賃貸住宅の更新料を払わないとどうなる?更新料が払えない場合の対処法

賃貸住宅の更新料を払わないとどうなる?更新料が払えない場合の対処法

住宅模型を見て悩むカップル

賃貸契約の更新料を払わないとどうなる?更新料を払うお金がないときの対処法

現在、賃貸住宅にお住まいの方のなかには、定期的に「更新料」を支払って住み続けている場合も多いでしょう。
この「更新料」ですが、支払わなければならない具体的な理由がはっきりせず、「なぜ払う必要があるのか?」と思っている方もいるかもしれません。それでも、住み始めるときの契約書にしたがって、支払う必要があれば払わないといけません。
「もし更新料の支払いを拒否し続けたらどうなるの?」「どうしても更新料が払えないときに、乗り切るための手段はある?」など、賃貸住まいの方の更新料に関する疑問は尽きないはず。そこで今回は、賃貸住宅の更新料の概要や、支払えない場合の対処法などについてご紹介します。

賃貸住宅の更新料とは?

一般的に、賃貸住宅における更新料とは、同じ住まいに2年以上住み続けると発生する、「契約更新」のタイミングで支払う料金です。賃貸住宅の契約期間も2年であるケースが多いため、2年おきに更新料を支払っている方が多いでしょう。
ちなみに、賃貸住宅の契約期間が設定されているかどうかは、地域によって異なります。関東圏では契約期間があらかじめ設定されていることが多く、関西圏になると更新料はほとんど発生しないといわれています。

賃貸住宅の更新料の相場

封筒に入った1万円札

賃貸住宅の更新料の相場は、基本的に「家賃の1カ月分」程度の金額である場合が多くなっています。更新料は大家さんに支払うお金ですが、そのほかに不動産会社へ支払う「更新手数料」、そして加入している火災保険の更新料がかかる場合がほとんどです。

そのため、契約更新時には「家賃1カ月分+不動産会社への手数料+火災保険料」を支払うことになります。これだけでもかなり大きな出費となりますが、更新料がかかることを見越して事前に準備ができていれば、悩む必要はないでしょう。しかし、「契約更新のことを忘れていた」「分かってはいたが、さまざまな事情があってどうしてもお金を用意できない」という方もいるかもしれません。

次の項目からは、賃貸住宅の更新料を払わずにいるとその先に何があるのかについて、くわしくご説明します。

賃貸住宅の更新料を払わないとどうなる?

先ほど、賃貸住宅の更新料に関して「どんな料金なのか?」「なぜ設けられているのか?」といった疑問が多いこともご説明しました。そこでまず、更新料とはそもそも本当に支払う必要があるお金なのかについてご紹介します。

実は、賃貸住宅の更新料は法令に基づいて設けられた料金ではありません。つまり、法律上支払う義務がないお金であり、支払わなかったからといって罰せられるようなことにはならないのです。
「それなら、大家さんに支払いを拒否する権利はあるの?」と思うかもしれませんが、賃貸住宅を契約する際には必ず「契約書」を確認します。もしその契約書に更新料に関することが記載されていて、それに了承したうえで契約したならば、更新料を支払わなければなりません

更新料が払えないと起こりうる事態とは?

通帳を見て頭を抱える女性

更新料が未納のままだった場合、その後どうなるかはお住まいの賃貸物件の状況によって異なります。どんな方でも一様に、そのまま強制退去させられてしまうとは限りません。
例えば、同じ建物で他にも空き部屋が目立ち、これ以上入居者が減ると大家さんも困ってしまうような状況であれば、話し合いによっては特別に更新料の支払いを免除してくれる可能性もあります。また、免除まではいかなくとも、減額などに応じてくれる可能性もあるでしょう。

実際にあった出来事として、インターネットに記載されていたエピソードにこんな話があります。家賃をしっかり納めて長く暮らし続けていることを切り口に、「次回からは更新料なしとする」という約束を大家さんに取り付けたというのです。たまたまそのアパートの入居率が低く、あまり人気のない状況だったこともあり、初回の更新料だけをなんとか支払って、それ以降は更新料無料のまま住み続けているそうです。
このケースはあくまで例外的なものと考えられますが、おそらくその入居者さんは家賃などの遅れや滞納もなく、部屋をきれいに使っていたのでしょう。また、日ごろから大家さんとも良好な関係を長く続けられてきた「優良顧客」だったのではないでしょうか。

大家さんと入居者の関係はあくまで「人対人」なので、心証の良し悪しもかなり影響します。普段からきちんと家賃を納め、挨拶などもきちんとするなど大家さんへ良い印象を与えられる住み方ができていると、いざというときに助けてもらえるかもしれない、という教訓ですね。ただし、これはあくまでレアケースとして参考程度に頭に入れておくのが良いでしょう。

賃貸住宅の更新料が払えない場合の対処法

契約書を見直してみて、更新料に関する記載があるなら更新料を支払う必要があります。しかし、どうしても期日までに支払いができないという場合は、以下の方法でなんとか対処できるかもしれません。まずは動いてみて、できるだけ事態を有利な方向へ向けられるよう努力してみましょう。

大家や管理会社に相談してみる

明るい室内で会話する男女

更新料を支払う相手である大家さんや管理会社に、「いまはすぐに支払えない」という事情をくわしく説明したうえで減額、分納、延納のいずれかに応じてくれるよう相談してみましょう。心証を損ねないよう、誠意ある態度で交渉するのがポイントです。

また、すべての賃貸住宅が「更新料を支払ってくれない入居者は、出ていってもらって構わない」といえる状況であるとは限りません。入居率がなかなか上がらず、これ以上入居者に出ていかれると困るという状況であれば、更新料を少し割り引いても退去されることを避けたい、と考える大家さんもいるでしょう。
いわゆる不人気物件のアパートに入居中の方の場合、更新料を支払えないと相談したら、更新料なしで住み続けることを許可してもらえるケースも、ごく少数ですがあるそうです。

更新料なしの賃貸物件に住む

無料のイメージ

幸い、まだ賃貸住宅への入居や契約を済ませていない「お部屋探し中」の方であれば、更新料のない物件を探してみましょう。これで将来的に発生する、更新料の支払いを回避できます。ただし、物件によっては更新料込みの形で家賃設定をしている場合もあります。その場合は「更新料は0円だけれど、家賃が高い」ということになってしまうかもしれません。気長に部屋探しができる状況なら、できるだけ家賃がお得で更新料のかからない物件を探すことも1つの手段です。

現在住んでいる賃貸住宅の更新料が高すぎる!という場合は、長く住むならいっそ思い切って更新料0円の物件に引っ越したほうが、お得になる場合もあります。契約更新を機に引っ越す、という選択肢も視野に入れているなら、更新料0円の物件を探してみてはいかがでしょうか。

親族や親戚に立て替えてもらう

怒る女性に手を合わせて謝る男性

ご両親やご兄弟、ご親戚など親しい身内の方に連絡が取れる状況なら、事情を説明して一時的に更新料分のお金を用立ててもらう方法もあるでしょう。もちろん、今後の付き合いも考えてあとできちんと返済し、お礼をしっかりしましょう。
親や兄弟はいつまでもお金を貸してくれるわけではありませんし、いつまでもいるとは限りません。身内に迷惑をかけてしまったことをきちんと反省し、次回の更新料は自分でちゃんと支払えるよう、これを機会に意識づけをしましょう。

不用品を売却してお金を得る

指輪とネックレス

まだ使えるのに要らないものがあれば、それを売ってお金にする方法もあります。近くに買取店やリサイクルショップなどがないという方も、最近はネットオークションやフリマアプリを利用して全国各地の方を相手に売却が可能です。
特に、ブランド品や貴金属類、希少価値のある本や音楽CDなどは、思ったより高い値段で売れることも。ご自宅に不用品がたくさんあるなら、断捨離を兼ねてネットで売ってみれば、更新料1回分くらいのお金にはなるかもしれません。

カードローンで借り入れして支払う

カードローン

なんとかその場を乗り切ればその後は全く困らないという状況なら、スピーディーにお金を用立てられるカードローンを利用してしのぐのも1つの手段です。退去に追い込まれて大きな出費を強いられることを考えれば、お金を借りてでもとりあえず支払って住み続けられたほうが良いでしょう。

カードローンでの借り入れは、大家さんなどに相談しても減額や免除に応じてもらえず、身内の方にお金を借りることもできない、売れるような不良品もないという場合にも活用できます。仕事をしながら返済するにしても、住居がなければ働けませんし、生活上で必要なお金はカードローンで借り入れる、というのも一案です。

更新料の支払いにカードローンを利用する際の注意点

賃貸住宅の更新料を支払うために、カードローンを利用する場合、気をつけなければならない点があります。更新料の支払期限だけではなく、カードローンに申し込みをして実際に融資を受けられるまでの期間など、さまざまな側面から考えて選ぶようにしましょう。

ここでは、賃貸の更新料をカードローンで借り入れて支払う場合に、気をつけたい点についてご紹介します。

早く借り入れできるカードローンを選ぶ

カードローンの代表的なメリットは、「融資までがスピーディーなので、お金が急に必要でもすぐ用立てられる」点です。しかし、カードローンの種類によっては、審査や手続きに時間がかかり、すぐに借りるというわけにはいかない場合もあるでしょう。

また、更新料には支払期限がありますので、それに遅れることがないようにします。可能な限り、融資までのスピードが速いカードローンを選びましょう。カードローンのなかには、「最短即日融資・翌日融資」など、融資の速さをアピールしている商品も多いため、できるだけ早くお金がほしいときはそれらのカードローンを選択すると良いでしょう。

返済しやすいカードローンを選ぶ

カードローンでお金を借りれば、必ず返済する義務が生じます。これからは家賃の支払いに加えて、しばらくの間は更新料の支払いのために借りた分のローンを、同時に返し続けることになるでしょう。そのため、カードローン選びでは、返済のしやすさも重視しなければなりません。

返済が滞って金利負担が膨らんでしまったら、せっかくお金を借りてもあとで困ってしまって本末転倒です。支払い回数や最低返済金額などを事前によく確認し、無理なく返済できるカードローンを利用することをおすすめします。

裏ワザ?更新を切り口に家賃減額交渉できる?

契約更新のタイミングは、家賃の見直しについて交渉できるチャンスでもあります。
試しにいまあなたがお住まいの建物で、別の部屋が入居者を募集していないかどうか、インターネットで調べてみましょう。もし、そこで提示されている家賃が毎月支払っている家賃より安くなっていたら、それを切り口として値下げしてもらえないか相談してみる方法もあります。
長くお住まいであれば、その間に建物自体の築年数も古くなっていますから、新たな入居者を募る場合は、家賃を引き下げて募集している可能性は少なからずあるでしょう。

賃貸住宅の更新料が払えない場合はカードローンの利用も検討してみよう

今回は、賃貸住宅の更新料において、払わないとどうなるのか、なぜ支払う必要があるのか、そして支払えないときはどうすれば良いのかなどについてご紹介しました。
更新料を支払わずにいると、いずれ退去させられてしまう可能性も考えられます。また、更新料の支払いを拒否することで、大家さんや管理会社との信頼関係が確実に損なわれてしまうでしょう。結局、「不良顧客」として扱われることになり、最終的には退去を申し渡されたり、裁判などに発展してしまったりすることもあるかもしれません。もちろん、更新料を支払う契約で入居しているのですから、訴えられれば敗訴することは確実でしょう。

長い期間、いまの賃貸物件に住み続けることを考えるなら、トラブルを起こしてしまうよりはお金をなんとか用立てて、更新料を支払ってしまうほうが良いかもしれません。一時的にお金が必要になった、すぐにお金を用立てたい、というときにはカードローンがおすすめです。カードローンなら、更新料の支払期限が迫っていても、早期に融資を受けられます。保証人不要、30日間無利息といった商品もあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

高橋 成寿
高橋 成寿

ファイナンシャルプランナー
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

慶應大学卒業後、金融関係の経験を積んでファイナンシャルプランナーとして独立。2007年の開業以来、1,000世帯を超える家計相談に従事。知っておいて損は無いこと、知らないと損すること、世の中にある色々なお金の情報発信を心がけている。

© カードローンQ All Rights Reserved.