東和銀行カードローン とんとん

群馬県を本拠地として関東各地に店舗を構える「東和銀行」は、2017年に創業100周年を迎える伝統ある地方銀行です。

そんな東和銀行のカードローン「とんとん」がいま人気です。この記事では「とんとん」のメリットやデメリット、具体的な申込手順などについて解説します。

群馬県に根ざした経営と豊富なローンが魅力!東和銀行の特徴

群馬県前橋市に本店を構え、関東を中心に店舗展開をしている「東和銀行」。

豊富なフリーローンで多様な顧客ニーズに応えたり、インターネット支店やLINE@の活用で使い勝手を訴求したりしている地方銀行です。

このほかにも、女性の活躍推進や地域への社会貢献活動もおこなっています。東和銀行の特徴についてみていきましょう。

豊富なフリーローンで多様なニーズに対応

以下は東和銀行が扱っている「とんとん」以外の代表的なフリーローンです。

  1. 東和イージーローン
  2. ・申込対象:契約時満20歳以上、完済時満80歳以下。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方。安定した収入のある方
    ・使用用途:原則自由。ただし、事業性資金は除く
    ・融資極度額:10万円以上、500万円以内
    ・金利:年7%(変動金利)、年9.5%(変動金利)、年13.0%(固定金利)のいずれか(どれになるかは自分では選べず審査によって決定される)
    ・契約期間:1年以上15年以内
    ・返済方法:元利金毎月返済
    ・その他:もっとも低い金利だと年7%とカードローンの中ではかなりの低金利。返済能力や職種、属性に自信がある方におすすめのローン。

  1. スピード王MAX
  2. ・申込対象:契約時満20歳以上、完済時満70歳以下。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方。安定した収入のある方(年金受給者、配偶者に収入のある専業主婦も含む)
    ・使用用途:原則自由。ただし、事業性資金は除く
    ・融資極度額:10万円以上、300万円以内
    ・金利:融資極度額:200万円未満は年14.6%、200万円以上は年12.0%
    ・契約期間:3年毎の自動更新
    ・返済方法:元利金毎月返済
    ・その他:契約日から30日以内は無利息。銀行営業日の午前10時までに申し込めば、最短で即日融資可能。東和銀行が取り扱っているカードローン中でも、もっとも申込対象の幅が広い。

  1. フリーローン・モア
  2. ・申込対象:契約時満20歳以上65歳以下、完済時満70歳以下。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方。安定した収入のある方
    ・使用用途:原則自由。ただし、事業性資金は除く
    ・融資極度額:10万円以上、300万円以内
    ・金利:年13.0%(固定金利)
    ・契約期間:6ヶ月以上、7年以内
    ・返済方法:元利金毎月返済

  1. 財活ローンⅡ型
  2. ・申込対象:契約時満30歳以上70歳未満、完済時満82歳未満。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方。年収400万円以上、勤続年数もしくは営業年数5年以上、団体信用生命保険に加入できる方
    ・使用用途:原則自由。ただし、事業性資金は除く
    ・融資極度額:100万円以上、5,000万円以内
    ・金利:変動金利型もしくは固定金利選択型(3年、5年、7年、10年)。数値は住宅ローンの基準金利を元に見直し
    ・契約期間:35年以内
    ・返済方法:元利金毎月返済
    ・その他:融資極度額の上限が他のローンに比べ圧倒的に高いものの、その分申込対象はかなり制限されている

各種目的ローンも充実

以下は東和銀行が扱っている代表的な目的ローンです。

  1. 教育ローン
  2. ・申込対象:幼稚園~大学等に入学、在学、留学する子どもの親権者または後見人の方。契約時満25歳以上、完済時満65歳以下。勤続3年以上もしくは営業年数5年以上。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方
    ・使用用途:入学金や授業料、家賃、引越し、その他仕送りを含む入学や在学、留学に必要な費用
    ・融資極度額:10万円以上、500万円以内。ただし、そのうち仕送りは月10万円以内
    ・融資期間:1年以上、15年以内。ただし、据置期間(子どもの在学中)にプラス10年以内の猶予あり
    ・金利:年2.725%~年3.725%
    ・返済方法:据置期間は利息のみ。据置期間終了後は毎月元利均等返済
    ・その他:東和銀行の口座を給与振込に指定したり、預金が100万円以上あったりするなど、各種条件を満たせば最大年1%割引

  1. マイカーローン
  2. ・申込対象:契約時満20歳以上、完済時満65歳未満。勤続年数1年以上もしくは営業年数3年以上。東和銀行営業エリア内に住んでいる方
    ・使用用途:自動車の購入、修理、車検、他金融機関の自動車ローンからの借り換え
    ・融資極度額:10万円以上、300万円以内
    ・融資期間:7年以内
    ・金利:年2.4%~年3.9%
    ・返済方法:毎月元利金均等返済。ボーナス増額返済も可能
    ・その他:ハイブリッド車や電気自動車などの各種エコカー割引、東和銀行で給与振込を行っているなどの割引項目を満たせば、割引金利が適用

  1. 東和リバースモーゲージローン<生涯ゆとり>
  2. ・申込対象:夫婦または独身で契約時60歳以上、75歳以下。安定した収入がある方(年金等)。本人や配偶者、または共有名義で一戸建てに住んでいる方。東和銀行営業エリア内の路線価のある地域に住んでいる方
    ・使用用途:生活資金
    ・融資極度額:300万円以上、1億円以内。ただし、自宅土地評価額の50%以内が上限
    ・融資期間:1年毎の自動更新。契約者死亡時もしくは融資の完済まで
    ・金利:東和銀行住宅ローンに準ずる変動金利型
    ・返済方法:利息は毎月支払。借入金は自宅売却等による一括返済

地域に根ざした社会貢献活動をおこなっている

群馬県の地域社会の発展を支援するため、東和銀行は以下のようにさまざまな社会貢献活動を行っています。

  • 環境ボランティア
  • 雄大な自然を一目見ようと全国各地から観光客が訪れる「尾瀬」。そんな尾瀬の入山者に対して、東和銀行オリジナルのゴミ袋を配布し、ゴミの持ち帰り運動を実施しています。

  • 文化活動
  • 群馬県民会館と共同で、一流文化人の講座を受講できる「TOWA県民文化講座」を開催したり、幼稚園児や小学校の子どもを対象とした劇団角笛、影絵劇が見られる「東和よいこ劇場」を開催したりしています。また、前橋市出身の有名詩人・萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)にちなんだ、現代詩の文学賞・萩原朔太郎賞への協賛も行っています。

  • 教育活動
  • 地元の群馬大学や放送大学と協力し、金融、金利、外国為替といった内容の連携授業や公開講座を開催しています。

  • 地域交流
  • 県内で開催されるスポーツイベント「ぐんまマラソン」に協賛するだけでなく、選手や運営ボランティアとして多数の行員が参加しています。

群馬県で初めて女性の管理職を抜擢&次世代の育成にも注力中

女性の活躍推進に注力しているのも、東和銀行の特徴のひとつです。東和銀行は群馬県内の金融機関で初めて女性支店長や執行役員、そして、社外取締役の選任を行っただけでなく、キャリアパスも性別関係なく用意されています。

他の銀行では男性が務めることの多い渉外行員として働く女性も多く、「学歴や男女差ではなく能力で評価される職場」を標榜しているのも特徴です。

また、育児休暇や子育て休暇などを充実させることによって、結婚や育児を機に退職しなくても働き続けられる環境を整えています。

こうした東和銀行の取り組みは外部からも評価が高く、2006年には女性の役付比率の高さから「群馬県労働局長優良賞」を受賞しているほどです。

インターネット支店やLINE@など、ネット上での使い勝手がよい

東和銀行にはインターネット支店があり、全国どこからでも申し込むことができるため、急な出張などの理由により、東和銀行営業エリア外で一時的に生活することになった人にも対応しています。

また、仕事が忙しくて窓口やATMが開いている時間帯に利用できない人や、家の中や外出先でサクッと取引を完了させたい人には使い勝手のよいサービスと言えるでしょう。この他にも、東和銀行には公式のLINE@があり、お得なキャンペーン情報などを随時受け取ることができます。

「とんとん」ってどんなローン?概要や金利

東和銀行の特徴がわかったところで、ここからは「とんとん」について説明していきます。

カードローン「とんとん」の概要

以下はカードローン「とんとん」の概要です。最高金利は他の銀行系カードローンとあまり変わりありませんが、最低金利は「3.90%」と4%を超えるものが多いなか、比較的低金利になっています。

  1. 申込対象
  2. ・契約時年齢満20歳以上、満65歳未満の個人
    ・安定した収入のある方(年収基準はなく、専業主婦やアルバイトでも申し込みOK)
    ・東和銀行の営業エリア内で生活もしくは勤務している方

  1. 使用用途
  2. ・原則自由。ただし、事業性融資は除く

  1. 融資金額
  2. ・10万円以上500万円以内で10万円単位。ただし、借入期間中の利用状況によっては極度額が変動する可能性あり

  1. 金利
  2. ・申込対象:契約時満30歳以上70歳未満、完済時満82歳未満。東和銀行の営業エリア内に生活もしくは勤務している方。年収400万円以上、勤続年数もしくは営業年数5年以上、団体信用生命保険に加入できる方
    ・年3.90%~14.60%。詳しくは次の項目を参照

  1. 融資期間
  2. ・1年毎の自動更新で更新手続きは必要なし。ただし、満70歳以降は借り入れはできず返済のみ

  1. 借入方法
  2. ・東和銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行など、提携金融機関のATMから可能

  1. 返済方法、返済日、返済額
  2. ・毎月約定返済で返済日は月末。返済額は1万円から。詳しくは記事後半を参照

  1. 手数料
  2. ・諸々の手続きに関する手数料は無料。カードを紛失して再発行になった場合は1,080円(税込)必要

  1. 必要書類、申込方法
  2. ・本人確認書類と、借入額によって所得証明書が必要。申し込みは電話やネットから可能。詳しくは記事後半を参照

カードローン「とんとん」の金利

以下はカードローンとんとんの金利です。他行のカードローンの水準とほぼ同じですが、「410万円以上、500万円以下」の年利が3.90%となっており、4%後半が多い他の銀行系カードローンに比べてやや低金利に設定されています。

極度額 年利
10万円以上、100万円以下 14.60%
110万円以上、200万円以下 13.00%
210万円以上、300万円以下 11.00%
310万円以上、400万円以下 6.80%
410万円以上、500万円以下 3.90%

来店や口座開設不要!とんとんのメリット

カードローンを利用するに当たって、来店や口座開設が不要な点や申込対象の幅が広い点は、利用者にとって大きなメリットとなります。ここからは、そんな「とんとん」のメリットとなる点を、それぞれ具体的に解説していきます。

とんとんは利用に当たって来店や口座開設不要

とんとんは来店や口座開設といった手間が不要です。

カードローンの中には、「来店不要」と謳っているにもかかわらず、よく見てみると「仮審査は来店不要だが、本契約時には来店必須」といったものや、「契約する銀行の口座開設が必須」といったものが多々あります。

そういったカードローンに比べると、来店と口座開設が不要なとんとんは、仕事が忙しくて窓口まで行けない人でも安心して申し込むことができます。また、必要以上に口座が増えないため、金銭管理が簡単というメリットもあります。

300万円までの利用なら所得証明は不要

カードローンに限らず、ローンを組むときは借入額が高額であれば「所得証明書」が必要になってきます。とんとんの場合、この所得証明書は300万円まで必要ありません。

300万円という金額は、個人が事業以外で借り入れをおこなう場合、ほとんどの用途を満たせる金額です。銀行系カードローンの中には100万円の借り入れでも所得証明書が必要なものもあるため、とんとんの300万円という金額設定は比較的高額に設定されていると言えます。

また、所得証明書は在住の市区町村役場に足を運んで発行してもらわなければならず、それだけでかなりの手間です。こうした手間を省けるという面で見ても、とんとんは使い勝手のよいカードローンと言えるでしょう。

専業主婦やアルバイト、フリーターでも申し込み可能

とんとんはアルバイトやフリーター、専業主婦(配偶者に安定した収入があることが前提)でも申し込み可能です。

これらの職種や属性の方は、会社員や公務員とは違い収入が低く安定しない傾向にあるといえます。審査や条件の厳しいカードローンであれば、審査の申込対象から外れてしまう場合もあります。

返済能力を考えると、仕方がないと言えば仕方がないものの、該当する職種の方にとってはデメリットと言わざるをえません。その点とんとんは、そうした職種・属性の人に対しても広く門戸を広げており、幅広いタイプの方が利用できるようになっています。

審査結果は早ければ即日回答してもらえる

カードローンを申し込むに当たって気になるのが、審査のスピードではないでしょうか。とんとんは早ければ仮審査申込から2~3時間で審査結果を回答してもらえます。(ただし、受付窓口の混雑状況によっては翌営業日になることもあり)

審査に1日、下手をすれば数日かかってしまう金融機関もあるため、この点はとんとんのメリットと言えるでしょう。

エリア限定&返済できるATMが少ない!とんとんのデメリット

手間がかからず審査も早いとんとんですが、デメリットがないわけではありません。ここからは、とんとんの中でも「返済可能なATMの種類が少ない」「年金受給者は申込対象外」といった、人によってはデメリットと感じる部分をそれぞれ解説していきます。

返済可能なATMが2種類しかない

とんとんの専用カードローンで返済できるのは、東和銀行もしくはセブン銀行のATMの2つしかありません。家や職場の近くにこの2つのATMがない人は、返済の度に少し遠出をしてATMを探す必要があるので、手間がかかります。

他の銀行系カードローンの中には、ゆうちょ銀行ATMやローソンATM、ファミリーマートATMでの返済に対応しているところも多く、それに比べるととんとんは返済に関しては使い勝手が悪いと言わざるをえません。

また、返済が口座振替に対応していないため「うっかりミスによる返済し忘れ」といったリスクがある点も、人によっては不便だと感じるでしょう。

申込対象となるエリアが限られている

とんとんの申込対象者は「東和銀行の営業エリア内に在住もしくは勤務している人」と制限されています。

そのため、東和銀行の営業エリアである群馬県、埼玉県、東京都、栃木県、千葉県、神奈川県のいずれかの都道府県で生活したり働いていたりする人でないと、そもそも申し込むことすらできません。とんとんの商品概要が気にいったとしても、誰でも申し込めるというわけではないのです。

年金受給者は利用できない

とんとんはアルバイトや専業主婦など、申込対象の間口は比較的広いカードローンですが、年金受給者は申し込みが不可となっています。

年金受給者の方でも申し込める銀行系カードローンは多数あるため、それらのローンと比較するとこの部分はデメリットと言えるでしょう。ただ、年金受給者であっても年金以外に家賃など何らかしらの収入があれば申し込むことができます。

数千円単位の少額返済には対応していない

とんとんは、借入額の残高が1万円未満でない限り、最小の返済額は1万円からとなっています。他の銀行系カードローンでは金額に応じて「月々2,000円から返済可能」と数千円単位の少額返済に対応しているものも数多くあります。

そのため、「月々の返済額はなるべく抑えたい」と考えている人にとって、1万円からの返済にしか対応していない点はかなりのデメリットと言わざるをえません。

実際に利用できるまでには時間がかかる

審査の結果は早ければ当日中に教えてもらえますが、実際にとんとんのカードローンを利用できるまでの期間はこれとは異なり、おおむね10日ほどかかります。

というのも、とんとんは本契約までに「書類郵送」の手順を必ず踏む必要があるため、ネットだけで本契約まで完了できるカードローンと比べると、どうしても利用までに時間がかかってしまうのです。「今すぐ、手元に現金が欲しい!」と考えている人にとって、このタイムラグは大きなデメリットです。

とんとんの申込必要書類や返済方法、審査のポイントについて

とんとんのメリットやデメリットがわかったところで、ここからは実際にとんとんを申し込むときの手順について解説していきます。また、手順だけではなくローン審査のポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「とんとん」の申込必要書類

とんとんの申込必要書類は以下の通りです。300万円を超える借入額を希望する場合は所得証明書が必要となります。会社員であれば会社から発行される給与明細書などで大丈夫ですが、個人事業主であれば在住の市区町村役場に出向いて所得証明書を発行してもらう必要があります。

  • 借入額が300万円以内の場合
  • ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証等)

  • 借入額が300万円を超える場合
  • ・本人確認書類
    ・所得証明書(給与明細書、源泉徴収票、課税証明書等)

仮審査申込~正式契約までの流れ

以下はとんとんの仮審査申込~正式契約までの流れです。

  • 仮審査申込
  • 仮審査申込には以下の5つのパターンがあります。

    ・電話
    …電話で質問事項に答えて仮審査申込をおこなうパターン。受付時間はAM8:00~PM8:00、365日(1月1日を除く)対応。電話番号:0120-108-350

    ・パソコン・スマホ
    …24時間365日対応。6項目のみ入力して、後で銀行から電話をかけてもらい詳細を答える「クイック申込」と、ネット上で必要事項をすべて入力してそのまま審査まで行ってもらう「通常申込」の2パターンがある。

    ・携帯電話
    …いわゆる「ガラケー」の場合。こちらもパソコン・スマホと同様24時間365日対応。ただ、携帯電話サイト専用の申込サイトから申し込む必要がある。

    ・FAX
    …東和銀行の公式ホームページから「とんとん」のページに飛び、そこから「事前審査申込書」をダウンロードし、必要事項を記入。その後FAXにて申込書を送信。FAX番号:0120-108-725。

    ・郵送
    …銀行窓口で配布されている「とんとん」のリーフレットに必要事項を記入し、申込書を切り取って送付(切手不要)。

  • 審査、審査結果の連絡
  • 保証会社によって個人信用情報の照会や、返済能力のスコアリングなどの審査が行われます。

    最短であれば2~3時間ほどで結果が出ますが、問い合わせ等業務が混み合っているときは結果の通知が翌営業日になることもあります。

  • 契約書類の到着、記入、送付
  • 審査に通ると東和銀行から契約書類が送られています。審査に通ったとしても、この時点ではまだカードローンは利用できません。送られてきた書類に必要事項を記入し、銀行宛に返送します。

  • 銀行にて書類のチェック、契約手続き
  • 申込者から送られてきた契約書類を銀行側がチェックして不備がないかを確認します。不備がなければ、銀行側にて契約手続きが行われ契約完了となり、ローン専用のカードが送付されます。

  • カード到着、利用開始
  • 銀行からローン専用のカード到着次第、とんとんが利用できるようになります。

審査のポイントや注意点

カードローンを申し込むときにもっとも気になるのが、「審査の基準」と、職場に電話がかかってくる「在籍確認」ではないでしょうか。ここでは、この2つの項目について解説していきます。

  • 審査の基準は2つ
  • カードローンの審査の基準は、大きく分けて以下の2つです。

    ・返済能力のスコアリング(点数付け)
    …カードローンの保証会社は、申込者を年収や所属、勤続年数、既婚・未婚といった情報からスコアリングしています。たとえば、年収が高く勤続年数が長いほど点数は高くなり、審査に通りやすくなる、といった具合です。また、年収や勤続年数以外にも申込者の仕事内容によってもスコアリングは変化し、大手企業正社員や公務員は点数が高く、独立して間もない個人事業主やアルバイトなどの場合は点数が低くなる傾向にあります。

    ・個人信用情報
    …個人信用情報とは、専門機関に保存されている、個人のクレジットカード履歴やローンの有無、その残高などの情報です。この情報を照会すれば、申込者が過去にクレジットカードで延滞や遅延の事故を起こしているかどうかはすぐわかりますし、多額のローンを抱えている場合も一目瞭然となります。そのため、過去にクレジットカードで事故を起こしていたり、年収に見合っていない多額のローンを抱えていたりする人は、審査に落とされてしまうのです。

  • 在籍確認の注意点やポイント
  • 申込者が本当にその職場で働いているのかどうかを勤め先に電話で確認する「在籍確認」は、カードローンの利用を周囲に知られたくない人にとっては気になるポイントです。在籍確認は「◯◯です。△△さんはいらっしゃいますか?」といった風に名前だけ名乗ってかけてくるのが一般的なので、その時点でカードローンの利用がバレることはありません。ただ、業務中に会社名も名乗らずに電話をかけてくる人はあまりいないため、怪しまれる可能性はあるでしょう。

どうしても周囲にバレたくない人は、消費者金融系の中でも在籍確認のないところのローンに申し込んでみるのもひとつの手です。

また、在籍確認はクレジットカードや保険でもおこなわれる場合があります。そのため、電話を取り次いでくれる担当が決まっているのであれば、事前に「今日はクレジットカード(もしくは保険)の在籍確認があるから」という風に伝えておけば、カードローンの在籍確認と怪しまれることはないでしょう。

返済方法、返済日、返済金額

以下は、とんとんの返済方法、返済日、返済金額です。

  1. 返済方法
  2. 毎月約定金額返済。また、これ以外にも自分の好きなタイミングで臨時返済も可能。

  1. 返済日
  2. 毎月月末で、月末が休業日だった場合でも締切日は変わらない。他の銀行では「返済日当日が休業日だった場合は、翌営業日が締切日」としているところが多いため注意が必要。

    たとえば、月末が日曜日だった場合、お金が実際に動くのは翌営業日である月曜日だが、「返済手続きをした履歴」は日曜日に残るため、返済手続きは必ず日曜日中に行っておく必要がある。また、1日~月末であれば自分の好きなタイミングで返済可能。

  1. 返済金額
  2. 返済金額は、返済時の借入残高によって変動。他のカードローンと同じく、借入額が多ければ多いほど返済金額は大きくなる。

<返済時の借入残高> <返済金額>+利息
1万円以下 借入残高
1万円超え、50万円以下 10,000円
50万円超え、100万円以下 15,000円
100万円超え、150万円以下 20,000円
150万円超え、200万円以下 25,000円
200万円超え、300万円以下 30,000円
300万円超え、400万円以下 35,000円
400万円超え、500万円以下 40,000円

余計な手間が不要なカードローンとんとん

東和銀行が提供しているカードローン「とんとん」には、

  • 来店や口座開設といった余計な手間がかからない
  • 300万円の比較的高額の融資でも所得証明は不要
  • 東和銀行以外の口座でも契約時の振込が可能
  • 主婦やアルバイト、フリーターといった職種でも申し込み可能
  • 審査結果は最短で即日回答してもらえる

といったメリットがあります。ただ、一方で年金受給者は申し込み不可だったり、実際の利用までには10日ほど時間がかかったりするため、そういった点には注意が必要です。

ローンの特徴やメリットなどから、「とんとん」は東和銀行の営業エリア内に住んでいる方の中で、

  • 専業主婦やアルバイト、パートの方
  • なるべく所得証明を用意したくない方
  • 仕事で忙しく窓口やATMが開いている時間帯に利用できない方
  • 審査結果はいち早く知りたいが、実際の利用に当たってはそこまで急いでいない方
  • 東和銀行に口座がある方など、日頃から東和銀行をよく利用している方

におすすめのカードローンと言えるでしょう。もし、自分がこれらに該当しているのであれば、ぜひ「とんとん」を検討してみてはいかがでしょうか?

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.