お金を借りたいが審査が通らない!どうすれば借りられる?
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】お金を借りるお金を借りたいが審査が通らない!どうすれば借りられる?

お金を借りたいが審査が通らない!どうすれば借りられる?

審査が通らない

お金を借りたいが審査が通らない場合の原因・対処法とは?

「お金を至急借りたい、でもなぜか審査が通らない……」など、緊急時やどうしても欲しいものを買いたいときにカードローン審査が通らず、くやしい思いに駆られた方も多くいるでしょう。そして、審査に通らなかったことで焦りが生じ心配事が増えるなど、さらなる悪循環や生活の乱れにつながることも想定されます。

こうした状況に陥らないように、適切な対処や準備をしてカードローンの審査に挑むことが大切です。また、どうすればお金を借りることができるのかの秘訣を知っておくことで、万が一のときやどうしても欲しいものがあったときにもスムーズに対応できるでしょう。

今回は、お金を借りたいが審査が通らない場合において、審査が通らない理由やどうすれば借り入れを行うことができるかについてご紹介します。

年齢などの最低限の条件を満たしていない

年齢などの最低限の条件

お金を借りたいのに審査が通らない理由として挙げられるのは、そもそも年齢などの最低限の条件を満たしていないから借りられない、といった可能性です。例えば、銀行系のカードローンの場合、20歳以上65歳未満や、20歳以上69歳未満などの年齢条件が設けられています。これに18歳の方が申し込んだとしたら、年齢条件に引っかかるので審査が通らないことが想定できます。

こうした年齢条件は、銀行系に限らず消費者金融においても存在するため、利用したいカードローン会社の年齢条件をよく確認したほうが良いでしょう。

最低限の条件を満たしていない場合はどうすれば借りられる?

カードローンの審査における、最低限の条件を満たしていない場合、どうすればお金を借りることができるでしょうか。

年齢条件の場合には、様々なローン会社の条件を比較してみましょう。特に65歳~70歳の方は、借りられる会社とそうではない会社にわかれますので、条件を比較して自分が借りられそうか事前に確認してから申し込みを行うことをおすすめします。

なお、消費者金融の場合には、20歳以上69歳未満を年齢条件とするケースが多い傾向にあります。しかし、レイク(新生銀行)では20歳以上70歳以下(国内居住の方)となっていますので、70歳の方でもお金を借りられるかもしれません。

収入が安定していない

収入が安定していない

年齢条件の他に、もう一つ最低限の条件があります。それは、安定した収入があるかどうかです。ローン会社により表現は異なりますが、「安定した定期収入がある人」や「原則として毎月安定した収入がある人」といった表現で条件が記載されています。

アルバイトや派遣社員など、いわゆる非正規雇用の場合には、安定しているとはいいがたいため、審査に通りにくい恐れがあります。ただし、すべてのケースで通過できないというわけではなく、大手企業の派遣社員や契約社員であれば借り入れ可能な場合もあるのです。

この他、株式投資などによる収入のみの方も、不安定要素が大きいと判断されるため、カードローン審査に通らない可能性があります。また、不動産の家賃収入のみという方も、審査に通りにくいのが現状です。土地などの資産規模が大きかったり、家賃が高かったりなど、不動産投資の規模が大きければ審査に通るかもしれません。

収入が安定していない場合はどうすれば借りられる?

収入が安定していない場合、どうすれば借りることができるでしょうか。

まず、無職の方は安定した仕事に就くことが前提条件ですが、正社員になればすぐにお金を借りられるわけではありません。実は、勤続年数に関しても条件があります。ローン会社にもよりますが、勤続1年未満だと審査が通りにくい可能性が高いため、勤続1年以上を目安に勤務したうえで審査にのぞみましょう。

では、収入がなく安定していない方で、どうしてもお金を借りたい場合にはどうすれば良いのでしょうか。

例えばですが、不動産などを担保にした有担保ローンなどを検討してみましょう。車が買いたい場合、その車を担保にすることでお金を借りる、いった方法も考えることができます。

一方、専業主婦の場合にはどうでしょうか。専業主婦でも配偶者の同意を得ることができれば、カードローンでお金を借り入れできるケースがあります。これは配偶者の収入を基準に検討されるからです。

また、配偶者の同意がなくても、専業主婦本人にパート収入があるなど、条件次第では審査に通過できるでしょう。そのため、専業主婦だからといって諦めるのではなく、借り入れできそうなローン会社を探してみましょう。

信用情報に問題がある

お金を借りたいのに審査が通らない理由の1つとして、信用情報も取り上げることができます。信用情報とは、個人のこれまでの借入履歴や借入額、返済状況などを示した記録が該当します。信用情報は、シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)が保管しています。こうした信用情報を保管する団体を信用情報機関といい、信用情報機関に加盟している金融機関などは、審査時に信用情報を確認し問題がないか調べます。

長期延滞など、いわゆる金融事故と呼ばれる状況が本人やその家族に発生している場合には、審査が通らない傾向にあります。また、クレジットカードを持たず、スマートフォンの割賦払いなどを含むローンなどを一切利用したことのない、スーパーホワイトと呼ばれる方であっても審査に通らない場合があります。これは、過去に延滞していた人が5年以上経過し、スーパーホワイトになったと疑われるケースがあるからです。

このように、金融事故を起こした方、借り入れをしたことがなくクレジットカードすら持っていない方は、信用情報に問題があると見なされてしまうことがあります。

自分の信用情報について知りたいときは

自分の信用情報について知りたいときは

過去の金融事故など、ご自身にとって不利な状況が記載されていないかどうかを確認するにはどうすれば良いのでしょうか。自分の信用情報は意外と簡単に確認することができます。

例えば、シー・アイ・シーでは、インターネット経由で確認ができます。他にも、郵送や窓口で確認する方法があり、費用は500円~1,000円程度掛かります。

信用情報を確認する具体的な方法について、シー・アイ・シーのパソコンによるインターネット開示の場合をもとに説明します。

シー・アイ・シーでは、毎日8時~21時45分の間で開示請求ができ、手数料はクレジットカード払いで1000円です。

まず、利用前の確認として「お手続き前の確認事項」を見ます。そして、クレジット契約で利用した電話番号(固定電話、携帯電話)からシー・アイ・シーに電話を掛け、受付番号を取得しましょう。その受付番号をパソコンにて入力すると、開示報告書のPDFがダウンロード可能になります。

このようにしてご自身の信用情報を取得することができます。

信用情報に問題がある場合はどうすれば借りられる?

信用情報に問題がある場合

もし、長期延滞など、信用情報に問題がある場合にはどうすれば良いのでしょうか。

信用情報への登録期間は、延滞解消後1~5年となっていますので、延滞を解消したのち金融事故の情報が消去されるまで我慢しましょう。決められた登録期間をすぎれば記録は消え、借入審査時に影響しなくなるといえます。

なお、信用情報に問題があっても、素直に状況を話すことで借り入れができる場合もありますので、そうした融通のきくローン会社を探すのも一手です。

先ほどお伝えした、スーパーホワイトの場合はどうすれば良いのでしょうか。

この場合には、あえてクレジットカードを作り利用してみる、という対処法が考えられます。クレジットカードを使うことで、「しっかり返済を行っている」という信用を作ることができるのです。また、スマートフォンを割賦払いで購入し、ローン利用の実績を作ることも信用アップにつながります。

ただし、毎月のスマートフォン利用料を延滞すると審査に通らない原因となりますので、料金の延滞にはくれぐれも注意してください。

総量規制に引っかかっている

総量規制に引っかかっている

総量規制に引っかかっている可能性があることも、審査に通らない理由です。総量規制とは、貸し付けができる金額が年収によって決まっていることを示します。

個人の場合、ローン会社は申込者の年収の3分の1までしか貸し付けできないため、年収が600万円の場合、200万円までしか利用できないのです。

総量規制の金額は他のローン会社なども含めて計算するので、すでに借り入れがある場合においては、他のローン会社で借り入れを行おうとすると審査に通らない可能性があります。

総量規制に引っかかっている場合はどうすれば借りられる?

「総量規制により借り入れがこれ以上できない」といった場合には、どうすれば良いのでしょうか。実は、総量規制の例外や総量規制の除外項目にあたる借り入れであれば、総量規制の対象にはなりません。そのため、対象外となる借り入れは審査に通る可能性が高くなります。

では、総量規制の具体的な例外について説明しましょう。借り入れを行っている顧客が有利となるような借り換えに関しては、総量規制の例外として認められています。借り換えローンやおまとめローンが該当します。

例えば、年収300万円の方がすでにA社で70万円、B社で30万円の借り入れを行っているとしましょう。この場合には、すでに総量規制の枠を利用していますが、C社で100万円借りたほうが金利も低くなり有利とわかった場合、C社から100万円を借りてそのお金をもとにA社とB社の返済にまわすといったことができます。

これがおまとめローンと呼ばれるものであり、借り手に有利となる条件であれば、新規の借り入れが可能になるケースがあるのです。

その他、総量規制の除外にあたるのは以下のようなものです。

  • 住宅ローンや自動車ローン(自動車を担保にした場合)
  • 土地購入や着手金、中間金の支払いなどにおけるつなぎ融資
  • 株式や国債などを担保とする有価証券担保貸付
  • 高額療養費など医療費のために貸金業者からお金を借りる場合

申し込み内容に虚偽がある

申し込み内容に虚偽がある

嘘をつくことも審査が通らない理由の1つです。ローンなどの申し込みをするときに虚偽の申告を行った場合、その嘘が発覚すれば当然審査は落ちることになります。

例えば、退職した勤務先にまだ勤務していると偽ってお金を借りようとした場合、ローン会社は必ず在籍確認を行います。本当に勤務しているのか、その企業に電話連絡をして在籍の有無を確認するのです。そのため、退職していればバレることになります。

このように、嘘をついた場合には、ローンの申し込み自体が白紙になる他、その後のローン申し込みもできなくなる可能性があります。

申し込み内容に虚偽がある場合はどうすれば借りられる?

まず、前提として嘘はつかないことです。申し込みの内容は正確に記載しましょう。嘘をつけば、結局信用を落とすのはご自身になります。他のローン会社で再度審査を受ける場合にも、嘘はつかずにありのままを申告してください。

何件も借り入れの申し込みをしている

他に考えられる審査に通らない理由として、何件も借り入れの申し込みをしていることではないでしょうか。金融機関によって基準が異なるものの、すでに4社以上で借り入れがある場合には、多重債務者となる恐れもあるため、審査に通らない可能性が高いといえます。

また、4社以上の借り入れがなくても、同時に複数のローン会社に借り入れを申し込んでいる場合においても、審査に通りにくいでしょう。具体的には、3日以内に複数のローンやクレジットカードの申し込みをしているケースが該当します。これは「明らかにお金に困っている、何かあるのでは?」と審査に悪影響を与えかねません。

何件も借り入れの申し込みをしている場合はどうすれば借りられる?

何件も借り入れを申し込んだ場合、何か理由があって行っていれば審査に通る可能性があります。例えば、上述のおまとめローンや借り換え目的で申し込みをしている場合です。

それ以外の目的で、単にお金を借りたいからという理由であれば、複数社でなく1社にしぼって相談してみましょう。ただし、申し込みを行った際に信用情報機関に半年間登録されることになります。もし複数社に申請してしまった場合で審査に通らなかった場合には、半年あけて再度1社にしぼって申し込みを行ってみましょう。

借り入れの目的

借り入れの目的

借り入れの目的によって審査が通らない場合もあります。

例えば、借り入れの目的が自由なフリーローンやカードローンであったとしても、使いみちが普段の生活費であったり、ギャンブルだったりする場合、借り入れの目的としてふさわしくないため、審査に通らない傾向にあります。

借り入れの目的が理由の場合はどうすれば借りられる?

当然ながら、借り入れの目的は生活費やギャンブル以外にしなければなりません。ただし、どのような目的ならOKといった決まりごとがあるわけではないため、本当に資金が必要なときにのみ利用することを考えましょう。普段使いで借り入れを行うと慢性化し、借金地獄から抜け出せなくなります。

お金を借りたいが審査に落ちる理由は様々!年齢や収入など多方面から判断される

今回は、お金を借りたいけど審査が通らない理由などについてご紹介しました。今回の内容から、審査に通りやすい人の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 申し込みの最低限の条件を満たしている
  • 収入が安定している(勤続1年以上の正社員だと通りやすいと考えられます)
  • 信用情報に問題がない
  • 総量規制に引っかかっていない
  • 申し込み内容を正確に記入している
  • 何件も借り入れの申し込みをしていない
  • 借り入れの目的が「生活費」や「ギャンブル」ではない

なお、金融機関は審査の基準を公表しているわけではありません。あくまでもホームページなどに記載されている条件は、一般的な条件であり、実際には様々な側面から判断されます。そのため、上記条件をすべてクリアしているからといって、必ずしも審査に通ると断言できるわけではありませんのでご注意ください。

伊藤 亮太
伊藤 亮太

CFP(R)認定者
スキラージャパン株式会社取締役、伊藤亮太FP事務所代表

慶応義塾大学大学院商学研究科 経営学・会計学専攻修了。学生時代にCFP®資格、DCアドバイザー資格取得。2007年11月スキラージャパン株式会社設立に参画。取締役に就任。またその後個人事務所として伊藤亮太FP事務所を立ち上げる。独立系FPとして、金融資産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング・相続事業承継、保険見直し、金融機関等における講演など幅広く活動を展開、執筆業務も多岐にわたる。