沖縄銀行カードローン チェキット

リゾート地の沖縄で高いシェアを誇る沖縄銀行。昭和生まれの若手銀行が提案するカードローン「チェキット」はお急ぎ&ピンチのときの救世主です。

最高借入限度額は200万円。沖縄銀行のカードローン「チェキット」の魅力をご紹介します。

安心の銀行「おきぎん」の特色

「おきぎん」で沖縄県民から親しまれ、高いシェアを誇る沖縄銀行。県の指定金融機関である琉球銀行に並び、多くの県民から愛されています。

そんな沖縄銀行ですが、根強いシェアや好調な運営状況から、老舗銀行なのかな?とも思いますが、実はまだまだ若く新しい銀行です。そんな沖縄銀行はいったいどんな銀行なのか。その実態に迫ります。

昭和31年創業の比較的若い銀行

創設から100年以上経つような老舗銀行と比べ、沖縄銀行の創業は昭和31年とまだまだ新しい銀行と言える、比較的若い銀行です。

沖縄県で高いシェアを誇っており、地域に根付いた運営で、老舗銀行さながらの人気を集めています。また、幅広い金融機能を備えた銀行としても支持を得ています。

そんな沖縄銀行は8社からなるおきぎんグループに所属しており、リース事業や住宅ローンの保証、コンピューターソフトの開発など、グループ企業の様々な特色を活かして、銀行商品の開発や運営に役立てています。

才色兼備な強みを活かし、個人はもちろん企業もバックアップ。地域社会の活性化に貢献しているのです。

沖縄銀行の地域活性化のための取り組みとは?

では沖縄銀行による具体的な地域活性化の取り組みをご紹介します。まず取り組みの土台となっているのが「金融円滑化」。

消費税増税による現代の経済状況や金融情勢の悪化により、シビアな環境下に置かれた個人の借り入れ負担を必要に応じて軽減するなど、経済金融情勢が軌道に乗るよう、沖縄銀行として取り組みをしているのです。

そのひとつとして、個人が銀行側に相談しやすい窓口作りなどに努め、金融円滑化に力を入れています。また、個人の懐が潤うように、中小企業もバックアップ。

中小企業のお客様から返済に関する相談を受けた際は、再生可能な状況かどうかの見定めや、事業成功の可能性を秘めているかなどを慎重に検討・判断。

中小企業の負担を軽減し、経営に勢いを付ける着火剤としての役割を担っているのです。

比較的若い銀行ながら、徹底した芯のある取り組みや運営状況をみると、信頼を置ける安心感の強い銀行と言えます。

沖縄県が信頼を置く「地域密着型銀行」

地域活性化に取り組む沖縄銀行の経営方針は「地域密着・地域貢献」です。まさに方針に沿った取り組み・経営を見せています。

このような地域活性化への積極的な取り組みを行っている姿勢が、地域住民から信頼を得ている理由のひとつです。

地域社会・住民との距離を縮めている沖縄銀行ですが、その取り組みをご紹介します。沖縄銀行は「STRONG・RELATION」と題した活動を行っており、お客様との強い信頼や絆を育んでいるのです。

活動の軸となるのは「お客様目線の経営」。さまざまな特色を持ったおきぎんグループならではのコンサルティング力を発揮し、お客様目線の経営を行っています。

地域社会や住民とのつながりを大切にしている

このように充実した相談窓口を設置する他、日常的かつ継続的にお客様の元へ訪問活動なども行っています。

また、地域社会や住民に対し、身になる情報を定期的に発信する場を設けるなど、「STRONG・RELATION」活動を全うしているのです。

さまざまな講演会や医療経営セミナー、後継者塾の開催など、地域密着型銀行ならではの取り組みを見せています。

沖縄県ならではの商品ラインナップが魅力

沖縄銀行は本記事で紹介しているカードローン、チェキット以外にも、沖縄県ならではの特殊で魅力的な商品をご紹介していきます。

  • 住宅関連ローン(購入・リフォーム・アパート建築など)
  • 教育ローン
  • 枠々教育ローン(カードローンタイプの教育ローン、繰り返し借り入れ・返済が行えます)
  • ローン市場(目的別にローンを提案:マイカー・ブライダル・メディカル・引っ越し・トラベル・資格など)
  • アパートローン
  • 軍用地ローン
  • 枠々軍用地ローン
  • マンション共用部分リフォームローン(マンション管理組合向け、限度額3000万円)
  • カトレアカードローン(無担保カードローン)
  • カトレアカードローンセレクト(沖縄銀行で住宅ローン契約をしている方限定)
  • 給振ローン
  • 財形ローン
  • タイムリーローン
  • 公務員ローン(公務員や軍雇用員などに向けたローン)
  • 枠々公務員ローン(公務員ローンのカード版)
  • 職域社員ローン
  • プウラスワン
  • チェキット【フリーローン・カードローン】
  • マイプランローン

さまざまな職業やライフスタイルに合った個性的な商品を展開しています。豊富な商品のラインナップも魅力のひとつです。

中でも県外の人からすれば、「軍用地ローン」はあまり聞き慣れない言葉ですよね。沖縄県ならではの商品です。主に軍用地の地主に向けた商品で、敷地の運用や開業資金をサポートしています。

公務員ローンなどもユニークで、沖縄県民のニーズに応えた商品のラインナップではないでしょうか。こうした点でも沖縄銀行は高い人気を得ています。

お急ぎ対応!沖縄銀行チェキットの特色

わずらわしいカードローンの審査をパパっと終わらせたい方や、急にまとまったお金が必要になりピンチのときにうれしいのが、お急ぎ対応可能な沖縄銀行チェキット。

お急ぎ対応の他にはどんなサービスが充実しているのか、沖縄銀行チェキットの魅力を余すところなくご紹介します。

「借り手の夢が膨らむカードローン」チェキットとは?

沖縄銀行チェキットは仮審査の結果通知を最短1時間以内で行っています。また、原則即日回答としています。郵送申し込みの場合は即日回答できないため、お急ぎの方は注意が必要です。

PCやスマホ、電話から申し込みをした場合は、基本的にほとんどが結果を即日通知してくれます。

申し込み日や審査状況によっては時間がかかる場合もありますので、あらかじめまとまったお金が必要となり、カードローンの契約をしたい場合は早めに申し込みするのがおすすめです。

ここでいう即日審査結果通知とは「仮審査」の結果になります。仮審査を通過したからといって、本審査に必ず通るという保障ではないため注意が必要です。

また、カードローン契約時には「本審査」で在籍確認の電話があることはご存知かと思います。

仮審査時にも沖縄銀行や保障会社から職場や自宅に確認の電話があることがありますので、この点も頭に入れておくといいでしょう。

電話に確実に自分が出るための対策必須!

家族に内緒にしたかったのに、うっかり電話を自分以外の人が受けてしまったということも起きかねません。

確認の電話による家族バレを防ぐのであれば、自分が電話に出ることができる休日や、家族が長時間の外出中などに行うといいでしょう。

即日回答が原則のため、通常はその日に電話連絡が来ることを想定し、申し込みから最短でも1時間は待機しておくことをおすすめします。

また、先方からの電話には無視をせずに対応することも、金融機関側から信頼を得る重要なポイントです。

お急ぎの方に嬉しい!1分あればできるクイック仮審査申し込み

沖縄銀行チェキットの魅力のひとつは、急ぎのときに助かる、スムーズな申し込みができるシステムがあるということ。沖縄銀行チェキットの場合は、WEBからのお急ぎで申し込みが可能です。

専用のページを開くと申し込み規約に同意する画面から始まりますので、同意後に必要な項目を入力しましょう。入力項目はこちらです。

入力項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅電話番号
  • 連絡先電話番号
  • 連絡希望日(一週間以内で指定可能)

「お急ぎ」とあって、とても簡易的な申請内容となっています。自宅電話番号と連絡先番号を別途申請できるところはうれしいポイントではないでしょうか。

しかし、連絡先電話番号に出られない場合は自宅にかかってくることを頭に入れておきましょう。ちなみに項目は全て入力する必要があります。

自宅に電話機が無い場合は、代わりになる番号を入力しましょう。

全て入力が完了したら、事実と相違が無いことを確認し、申し込みボタンを押します。これで完了です。

1分程でできる簡単な申し込みのため、まさに「お急ぎ」のときの救世主です。忙しい中でもちょっとした合間に申し込みできます。

また、沖縄銀行チェキットは、連絡希望日を1週間以内なら指定できるという点も大きなメリットであり魅力的なポイントです。

通常カードローン申し込みの意思確認や在籍確認の連絡時間は、指定できないことが多いため、沖縄銀行チェキットの場合は珍しいケースと言えます。

借り手に配慮した魅力的なシステムではないでしょうか。さすがは沖縄県民から支持を得る地域密着型銀行です。

沖縄銀行チェキットには「カードローン」と「フリーローン」がある

沖縄銀行のローン商品には、「チェキット」という名前の商品が2つあります。

「フリーローン」と「カードローン」です。本記事ではカードローンのチェキットについて説明していますが、この章ではフリーローンのチェキットにも少し触れ、2商品を比較していきます。

まずローンには、資金の使い道が自由な「フリーローン」と、自動車や住宅の購入など目的をもった「目的ローン」があることはご存知かと思います。

沖縄銀行チェキットのカードローンも、資金の使い道は自由となっていますので、明確には別物ですが、フリーローンの一種です。

  • フリーローンとカードローンの違いとは?

そしてフリーローンとカードローンの大きな違いのひとつは、「借入回数」。カードローンは保有しているカードでの限度額内で何度でも借り入れ・返済を繰り返すことができますよね。

フリーローンの場合は、再び借り入れをしたいときに再度申し込みを行う必要があります。その都度審査を行うのです。

こうした面を見ると、「気軽に借り入れ」できるのは、カードローンではないでしょうか。

しかしカードローンはその利便性ゆえに、「借り入れ癖」がつきやすいというデメリットもあります。

一方フリーローンは一気に融資を受け月々返済を行っていきますので、いつでも気軽に新たな融資を受けて返済残高が増加するということはありません。

その点を見ると、借入額を必要最低限に抑えやすいというメリットを持っています。

デメリットとしては再度借り入れをしたいときには新たに申請が必要となるところです。収入証明の提出や、審査を一から行う必要があります。

「フリーローン」と「カードローン」はどちらも同じくらいのメリット・デメリットを持っており、資金の使用目的によって、またはお金をやりくりする借り手の性格によっても、一概にどちらがいいとは言い切れないのです。

沖縄銀行チェキットの場合は、一度きりの借り入れ・返済で資金の利用目的がはっきり明確になっている場合はチェキット「フリーローン」がおすすめ。

継続的に融資が必要で、かつ返済プランや資金管理をしっかりと行うことができる方はチェキット「カードローン」が向いているのではないでしょうか。

「チェキット」という同じ名前の商品でも、借り入れスタイルが大きく異なります。自分にはどのローンが向いているのか迷った際には、こうした借り入れスタイルを考慮して検討してみてください。

沖縄銀行チェキットのメリット

急ぎでお金が必要なときにも心強いサポートを行ってくれる沖縄銀行チェキットですが、利用する「メリット」とは何か、ピックアップしました。

他社のカードローン商品と迷っているという方や、チェキットを申し込みしたいがいまいち申し込みに踏み出せないという方に魅力的なメリットをご紹介します。

申し込みから契約まで来店不要

沖縄銀行チェキットは申し込みから契約まで来店不要で、全ての工程を終えると利用開始できます。

カードローンの申し込みは、仮審査を通過して本審査となり、契約が成立すると最後は窓口で本人確認書類や契約書を提出するという銀行が多く、最終手続きは窓口でというケースも多いのですが、沖縄銀行チェキットは窓口への来店が不要なのです。

沖縄銀行チェキットは本審査が通り契約可能となった場合、以下のものを【郵送】で提出するため来店が不要となります。

本審査が通った後郵送するもの
  • 申込書
  • 契約書
  • 本人確認書のコピー

この申込書と契約書は銀行より郵送で届きますので、記入して提出するという形です。必要書類を銀行に取りに行くという手間もありません。

銀行窓口で行員と顔を合わせなくて済むのは、申し込む側からしてもうれしいメリットですよね。

沖縄銀行チェキットは、急ぎのときも簡単に申し込みができ、仮審査の回答は最短1時間と、スピーディーな対応で契約まで進んでいくクイック審査で人気のカードローンです。

が、来店不要で契約できる代わりに「郵送」というアクションが入りますので、融資までは少々時間がかかるので注意が必要です。

とはいえ、審査はスピーディーに進みます。(申込者によっては時間がかかる場合もあります)、お急ぎでも1週間は余裕をもって申し込みできるといいでしょう。

「固定金利/年14.6%」安定した返済プランを立てられる

沖縄銀行チェキットの金利は年14.6%と、銀行ならではの低金利で借り入れできるところがメリットのひとつです。

金利が14.6%というのは、とても低いとは言い切れませんが、低金利で知られている銀行でも、最高金利が17~18%を超える銀行もあるため、こういった銀行と比べれば低金利と言えますし、平均的な金利設定ではないでしょうか。

また、この金利設定は銀行が自由に決めているわけではなく、「利息制限法」という法律により決められます。利息制限法の内容はこちらです。

融資額10万円未満 最高金利/年20.0%
融資額10~100万円未満 最高金利/年18.0%
融資額100万円以上 最高金利/年15.0%

融資額に応じた最高金利以上の利息を得ることは法律で禁止されています。この数値もひとつ、カードローンを選ぶ上でよくチェックしてみてください。

沖縄銀行チェキットは「固定金利」のため、金情勢による金利変動の影響を受けることがありません。

また固定金利は、契約時に設定された最高限度額に準じた利率が返済までずっと変わらないことが大きな特徴です。

そのため、固定金利で借り入れすると、金利の変動による返済額につく利息の増減がありません。

変動金利に設定されているカードローンが多い中、安定して返済を行える「固定金利」で借り入れできる点も、沖縄銀行チェキットの大きなメリットと言えます。

借入限度額は【10万~200万円】

沖縄銀行チェキットの借入限度額は【10万~200万円】と、全国の銀行を見ても平均的な設定です。

しかし、あくまでも借入限度額は最高で融資できる額を表示しているわけで、誰もが最高額で融資を受けられるわけではないのです。

さらに実際にここまで借り入れしていいですよ、という銀行から与えられる枠の最高限度額がいくらになるかは審査により決定します。

ただ、最高でいくらまで融資が可能なカードローンなのか、借入限度額を選ぶ際の決め手にしている方も多いと思いますので、どの銀行カードローンでも見逃せないポイントです。

カードローンの特徴として、保有しているカードに付与された限度額内であれば、「何度でも借入・返済を繰り返すことができる」というメリットがあります。

とはいえカードローンはお小遣いではないため、借り入れをしたらしっかりと返済することが絶対。当たり前のことですが、返済可能な範囲で借り入れすることが大切です。

また、大きな額の借り入れを行うためにはそれなりの返済能力も必要。個々の返済能力を考慮して、審査により借り入れ限度額が設定されていきます。

チェキットは総量規制の対象外

ちなみに、「総量規制」という言葉をご存知でしょうか。銀行のカードローンには直接関係のないことですが、銀行のカードローンでも総量規制により借入額が制限されてしまうのではと心配している方も多いですよね。

そもそも総量規制とは、ローンなどの借り入れ総額が年収の3分の1以下と定められている法律です。

ただし総量規制がかかるのは、消費者金融系カードローンや信販・クレジット系カードローンのみで、銀行カードローンは規制の対象外です。

そのため年収300万円の方で、他社で100万円借り入れているから沖縄銀行では借り入れできない、と認識している方もご安心を。

ちなみに沖縄銀行は保障会社に消費者金融の「SMBCコンシューマーファイナンス」が指定されていますが、融資をしているのは沖縄銀行のため、総量規制の対象外となります。

最高借入限度額が200万円の沖縄銀行チェキットは、生活をする上で大きな資金サポートを受けることができ、いざというときの頼れるカードローンです。

沖縄銀行チェキットのデメリット

軍用地ローンなど、沖縄県ならではの商品が魅力的な沖縄銀行。

数あるローン商品の中でも、高額融資かつ自由度の高いカードローン、チェキットの魅力を紹介してきましたが、どこかに落とし穴があるのでは?と心配する方もいると思います。

そこで沖縄銀行チェキットの「デメリット」を絞り出しました。そこまでデメリットという程でもないのですが、一応ご紹介します。

沖縄県民限定のカードローン

沖縄銀行チェキットは「沖縄県に在住の方限定」のカードローンです。

これは地方銀行のカードローンによくあるケースで、銀行の営業エリア外では取り扱い不可など、地方銀行ならではの注意点と言えます。

「固定金利」や「お急ぎ申し込み対応」、「来店・口座不要」など、メリットがたくさんある故に、せっかく沖縄銀行のチェキットを気に入ったのに申し込めないという方も中にはいるかもしれません。

沖縄銀行に限らず、地方銀行のカードローンは、【申し込み可能対象者】をあらかじめ確認しておくことが大切です。

中には地方銀行でも、近隣の県に支店があり、県外だけど申し込みができるというケースも多いのですが、沖縄銀行はそうはいかないようですね。

では沖縄銀行チェキットの申し込み可能対象者を確認しておきましょう。

チェキットの申し込み可能対象者
  • 沖縄県に在住の満20歳以上~70歳未満(契約時の年齢)の方
  • 沖縄県に在住の安定した収入がある方(アルバイト・パート可、専業主婦は配偶者に安定した収入があること)
  • 保証会社の保証が受けられる方

となります。まずは県内に在住していることが第一条件ですね。

そこまでデメリットという訳でもないのですが、全国展開している銀行のカードローン商品に比べると、申し込み者に制限がかかってしまうという点で、デメリットとしてご紹介しています。

家族バレに注意!郵送物は必ず自宅に届く

カードローンを申し込むうえで気になる方も多い「家族バレ」。沖縄銀行に限らず、全てのカードローンを申し込む際に気をつけたいのが郵送物です。

他にも、意思確認や在籍確認の電話に警戒する方も多いかと思います。

沖縄銀行チェキットの場合、電話連絡の希望時間を1週間以内なら指定できることをご紹介しましたので、電話に関しては何らかの対策を打てます。問題は郵送物です。

沖縄銀行チェキットは、申し込みから契約まで来店不要な分、書類のやり取りが発生します。まず沖縄銀行から書類が届くタイミングはこちらです。

  1. 仮審査通過後、本審査に必要な契約書類が届く(チェキット専用カードも同封)
  2. 契約書を返送後、本審査にて契約成立した後、申込書と契約書が届く

と、このように書類が届くのは合計2回。ヤマト運輸で届きます。沖縄銀行名義で届くと思いますので、家族に何かを聞かれた際は、銀行のパンフレットという風に伝えればよいでしょう。

また、カードローンの借り入れに使用するチェキット専用カードも、早い段階で届きますが契約完了まで使用することはできません。また書類のやり取りに関する注意点も確認しておきましょう。

  • 配送物を受け取れない場合、契約が取り消しになることがある
  • 仮審査の申し込み内容と、正式な書類への記載内容に相違がある場合、契約が取り消しになることがある
  • 他社の借り入れ状況や返済能力を考慮して、書類のやり取りが進んでいても契約が取り消しになることがある

特に家族バレを気にしない方にとってはデメリットでもなんでも無いのですが、家族には絶対バレたくないという方は、いざ郵送物が届いたときに動揺しないよう、意識しておくといいでしょう。

沖縄銀行チェキットの申し込み方法

沖縄銀行チェキットの、気になる申し込み方法をご紹介します。申し込みから契約まで、来店不要とあって、どのような流れで契約まで進んでいくのか確認しておくといいでしょう。

また、返済の流れや注意点なども合わせてご紹介していきます。「お急ぎ対応、クイック審査」で人気を集める沖縄銀行チェキットの利便性はいかに?

沖縄銀行チェキットの申し込みの流れ

沖縄銀行チェキットの流れをザッと確認しましょう。申し込み方法は「お急ぎの方」と「通常申し込みの方」とで、若干内容が変わってきますので、細かい点も注意しながら確認してみてください。

  1. 沖縄銀行公式サイトから、個人向けローン一覧より「チェキット(カードローン)」のページへ
  2. 「お急ぎの方」向けの【簡易申し込み】ページと【通常申し込み】ページ、2つのボタンが確認できますので、該当のページを選択
  3. 申し込みへの同意画面に変わりますので、規約を読み【同意】
  4. 氏名や住所など、それぞれ仮審査に必要な項目を入力。「お急ぎの方」は氏名や連絡先など、とても簡易的な内容になっています。入力の続きは電話で行います。
  5. 入力完了後【申し込み】ボタンを送信して仮審査の申し込みが完了
  6. 仮審査の結果通知
  7. 専用カード・契約書類が郵送で届く
  8. 郵送物を記入して銀行に返送
  9. 本審査の後、契約成立した場合、申込書と契約書、本人確認書類が届く
  10. (9)の書類を記入して返送
  11. 銀行に必要書類が到着後、(7)で届いたチェキット専用カードが利用可能に

といった流れになります。お急ぎ専用ページから申し込みをした方は、仮審査に必要な基本情報を電話で確認するというアクションが入ります。

その他は、通常申し込みと一緒のため、申し込みの際は本人確認書類を手元に用意して電話を待ちましょう。

沖縄銀行チェキットに関する銀行からの電話は、【個人名のみ】を名乗った入電になります。

また、ここでは申し込みの始めがインターネットの場合でご紹介しましたが、FAX・電話・郵送でも申し込みが可能です。

お電話は【0120-733-861】あて、FAXは【0120-533-861】あてです。また、郵送・FAXの場合は、沖縄銀行のATMコーナーにリーフレットが設置されていますので、窓口への来店が不要。

必要事項を記入し、【捺印】して郵送・FAXします。郵送の場合は【80円切手】を貼り付けのうえ投函してください。

ちなみに電話の受付時間は、平日/8:00~20:00、土日・祝日/9:00~20:00(元旦休業)です。インターネットは24時間364日受付OK。

ご自分に合った申し込み方法で仮審査の申し込みができます。それぞれ案内に従って申し込みを進めていってください。

返済の流れや注意点

沖縄銀行チェキットの返済方法は2種類から選べます。

ATM、店頭入金タイプ
口座振替タイプ(自動引き落とし)

「ATM、店頭入金タイプ」は、沖縄銀行ATMおよび沖縄銀行店頭で、【毎月26日から7日の間に返済】する方法です。7日が休日の場合は翌営業日までとなります。

「口座振替タイプ」は、「毎月7日」に口座振替により自動引き落とし。こちらも同様に、7日が休業の場合は翌営業日となります。

また、毎月の返済の他に、随時沖縄銀行ATMや店頭で返済ができるため、支払いができそうなときに多めに返済することも可能です。

ATM利用時は、時間帯によって手数料がかかりますので、ご了承のうえご利用ください。

続いて返済金額についてです。沖縄銀行チェキットの約定返済額はこちら。

前月25日の利用残高 約定返済額
2,000円未満 毎月25日のご利用残高
2,000円以上~10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 5,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~70万円以下 14,000円
70万円超~100万円以下 15,000円
100万円超~200万円以下 30,000円

返済日にご利用残高が約定返規定額2,000円に満たない場合は、残高分全てが返済額となります。また、こちらの約定金額は最低返済額となるため、それよりも多い金額での返済も可能です。

1点注意したいのが、返済期間である25日から7日以外の日程に返済した場合、規定の返済日に支払う額は変わらず請求されますので注意が必要しましょう。

夢をかなえよう!賢く使う沖縄銀行のカードローン「チェキット」

沖縄県民に人気の沖縄銀行チェキット!そのメリットを再確認しましょう。

  • お急ぎ対応!クイック審査が可能
  • 申し込みから契約まで来店不要
  • 借入限度額は【10万円~200万円】
  • 資金の使い道が自由なフリーローンタイプ
  • 総量規制の対象外だから収入に限らず他社で借り入れしていても申し込み可能
  • 安定した返済プランを立てられる「固定金利/年14.6%」
  • 仮審査結果は原則即日【最短1時間で結果を通知】
  • 選べる2つの返済方法「ATM・店頭返済」or「口座自動振り替え」
  • 収入証明書不要

といったように、沖縄銀行チェキットは気軽にカードローンを利用したくなる魅力が満載。「借金」というイメージを感じさせない、夢のあるカードローンです。

ピンチのときは、地域密着型の沖縄銀行の手を借りて、生活をフォローしてもらうのもいいのではないでしょうか。

また、「借金」はときに財産として、借り手に素晴らしい経験をもたらしてくれますよ。大切な仲間との海外旅行や、学びのための教育費用など、資金の使い道は自由です。

夢を叶えるために、カードローンを賢く利用していきましょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.