スカイオフィスカードローン キャッシングローン

福岡県を拠点に貸金業を営む業者にスカイオフィスがあります。現代では銀行カードローンやアコム・アイフルといった大手消費者金融の広告がたくさんありますが、そうした中、10年以上にわたり、福岡で経営を続けている会社です。

知名度はあまり高くないかもしれませんが、だからといって利用しないというのが非常にもったいない会社でもあります。今回はそんなスカイオフィスのキャッシングローンについて徹底解説していきます。

会社の概要からローンの特徴、メリット、デメリットまで詳しく説明していきますので、キャッシングを検討しているという方は、ぜひ、参考にしてください。

福岡を拠点に活動する貸金業者スカイオフィス

現在は、三菱UFJ銀行のバンクイック、アコム、レイクといったキャッシングの広告は街中でもよく見かけます。

世間的なイメージで言えば、そうした大手の会社のみが金融会社で、ほかは闇金なのではないかと思ってしまう方もいるでしょう。

しかし、中小の貸金業者は現在も生き残っています。スカイオフィスはそのような会社の一つです。現在は福岡県を拠点に活動をしています。少しイメージがしにくいスカイオフィスとはどんな会社なのかお伝えします。

10年以上の貸金業経歴を持つ会社

スカイオフィスの貸金業登録番号は「福岡県知事(4)第08437号」です。3年の更新のたびにカッコ内の数字が1つずつ増えていく仕組みであることから4回目の更新であることがわかります。また、社歴は10年以上12未満であることを示します。

スポーツ新聞や夕刊紙で広告をだしている貸金業者は、この数字が1のことが多く、貸金業登録からまだ間もないようです。そのため、信頼性に乏しいという見方もできます。

取り立てなども法律にのっとった流れで行われますので、そうした点ではご安心ください。スカイオフィスは国や地方自治体にも認められた正式な貸金業者です。

全国どこに住んでいても利用が可能

貸金業者として認可されているスカイオフィスですが、全国どこに住んでいても利用が可能です。

スカイオフィスでは審査になかなか通らない人でも審査をしてくれるなど、お金に本当に困っている人にとっても利用できる可能性がある会社です。

そのような人にとってはインターネット利用で融資をすることができる、スカイオフィスはかなりありがたい存在なのではないでしょうか。

以前はニッセイキャッシングという名前で経営

そんなスカイオフィスですが、以前はニッセイキャッシングという屋号で経営をしていたようです。スカイオフィスのホームページにも表記がありますが、ニッセイキャッシングという名前を見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。

日本生命保険相互会社とは何の関係もない会社

ホームページには日本生命保険相互会社および、そのグループ会社とは一切関係がございません。という一文もあります。このことを見る限り、おそらく日本生命保険相互会社のキャッシング会社ではないかと誤解をした人がいたのではないでしょうか。

現在は株式会社スカイオフィスに社名も変更しています。日本生命保険相互会社とは何の関係もない会社ということですから、利用する方は覚えておいたほうがいいでしょう。

スカイオフィスのキャッシングローンにはどんな特徴がある?

ここまでスカイオフィスがどんな会社であるのかを紹介させていただきました。それでは続いてはスカイオフィスのキャッシングローンの特徴を紹介していこうと思います。

ここまで紹介したようにスカイオフィスは闇金業者ではありませんので、商品も法律に則ったものになっています。わかりにくい部分については補足を入れていきますので、まずは商品概要からご覧ください。

スカイオフィスのキャッシングローンの商品概要

スカイオフィスのキャッシングローンの商品概要をスカイオフィスのホームページから紹介させていただきます。

使用用途

自由。事業者が個人的に借り、事業用のお金に転用することも許される。

申込対象
  • 契約時に満20歳以上の人。上限年齢は定めていない。
  • 本人(専業主婦の場合は配偶者)安定かつ継続した収入のある人。パートやアルバイトの人でも申し込み可能。
  • スカイオフィスの審査基準を満たす人。
借入可能額

1万円以上50万円以下。1万円単位での申し込みが可能

契約期間・保証人
  • 借入日から最長で5年以内に返済する
  • 1カ月に1回返済する。返済回数は最大60回
  • 担保や保証人を用意する必要はない。
手数料

年会費、入会費など、申し込みに関して手数料は一切かからない。

金利、必要書類、返済方法
  • 金利は年15.0%から年20.0%まで
  • 運転免許証やパスポート、個人番号カード、健康保険証などの本人確認書類のうち一つと収入証明書が必要。
  • 指定の口座に振り込んで返済する
その他

申し込みにあたっては、スカイオフィス所定の審査があります。審査の結果によっては、希望の結果に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

銀行カードローンや消費者金融との違いはあるの?

スカイオフィスのキャッシングローンについて商品概要を紹介させていただきました。しかしこれだけ見たとしてもほかの銀行カードローンや消費者金融との違いがわからないという人も多いかと思います。

その点について簡潔に説明させていただくと、銀行カードローンや消費者金融とは細かな違いはありますが大きな違いはありません。

  • 借入限度額が50万円まで
  • 借入限度額が50万円までとなっている点は低いといえます。しかし、銀行カードローンや消費者金融の場合は、借り入れる際の限度額は会社の規模に比例するのが一般的です。

    銀行には返済能力のある人が多く来るのに対し、スカイオフィスのような中小の貸金業者には返済能力の乏しい人が訪れるケースが多いため、はじめから貸し出す金額を制限しているということになります。

    また消費者金融の場合でも借入限度額50万円以下の場合は収入証明書が不要になるところが多いようですが、スカイオフィスでは原則収入証明書が必要になります。

    多くのお客さんが来店する消費者金融会社が、一人ひとりに対してしっかりと審査を行っている姿勢がここからも分かるのではないでしょうか。

金利についても触れておきましょう。国が定めた利息制限法により元金10万円未満の場合は年利20%、元金10万円以上100万円未満は年利18%までが法定金利となっていますので、スカイオフィスも法律にならって金利はこの範囲内に定めています。

このようにスカイオフィスのカードローンは、銀行カードローンや消費者金融と細かな違いはあるものの、大きな違いはない商品となっています。

はじめてスカイオフィスを利用するという人も安心して利用できるのではないでしょうか。

最短30分で融資可能!スカイオフィスのキャッシングローンのメリット

スカイオフィスのキャッシングローンの商品概要を紹介させていただきましたが、いかがでしょうか。

ここからはスカイオフィスのキャッシングローンを利用するメリットを紹介していきます。

他の銀行カードローンや消費者金融とは少し違った商品特性を持つキャッシングローンですので、メリットとデメリットの両方をしっかりと把握した上で商品を利用するようにしましょう。

最短30分から利用可能というスピード感

スカイオフィスのキャッシングローンを利用するメリットとしてまず挙げられるポイントとしては、最短30分で融資が可能になるというスピード感です。

消費者金融などはスピード感をウリにしている会社も多いようですが、スカイオフィスは当日9時〜14時までに申し込みされた場合は即日に振り込みすることが可能です。

各銀行が展開しているカードローンでは保証会社を用意し、利用者の経済環境や返済履歴を確認しながら慎重に融資をするかを判断します。

しかし、スカイオフィスは保証会社を用意せず、独自のデータで利用者の返済能力をジャッジしていきます。これが、「最短30分で融資」のキャッチコピーの所以でもあります。

融資方法は銀行への振り込みのみ

ただし融資方法は銀行への振り込みのみになるスカイオフィスの性質がある以上は、15時を過ぎた申し込みに対する対応はどうしても翌日以降になってしまうようです。

遅い時間に申し込んだ際の対応が遅れるのはデメリットですが、反面早めの時間に申し込んだ際のリアクションが良いとみることもできます。

アコムやプロミスのような消費者金融であれば、キャッシング可能なATMがあるので15時以降の申し込みでも即日融資に対応しています。

実際にインターネットで検索すると、大手のローン会社では「本日22時から借りたい人も安心」などと、時間帯に関係なく借りられることをメリットとして挙げている広告もあります。

しかし、スカイオフィスの場合、即日融資は14時までの申し込みに限られてしまいます。利便性は必ずしも良いとは言えません。

ただこのスピード感は急にお金が必要になったという人にとっては大きなメリットとなります。そのため、スピード感を重視してキャッシング会社を選びたいという人は、スカイオフィスのキャッシングローンを検討してみてはいかがでしょうか。

審査が甘い可能性が高い

続いてのメリットは審査の手法についてです。キャッシングの審査については年収、勤務先、金融事故履歴などさまざまな要素を複合的に判断し、融資するかどうかを決定します。

銀行系カードローンの審査が厳しい一方で、スカイオフィスのキャッシングローンは審査が甘い可能性がかなり高いといえます。

キャッシングの審査で1番審査が厳しいのは銀行系のカードローンで、続いて大手の消費者金融、次いでスカイオフィスのような中小の貸金業者の順番です。

銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちてしまったとしてもあきらめる必要はありませんので、そうした人はスカイオフィスのキャッシングローン利用を検討してみてはいかがでしょうか。

パート・アルバイト・金融ブラックの人にも優しい

先ほど説明したように、スカイオフィスのような中小の貸金業者は銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちた人の対応に慣れています。

カードローンの審査に落ちた人というのはどのような人?

銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちた人というのは、すなわちパート・アルバイトのように社会的な信用が低いために銀行系のカードローンや消費者金融の融資を受けられない人や、金融事故によって金融ブラックになってしまったため銀行系のカードローンや消費者金融から融資を受けられない人などが挙げられます。

ただし金融ブラックといっても、現在進行形で他社に延滞があったり、既に総量規制(個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組み)を超える借り入れをしてしまったりしている人というのはさすがに対象外となります。スカイオフィスのキャッシングローンは総量規制の対象になりますので、そこは注意しましょう。

インターネット上の口コミでも、他社の審査に断られた人や過去に債務整理や自己破産経験のある人でも審査を通過したという口コミもあるように、審査についてはかなり親身に対応をしてくれるようです。

パート・アルバイト・金融ブラックなどが理由で、他社の審査に落ちてしまったという人もあきらめずにチャレンジしてみるのがいいでしょう。

借入金額1万円から対応してくれる

そして最後に借入金額1万円から対応してくれるというのもメリットです。多くの銀行系のカードローンや消費者金融では、借入金額は10万円からというところが多いですが、スカイオフィスのキャッシングローンの場合は最低1万円から借り入れが可能です。

先ほど紹介したようにスカイオフィスのキャッシングローンはスピード感のある対応もしてくれますので、こうした事態が急に起こってしまったとしても安心ですね。

交通事故や結婚式の祝儀など突発的にお金が必要になる事態は成人になると意外とありますので、そうした場合でも対応してくれるのがスカイオフィスのキャッシングローンです。

短期的な借り入れであれば金利もほとんどかかりませんので、緊急事態になってしまったという人の選択肢としてもスカイオフィスのキャッシングローンは優秀といえるでしょう。

借入限度額は50万円!スカイオフィスのキャッシングローンのデメリット

スカイオフィスのキャッシングローンのメリットをご覧いただきましたので、続いてはデメリットについて紹介していきます。

審査にスピード感があり、審査も甘い可能性が高いスカイオフィスのキャッシングローンですが、当然デメリットもあります。利用する際はメリットだけでなく、デメリットもしっかりと把握した上で利用するようにしましょう。

借入限度額は50万円までと少額

スカイオフィスのキャッシングローンのデメリットとしてまず挙げられるポイントとしては、借入限度額が50万円までと非常に少額であることです。

銀行系のカードローンや消費者金融の場合は少ないところで300万円、多いところで1,000万円が限度額になる会社が多いですが、スカイオフィスのキャッシングローンはそれと比べてもかなり少ない50万円という数字になります。

借入限度額は50万円までの理由

これは先ほど説明したように、スカイオフィスのような中小の貸金業者に来る人は、銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちた人や少額の融資を求めている人が多いのが一般的です。

お金を貸す人は利息がついて返ってくるのであれば、いくらでも貸したいというのが本音でしょうが、現代では自己破産者が増加するなど回収できないケースも多々あります。

銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちた人というのは、そのように回収できなくなってしまうケースが多いため、多く貸したくても貸せないというのが現実なのではないでしょうか。

そのためスカイオフィスとしても借入限度額を50万円と低く設定することで、小口の小さな取引をコツコツとしているのでしょう。

高額の融資を受けたいなら返済の実績を積み重ねていくしかない

銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちてしまったけど、高額の融資を受けたいという人は返済の実績を積み重ねていくか、今いる環境を変えて年収や社会的信頼をアップするしかありません。

幸いスカイオフィスのキャッシングローンの審査は甘い傾向にありますので、高額の融資を受けたい人はスカイオフィスのキャッシングローンで実績を積んで、いずれ銀行系のカードローンや消費者金融に申し込みをするというのも一つの方法です。

借入限度額は少額ですが、それを上手く活用することはできますので、あきらめずにコツコツ実績を積んでいきましょう。

金利は割高になる可能性が高い

続いてのスカイオフィスのキャッシングローンを利用するデメリットは、金利が割高になる可能性が高いということです。

先ほど紹介したようにスカイオフィスのキャッシングローンの金利は年15%~年20%となります。

利息制限法による元金10万円未満の場合
  • 年利20%
  • 元金10万円以上100万円未満は年利18%までが法定金利
スカイオフィスのキャッシングローンの場合
  • 10万円未満の場合は年15%~年20%
  • 0万円以上50万円以下の場合は年15%~年18%

これは銀行系のカードローンや消費者金融と比べると高く、例えば銀行系のカードローンの三菱UFJ銀行のバンクイックは年1.8%~年14.6%、消費者金融のアコムは年3.0%~年18.0%となっています。

金利は他の銀行系カードローンと比べれば高めですが、中小のローン会社は総じて金利は高めです。銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちてしまった人に対しても門戸を開く代わりに、金利を高めにする条件で利用者を受け入れています。

そのためスカイオフィスのキャッシングローンを利用する場合、金利は法定金利ギリギリに設定されると認識した上で利用し、もし金利が安くなればラッキーくらいに考えたほうが良いかもしれません。

安心感や利便性は大手カードローン会社に劣る

安心感が銀行系のカードローンや消費者金融に劣るという点もデメリットです。

先ほど、スカイオフィスの社歴は10年以上12未満であり、スポーツ新聞や夕刊紙で広告している貸金業者は社歴が3年未満の会社が多いということを紹介しました。しかし、あくまでそれは中小の貸金業者の中での話です。

スカイオフィスは中小の貸金業者の中ではしっかりとした歴史がある方ですが、銀行系のカードローンや消費者金融と比べてしまうと安心感や信頼感はどうしても劣ってしまいます。

現代では大手企業も倒産してしまう時代ですので、銀行系のカードローンであれば一概に安心という訳ではありませんが、銀行とスカイオフィスのどちらが安心かと聞かれたらやはり銀行になるでしょう。

専用ATMがないので不便

また、利便性の観点から言ってもデメリットは少なからず存在します。

アコムやアイフルなど、大手であれば専用のATMをまちなかに設置していますが、スカイオフィスのような中小キャッシングローン会社の場合は専用ATMがありません。

口座振り込みでしかお金のやり取りができないことを留意しておきましょう。

極度額借入契約を導入していない

また、スカイオフィスは極度額借入契約も認めていません。大手カードローン会社の場合、手続きすれば契約額の限度を示す「極度額」を変動させ、もともとの限度額を超えて借り入れることが可能です。

一方で、スカイオフィスは極度額借入契約を導入していません。期日通りに返済を続けていても、最初に決めた限度額以上は借りることはできないことに注意しましょう。

スカイオフィスのキャッシングローン申込方法まとめ

それでは最後にスカイオフィスのキャッシングローンの具体的な申込方法を紹介していきたいと思います。これまでの記事でスカイオフィスのキャッシングローンに興味を持ったという人は、最後に申込方法をしっかり把握してから申し込みましょう。

スカイオフィスのキャッシングローンの必要書類

まずはスカイオフィスのキャッシングローンの申し込みについて必要な書類を紹介していきます。必要な書類は以下の通りです。

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カード、健康保険証など)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書の写しなど)

原則的には上記2点となります。

本人確認書類は顔入りのものが好ましいため、運転免許証を持っている場合は運転免許証、持っていない場合はパスポートか個人番号カードを用意するといいでしょう。

収入証明書は必要ない場合もありますが、求められた後に用意するのも手間ですのではじめから用意しておくほうが無難でしょう。

収入証明書は会社員の場合は源泉徴収票、自営業の場合は確定申告書の写しがよく使われますので、あれば用意する方がいいでしょう。

源泉徴収票は給与明細書2か月分などで代用できる場合もありますので、源泉徴収票が手元に無いという人はまず担当の人に相談してみるようにしましょう。

スカイオフィスのキャッシングローンの申込手順

続いてはスカイオフィスのキャッシングローンの申込手順を紹介していきます。
申込手順は以下の通りです。

インターネットから申し込み
    インターネットから申し込む場合は
  • 氏名とふりがな
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 他社を含めた借入件数
  • 自己破産などの「事故歴」のあるなし
  • 借入希望金額

以上を記入することが必須です。

また、

  • 自宅の電話番号
  • 勤務先の名前
  • 勤務先の電話番号
  • 現在勤めている会社への勤続年数
  • 保険の種類

以上の記入は任意です。パートやアルバイト、主婦であれば任意記入欄を空欄にしましょう。

インターネットで申し込む場合は以上の項目に記入し、「利用規約に同意する」にチェックを入れて申し込みを完了させます。

スマホから申し込む場合も記入内容は同じです。パソコン版のホームページにQRコードがあります。

申し込みが完了すると「のちほど担当者よりご連絡いたしますのでしばらくお待ちください」とのメッセージが表示され、即座に指定したメールアドレスに申し込みが完了した旨のメールが送られてきます。

スカイオフィスによる審査

審査の結果が電話で連絡されます。

審査に通過したら契約書類に記入、送付
契約書類が受理されたら指定の銀行口座に振り込み

申し込みの際には氏名、住所のほかに他社からの借入件数や金額、自己破産経験などが聞かれますが、これらは正直に答えるようにしましょう。

借り入れや金融事故の履歴は会社側が調べることができますし、ここで嘘をつくと審査にも落ちてしまいますので嘘偽りなく答えるようにしてください。

家族バレの心配はあるか?

キャッシングローンを活用する場合は「家族バレ」「会社バレ」のリスクがあります。しかしスカイオフィスのキャッシングローンは、電話に申込者の家族が出た場合であっても自らを「スカイオフィス」と名乗ることはありません。

また、担保や連帯保証人も必要ありません。家族や知人に相談することなくローンを活用できますし、家族にバレる心配も減ります。

スカイオフィスのキャッシングローンの返済方法

最後にスカイオフィスのキャッシングローンの返済方法です。スカイオフィスのキャッシングローンの返済方法は基本的に、スカイオフィスの指定する口座に振り込みとなります。

スカイオフィスのホームページでは返済回数と返済金額の返済シミュレーションができますので、これを利用して返済計画を立てていきましょう。

スカイオフィスのローンの返済は元利均等方式です。端数を支払う最終月以外は支払う額が一定のため明快な一方で、返済総額を一定にする元金均等方式と比べれば支払総額はふくらみます。

スカイオフィスのホームページでは返済回数と返済金額をシミュレーションすることができます。これを活用して返済計画を立てましょう。

5万円借り入れた場合

支払額は4回払いの場合は月々13,000円、6回払いでは月々10,000円ずつを返済し、6回目となる最終月に2,610円を支払う仕組みとなっています。

4、5、6回払いの場合の返済金額合計はそれぞれ52,060円、52,230円、52,610円です。

10万円借り入れて、月々10,000円ずつを返済していく場合

この場合は最終月となる11回目に9,100円を支払って完済する流れとなります。返済金額は109,100円です。

月々15,000円を支払えば8回(支払総額106,080円)、月々20,000円を支払うなら6回(同104,680円)の支払いで完了します。

このようなシミュレーションは非常に大切ですので、特に10万円以上を借りるという人は事前に返済計画をしっかり立てた上で返済をしていくようにしましょう。

スカイオフィスを上手く活用していこう

以上、スカイオフィスのキャッシングローンについて解説しました。

最後におさらいとしてスカイオフィスのキャッシングローンを利用するメリットを挙げると以下のようなものになります。

  • 最短30分から利用可能というスピード感
  • 審査が甘い可能性が高い
  • パート・アルバイト・金融ブラックの人にも優しい
  • 借入金額1万円から対応してくれる

このローンを活用するメリットは多々ありますが、特に挙げるとすれば特に審査が甘いというのが、銀行系のカードローンや消費者金融との大きな違いではないでしょうか。

実際に銀行系のカードローンや消費者金融の審査に落ちたという人でも、スカイオフィスのキャッシングローンであれば審査に通ったという人もいるなど、審査に対してはかなり寛容な姿勢を見せています。

また、先ほども説明した通り、スカイオフィスは国や地方自治体に認められた正式な貸金業者です。

むしろ、貸金業者として10年以上の経営をしていることがわかっていますので、スポーツ新聞や夕刊紙で広告している貸金業者を利用するよりは安心感があるのではないでしょうか。

利便性の面では銀行系のカードローンや消費者金融には劣りますが、審査が甘くしっかりと返済の実績を積むことで、信用情報を回復していくことも可能ですので、将来的に大きな金額を借りたい人やクレジットカードを作りたいという人は、スカイオフィスのキャッシングローンを利用して実績を積んでいくというのも有効です。

スカイオフィスのキャッシングローンを上手く活用して、生活を豊かにしていきましょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.