銀行カードローンの即日融資が停止に!今後即日で借り入れするには?

銀行カードローンの即日融資が停止に!今後即日で借り入れするには?

銀行カードローンの即日融資

銀行カードローンが即日融資停止になった背景と今後即日で借り入れする方法とは

「即日融資」という言葉は、カードローンの代名詞です。カードローン各社が競い合ってサービスを向上させた結果、即日融資は当たり前になっていたと言っても過言ではありません。それまで審査に時間がかかると言われた銀行カードローンでも、即日融資する銀行が増えていました。

しかし、そんな状況に転機が訪れました。銀行カードローンが即日融資を停止するという方向転換をしたのです。消費者のニーズに合わせて貸出額を順調に伸ばしてきた銀行カードローンに、いったいどんな問題が起こったのでしょうか。

今回は、銀行カードローンの即日融資停止と、今後即日で借り入れする方法についてご紹介します。

銀行カードローンの即日融資が停止になったってホント?

銀行カードローンの即日融資が停止に

2018年1月より、銀行カードローンの審査方法が変わりました。

従来、カードローンの申し込みを受け付けた銀行は提携する保証会社へ申込者の情報を伝え、保証会社が個人信用情報機関への照会を含めた内容審査を行ったうえで銀行に回答、そして銀行から申込者に審査結果の連絡という流れで審査が行われていました。

このように審査システムがしっかりと確立していたので、非常にスピーディーに回答を得ることができ、即日融資を可能としていました。

しかし、2018年1月から、この従来の流れに加え、警察庁のデータベースへの照会というステップが追加されました。警察庁のデータベースを利用する目的は、申込者が暴力団や総会屋などの「反社会的勢力」に該当しないかどうかを確認するためです。

この審査方法の場合、保証会社の審査回答を受けた銀行が警察庁に確認を取り、警察庁からの回答を待って申込者に最終回答をします。この警察庁からの回答待ちにかかる時間が最短で1日、長ければ10日~2週間程度かかると言われており、従来のような即日融資が現実問題として難しくなったというわけです。

まだ運用が始まって間もないので今後どうなるかは不透明ですが、警察庁のデータベースとのやりとりがスムーズにいくようなシステムが構築されれば、照会にかかる時間も短縮され、審査のスピードは速くなるでしょう。

銀行カードローンの即日融資停止の背景

即日融資停止の背景とは?

銀行カードローンの即日融資が停止になった直接的な原因は、警察庁データベースへの照会が必要になったことです。これは、メガバンク(厳密には信販会社)の反社会的勢力への違法な貸し出しが問題になったことが影響しています。銀行カードローンが暴力団をはじめとする犯罪者集団の資金源となることを防ぐため、銀行は審査方法の変更に踏み切ったのです。

しかし、銀行カードローンが抱える問題は他にもあります。以下、2つのポイントをご紹介しましょう。

カードローンの過剰融資による自己破産件数の増加

過剰融資による自己破産件数の増加

銀行カードローンは、貸金業法の対象外とされています。貸金業法では、年収の3分の1を超える貸し出しを禁止する規定(いわゆる「総量規制」)がありますが、銀行カードローンはこの規制に縛られません。つまり、理論上は年収の3分の1を超える貸し出しが可能ということです。

カードローンという商品の便利な点は、保証人や連帯保証人、担保も不要な点であり、借りる側からすると気軽に申し込みができます。一方、貸す側の立場に立って考えると、万が一貸し倒れになった時、保証人に請求することも担保から回収することもできないので(厳密には保証会社に代位弁済させますが)、その分のリスクを金利に反映させることになります。銀行カードローンは審査が厳しい分、消費者金融など他のカードローンよりも金利が低い傾向ですが、それでも住宅ローンなどの担保融資と比べると金利は高いでしょう。

上限規制がないこと、金利が高いこと、この2つの特徴は低金利で悩む銀行にとって、ビジネスチャンスだと捉えられました。他社での借り入れが限度額近くまで達した債務者は、多少金利が高くても貸してくれるカードローンを求めます。一方、利用者にとって過剰だと思われる金額でも、銀行は融資を伸ばすために貸し出しをしたいという思惑があります。両者のニーズが合致して銀行カードローンを介した過剰融資が増加したのです。

金融庁は、過剰融資を受けた消費者が自己破産する事案が増加している状況に警鐘を鳴らしています。現状はまだ一部の銀行への立ち入り検査、自主規制を通じた検証段階ですが、今後カードローンを扱うすべての銀行を対象に、何らかの規制がなされる可能性があります。

また、過剰融資を加熱させる一因として、即日融資も問題視されています。即日融資停止の背景には、過剰融資対策という目的も含まれているのです。

カードローン審査が保証会社頼みになっている現状

審査が保証会社頼みになっている現状

先に触れたとおり、銀行カードローンの審査は保証会社にほぼ一任されています。銀行内でのスコアリング審査を行っている銀行もありますが、最終的な判断材料になるのは保証会社の審査結果です。とりわけ、即日融資を謳っている銀行は、審査のスピードを上げるためにも自行での審査を行っていない場合もあります。

こういった保証会社頼みの現状が過剰融資の一因となっているという批判もあり、銀行が独自で審査をしたり利用者の財務状況を把握したりすることが求められています。現段階ではまだ一部の銀行の自主規制にとどまっていますが、今後銀行カードローンを取り扱うすべての銀行を対象とした、審査ルールに関する規制がかけられるかもしれません。これもまた、カードローン審査が遅くなる要因になるでしょう。

即日で借り入れできるのは消費者金融カードローン!

では、即日融資を希望する消費者はどうすればいいのでしょうか。端的に言えば、「現状では銀行カードローンよりも、消費者金融カードローンを選択すべき」ということでしょう。消費者金融は、カードローンを主力商品にしているため、利便性などの点においても他のカードローンより優れた商品を取り扱っています。もちろん、即日融資にも対応していますので、今すぐにお金が必要な方は消費者金融カードローンを選択すると良いでしょう。

銀行カードローンと比べて、消費者金融カードローンが劣るのは金利です。一般的に、消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンよりも高く設定されています。しかし、そのデメリットを補うために、初回利用時は30日間利息無料などのキャンペーンを展開している消費者金融もあります。また、借入金額が少額だったり期間が短期だったりすると、金利の負担はそれほど気になりません。

仮に10万円を18%の金利で30日間借りたとすると(利息無料キャンペーンは考慮しません)、利息は1,479円です。銀行カードローンの金利が12%だとすると、その他が同じ条件なら利息は986円になりますが、その差は493円になります。急ぎでお金が必要な場合に、この差が大きな負担になるのかどうかはご自身で判断してください。

消費者金融カードローンで即日借り入れするには?

消費者金融カードローンで即日融資を希望する場合、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。以下、ポイントごとにご紹介しましょう。

カードローンの申込書類を揃えておく

カードローンの申込書類を揃えておく

審査回答に時間がかかる要因の一つに、必要な書類が揃っていないということがあります。これは厳密に言うと審査が遅いのではなく、審査が始まっていないのです。即日融資を希望する場合というのは、急ぎでお金が必要な時でしょう。急ぎであればなおさら、申し込み時点での不備が起こらないようにすべきです。

一般的に借り入れの際の必要書類として、運転免許証などの身分証明書は必須です。さらに借入希望額が50万円を超える場合(もしくは他社での借り入れと合わせて100万円を超える場合)は収入証明書の提出が必要です。消費者金融の中には、自社独自の審査基準で収入証明書を求めてくる可能性もあります。そのため、50万円以下だからと言って収入証明書が不要とは限りません。

ちなみに収入証明書の具体例として、源泉徴収票、支払調書、給与の支払明細書(給与明細)(直近2ヶ月分以上)、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、納税通知書、納税証明書、所得証明書、年金証書、年金通知書などが挙げられます。

Web上で申し込みをする場合、必要書類は写真データとしてアップロードする方法が最もスピーディーですが、写真が鮮明に写っていない場合には再提出が求められますので、ピンボケして文字が読めないということのないように注意が必要です。

また、本人確認書類記載の住所と現住所が異なる場合は要注意です。現住所に居住していることを証明する書類(光熱費の請求書など)や、住民票を添付する必要があります。このようなことで時間を取られないためにも、転居したらすぐに運転免許証の住所を書き換えるなど、必要な手続きは済ませておくようにしましょう。

カードローンの在籍確認対策をする

カードローンの在籍確認対策をする

カードローンの審査では、勤務先への在籍確認が行われます。消費者金融の場合は業者名ではなく、個人名で電話がかかってくることが多いので勤めている会社にバレるリスクはそれほど高くないでしょう。

電話での在籍確認そのものを避けたい場合、健康保険証や社員証、給与明細等、在籍を確認できる書類を提出することで電話確認を回避できることもあります。これらの書類を写真データにしてカードローン会社に送ることで、電話での在籍確認の代わりにしてくれるところもあります。ただし、借入金額が50万円を超える場合は電話確認が必要となりますので、この方法は少額の場合にしか使えません。

また、カードローン会社によっても対応はまちまちです。もし、書類提出で在籍確認を済ませたいなら、そういったサービスに対応しているカードローンを選んだうえで、事前に電話で相談することをオススメします。

電話での在籍確認に関して注意すべき点は、夜間や休日等、職場に電話確認できない時、審査がストップしてしまうということです。この場合は即日融資が事実上不可能です。夜間対応が可能な消費者金融系カードローンであっても、電話での在籍確認が必須の場合は即日融資を受けることができなくなってしまいます。

どうしてもすぐにお金が必要なら、やはり書類提出で在籍確認をクリアできる事業者、かつ借入金額も50万円以内に抑えなければなりません。50万円を超える金額を必要とする場合は、職場が動いている時間帯に電話確認できるように、時間帯を考えて申し込みすべきでしょう。

カードローンは申し込む時間帯に注意

申し込む時間帯に注意

在籍確認の項でも触れましたが、審査を申し込む時間によっても即日融資が受けられない場合があります。24時間審査受付をしているカードローン会社であっても、実際に審査してくれるのは営業時間内のみということもあります。また、仮に当日中に審査、契約まで進んだとしても、カードローン会社からの送金(そして申込者の銀行口座への着金)が当日間に合わない場合もあるでしょう。

Web上ですべての手続きを済ませるのか、自動契約機がある店舗に行って手続きするのかによってもタイムリミットは変わりますが、急ぎの場合は早めに手続きを開始するようにしましょう。

どの方法が一番早いか分からない場合は、フリーコールに電話してオペレーターの指示を仰ぐことをオススメします。

即日融資を望むなら消費者金融カードローン

今回は、銀行カードローンの即日融資停止と、今後即日で借り入れする方法についてご紹介しました。

銀行カードローンの即日融資が、将来にわたって停止されたというわけではありませんが、現時点で難しいのは事実です。もしも即日融資を必要とするなら、当面は消費者金融カードローンの利用をオススメします。消費者金融カードローンは、他のカードローンと比べて金利は多少高くなるものの、30日間利息無料といったキャンペーンも展開しています。

また、消費者金融カードローンで即日融資を希望する場合は、

注意点として述べた事前準備や在籍確認対策、申込時間の確認を怠らないようにしましょう。もちろん、即日融資に限らずカードローンを申し込むうえで知っておいた方が良いことですので、カードローンの利用を検討している方は心得ておいてくださいね。

田中 裕晃
田中 裕晃

CFP®・1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスター/宅地建物取引士/マンション管理士/ 住宅ローンアドバイザー/賃貸不動産経営管理士 他
日本FP協会主催「くらしとお金のFP相談室」で平成29年度相談員担当

大手賃貸仲介業者に就職し、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。不動産業を営む傍ら、ファイナンシャルプランナーとしても活動中。

住宅の取得やそれに付随するライフプランニングの設計、資産の組み換え、不動産投資、相続対策などに関しての相談業務を行っている。

© カードローンQ All Rights Reserved.