです。このように、申し込みから融資までの手続きをWEBですべて完結できて手間がかからないのが、WEB完結カードローンのメリットになります。

誰にもバレずに借り入れができる

家族とペットの犬

カードローンの申し込みをすると書類やローン専用カードが自宅に送られてくるため、家族にバレてしまうのではないかと不安になる方が多いのではないでしょうか。

WEB完結のカードローンでは、申込時に「カードレス」を選択することで、自宅にローン専用カードが届きません。また、返済状況もネットで確認できるため、紙の返済明細書も「郵送不要」の手続きをしておくことで、自宅に郵便物が届くことはありません。さらに、審査結果や融資申し込みなどのカードローン会社とのやりとりはメールで行うため、家族にバレずにカードローンを申し込んで利用することが可能です。

家族にバレることと同様に、勤務先に「在籍確認」の電話がかかってくることを心配される方がいらっしゃいます。

在籍確認とは、カードローン会社が、カードローン申込者の勤務先に電話をして、実際に在籍しているかどうかを確かめることです。通常の在籍確認では、申し込んだ本人が電話に出たら、名前や生年月日、住所など、本人確認に必要な情報を聞くだけです。しかし、会社の方が電話に出た場合、カードローンの利用がバレてしまうのではないかと心配される方がいらっしゃるかもしれません。金融機関は、カードローンの審査の電話だと分からないよう電話するため、勤務先にバレる心配はほとんどないでしょう。

ただし、どうしても勤務先への在籍確認が嫌だという場合は、WEB完結のカードローンの中でも、電話での在籍確認を行わない金融機関を選ぶことをおすすめします。

カードローンの審査をネットで完結するデメリット

スマホを見ながら顔をしかめる女性

WEB完結カードローンには、メリットだけではなくデメリットもあります。

ここではWEB完結カードローンのデメリットについてご紹介します。

ネット環境に慣れていないと時間がかかる

目覚まし時計とノートパソコン

WEB完結カードローンは、ネットですべての手続きが完了できることがメリットですが、ネット環境に慣れていない方は、手続きに時間がかかってしまうかもしれません。入力項目は、名前や住所、生年月日などの個人情報をはじめ、勤務先については名称だけでなく会社の規模や入社年月日、さらに住まいについては持ち家かどうか、入居年月日、家賃や住宅ローンの月負担額などの入力が必要です。

入力項目が多いため、慣れていないと時間がかかり、心理的にも負担を感じることがあるでしょう。

申込時に相談・質問ができない

ノートパソコンを見ながら電話

WEB申し込みでは、自分でネット上の申し込みフォームに入力しますが、中にはどんな内容を記入すれば良いのか判断が難しい項目があるかもしれません。そのようなとき、店舗での申し込みの場合、その場で質問もできるためスムーズに手続きが進みますが、WEB申し込みの場合、すぐに質問や相談ができないというデメリットがあります。

なお、WEB申し込みで入力内容に迷った場合、ほとんどの金融機関は、電話で質問に回答するサービスを提供しています。

入力中に分からないことがあれば、随時電話で質問することで、スムーズに入力できるでしょう。

カードレスの場合は口座に履歴が残る

口座履歴とえんぴつ

カードローンをカードレスで利用する場合、借入金は、基本的には利用者の銀行口座へ振り込まれます。また借入金の返済方法には、カードローン会社が指定する銀行口座へ振り込んで返済する方法や、自分の銀行口座から自動引き落としで返済する方法があります。

このように、カードレスでカードローンの借り入れや返済を行う場合、自分の銀行口座を介さなくてはいけないため、入出金の履歴が自分の銀行口座に記録として残ってしまいます。そのため、銀行口座を家族と共有している場合は、カードローンの利用が家族にバレてしまう可能性があります。

家族にバレることなくカードローンを利用したい場合は、自分専用の銀行口座を使用しましょう。また消費者金融の中には、銀行口座を介さずに、コンビニのATMから借り入れや返済を行える、スマートフォンアプリを提供している場合があります。

カードローンの申し込みは便利なWEB完結カードローンがおすすめ

今回は、WEBで申し込みから審査まで完結できるカードローンの概要や、WEB完結カードローンを利用するメリット・デメリットをご紹介しました。

WEB完結カードローンは、急にお金が必要になった場合、ネット環境さえあれば場所を選ばず24時間いつでもスピーディーに、申し込みから審査まで完結できるため、大変重宝するでしょう。ネット環境に慣れていない方でも、電話でのサポートを受けることができるため、簡単に申し込み手続きを進められます。

ただしWEB完結カードローンは、手軽に利用できるからといって必要以上に大きな金額を借り入れしたり、安易に借り入れを繰り返したりしないよう注意しましょう。カードローンを利用する場合は、自分に必要な額を借り入れして、計画的に返済することを心掛けながら利用しましょう。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.