楽天銀行カードローンの特徴と借入・返済方法

楽天銀行は「スーパーローン」というカードローンを提供しています。スーパーローンは、低い水準の金利と利便性の高いカードローンです。Web申し込みで完結できますが、審査に時間が掛かってしまう場合もあります。

また、楽天銀行の口座を作らなくても、カードローンを利用することができますが、楽天銀行の口座を作り、楽天会員になればさまざまなメリットがあります。

楽天銀行ってどんな銀行?

楽天銀行は国内で2番目に誕生したネットバンクです。国内のインターネットバンキング市場において、日本最大の口座数を開設していると言われています。

2017年12月現在、口座数は500万口座、預金残高は1兆4,000億円を突破しました。本店所在地は東京都世田谷区玉川にある楽天クリムゾンハウス内です。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」とは

楽天銀行カードローン「スーパーローン」とは、楽天銀行が直接運営するカードローンです。楽天銀行はネットバンクのため、無人契約機やATMを一切設置していません。そのため、大手都市銀行に比べると、申し込み方法の選択肢は少ないと言えます。

スーパーローンへの申し込み方法は、インターネットのみです。返済や借り入れには提携ATMを活用することになります。なお、コンビニATMの利用手数料が無料となっているため、とても利便性の良いカードローンと言えるでしょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込条件

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、以下の条件を満たす方であれば申し込みできます。

  • 20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイト、専業主婦の方は60歳以下)
  • 日本国内に居住している方
  • 毎月安定した定期収入がある方、または専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社、または株式会社セディナの保証を受けることができる方

外国籍の方の場合は、永住権または特別永住権を取得している必要があります。また、楽天銀行が認めた場合に限り、楽天カード株式会社、または株式会社セディナの保証を受ける必要がありません。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」がおすすめの理由

以下では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」がおすすめの理由をご紹介します。

楽天スーパーポイントが進呈される

楽天銀行カードローン「スーパーローン」がおすすめの理由は、楽天スーパーポイントが進呈されることです。入会特典として、残高に関わらず楽天スーパーポイントが1,000ポイント付与されます。

楽天市場で買い物をする場合は、通常100円で1ポイント貯まるため、単純計算で300万円以上の買い物をした際と同程度のポイントが付与されます。なお、楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円相当として、さまざまな楽天サービスで使用可能です。

参考までに、入会月の翌月末時点のご利用残高に対して進呈されるポイント数をご紹介します。

ご利用残高 楽天スーパーポイント
20万円以上~30万円未満の場合 500 ポイント
30万円以上~50万円未満の場合 1,000 ポイント
50万円以上~80万円未満の場合 2,000 ポイント
80万円以上~100万円未満の場合 3,000 ポイント
100万円以上~200万円未満の場合 3万 ポイント
200万円以上~300万円未満の場合 1万2,000 ポイント
300万円以上~400万円未満の場合 1万5,000 ポイント
400万円以上~800万円以下の場合 3万 ポイント

Webのみで完結できる

お手持ちのスマートフォンかパソコンを使って、楽天銀行の公式サイトからカードローンの申し込むことが可能です。申し込みから借り入れ、返済までの手続きをすべてインターネットで済ませることができます。

審査結果は、可決なら電話、否決ならメールで届きます。必要書類はスマートフォンで撮影し、アプリを利用してアップロードすることができるため、契約書類を記入して郵送するなどの面倒な手続きは必要ありません。

また、借り入れについても公式サイトから会員ページにログインして申し込めば、手数料無料で、自分が指定した口座に振り込みで入金されます。返済は口座引き落としのため、毎月自動返済となります。返済の度に手続きする必要がないため大変便利です。

所有している銀行口座を利用できる

借り入れや返済をする際に、すでに所有している銀行口座を利用できます。そのため、新しく楽天銀行口座を開設する必要はありません。なお、楽天銀行の口座へは、24時間即時に振り込みが可能です。他行の場合は、平日0:10~14:45の間に申し込みをすれば、当日振込が実施されます。

全国のATMで借り入れと返済できる

Webだけでなく、全国のコンビニや身近な金融機関のATMで、手数料無料で、借り入れや返済できます。例えば、以下の提携ATMを利用することが可能です。

  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM

24時間365日 即時借り入れが可能

楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも振り込みで入金してもらうことができます。

口座開設とスーパーローンの同時申し込みで30日間無利息

楽天銀行カードローン「スーパーローン」への申し込みと同時に、楽天銀行の口座を開設すれば、初回借り入れの翌日から30日間無利息となります。

楽天会員は審査で優遇される

楽天市場など楽天サービスの会員になっている場合は、会員のランク(シルバー、ゴールドなど)に応じて審査で優遇される可能性があります。ただし、具体的に「どのランクだとどう優遇されるのか」は公表されていません。会員でも優遇されない場合もあることに注意してください。

ポイントが貯まる

楽天会員に登録をすると楽天IDが作られます。楽天IDを持っている方は、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査で優遇されるという特典があります。

楽天IDは買い物をしたり、旅行の申し込みをしたり、さまざまな場面で利用可能です。買い物で楽天IDを使用するメリットが、100円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。楽天ポイントが貯まれば、1ポイント=1円で買い物に使用することができるのです。

新規契約の特典で1,000ポイントもらえる!

2017年12月現在、「楽天会員情報を引き継いで申し込みされた方」または「楽天スーパーポイント口座を登録された方」に限って、スーパーローンの新規契約で、楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえる特典があります。

特に借入残高に関してのポイントは20万円以上30万円未満で500 ポイントもらえて、400万円以上800万円以下で3万ポイントともらえます。毎月の返済では、他社口座を選ぶことも可能ですが、楽天銀行を返済口座にすると取引内容に応じて楽天スーパーポイントが貯まります。

まだ楽天会員ではないという方には、カードローンの申し込みと同時に口座を開設することをおすすめします。楽天銀行カードローン「スーパーローン」への申し込みと、楽天銀行の口座開設を同時に行った場合、初回借り入れの翌日から30日間無利息期間のサービスがあります。短期借り入れを考えている場合はとてもお得なサービスです。

金利が安い

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利は1.9~14.5%で、メガバンクのカードローンと同水準です。一般的な消費者金融の上限金利が18%前後であることと比較すると、スーパーローンの金利は安いと言えます。

ローンのおまとめに使える

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、ローンのおまとめに使うことができます。おまとめローンを利用する場合は、低金利であることが条件となりますが、スーパーローンの金利は1.9~14.5%と高金利ではありません。

おまとめローンを目的という理由で、審査が厳しくなることはないため、ローンをまとめる際は、スーパーローンを候補に入れても良いでしょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」のデメリット

以下では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」のデメリットをご紹介します。

審査に時間が掛かる場合がある

審査結果は最短当日にわかりますが、混雑状況によっては2営業日ほど必要です。大手消費者金融をはじめ、最短30分審査の業者が増えているため、審査に時間が掛かる場合がある点はデメリットでしょう。

申込方法はWeb申し込みのみ

スーパーローンの申し込みはWeb申し込みのみです。電話や店舗、自動契約機など、他の申込方法は用意されていません。インターネット上で申し込むことに抵抗がある方にとっては、スーパーローンの申込方法はデメリットです。

63歳以上の方は申し込みができない

スーパーローンの申込資格は、「満20歳以上62歳以下で、安定した収入のある方」と、他社よりも年齢の範囲が狭めです。他社では「満20歳以上65歳以下」としているところが多いため、他社と比較する際に年齢制限が厳しく見えます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の申込方法は、Web申し込みのみとなります。電話、窓口、自動契約機、郵送など他の申込方法は用意されていません。

Webで申し込み

以下では、Web申し込みの方法をご紹介します。

申し込みする

楽天銀行の公式サイトにアクセスして、申し込みフォームに以下の内容を入力します。

就業状況(必須) 現在の就業状況を入力
個人情報(必須) 氏名、生年月日、性別、郵便番号、自宅住所、自宅電話番号、携帯電話番号
居住形態、居住年数、家賃または住宅ローン、家族構成
勤務先情報(必須) 勤務先名、勤務先郵便番号、勤務先住所、勤務先電話番号
種別(上場、非上場、自営など)、業種、職種、役職、勤続年数、雇用形態、年収
勤務先情報(任意) 所属部署、従業員数、給料日、その他の職業
申込情報(必須) 希望する利用限度額、郵送物の送付先、利用目的、利用中のローンについて
PC/スマートフォン/携帯電話用のメールアドレス
カードローン暗証番号、支払口座、返済日
申込情報(任意) 振込融資の希望額(カード到着前に融資希望の方)
スーパーローン受付メールの配信

楽天銀行より、ローンカード発行までのご案内メールが送信されます。

ローン審査を開始

審査結果のメールが送信されます。申し込みを受け付けてから、最短で当日には配信されます。

勤務先へ在籍確認

勤務先へ、在籍確認の電話が掛かってきます。

契約内容の確認

申し込みの際に入力した電話番号宛てに、本人確認の電話が掛かってきます。この際、金利や限度額など、契約内容と必要書類について説明があります。

必要書類の提出

郵送で送付か、スマートフォンの証明書類送付アプリより必要書類を提出します。

ローンカード発行

手続き完了後、ローンカードが発行されます。自動発送のため、発送日、到着日の指定はできません。カード到着前に、本人口座へ振り込みが可能です。また、カードは自宅や勤務先へ簡易書留にて発送されます。

再発行の場合は、再発行の手続き終了後翌営業日に簡易書留にて発送されます。勤務先へカード郵送の場合、別途自宅へ犯罪収益移転防止法に基づく文書が送付されます。

口座振替依頼書を返送

スーパーローンの返済は口座振替のため、引落口座の登録が必要となります。

必要書類(本人確認書類・収入証明書類)について

楽天銀行カードローン「スーパーローン」に申し込みする際は、提出が必須の書類があります。以下では、審査時に提出する必要書類をご紹介します。

本人確認書類

本人確認書類として、以下のいずれかのコピーを提出してください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳(顔写真付)
  • 個人番号カード(顔写真付)

現住所が違う場合には、現住所を確認ができる書類を提出する必要があります。

収入証明書類

お勤めの方は、収入証明書類として、以下のいずれかのコピーを提出してください。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書

自営業の方は、収入証明書類として、以下のいずれかのコピーを提出してください。

  • 課税証明書
  • 確定申告書

カードローンの審査を通りやすくする方法

以下では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通りやすくする方法をご紹介します。

信用情報に問題がない状態にする

指定の個人信用情報機関の情報を照会し、他社の借入件数や金額、返済状況、過去の履歴に事故がないかなどを確認します。例えば、携帯電話を持っていれば支払いに延滞がないかなども調べられます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の審査に通りやすくするためには、現在借り入れ中のローンの滞納をなくすなどして、信用情報に問題がない状態にしましょう。

属性情報が信頼に値する

属性情報とは、申込者がどんな方かということです。具体的には、家族構成や婚姻区分、住居形態から勤務先の内容、勤続年数、年収などが、どのような位置に属しているかという情報となります。

属性情報の中でも重要視されることが、勤務先の情報です。担保や保証人無しで融資をするため、貸す側としてはあなたが本当に利息をプラスして、返済してくれるかどうか、つまり返済能力を見抜く必要があります。

そのため、定職についていれば給料が毎月入ってくるため、信頼できる属性情報となり、融資を受けられる可能性が高まります。また属性情報で、勤続年数が長いほど、この先の収入が安定すると見なされ、給料が高いほど、返済能力があると判断されるのです。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の在籍確認

以下では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の在籍確認についてご紹介します。

カードローンの利用を会社に知られる心配はありません

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、審査時に、勤務先へ在籍確認が行われます。在籍確認は非通知設定・担当者個人名で連絡されるため、カードローンを利用していることが勤務先に知られる心配はありません。

逆に社名を確認された際は、「楽天銀行の◯◯」と伝えてくれます。また、非通知着信を拒否している場合、今度は番号通知をして再度掛け直して在籍確認を行います。

虚偽の申請をしてしまった場合

申し込みの際に入力した勤務先に虚偽、入力ミスがあった場合、審査に落ちる可能性が高くなります。そのため、入力時には誤入力がないように注意してください。意図的ではなかったとしても、審査に落ちてしまったら再度審査する際に不利になってしまいます。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の借入方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」には、3つの借入方法があります。以下では、スーパーローンの3つの借入方法をご紹介します。

ネットキャッシングから借り入れる

パソコン、スマートフォン、携帯電話からインターネットを利用して、公式サイトから会員ページへログインします。

借り入れの申し込み手続きをすると、登録口座に振り込みされます。手数料は無料で、振込先が楽天銀行の口座の場合は、24時間365日いつでも即時に振り込みされます。一方、その他の金融機関を振込先として指定した場合、平日の0:10~14:45までに申し込みを行わないと、当日中に振り込みされません。

また、ネットキャッシングを利用するためには、インターネット会員「メンバーズデスク」に登録する必要があります。「メンバーズデスク」には、楽天銀行から送付されるローンカードが手元にあれば、公式サイトですぐに登録可能です。

借り入れする手順

ネットキャッシングから借り入れする手順は以下の通りです。

  • 手順1.楽天銀行カードローン会員専用サービスにログイン
  • 手順2.メニューより「キャッシングのお申込」を選択
  • 手順3.「お借入希望額」を入力して「この内容で申し込む」または「選択」を選択
  • 手順4.登録口座に借入金が振り込まれる

電話から借り入れる(0120-730-115)

以下の専用のフリーダイヤルより、借り入れの申し込みができます。

  • 楽天銀行カードセンター:0120-730-115

24時間、専属のオペレーターが対応します。振り込みが反映される時間帯はネットキャッシングと同じで、手数料は無料です。

提携CD・ATMから借り入れる

都市銀行、地方銀行、コンビニなど、全国約10万台のCD・ATMで借り入れできます。以下に、手数料無料で借り入れできる提携金融機関をご紹介します。

  • みずほ銀行
  • ローソンATM
  • E-net
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 三井住友銀行
  • 北都銀行
  • 東京都民銀行
  • 東京スター銀行
  • 栃木銀行
  • 愛知銀行
  • 名古屋銀行
  • 高知銀行
  • 富山銀行
  • 大光銀行

手数料有料のATMを利用する場合、108~216円の手数料が掛かります。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の返済方法

以下では、楽天銀行カードローン「スーパーローン」の返済方法をご紹介します。

カードローン返済日

楽天銀行カードローン「スーパーローン」では、登録口座より自動引き落としで返済することになります。返済日は1日、12日、20日、27日のいずれかを任意で選択することが可能です。

27日は楽天銀行口座を引落口座として登録している方のみ指定できるため注意しましょう。なお、月々の返済額は、毎月の返済期日の15日前に、借入残高により確定します。

カードローン返済方式

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の返済方法は、「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」の2つがあります。以下では、「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」の返済額をご紹介します。

残高スライドリボルビング返済

以下では、残高スライドリボルビング返済での、毎月のローン返済額をご紹介します。返済日15日前の利用残高を元に毎月のローン返済額が決定します。

利用残高 返済額
返済日15日前の利用残高を
元に毎月のローン返済額が
決定します。
利用限度額が10万円以内の場合 2,000円
10万円超~30万円以内の場合 5,000円
30万円超~50万円以内の場合 1万円
50万円超~100万円以内の場合 1万5,000円
100万円超~150万円以内の場合 2万円
150万円超~200万円以内の場合 3万円
200万円超~250万円以内の場合 3万5,000円
250万円超~350万円以内の場合 4万円
350万円超~400万円以内の場合 4万5,000円
400万円超~500万円以内の場合 5万円
500万円超~600万円以内の場合 6万円
600万円超~700万円以内の場合 8万円
700万円超~800万円以内の場合 10万円

例えば、利用残高が100万円の場合は返済額1万5,000円、残高が50万円以下の場合は返済額1万円です。また、追加で借り入れをして利用残高が増えると、それに応じて返済額も変化します。

元利込定額返済

元利込定額返済は、新規で申し込みの方は選択できません。契約の利用限度額に応じて、毎月一定の額を返済することになります。元利込定額返済での、毎月のローン返済額は以下の通りです。

利用残高 返済額
契約の利用額に応じて、
毎月一定の額を返済すること
になります。
50万円以内の場合 1万円以上
50万円超~100万円以内の場合 2万円以上
100万円超~150万円以内の場合 2万5,000円以上
150万円超~250万円以内の場合 3万5,000円以上
250万円超~300万円以内の場合 4万円以上
300万円超~500万円以内の場合 5万円以上

カードローン返済口座

カードローン返済口座として、都市銀行、地方銀行、信託銀行、信用金庫、労働金庫、農業協同組合(一部を除く)を指定できます。

返済口座として指定できない金融機関
  • 新銀行東京
  • ゆうちょ銀行
  • 大和ネクスト銀行
1日、20日にご指定できない金融機関
  • じぶん銀行
12日にご指定できない金融機関
  • 静岡中央銀行
  • 沖縄海邦銀行
  • 商工組合中央金庫

カードローンの随時返済方法

随時返済とは、金銭的に余裕があるときに、カードローンの随時返済することです。毎月の返済とは別に、追加で随時返済することが可能です。

随時返済をすることで、元金が減り、支払総額が少なくなる場合があります。随時返済方法には、「提携ATMからの返済」「インターネットからの返済」「振り込みでの返済」があります。

提携ATMで返済

提携ATMから随時返済することが可能です。なお、ATM入金手数料は掛かりません。返済は1,000円単位からできます。一部の提携先店舗によっては、1円単位での返済が可能です。

Webで返済

スーパーローンのインターネット会員サービス「メンバーズデスク」より、金融機関のインターネットバンキングを利用して、手数料無料で、1円単位で随時返済することが可能です。

振り込みで返済

楽天銀行は利用者専用のカードローン返済口座を用意しています。口座番号は、以下の問い合わせ先より確認できます。

  • 楽天銀行カードセンター:0120-730-115
  • 受付時間:平日9:00~17:00

海外からの問い合わせや、フリーダイヤルが利用できない方は、以下より問い合わせできます。

  • 楽天銀行カードセンター:03-6832-1358(通話料有料)
  • 受付時間:平日9:00~17:00

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の借入金利

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利は、決して高くはないものの、他の銀行カードローンと比べて比較的低い水準です。また、借入利率(年利)は、利用限度額に応じて楽天銀行所定の借入利率範囲内で設定されます。利用限度額と借入利率について、以下でご紹介します。

利用限度額 借入金額
100万円未満の場合 14.5%
100万円以上~200万円未満の場合 9.6%~14.5%
200万円以上~300万円未満の場合 6.9%~14.5%
300万円以上~350万円未満の場合 4.9%~12.5%
350万円以上~500万円未満の場合 4.9%~8.9%
500万円以上~600万未満の場合 4.5%~7.8%
600万円以上~800万未満の場合 3.0%~7.8%
800万円の場合 1.9%~4.5%

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額方法

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は増額融資に対応しています。返済実績が優秀であり、かつ継続的な使用があれば融資額を増やすことが可能です。また、楽天銀行「スーパーローン」では、専業主婦の利用限度額は50万円となっていますが、増額審査によりそれ以上の借り入れ可能となる場合があります。

ただし、増額融資は誰でも受けられるわけではなく、再審査により「利用限度額の引き上げが可能」と判断された場合のみ受けられます。以下では、増額融資を受けるためのポイントをご紹介します。

前回の審査から6カ月経過している

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の増額融資は、前回の審査から6カ月以上の利用実績が必要となります。借り入れ後すぐに再審査を受けたとしても利用限度額は変わりません。

増額融資にはある程度の信用実績が必要です。そのため、信用リスクの判断が行える期間の目安を6カ月とし、その間に継続して返済を行っている実績があれば、増額可能と判断されます。

他社のカードローン会社を利用していない

他社のカードローンを利用していると「信用リスクが高い」と判断されます。さらに他社の借入金額が大きい場合、スーパーローンの利用限度額が減額されてしまうことも考えられます。他社のカードローンを利用している場合は、増額が受けにくいと言えるでしょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の滞納をしていない

滞納をすると信用リスクが高いと判断され、再審査に通過することが難しくなります。増額融資を考えている方は、滞納しないように注意しましょう。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」利用時の注意点

楽天銀行カードローン「スーパーローン」は、24時間365日、インターネットからいつでも申し込みが可能です。しかし、カードローンの利用にあたり、申し込みだけでは借り入れできないことに注意しましょう。最短即日融資となっていますが、審査が当日中に完了しない場合は、当日融資を受けることはできません。

即日融資を受けるためには、平日14:30までに「申し込み」「審査」「契約」「借り入れの申し込み」までを済ませる必要があります。審査や在籍確認、書類確認、契約は平日の営業時間内に行われます。

そのため、土日にどうしもお金が必要になった場合、審査を受けることはできません。スーパーローンを利用するときは、融資までに2日間掛かったとしても問題ないスケジュールで申し込みをする必要があります。

なお、週末は審査が込み入ってしまう恐れがあるため、土日にお金が必要な場合は、木曜までに契約を終わらせ、金曜日には銀行振込で借り入れできるようにしてください。

新井智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.