都市銀行と地方銀行とネット銀行…カードローンを利用するならどれがおすすめ?

都市銀行と地方銀行とネット銀行…カードローンを利用するならどれがおすすめ?

都市銀行と地方銀行とネット銀行

手軽にお金を借りることができるカードローンは、急にお金が必要になった場合に役に立つ存在です。カードローンは大きく分けて、消費者金融のカードローンと銀行カードローンの2つがありますが、銀行カードローンは消費者金融と比較して借入金利が低めに設定されています。また、銀行カードローンは総量規制の対象外であり、比較的高額の借り入れも可能のため、まずは銀行カードローンを申し込みたいと思う方が多いようです。

しかし、銀行カードローンにもさまざまな種類があって、どの銀行のカードローンを選んだら迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。普段利用している銀行を選ぶのも良いかもしれませんが、都市銀行、地方銀行、ネット銀行、それぞれの銀行カードローンの特徴によって選ぶのも1つの方法です。

そこで今回は、さまざまな銀行カードローンの中で利用するならどのカードローンがおすすめかご紹介します。

銀行カードローンは3つに大別できる

最近は、銀行も保険や投資信託を販売するなどさまざまな業務を行っていますが、個人向けカードローンも力を入れている金融商品の1つです。

銀行カードローンは、発行する銀行の種類によって、都市銀行カードローン、地方銀行カードローン、ネット銀行カードローンの3つに分けられます。全国展開していて幅広いサービスが魅力の都市銀行カードローン、地域密着で安心して利用できる地方銀行カードローン、ネットで手軽に申し込みや借り入れができるネット銀行カードローン、それぞれの特徴を詳しくご紹介していきます。

【1】都市銀行カードローン

都市銀行カードローン

都市銀行は全国で幅広いサービスを展開しているため、もちろんカードローンでも都市銀行ならではのメリットを受けることが可能です。店舗は全国に展開していますし、コンビニATMとも提携しており、利用する際に困ることはありません。

銀行自体の信用度も高く、充実したサービスを受けることができることが魅力です。

都市銀行カードローンとは?

都市銀行カードローンとは?

都市銀行カードローンは、ある程度まとまった金額を借り入れられる商品の他、急な出費に対応するため少額をスピーディに借り入れることができる商品もあります。

銀行口座を持っていなくても申し込みが可能な銀行もありますが、すでに口座を持っている場合は、手元のキャッシュカードにカードローン機能をつけることでカードローンも利用可能です。

また、銀行の普通預金が残高不足になった場合に、限度額の範囲内で自動融資を行う商品もあるため、不注意で口座引き落としができなくなるのが心配な場合は申し込みをしておくと安心でしょう。

申込方法

申し込みは、基本的には店舗に行かなくてもできます。利用者のニーズに合わせて、郵送、電話、インターネットなどの申込方法があり、電話では相談しながら申し込みができるため初めてカードローンを利用する場合でも安心です。また、テレビ窓口から申し込みができる都市銀行もあり、その場でカードが発行されますので、審査結果により翌日からカードローンを利用することもできます。

安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みは可能ですが、利用限度額が一定額を超える場合は、所得確認資料が必要です。申し込み可能な年齢は銀行により異なり、おおむね20歳以上から60代後半となっています。

借入方法と返済方法

借り入れと返済は、都市銀行ATMや提携ATMで可能。ATM利用料が24時間無料の銀行もあります。また、カードローン口座への振り込みによる借り入れや、口座から一定金額を自動振替することによる返済も可能です。

金利と限度額

銀行や商品によって異なりますが、金利は2%程度~15%程度、限度額は10万円から800万円程度のものが多く、限度額によって金利は異なります。借入利率は変動金利のため、経済情勢によっては見直す場合もあるようです。

都市銀行カードローンのメリット

都市銀行は全国に支店がありますし、提携ATMも多いため、どこでも返済や借り入れが可能というのがメリットの1つです。口座を開設していなくてもカードローンを利用できる銀行もある一方で、住宅ローンなどを利用している利用者にはカードローン金利を引き下げるなど、普段から利用している顧客に対しての優遇制度も設けています。

都市銀行カードローンのデメリット

安定した収入がないと申し込めないため、パートやアルバイトをしていない専業主婦や学生は利用できない場合があります。また、審査は比較的厳しいといわれていて、時間も掛かるため、利用ができるのは早くても翌日以降になるという銀行が多くなっています。

都市銀行カードローンの利用に向いている方

カードローン以外のサービスも充実しているため、安定志向1つの銀行で幅広いサービスを受けたい方や、全国どこでも申し込みや返済をしたい方に向いているでしょう。すでに銀行キャッシュカードを持っている場合や、テレビ窓口でカードローン用のカードを受け取る場合には比較的早く利用を開始できます。

【2】地方銀行カードローン

地方銀行カードローン

地方銀行は地方都市に本支店を構え、その地域に密着して地方経済を支える役割を担っています。カードローンを利用する場合には、「その銀行の本支店がある地域に居住していること」または「営業地域の企業に勤務していること」などの条件が一般的です。

地方銀行は、地域密着の安心感と親近感が魅力の1つでもあります。また、ネットバンキングに対応している場合が大半のため、利用する場合にエリアの壁を意識することもほとんどないといっても良いでしょう。

地方銀行カードローンとは?

地方銀行カードローンの商品内容は都市銀行とほぼ同じですが、子育て家庭の金利優遇や個人賠償責任保険を付帯するなど、独自のサービスを付帯している商品も見られます。

申込方法

申し込みは、郵送、電話、インターネットなどからできます。安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みは可能ですが、学生は不可といった条件がある銀行もあります。また、利用限度額が一定額を超える場合は、所得確認資料が必要です。申し込み可能な年齢は銀行により異なり、20歳以上から70歳程度に設定されています。

借入方法と返済方法

借り入れ、および返済は都市銀行と同様に銀行ATMや提携ATMで可能です。ATM利用料が24時間無料の銀行もあります。また、カードローン口座への振り込みによる借り入れや、自動振替による返済も利用できます。

金利と限度額
金利と限度額

銀行や商品によって異なりますが、金利は3%程度~15%程度、限度額は10万円から800万円程度のものが多く、1,000万円まで借り入れができる商品もあります。限度額によって金利は異なります。借入利率は、一部に固定金利の商品もありますが、変動金利が多く、経済情勢によっては見直す場合もあるようです。

地方銀行カードローンのメリット

地元の金融機関として身近に相談窓口もあり、安心して利用できるのはメリットです。都市銀行と同様のサービスを受けられる上、地域密着のサービスを受けられる商品もあるため、内容によって利用メリットを受けることができます。

地方銀行カードローンのデメリット

現住所や勤務先が営業エリア内にない場合、利用申し込みができないことが一般的です。また、口座を持っていなくても申し込みが可能な銀行もありますが、口座開設が条件となっている場合が多くなっています。審査は比較的時間が掛かるところが多く、通常は翌日か数日後から利用可能となる場合が大半です。

地方銀行カードローンの利用に向いている方

銀行の本支店がある地域に居住している方や勤務先がある方は、身近な銀行として安心して利用できるでしょう。給与振り込みや住宅ローンなどですでに利用実績がある方は、借入金利の優遇を受けることができる場合もあります。

【3】ネット銀行カードローン

ネット銀行カードローン

ネット銀行は基本的に店舗を持たず、インターネット上で取引を行う銀行のため、24時間どこでもネットに接続できれば利用可能という便利さが大きな魅力です。

また、ネット銀行とはいえ、全国のコンビニや提携金融機関のATMが利用できるため、利用時に困ることはありません。住宅ローンや投資信託販売、外貨取引などを行っているところも多く、業務内容は幅広く、都市銀行や地方銀行とほぼ同じです。

ネット銀行カードローンとは

ネット銀行でも、都市銀行や地方銀行とほぼ同様のカードローンの商品を扱っているところが多くあります。また、店舗を持たないことで経費を削減できるため、カードローン金利も、都市銀行や地方銀行より低く抑えられているのが一般的です。

申し込み手続きはWeb上で完了するため、家族に知られずに申し込める可能性が高くなります。また、銀行口座を開設していなくても利用可能な銀行も少なくありません。

申込方法

申し込みは基本的にWeb上で行いますが、免許証などの本人確認書類は郵送する場合も考えられます。また、勤務先への在籍確認などの後、審査結果はメールで伝えられることも増えています。

安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みは可能ですが、主婦や学生は条件が付く銀行も少なくありません。利用限度額が一定額を超える場合は、所得確認資料が必要です。申し込み可能な年齢は20歳以上から70歳程度が多く、銀行により異なります。

借入方法と返済方法
借入方法と返済方法

借り入れ、および返済はコンビニなどに代表される提携ATMで可能です。ATM利用料が24時間無料の銀行もあります。また、銀行口座を開設している場合は、パソコンやスマートフォンから口座への入出金で行うことも可能です。カスタマーセンターやテレフォンバンキングで借り入れや返済ができる銀行もあります。

金利と限度額

銀行や商品によって異なりますが、金利は1%程度~14%程度、限度額は10万円から1,000万円程度のものが多く、1,200万円まで借り入れができる商品もあります。限度額によって金利は異なります。借入利率は、変動金利で、経済情勢により見直す場合もあるようです。

ネット銀行カードローンのメリット

ネット銀行カードローンのメリット

インターネット環境さえあれば、場所と時間を問わずネット銀行を利用できます。店舗を持たないことで経費を削減しているため、その分金利が都市銀行や地方銀行カードローンよりも低く抑えられていることが大きなメリットでしょう。

Web上で手続きを完了でき、利用明細が郵送されることもないため、家族に知られずに利用することも可能です。また、初めて利用する場合は一定期間無利息で利用できるといった独自のサービスを設けている銀行もあります。

ネット銀行カードローンのデメリット

銀行に口座を開設していないと利用できない銀行もあります。また、実店舗がないため、対面で申し込みや手続き方法などを相談しながら行うことや、不明点や疑問に関する問い合わせがスムーズにいかないなどは、不便な点でしょう。

審査は他の銀行と同様、通常は早くても翌日もしくは数日後から利用可能となります。

ネット銀行カードローンの利用に向いている方

インターネット取引に抵抗がない方や、場所や時間にとらわれず、思い立ったときにすぐに借り入れや返済をしたい方に向いています。また、なるべく金利を低く借りたい方にとって、ネット銀行カードローンは魅力的です。

銀行に関する手続きを1人ですべて行うことに不安のある方は、別の方法でカードローンを利用した方が良いかもしれません。

おわりに

今回は、都市銀行、地方銀行、ネット銀行について、それぞれの銀行カードローンの特徴やメリット、デメリットについてご紹介しました。

同じ「銀行」ではありますが、それぞれで少しずつ手続きの方法や商品内容が異なっているため、利用メリットを最大限生かすことができるかどうかを判断ポイントにしても良いでしょう。

また、ライフスタイルや金融機関に対する考え方は個人で異なるため、自分に合った銀行のカードローンを選ぶことが大切です。実店舗が多く信用度や規模を重視したい方は都市銀行、身近な存在で親近感や安心感を重視したい方は地方銀行、スピード感や合理性を重視したい方はネット銀行など、銀行の特徴を踏まえて、金利の低さ、利用手数料、借入方法や返済方法が自分に合っているか、などを総合的に判断して選んでください。

今回ご紹介した内容を参考にしていただけたら幸いです。

水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.