鳥取銀行カードローン らくだスーパーカードローン

「人生を、笑おう」のキャッチコピーで親しまれている鳥取銀行のらくだスーパーカードローンについてご存知でしょうか?らくだスーパーカードは1枚あると急な出費の際にも安心できるカードローンです。

今回は、らくだスーパーカードローンのメリットやデメリット、利用方法についてご紹介します。

「とりぎん」の愛称で親しまれる鳥取銀行とは?

らくだスーパーカードローンを取り扱っている鳥取銀行は、その名の通り鳥取県を中心に中国地方に展開している地方銀行です。「青い鳥の銀行です。」のキャッチコピーで知られる鳥取銀行は、1949年に設立。

鳥取県の指定代理金融機関である他、鳥取県内7市町から指定金融機関を受託するなど、地域密着型金融として事業支援や貢献活動に積極的に取り組んでいます。そんな鳥取銀行についてまずはご紹介します。

とりぎんってどんな銀行?鳥取銀行の特徴

鳥取銀行は前身である鳥取貯蓄銀行、因伯銀行の流れを受け、1949年10月1日に鳥取信用組合の営業を譲り受けたうえで株式会社鳥取銀行として設立。

以後、三和銀行(現:三菱UFJ銀行)や富士銀行(現:みずほ銀行)からの営業譲受、鳥取県信用組合の合併などありながらも、他の銀行のような大きな統廃合もなく約70年の間「とりぎん」の愛称で親しまれてきました。

主に鳥取県をはじめとした中国地方に店舗展開し、現在では店舗数は約70店舗となっています。その中でも1990年に新築移転された本店は鳥取駅の目の前という好立地にあり、多くの鳥取県民の生活を支えてきました。

鳥取銀行では中期経営計画として「考動と開革Ⅱ 27-29」に取り組んでいる

現在、取り組んでいる、鳥取銀行ホームページにも公開されているこの中期経営計画は、「地方創生への積極的な関与」「お客さま満足度の向上」「地域と当行の将来を担う人財の育成」の3つの基本方針を掲げ、銀行を利用するお客さまや地域との連携を図っています。

特に急速に進んでいる少子高齢化や人口減少などといった環境変化にも的確に対応することで、地域の人たちの明るい未来と活力あふれる地域を創造することを目指しています。

なお鳥取銀行は中国・四国地方で唯一神戸市内や東京都内に支店を置いておらず、また鳥取支店という本店所在地の都市名を冠する支店は全国的に見ても珍しい事例となります。

とりぎんが持つ2つのネーミングライツ

現在、鳥取銀行は鳥取県および鳥取市と「とりぎん文化会館」「とりぎんバードスタジアム」の2つのネーミングライツ・スポンサー契約を交わしています。

これらは地域振興支援の一環として2008年4月に取得されましたが、実際には山陰地方初の試みでありました。そのため、当初は地域の方々に新しい名称が受け入れられるか不安の声もありました。

とりぎん文化会館

そんな中、とりぎん文化会館は文化・芸術を発信する拠点として注目されるようになり、大ホールから練習室、会議室まで、様々な側面から地域の人たちへの文化サービスの提供と文化の拡大と振興を図ってきました。

現在、とりぎん文化会館では鳥取県を代表する文化芸術振興の場として、全国規模のコンサートや地域の学生・生徒による発表会など、多数のイベントが一年を通して開催されています。

とりぎんバードスタジアム

一方でとりぎんバードスタジアムは、中国地方唯一のサッカー専用スタジアムとして地域のスポーツ活性化の場として注目されてきました。サッカー専用競技場である強みを活かして、プレーヤーと観客が一体になって感動が共有できるよう、ピッチと観客席とを非常に近く設計しているのが特徴です。

Jリーグのスタジアム基準をクリアしたこともあり、ガイナーレ鳥取のホームスタジアムとしても活躍。Jリーグはもちろん国際試合や天皇杯、全国高校総体など、数々の名シーンが生まれる場として地域に愛されるスタジアムに発展してきました。

現在ではどちらも地元の人に愛される、鳥取県を代表する地域振興の場としてその役割を担っています。

鳥取県の活性化と発展を目指した地域貢献活動

鳥取銀行では地域の活性化と発展を目的とした様々な地域貢献活動に取り組んでいます。

2004年からは地域の大学である鳥取大学と鳥取銀行が業務協力協定を締結。職員の人事交流や大学・企業間のニーズのマッチング支援など、地域の未来を担う学生への支援を行ってきました。

さらに2007年からは「とりぎん教育改革助成金」精度を設けたほか、鳥取銀行の寄付講座「マーケティング論」を開講するなど、地域の銀行として様々な側面からその役割を果たしてきました。

  • 積極的に保全活動に参加
  • また、鳥取銀行は鳥取県が推進する環境保全活動「とっとりグリーンウェイブ」県民運動に賛同しています。この運動を県内外に広くPRするだけでなく、「とっとりグリーンウェイブ応援活動」として銀行としても積極的に保全活動に参加。

    その一環として、地域の方々と地元の緑を守り育てるための「リレー植樹」を鳥取県内全19市町村で実施。25ヶ所の保育園、幼稚園、小学校、中学校、各種施設にて、レモンやみかんといった”実”のなる苗木を植えてきました。

  • スポーツ振興にも協力的
  • その他地域のスポーツ振興として、前述のとりぎんバードスタジアムでは「とりぎんキッズサッカーフェスティバル」を開催。

    ガイナーレ鳥取が活躍する舞台でもある天然芝のピッチでは、サッカー少年のあこがれの舞台であり、たくさんの児童が元気いっぱいのプレーを展開しています。

これらをはじめとする地域貢献活動を広く実施するため、現在鳥取銀行では公益信託「とりぎん青い鳥基金」を設立しています。

地元である鳥取県の将来をより良いものにするため、ふるさとの文化芸能の継承や将来を担う青少年の健全育成を目的として、教育活動や地域伝統文化等の振興・継承に対して寄与する活動への助成を行っています。

らくだスーパーカードローンってどんなカードローン?

それでは、鳥取銀行のらくだスーパーカードローンがどんなカードローンかご紹介します。らくだスーパーカードローンは最高500万円まで融資可能な、金利4.0~14.5%の金融商品となります。

カードローンであるため、一度カードが発行できれば、その後はATMにて手軽に借り入れ・返済ができるようになります。どのような特徴があるのか、詳しくみてみましょう。

使い道は自由!手軽に申し込めて急な出費にも安心

らくだスーパーカードローンは、借入金の使用用途が定められていない金融商品になります。使い道は自由なので、ショッピングやレジャーなどの資金、習い事や資格取得の為の勉強資金、生活費への補てんなど、その時のニーズに合わせて必要な分だけ利用することができます。

カードさえあればお近くの銀行・コンビニATMですぐに借り入れができるため、急な出費や現金が必要な際にカード1枚あると安心!例えば、急に冠婚葬祭が決まって手持ちの現金が足りないときや、給料日前で自由に使える現金が少ないときに、お近くのATMで必要な金額だけカードローンで補うといった使い方ができます。

毎月の最低返済額もご利用金額に応じて変動し、その金額も毎月2,000円からとなっているため、無理なく返済することができます。もちろん、契約期間内であれば利用限度額の範囲内で何度でも利用することができます。

申し込みもネットや電話で簡単に

申し込みもパソコンやスマートフォンがあればインターネット経由で24時間可能。その後は電話と郵送でのやり取りで契約を完結させることができるため、来店の必要もなく手軽に手続きを進めることができます。

また申込時に鳥取銀行の口座をお持ちでない方も申込可能となっています。もちろん電話やFAX、店舗来店での申し込みにも対応。

特にローンに対して疑問や不安がある場合、土曜・日曜でも開いているとりぎんローンプラザやインストアブランチで納得いくまで相談することができるので安心です。

返済は毎月10日、口座自動引落の他にATM返済もOK

らくだスーパーカードローンの返済日は毎月10日で、申込時に指定した返済用口座から自動引き落としとなっています。

大手銀行系のカードローンだと最低返済額が5,000~10,000円となっているものも多くありますが、らくだスーパーカードローンは2,000円からと負担が比較的少なく、返済を忘れることなくスムーズに返すことができるのもポイントです。

ご利用額に応じて変動する具体的な返済額は次のようになっています。

借入金額 月々の返済金額
10万円以内 2,000円
(※貸越残高が返済額に満たない場合、返済額は貸越残高)
10万円超20万円以内 5,000円
20万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 20,000円
100万円超200万円以内 30,000円
200万円超300万円以内 40,000円
300万円超400万円以内 50,000円
400万円超 60,000円

また、口座引き落としだけでなく鳥取銀行ATMでの任意返済にも対応しています。もちろん返済額も任意で設定でき、口座引き落としの代わりにATMにて毎月の最低返済額を返済することもできます。

お金に余裕があるときはATMで多めに返済し、手持ちが少ないときは最低返済額だけを返済するといった使い方もできるため、無理なく計画的に利用できるようになっています。借りるときだけでなく、返すときもその状況に合わせて柔軟に対応できるのは使いやすいですね。

らくだスーパーカードローンがご利用できる方

らくだスーパーカードローンがご利用いただける方として、商品概要説明書には「申込時の年齢が満20歳以上72歳以下の方」「保証会社の保証が得られる方」と定められています。言い換えると、この2つの条件を満たしていれば職業や収入などの属性に制限はありません。

パート・アルバイトの方や学生の方でも、収入があり保証会社の審査が通れば誰でも利用することができます。ただし、300万円を超える限度額の場合は所得確認書類が必要となります。

審査基準は業界内でも比較的甘め

実際に利用できるかどうかは審査結果次第ではありますが、らくだスーパーカードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっており、審査基準は業界内でも比較的甘めとされています。

ある程度の収入があり、過去にブラックリストに載るようなことがなければ、収入面では比較的審査は通りやすいと言えるでしょう。

また、らくだスーパーカードローンは総量規制の対象外となっているため、審査によっては年収の3分の1以上の借り入れも可能となります。

その他、地方銀行のカードローンではその地域に在住・勤務している人のみといったケースもありますが、らくだスーパーカードローンは地域の制限はありません。

鳥取銀行の店舗のほとんどが鳥取県近辺にあるため、遠方に住んでいる方の場合は不便のように思えるかもしれませんが、実際は来店せずに申し込みから契約まで行うことができるためそこまで気にする必要はないといえます。

こんな方に!らくだスーパーカードローンのメリット

このようにらくだスーパーカードローンはカードローンの中でも比較的使いやすいローン商品となっています。実際にも、来店不要で申し込み対象者の幅の広さから、人気を集めているカードローンといえます。

そんならくだスーパーカードローンは、実際にどんなメリットがありどんな人におすすめか、整理して見てみましょう。

担保/保証人不要で300万円までなら所得確認書類も不要!

らくだスーパーカードローンでは、申し込みに際して担保や保証人を必要としていません。また上限金額が300万円までの申し込みであれば、源泉徴収票や給与明細と言った所得確認書類も不要となります。

一般的に銀行から融資を受ける場合はこれらが必要となるケースがありますが、らくだスーパーカードローンでは必要としないため資本・資産が少ない方や所得が少ない方でも利用しやすいことがメリットとして挙げられます。

  • 比較的審査も通りやすい
  • 収入が高いほうが審査に有利になるのは事実ですが、らくだスーパーカードローンは比較的審査も通りやすく、パートやアルバイト、自営業者など、収入が安定していないけどある程度まとまったお金が必要といった人でも利用しやすくおすすめのカードローンといえます。

  • カードローンを利用しているのをバレたくない人にもおすすめ
  • もちろん周囲に保証人としての相談をする必要もないため、家族や職場など周りにカードローンを利用していることがバレたくない人にもおすすめです。申込後も口座の明細には「利息」としか書かれないため、例え通帳を見られたとしてもカードローンであることには気づきにくいといえます。

ただしローンカードと利用明細書が郵便で届く点、在籍確認の電話が会社にかかってくる点では、注意しないと勘の良い人にはカードローンを利用しようとしていることがバレる恐れはあります。

また、ローンカードには「CARD ROAN」と記載されているため、それがカードローン用であることはひと目見ただけで気づかれやすいともいえます。

用途は自由!低金利で総量規制対象外

らくだスーパーカードローンは使いみちは原則自由となっているため、生活資金はもちろん、事業資金として使用することや複数の借り入れをまとめるために利用することもできます。

一時的な生活資金が欲しい人や、これから自営業をはじめるための資金が欲しい人、複数の返済をまとめたい人など、様々な目的でお金が欲しい人すべての人におすすめのカードローンといえます。

金利がメガバンク並の低さ

その理由のひとつに、金利がメガバンク並の低さであることが挙げられます。実質年率4.0~14.5%という金利はカードローンのの中でも比較的低金利であり、中長期的な利用でも他のカードローンと比べると負担が少ないといえます。

月々の最低返済額も比較的安く、無理なく利用できることのメリットは、カードローンをあまり利用したことがない人にとっても安心できるポイントと言えます。

総量規制の適用対象外

さらに特徴的なのが、らくだスーパーカードローンは総量規制の適用対象外である点です。総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限されることを原則とする仕組みのことです。

消費者金融系などのカードローンではこの総量規制の対象となりますが、らくだスーパーカードローンでは対象外となっているため審査結果次第では年収の3分の1以上の借り入れも可能となります。

この点が、生活資金目的だけでなく事業資金としてまとまった金額が必要な方にもおすすめのカードローンである理由です。

来店不要!PCやスマホがあればらくらく申し込みですぐ使える!

らくだスーパーカードローンが人気を集めている理由の1つに、申し込みの手軽さが挙げられます。パソコンやスマートフォンがあれば、申し込みから契約まで来店せずにすべてインターネットと電話で完結させることができます。インターネット経由であれば、申し込みは24時間対応可能。

鳥取銀行のホームページから契約書類をダウンロードすることもできるので、お仕事などで日中忙しく来店する時間がとれない方や、遠方に住んでいて物理的に来店が難しい方でも、いつでもどこでも手続きを進めることができます。

鳥取銀行の口座を持っていなくても問題ない

申込時には鳥取銀行の口座を持っていなくても問題ありません。他行のカードローンの場合、申し込み時に銀行口座を開設することが条件のものもありますが、その場合口座開設のために何度も銀行を訪れなければならず、利用者にとって負担となるケースがよくあります。

らくだスーパーカードローンでは返済口座として鳥取銀行の口座を使用しますが、契約手続きの一環で開設するため来店は必要とせず、手軽に進められるメリットは大きいと言えるでしょう。

インターネットでの申込みの場合、2~3日後には審査結果が電話で伝えられます。審査が通りらくだスーパーカードローンが利用できるようになれば後日郵送でローンカードが送付されますが、希望すれば振込で融資を受けることもできます。

このように、申し込みから入金まで来店せずスムーズに利用でき、どんな人でも使いやすいカードローンといえるでしょう。

ここに注意!らくだスーパーカードローンのデメリット

ここまではらくだスーパーカードローンのメリットを紹介してきましたが、カードローンである以上使い方を誤れば返済に苦しくなってしまう場合もあります。

毎月の返済で金銭面が苦しくならないよう、らくだスーパーカードローンのデメリットについてご紹介します。あらかじめ注意すべき点を把握した上で、賢く使いましょう!

借りすぎ注意!借入限度額と金利について

他のカードローンでも同様ですが、らくだスーパーカードローンでは借入限度額が審査結果に合わせて個々に設定されています。当たり前ですが、限度額以上の金額を借り入れすることはできません。

特に完済する前に繰り返しカードローンを利用していると利息が発生するため、無計画に借り入れを重ねると知らず知らずのうちに利息が限度額を圧迫しているなんてことにもなりかねません。

  • 借入限度額は審査結果次第で変動
  • さらに注意しなければならないのが、借入限度額は審査結果次第で変動するという点です。申し込み時に希望の限度額を記載する欄がありますが、審査の結果によってはそれを下回る限度額を設定される可能性もあります。

    契約が完了したら必ず上限金額を確認し、利用中も利用残高がどれくらいか把握するようにしましょう。契約後6ヶ月以上が経過していれば、限度額増額の申請が可能となりますが、もちろん審査結果次第であるため過度の期待はしないようにしましょう。

  • 金利は保証会社の判断で設定
  • 金利については年4.00%、4.00%、8.00%、11.00%、14.50%の中から保証会社の判断で設定されます。らくだスーパーカードローンの場合は利用金額や期間などによって利用中に金利が変動することはありません。

    「金利4.00%から」と広告宣伝しているからと言っても、全ての人に4.00%が適用されるわけではないので、こちらも必ず確認するようにしましょう。なお、こちらも利用中に再審査を申請することによって金利を見直してもらうことが可能です。

限度額と金利は保証会社がその人の返済能力を判断して設定しているものです。むやみに多額の金額を借り入れて返済ができないなんてことがないよう、正しく計画的に使いましょう。

契約期間は原則1年間で、一部のとりぎんカードローンとの併用は不可

らくだスーパーカードローンは、商品概要説明書に契約期間として「契約日より1年後の応答日の属する月の末日」と定められています。すなわち、契約期間は原則1年間となっています。

基本的には特に問題がなければ契約更新することができますが、らくだスーパーカードローンの対象年齢が20~72歳となっているため、満72歳を超えての更新はできない点に注意しましょう。

その他、何かトラブル等があった際には保証会社から保証が得られなくなる場合もあります。保証が得られないと契約条件を満たさないため更新ができなくなってしまいますので、契約期間が原則1年間であることを念頭におきながら利用しましょう。

他のカードローンと併用不可

鳥取銀行は他にも「らくだカードローン」「新カードローン」「プレミアムカードローン」といったカードローンが用意されていますが、これらのカードローンとらくだスーパーカードローンを併用することができません。

そもそもカードローンを複数契約すると、それぞれの返済に追われ、金額や返済日の管理が煩雑になるため、より経済状況が悪化する可能性があるためおすすめできません。

鳥取銀行にてこれらのカードローンを利用している場合、新たにカードローンを利用するのではなく既存のカードローンでまかなえるよう、経済状況を見直しましょう。

なお、住宅ローンなど鳥取銀行内でも別の用途のローンであれば併用可能ですので、無理のない範囲で目的にあわせて使い分けましょう。

ローンについて相談できる窓口が限られている

らくだスーパーカードローンは来店不要型カードローンであるため、基本的には店舗に行く必要はありません。とはいえお金の問題であるため、初めてローンを利用する人やローンの利用中でも返済や利息など不安を抱える内容も多いのではないでしょうか。

インストアブランチを用意

鳥取銀行では銀行直営のとりぎんローンプラザやショッピングモール内に設けているインストアブランチを用意し、利用者の様々な悩みが解決できるようになっています。

土曜・日曜・祝日でも窓口が開いているため、近隣にお住まいの方にはとても便利な窓口となっていますが、しかしこれらの窓口は場所が限られています。

とりぎんローンプラザは鳥取市及び米子市、インストアブランチはイオンモール鳥取北及びイオンモール日吉津のそれぞれ2ヶ所ずつのみとなっているため、遠方にお住まいの方にとってはアクセスが難しいケースも多いといえます。

東京都内にもとりぎんローンプラザがありますが、こちらではらくだスーパーカードローンを取り扱っていません。

電話でローンサポート窓口に相談することができる

電話にてローンサポート窓口に相談することができます。受付時間は9:00~19:30で、年末年始を除く土曜・日曜・祝日でも対応可能となっています。

対面ではないため、資料を見ながら相談することが難しかったり、顔が見えないことにやや不安に思う方も多いかもしれませんが、1人で悩むよりはプロに相談した方が正しい情報が得られ解決が早くなりますので、利用してみましょう。

らくだスーパーカードローンのご利用方法について

ここまでらくだスーパーカードローンのメリット/デメリットについて紹介してきましたが、らくだスーパーカードローンを利用したいとなった場合に気になるのが実際に利用できるようになるまでの手順ではないでしょうか。

前述の通りパソコンやスマートフォンがあれば簡単に申し込みができますので、その具体的な手順やパソコン・スマートフォン以外での申込方法についてもご紹介します!

カードローン契約に必要な書類について

らくだスーパーカードローンには、契約時に本人確認書類が必要となります。具体的には、期限が切れていない次のいずれか1点が必要となります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)

外国人の方の申込みの場合、上記に加えて外国人登録証明書が必要となります。なおこれらはいずれもコピーで問題ありません。

また、融資上限金額が310万円以上を希望する場合、前述の通り所得証明書類が必要となります。源泉徴収票または公的機関が発行する所得証明書をご用意ください。

本人確認書類が必要なのはカードローン契約時

本人確認書類が必要となるのはカードローン契約時となり、申し込みの段階では特に提出は求められません。審査結果次第ではローンが利用できない可能性もあるため、事前に発行しているとその手間が無駄になってしまう場合もあります。

申し込み時点ではこれらの書類が必要となるという認識だけもっておきましょう。

カードローン申し込みから契約手続きの手順について

それでは、具体的な申込手順についてご紹介します。らくだスーパーカードローンの申込方法は、インターネット、電話、FAX、ご来店の4つの方法があります。

  1. インターネットの場合
  2. お手持ちのパソコンまたはスマートフォンから鳥取銀行のホームページにアクセスし、ローン契約についての確認事項に同意の上申し込みフォームに必要事項を入力してください。

    入力情報も氏名、年齢、性別、連絡先電話番号、希望する連絡時間帯といった簡単な内容のみとなっているので、すぐに申し込みができます。24時間受付のため、インターネット環境が身近にあればこの方法が最も手軽と言えます。

  1. 電話、FAXの場合
  2. 鳥取銀行ダイレクトマーケティングセンター(ローンサポート)へ連絡すればOKです。電話の場合年末年始を除く9:00~19:30の受付となりますが、FAXの場合は24時間受け付けています。

  1. 来店の場合
  2. お近くの鳥取銀行の店舗ローン窓口にてらくだスーパーカードローンを申し込みたい旨を伝えてください。銀行員の方から案内してもらえます。

これらの手順を踏まえて申し込みが完了すると、約2~3営業日後に審査結果が電話で伝えられます。この際、融資OKであれば限度額・融資利率を確認することもできます。

在籍確認として勤務先に電話がかかってくる場合があるので、あらかじめ留意しておきましょう。カードローンとわかりづらい形で電話がかかってきますので、周囲にバレる心配はありません。

その後は正式な契約手続きとなりますので、契約書類をダウンロードまたは郵送にて入手し、必要情報を記載し本人確認書類を添付してFAXまたは郵送にて返送してください。

なお郵送の場合、鳥取銀行ホームページより宛名ラベルをダウンロードすることができます。こちらだと住所を間違える心配もなく切手も不要になるので大変便利です。

カードが届けばご利用開始!希望者には事前の振込融資も可能!

書類に不備がなく問題なく受理されたら、郵送でローンカードが送られてきますので、カードが到着次第らくだスーパーカードローンを利用できるようになります。

カードは簡易書留郵便として送付されますので、家族にカードローンを利用していることがバレたくない場合は受け取りに注意しましょう。

なお、契約手続きが完了していればカード到着前でも振込によって融資を受けることができます。少しでも早く借り入れしたい場合、こちらの方法が便利ですので契約時にその旨を伝えましょう。

らくだスーパーカードローンを計画的に使いこなそう!

らくだスーパーカードローンについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。最後に、ポイントを整理しておきます。

  • 来店、口座不要
  • パートやアルバイトの方もOK
  • メガバンク並みの低金利
  • 最低返済額は月2,000円から
  • 担保/保証人不要で300万円以下なら所得証明書類も不要
  • 用途自由で総量規制対象外、事業目的もOK
  • 全国各地の提携ATMで借り入れ/返済可能

このようにメリットがたくさんあり、カード1枚あればいざという急な出費の際にも安心です。幅広い人にとって利用されており、銀行系カードローンのなかでも使いやすい部類ともいえるでしょう。

もちろんローンですので、メリットが多いからといって自身の返済能力を超えた無理な借り入れは禁物です。無計画に利用していると、月々の返済額が増えるだけでなく利息額も増えていくため、いつまでたっても返済が終わらないというリスクもあります。

毎月の収入を考慮した上で、月々の返済に無理がでない範囲で計画的な利用が大切です。うまく使えば社会人としてとても心強い味方になりますので、らくだスーパーカードローンで、無理のない範囲で賢くお金と付き合っていきましょう!

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.