オリックス銀行カードローンの特徴と借入・返済方法

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の年率1.7%~17.8%、利用限度額が最高800万円、審査最短即日を誇るハイスペックなカードローン商品です。オリックス銀行カードローンは知名度が高く、人気カードローンとしての地位も確立しており、「カードローンを使ってみたい」、もしくは「まとまった資金が必要になった」という方から選ばれています。

オリックス銀行ってどんな銀行?

オリックス銀行は、オリックス株式会社に傘下しているグループ会社です。オリックス銀行は実店舗がないインターネット専業銀行、いわゆるネットバンクと言われるものです。
本店所在地は東京都港区にあるオリックス乾ビルです。

自社ATMを持っていない

ネットバンクの中でもオリックス銀行は自社ATMを持っておらず、通帳もキャッシュカードも発行していない独自性のある銀行です。店舗維持費や人件費、ATMなどのコスト削減により、好条件の金利で預金やローンの提供を行っています。

2016年5月には融資残高1,000億円を突破

オリックス銀行がカードローンの取り扱いを開始したのは2012年3月からで、比較的新しい金融商品です。また、2016年5月には「オリックス銀行カードローン」の融資残高が1,000億円を達成しました。以前は金利3.0%~17.8%でしたが、2016年12月より最低金利が3.0%から1.7%まで引き下げられたことも魅力のひとつです。

オリックス銀行カードローンとは

オリックス銀行カードローンは、24時間365日いつでもWebで申し込みができるカードローン商品です。自社ATMはありませんが、利用可能な提携ATMは全国で97,000台以上です。30万円以下の借入額ならば、返済額も月7,000円から利用することができます。

まとまった融資が必要な際に審査が通りやすい

消費者金融と比較すると金利は低いですが、銀行と比較すると金利は割高です。しかし、金利が高いと融資を受けやすくなります。限度額は最高800万円と銀行の中でもかなり高い部類に入るため、まとまった融資を受けたいという方にはオリックス銀行カードローンはおすすめです。

毎月の返済額は月7,000円から

オリックス銀行カードローンは、30万円以下の借り入れなら毎月の返済額7,000円から利用することができます。少額の借り入れならば、返済額の負担がさほど大きくならずに利用できるのは本商品の魅力です。また、返済額の計算方式は残高スライドリボルビング方式となっています。

実店舗を持たないネットバンク

オリックス銀行は実店舗を持っておらず、インターネット上で手続きを完結するネットバンクです。そのため、申し込みから契約まで来店不要で手続きが完了できます。

オリックス銀行カードローンの申込条件

オリックス銀行カードローンは、以下の条件で申し込みができます。

  • 申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
  • 原則安定した収入のある方
  • 日本国内に在住の方
  • オリックス・クレジット株式会社、または新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられる方

※外国籍の方は、永住者または特別永住者の方に限ります。

オリックス銀行カードローンがおすすめの理由

以下では、オリックス銀行カードローンがおすすめの理由についてご紹介します。

オリックス銀行の口座なしでも申し込みOK

オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座を持っていなくてもすぐに申し込みが可能です。

銀行カードローンの中には、その銀行の口座を持っていることが条件になっているところも多々あります。しかし、「カードローン契約のために口座開設するのは面倒」「口座開設したところでほかに使い道がない」というのが正直なところです。

このように、オリックス銀行カードローンが人気の理由として、「口座を持っていなくても申し込みができる」ことが挙げられます。

手続きや借り入れを来店不要で完結できる

オリックス銀行カードローンは実店舗を持たないネットバンクのため、手続きや借り入れを来店不要で完結させたい方にはおすすめのカードローンです。そのため、忙しくて店舗に行く暇がない方、他人に見られたくない方に向いているカードローン商品です。

保証会社が2社ある

オリックス銀行カードローンは「オリックス・クレジット株式会社」「新生フィナンシャル株式会社」の2社に保証業務を委託します。

これは、あまり例を見ない珍しい審査システムを採用しており、保証会社はオリックス銀行カードローンの仮審査を行ったり、利用者の返済が困難になった場合に、代位弁済してくれたりします。

保証会社2社のメリットは、例えば「オリックス・クレジット株式会社」の審査に落ちた場合でも、「新生フィナンシャル株式会社」が新たに審査してくれることにあります。

つまり、「少し金利条件が悪くなってもいいからお金を貸してほしい」というニーズに応えてくれるのです。これによって、審査で落とされてしまう可能性が低くなります。

審査を2社で行ってくれるので、銀行カードローンの中でも比較的審査に落ちにくいことが特徴です。

24時間365日いつでも振り込みが可能

ジャパンネット銀行の口座を持っている方であれば、オリックス銀行の即時振込サービスが利用できます。土日、祝日を含め0:10~23:50まで、いつでも振り込みで融資を受けることが可能です。ジャパンネット銀行以外の金融機関だと、振り込みは平日8:40~15:00まで。15:00以降は翌営業日の対応になります。

即時振込サービスは、契約後に「登録口座」もしくは「振込専用口座」に登録するだけです。「返済の度にATMまで行くのはちょっと面倒」という方に便利なサービスと言えます。振込方法はオリックス銀行Webサイトのメンバーズナビ、または電話で依頼することになります。

返済日を「10日」と「月末」で選べる

オリックス銀行カードローンは返済日を「10日」か「月末」で選択できます。また、返済日の14日前から当月分の返済が可能です。それ以前の返済は随時返済として取り扱われます。

提携ATM利用手数料が0円

オリックス銀行カードローンは提携ATMの利用手数料が0円です。

  • ※提携外のATMの場合は、取引内容によって手数料が発生します。

取引金額に関わらず、借り入れの場合は108円、返済の場合は216円です。返済日は毎月1回訪れるため、月に複数回ATMを利用すると考えると最低でも324円程度です。これを年間で計算すると3,888円にもなります。

カードローン選びは金利に目が行きがちですが、手数料もきちんと考慮しないと思いもよらない支払額が発生することになりかねません。

10万円を金利4%で借りて1カ月後に返済すると、利息額は328円になります。10万円を借りる場合、金利13.8%だけどATM手数料で324円なら、オリックス銀行カードローンとそこまで差はありません。例えば、金利が低くても、利用額や手数料次第ではその差は縮まるということです。

オリックス銀行カードローンのデメリット

以下では、オリックス銀行カードローンのデメリットについてご紹介します。

無利息のサービスがない

無利息サービスとは、一定期間の利息が0円になるサービスのことです。オリックス銀行カードローンには無利息のサービスはありません。

融資までに時間が掛かる

オリックス銀行カードローンは即日融資には対応していません。即日で融資を受けることは難しく、最短3日~1週間は見ておく必要があります。
カードが届くまで、振り込みで借り入れできればいいのですが、オリックス銀行カードローンでは、カードが自宅に届いた後に、やっと振り込みの手続きができます。

専業主婦・専業主夫・学生は申し込みができない

オリックス銀行カードローンでは、自身に収入がない専業主婦(専業主夫)の申し込みは受け付けていません。また、満20歳以上でアルバイト収入がある学生も申し込みできません。

オリックス銀行カードローンの申込方法

Webで申し込みする場合

以下では、Web申し込みの方法をご紹介します。

申し込みをする

オリックス銀行カードローンは申し込みから契約まですべてWebで完結できます。24時間いつでも受け付けをしているので、パソコンやスマートフォンを利用して深夜でも申込可能です。公式サイトへアクセスして、申し込みフォームより以下の内容を入力します。

個人情報(必須) 氏名、生年月日、性別、家族構成、子供の人数、自宅郵便番号、自宅住所、
電話番号、Eメールアドレス、居住形態、居住年数、家賃・住宅ローン返済
勤務先情報(必須) 勤務先名、所属部署、勤務先郵便番号、勤務先住所、勤務先電話番号、資本金、業種、
勤務先種類、勤務先従業員数、勤続年数、職業、収入形態、役職、職種、税込年収、
出向(派遣)の有無
申込内容(必須) 希望の利用限度額、利用目的、利用中ローン、カード暗証番号、郵送物の送付先、
希望連絡先、金融機関、口座、口座名義人、返済方法、返済日(10日、月末)、
アンケート

申し込み完了後に、登録したメールアドレス宛に受付メールが配信されます。メールに記載されている確認用URLをクリックして、受信確認を行ってください。

審査結果が判明する

オリックス銀行、保証会社による審査が行われます。審査結果は数日程度で判明します。

審査結果の可否は電話、メールで届きます。申し込みの際に受信確認をしなかった場合は、メールではなく、郵送で審査結果が通知されます。

ここまでの仮審査が可の場合、ローンカードが発行されて自宅住所に簡易書留でローンカードが郵送されてきます。

契約をする

受信確認を行ったメールアドレス宛てに必要書類アップロード用のURLが届きます。クリックして必要書類のアップロードを行ってください。

収入証明書の提出がある場合は、オリックス銀行側の審査で時間が掛かってしまうため、融資開始までには最短でも3日程度必要です。

ローンカードが早めに到着しても、オリックス銀行の最終審査と必要書類の確認が完了しないと利用できないのでご注意ください。振込融資を希望するなら、カード到着後に「メンバーズナビ」にログイン(ログインID、カード番号、ログインパスワードを入力)して、先に振込融資の手続きを必要があります。

必要書類(本人確認書類・収入証明書類)について

オリックス銀行カードローンを契約する際には、本人を確認できる書類が必要です(以下1点)。

本人確認書類
  • 運転免許証、または運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 日本政府発行のパスポート
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
収入証明書類

希望する借入額が50万円を超える方は収入証明書類が必要です。該当する方は、以下の書類の中から銀行が指定するもので1点は必要です。ただし、審査の結果、利用限度額が50万円以下の場合でも証明書類の提出を求められる場合もあります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)

以下は、個人事業主や会社経営の方が必要な収入証明書類です。

  • 住民税決定通知書、または課税証明書
  • 納税証明書(その2)
  • 確定申告書(付表含む)

※審査の結果、記載の書類以外にも指定の書類提出を求められる場合があります。

オリックス銀行カードローンの審査について

以下では、オリックス銀行カードローンの審査についてご紹介します。

【1】在籍確認について

オリックス銀行カードローンでは勤務先へ在籍確認の電話連絡を行っています。

審査では通常、申込者から送られた勤務先情報が正しいか確認するため、職場へ在籍確認の電話を行い虚偽の申告がないかチェックをします。

この在籍確認が原因で、申し込みを迷われる方もおられますが、在籍確認は審査でも重要項目に位置付けられていますので、どうしても避けることはできません。

ただし、オリックス銀行ではプライバシーに十分配慮してくれるので、本人以外が電話に出たとしても第三者にカードローンに関する情報を話すことは一切ありません。

オリックス銀行カードローンの在籍確認は担当者の個人名で掛けてくれます。銀行名の方がいいということであれば、申し込みが完了した後にカードローンデスクにご相談ください。

借金が他人に知られるかは非常にシビアな問題です。オリックス銀行の担当者もそれは承知しています。そのため、在籍確認の電話だけでカードローンの申し込みが知られる可能性は限りなく低いです。

【2】郵送物について

オリックス銀行カードローンで郵送物が届く可能性があるのは以下の2つです。

  • 審査の連絡(審査結果が否の場合)
  • 専用ローンカード

審査結果の連絡は、通過ならメールで届きますが、審査に落ちた場合は電話か書面が郵送されます。

専用ローンカードは確実に郵送されますが、郵送物の封筒はオリックス銀行名の封筒なので家族に中を見られない限り知られることはありません。

家族に何の郵送物か聞かれたとしても、銀行の郵送物ですので「口座開設をしたからキャッシュカードが届いた」と言うことも可能です。

また、利用明細が自宅に届くことはありません。利用明細を確認したい場合は、オリックス銀行のWebサイトのお客さま専用サイト「メンバーズナビ」から確認できます。

オリックス銀行カードローンの借入方法

以下では、オリックス銀行カードローンの借入方法についてご紹介します。

ATMから借り入れる

ローンカードを利用して、提携ATMから利用手数料0円で借り入れができます。利用額の限度内で何度でも繰り返し利用できます。すべての提携ATMにて、1,000円単位から利用可能です。

オリックス銀行の提携ATM

以下では、オリックス銀行の提携ATMをご紹介します。

  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行ATM

利用可能な時間はATMにより異なります。詳しくは公式サイトに掲載されている「提携ATM」を確認してください。

振込融資で借り入れる

オリックス銀行カードローンの借り入れ方法について説明します。振込融資はパソコン、スマートフォン・モバイル、電話(カードデスク)で振込融資の手続きをおこなって、指定先の口座に振り込みしてもらう借り入れ方法です。

振込融資には、事前に「登録口座」または「振込専用口座」の登録が必要です。
「登録口座」は、申込時に登録する口座です。借入時にオリックス銀行から融資を受け、返済金額が引き落としされる口座になります。

「振込専用口座」とは、「登録口座」とは別に受取口座を使い分けしたいときに登録する口座のことです。任意で登録ができ、こちらは口座引き落としには対応していない完全に受取専用の口座になります。

両方に登録しておけば、振込融資の申し込みの都度、受取先として2つの口座を使い分けることができるようになります。例えば、クレジットカードの引き落とし口座を「振込専用口座」に登録しておけば、不測の事態でもカードローンの利用額を振り込んでくれます。

インターネットで手続きをする場合

パソコンやスマートフォンから、お客さま専用サイト「メンバーズナビ」にログインして、以下の手順で振込融資の手続きが可能です。

  1. オリックス公式サイトの「カードローンメンバーズナビ」からログイン
  2. 「振込融資」を選択
  3. 「借入希望額」を入力して「振込口座」を選択
  4. 「入力内容確認」を選択
  5. 「振込融資を申し込む」を選択
  6. 指定の振込口座に希望額が振り込みされる
カードデスク(0120-890-699)に電話して手続きをする場合

電話による振込融資を申し込み後に、指定した「登録口座」または「振込専用口座」に融資金が振り込まれます。

  1. カードデスクに電話を掛ける(0120-890-699)
  2. 振込金額と振込口座を伝える
  3. 指定の振込口座に希望額が振り込みされる

※カードデスクの受付時間は平日9時~18時までです(土日、祝日、および12月31日~1月3日を除く)。

振込融資が可能な時間は受付状況や金融機関によって異なります。そのため、受付時間によっては翌日振込となります。
最も即時対応時間が多い、ジャパンネット銀行の振込融資の対応時間を以下でご紹介します。

ジャパンネット銀行の振込融資の対応時間
平日、土日、祝日は 0:10~23:50、振込時間は即時です。

そのほかの金融機関については、公式サイトをご確認ください。
※毎日3:00~4:10はシステムメンテナンスにより利用できません。

オリックス銀行カードローンの増額方法

カードローンを使っていると「もうちょっと利用限度額を増やしたい」「まとまった資金が必要になったから増額してほしい」というシーンもあるでしょう。

増額したい際はカードデスク(0120-890-699)に電話する

オリックス銀行カードローンでは、利用限度額を増額することができます。増額したいときは、直接カードデスクに問い合わせる必要があります。増額をしてほしい場合は、オリックス銀行が増額可能か判断するために再び審査を行います。

増額審査は厳しい?

オリックス銀行カードローンと契約した後に他社へ申し込むことや、返済遅れが一度でもあると審査に通りにくくなります。増額審査は、オリックス銀行カードローンの利用歴やその後の債務状況なども見られてしまうため通常の審査と比べハードルが高くなります。きちんと返済を行い、少なくとも6カ月以上の返済実績が必要です。

増額の審査で利用状況が悪いと判断されると、逆に融資枠を減らされるといったこともあるので注意してください。

オリックス銀行カードローンの返済方法

以下では、オリックス銀行カードローンの返済方法をご紹介します。

ATMで返済

ローンカードを利用して提携ATMから返済する方法です。提携ATMを利用すれば、手数料は0円となり、受付時間はATMによって異なりますので、公式サイトの「提携ATM」を確認してください。

銀行振込で返済

返済専用の口座へ銀行振込で返済できます。また、返済専用口座はお客さま専用サイト「メンバーズナビ」で確認できます。

  • ※海外からの送金には対応していません。

口座引き落としで返済

指定した口座より自動引き落としで返済ができます。返済日の前日までには返済額を口座に準備しておきましょう。

申込後に「ATM返済・振込返済」から、「口座引落」へ変更する場合は、預金口座振替依頼書を提出するか、もしくはメンバーズナビやカードデスクにて変更手続きが可能です。

以下のように、口座引き落としに対応していない金融機関もあります。

  • オリックス銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行
  • シティバンク銀行等の外資系銀行
  • SMBC信託銀行

オリックス銀行カードローンの返済額

オリックス銀行カードローンの毎月の返済額は、以下のようになります。

残高スライドリボルビング方式

オリックス銀行カードローンの返済方式は、「残高スライドリボルビング方式」です。残高スライドリボルビング方式では、利用残高に応じた金額を毎月返済することです。返済日の14日前3:00時点の利用残高によって約定返済額が決まります。
毎月の返済日は10日と月末で選択が可能です。

利用残高 返済額
返済日の14日前3:00時点の
利用残高によって
約定返済額が決まります。
30万円以下の場合 7,000円
30万円超~50万円以下の場合 1万円
50万円超~100万円以下の場合 2万円
100万円超~150万円以下の場合 3万円
150万円超~200万円以下の場合 3万5,000円
200万円超~250万円以下の場合 4万円
250万円超~300万円以下の場合 4万5,000円
300万円超~400万円以下の場合 5万円
400万円超~500万円以下の場合 6万円
500万円超~600万円以下の場合 7万円
600万円超の場合 8万円

約定返済額というのは、毎月必ず支払わないといけない最低返済額のことです。最低返済額以上であれば多めに返済することも可能です。

30万円の借り入れに対して約定返済額7,000円を支払っていくならば、完済するのに約3年5カ月も掛かってしまうことになります。しかし、オリックス銀行カードローンでは、随時返済や一括返済ができます。

返済日以外にもお金に余裕があるときに追加で随時返済することができ、借入残高を減らすことができるので、利息節約効果があります。
随時返済も通常の返済同様に口座引落、ATM返済、振込返済から選択可能です。提携ATMを利用すれば、1,000円単位で返済することができます。

オリックス銀行カードローンの借入金利

カードローンの借入金利は変動金利で、金融情勢により都度見直しがあります。オリックス銀行カードローンの金利は利用限度額に応じた金利がコースごとに適用されます。通常の基準金利の場合は最小1.7%~最大17.8%です。

利用限度額 通常の基準金利
100万円未満コース
(利用限度額100万円未満)の場合
12.0%~17.8%
100万円コース
(利用限度額100万円)の場合
6.0%~14.8%
150万円コース
(利用限度額100万円)の場合
6.0%~14.8%
200万円コース
(利用限度額150万円超~200万円以下)の場合
5.0%~12.8%
300万円コース
(利用限度額200万円超~300万円以下)の場合
5.0%~12.8%
400万円コース
(利用限度額300万円超~400万円以下)の場合
4.5%~8.8%
500万円コース
(利用限度額400万円超~500万円以下)の場合
4.5%
600万円コース
(利用限度額500万円超~600万円以下)の場合
3.5%~5.8%
700万円コース
(利用限度額600万円超~700万円以下)の場合
3.5%~5.8%
800万円コース
(利用限度額700万円超~800万円以下)の場合
1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローンは、申込時に希望のコースを選択できます。50万円ないし100万円区切りでコースが分けられていますが、審査の結果10万円単位で限度額が設定されます。

金利が高いと思われがちですが、限度額100万円以上になると一気に金利が引き下がります。

お客さまサポート「メンバーズナビ」について

以下では、オリックス銀行カードローンのお客さま専用サイト「メンバーズナビ」で可能な手続き内容をご紹介します。

【手続き内容1】照会

残高照会(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

利用残高や利用可能総額を確認できます。

  • ※口座引き落としにより返済された金額は、残高照会に反映されるまでに2~3営業日程度は掛かります。
取引明細照会(パソコン)

確認したい期間を入力することで、対象期間内の取引内容を照会することができます。

  • ※口座引き落としにより返済された金額は、取引明細照会に反映されるまでに2~3営業日程度は掛かります。
返済予定表(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

返済額と返済日の予定を最大で12カ月分まで確認できます。

返済専用口座案内(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

オリックス銀行が利用者ごとに用意した返済用の口座情報を確認できます。

一括返済シミュレーション(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

一括返済を希望する方のために、返済額のシミュレーションをすることができます。

【手続き内容2】取引

振込融資(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

指定の口座に振込融資を行う手続きができます。利用限度額内で繰り返し利用可能です。

増額返済申込(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

口座引き落としを利用されている方が、次回の引き落としにて一括返済、増額返済を希望した際に追加で返済することができます。

  • ※増額返済予定分は返済予定表には返済されません。

【手続き内容3】変更

パスワード変更(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

ログインパスワードが変更できます。

登録口座情報変更(パソコン)

登録口座の変更ができます。登録口座変更届が必要です。

お振込専用口座情報登録・変更(パソコン、スマートフォン、携帯電話)

振込専用口座の登録と変更ができます。

お届け内容変更(パソコン)

自宅住所、勤務先情報など申し込みの際に登録した個人情報が変更できます。

そのほか、Eメールアドレス登録・変更(パソコン、スマートフォン、携帯電話)、返済日変更(パソコン)、返済方法変更(パソコン)が変更できます。

新井 智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士
(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.