広島銀行カードローン マイライフプラス(カード型)

広島県広島市中央区に本拠を構える地方銀行、広島銀行が提供するカードローンが「マイライフプラス(カード型)」です。

この記事では、マイライフプラスについて、メリットだけでなく、デメリットや具体的な申込手順、返済方法についてまとめてみました。それでは、広島銀行の特徴なども踏まえながらポイントについて解説していきます。

広島県の第一地銀!広島銀行の特徴とは

広島銀行は、広島県でもっとも取扱額やATMが多く、第一地銀に位置付けされる銀行です。そんな広島銀行は、地域に対してさまざまな貢献活動を行ったり、個人や企業に対して融資のサポートを行ったりしています。マイライフプラスについて解説する前に、広島銀行の特徴や取り組みについて知っておきましょう。

100年以上の歴史を誇る伝統ある銀行

広島銀行は明治11(1878)年11月に設立された、歴史ある伝統の銀行のひとつです。

広島銀行のルーツ

広島銀行のルーツは、1878年に尾道市に設立された「第六十六銀行」と、1879年に広島市に設立された第百四十六銀行にあります。

1920年にそれらふたつの銀行を含めた7つの銀行が合併して藝備銀行が設立され、その後1950年に「廣島銀行」に改名、さらに1988年に「広島銀行」に改名され、今に至りました。

現在では本店を広島市中央区に構え、国内に151の支店を構える広島県の第一地銀となっています。

従業員は約3,500人と、広島県内にある地元企業の中では、かなり大きな企業と言えるでしょう(数字はすべて平成28年9月時点のもの)。

広島銀行が取り組んでいる社会貢献活動

広島銀行は地域社会の一員として、以下のような分野で社会貢献活動を行っています。

金融教育支援
  • 小学生を対象とした、基本的なお金の知識や金融の捉え方について分かりやすく授業をする「キッズ・マネースクール」の開催
  • 中高生を対象とした、実際の職場で働きながら銀行の仕事を理解してもらう「職場体験学習」の実施
地域スポーツ・文化活動支援
  • 野球の「広島東洋カープ」やサッカーの「サンフレッチェ広島」に対し、広島銀行のスポンサードゲームを開催
  • 「広島交響楽団」に協力し、「ひろぎんトゥモローコンサート」を開催
美術館運営
  • 昭和53年に広島銀行創立100周年を記念して、「公共財団法人ひろしま美術館」をオープンし、以降継続して運営
  • 公共財団法人ひろしま美術館は「愛とやすらぎのために」をテーマに掲げ、戦争で原爆の犠牲になった方々への鎮魂を祈り、これからの平和の願いを込めた美術館
  • 国内外の著名芸術家の芸術品を展示しており、2015年には世界最大級の旅行サイトにおいて「エクセレント認証」を受賞
地域イベント参加
  • 広島銀行は地域で開催されるイベントへの参加にも積極的です。ひろしまフラワー・フェスティバルには「折りづるみこし連」として参加したり、他にも積極的にボランティア活動を開催
店内設備の充実
  • 多くの人が利用しやすいようにと、広島銀行の店内では、乳幼児向けのベビーチェアーやベビーシートが完備

経営をサポートする「ひろぎん経済研究所」の運営

広島銀行は、地域の経済や文化の発展をサポートするために、「一般財団法人ひろぎん経済研究所」という組織を運営しています。年会費はかかりますが、入会することによって以下のサービスを受けることが可能です。

経営に役立つ情報の共有
  • ひろぎん経済研究所で行った企業や産業の調査をまとめた月刊誌「カレントひろしま」の送付
  • 現場で役立つ経営ノウハウがまとめられた「経営実務シリーズ」の送付
コンサルティング
  • 独立開業、経営改善、資金調達、事業継承など、さまざまな課題に対して、シンクタンクとしてコンサルティングする
税務・法律相談
  • 専門職である税理士や弁護士への相談受付を行う
各種勉強における受講料の割引
  • 地元企業を対象とした講演会、各種セミナーなどを割引もしくは無料で受講できる

使い勝手の良いインターネット支店の開設

広島銀行では、24時間来店不要で口座開設の申し込みができるインターネット支店を開設しています。インターネット支店には、

  • 通帳は必要なし
  • インターネットバンキングにも対応
  • 給与振込、各種支払いの自動振替、定期預金、投資信託など各種取引に対応

といった特徴があり、広島銀行の営業エリア外で生活していても日本国内で生活していれば口座を開設できます。申込対象にエリア制限を設けている地方銀行が多い中で、全国対応している広島銀行のインターネット支店は使い勝手抜群です。

窓口はもちろん、スマホアプリやWebからも口座を開設できるので、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶといいでしょう。ただ、インターネット支店の場合は利用できるローンが限られているため、その点は注意してください。

マイライフプラス以外のフリーローン・カードローンも充実

マイライフプラス以外にも、広島銀行はフリーローン・カードローンが充実しています。特に「公務員」にターゲットを絞った「公務員カードローン」は全国的にも大変珍しい商品となっています。

以下は広島銀行で取り扱っているカードローン、フリーローンの一例です。

マイライフプラス(分割返済型)
申込対象 契約時に満20歳以上65歳以下
前年度年収200万円以上
パート、アルバイト、年金受給者は申込不可
融資金額 10万円以上、300万円以下
年利 変動金利型。年3.3~年13.3%
返済方法 毎月元利均等分割返済
ハローワイドローン(直接返済カード型)(分割返済型)
申込対象 契約時に満20歳以上65歳未満
パート、アルバイト、年金受給者でも申込可能
融資金額 カード型・直接返済カード型は10万円以上、500万円以下
分割返済型は10万円以上、300万円以内
年利 固定金利型。年12.0~年14.6%
返済方法 カード型は自動引き落とし
直接返済カード型はATM入金
分割返済型は毎月元利均等分割返済
スーパーカードローンVIP
申込対象 契約時に満20歳以上69歳以下
パート、アルバイト、年金受給者は申込不可
融資金額 10万円以上、1,000万円以下
年利 固定金利型。年3~年14.00%
返済方法 自動引き落とし
総合口座プラス30
申込対象 契約時に満20歳以上73歳未満
前年度年収120万円以上
融資金額 10万円、20万円、30万円の3タイプ
年利 年9.125~年9.625%
返済方法 口座へ随時入金
公務員カードローン
申込対象 契約時に満20歳以上60歳未満の公務員
100万円以上の融資の場合は、融資金額に応じて年収300~500万円が必要
融資金額 50万円、100万円、200万円、300万円の4タイプ
年利 変動金利型。年3.725~年4.225%
返済方法 口座へ随時入金
ミニ公務員カードローン
申込対象 契約時に満20歳以上60歳未満の公務員
広島銀行に毎月10万円以上の給与振込を行っている
融資金額 10万円
年利 変動金利型。年3.725%
返済方法 口座へ随時入金

また、広島銀行は上記のカードローン、フリーローン以外にも種類が充実しています。マイカーローン、教育ローン、ファミリーローンなどがあります。

マイライフプラスの特徴とは?

マイライフプラスは、広島銀行が提供しているフリーローンのカードローンの中でも、もっともスタンダードなタイプのローンです。この項では、そんなマイライフプラスの商品概要について見ていきましょう。

マイライフプラスの概要

以下はマイライフプラスの概要です。

申込対象 契約時・継続時に満20歳以上、満57歳未満の個人
前年度税込年収が200万円以上
パート、アルバイト、年金受給者は申込不可
使用用途 原則自由
ただし、事業性融資は除く
融資金額 10~500万円(1万円単位)
融資期間 3年ごとの自動更新
ただし、年齢が満58歳以上になると更新不可
また、審査によっては更新停止となることもあり
年利 変動金利型:年2回見直し。年3.475~年13.975%の間で決定
固定金利型:年8.0%
借入方法 ローン専用カードを利用して、広島銀行ATMもしくは提携ATMで引き出し(例:セブン銀行、イー・ネット、バンクタイムなど)
ダイレクトバンキングサービスによる振り替え。ただし、別途に申し込みが必要。
返済方法
返済日
毎月7日、銀行から自動引き落とし
保証会社
3社のうちいずれか
ひろぎんカードサービス(株)
(株)オリエントコーポレーション
SMBCコンシューマーファイナンス(株)

マイライフプラスの広島銀行カードローンにおける位置づけ

広島銀行のカードローン/フリーローンは、マイライフプラス以外にもいくつかありますが、マイライフプラスはその中でも最も「スタンダード」な部類に入るカードローンです。

例えば、「ハローワイドローン」はマイライフプラスの場合に申込対象外である主婦、パート、アルバイトでも申し込めるという特徴がありますが、金利が年12.0~年14.6%とかなり高めです。

その他にも、「公務員カードローン」は公務員専用のローンであり普通の会社員では申し込むことができません。

このように、年利、融資金額、申込条件などから見て、マイライフプラスは「一般の会社員であれば、もっともお得かつ使い勝手の良いカードローン」と言えるでしょう。

最短で即日回答!マイライフプラスのメリット

マイライフプラスには、審査の回答が早い、ネットで申し込めば来店が不要、といったメリットがあります。この項では、そんなマイライフプラスのメリットについて、詳しく解説していきます。

ネットなら最短即日回答が可能!

マイライフプラスの申込方法にはいくつか種類がありますが、ネットから申し込めば最短でその日のうちに審査結果が分かります。

融資してもらえるかどうかの審査が早い

他のカードローンの中には、審査の結果が分かるまでに数日を要するものもあるため、この点はマイライフプラスのメリットと言えるでしょう。

手元にお金を用意するときに、カードローンと別の手段でお金を調達しようと比較する場合に、「いざ申し込んでも融資してくれなったらどうしよう」と悩んでしまうケースは多々あります。

そのため、マイライフプラスのように「融資してもらえるかどうか」がすぐ分かると、素早く検討してどの選択肢にするかの判断ができます。

口座があれば来店不要で手軽に申し込める!

広島銀行の口座があれば、窓口までわざわざ来店しなくても契約することが可能です。

銀行系カードローンの中には、「仮審査は来店不要だが、正式契約には来店が必須」といった条件を設定しているところも珍しくありません。

銀行の窓口営業は早ければ平日の15時で終わってしまいます。そのため、

  • 日中の仕事で忙しい
  • 育児や家事で忙しい
  • 広島銀行の店舗が近所にない

といった方にとっては、「来店不要で申し込め、正式契約までできる」というのは大きなメリットと言えるでしょう。

審査の難易度はそれぞれ。保証会社が3社ある

通常のカードローンでは、保証会社は1社もしくは2社あることが一般的です。その点、マイライフプラスには保証会社が3つあり、さまざまな観点から審査してもらうことができます。

保証会社の審査は各会社によってバラバラのため、「A社では審査落ちしたけど、B社では通過した」といったケースも珍しくありません。例えば、1社だけでしか保証会社がない場合、そこで審査落ちすればローンを組むことができません。

しかし、保証会社が3社あれば、それぞれの審査基準に照らして審査してくれます。そのため、審査に通過する確率が高くなりやすくなるだけでなく、「審査落ち」→「別のローンと保証会社で審査を受け直す」といった手間を省くことができるのです。

最低金利は3%台とかなりの低金利

変動金利型の場合、マイライフプラスの最低金利は年3.475%とかなりの低金利に設定しています。他の銀行系カードローンは最低金利が4%台のところが多いため、この点はマイライフプラスのメリットです。

銀行系のカードローンで3%台の低金利は珍しい

もちろん、低金利に設定されるためには保証会社や銀行の審査で「返済能力が十分にある」「これまでの取引実績も申し分ない」といった判断をしてもらう必要があります。

ただ、そうした厳しい条件はあるものの、銀行系のカードローンで3%台の低金利は珍しく、返済能力や取引実績に自身のある方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

300万円以下ならそのまま正式申し込みできる

ほとんどの銀行系カードローンは「仮審査」→「審査結果の通知」→「合格後、正式申込」といった流れで申し込むのが一般的です。

希望額が300万円以内なら仮審査の手間を省ける

その点、マイライフプラスは融資希望額が300万円以内の場合、仮審査をせずにそのまま正式申込まで行うことが可能です(ただしパソコンやスマートフォンを使って申し込んだ場合に限る)。仮審査の手間を省けるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、融資希望額が300万円を超える場合や、郵便やFAXで申し込む場合は仮審査が必要となるので注意してください。

年収200万円未満は申込不可!マイライフプラスのデメリット

さまざまなメリットのあるマイライフプラスですが、デメリットがないわけではありません。ここからは、マイライフプラスを申し込む前に気をつけておきたいデメリットについて、それぞれ解説していきます。

広島銀行に口座がないと手続きに時間がかかる

マイライフプラスは、広島銀行の口座開設が必須です。そのため、口座を持っていない方は新しく口座を作る必要があり、その分時間もかかります。口座開設はネットでも窓口でも可能ですが、どちらにせよ手間が増えることには変わりありません。

他の銀行系カードローンの中には「口座開設不要」とうたい、専用カードだけですべての取引ができるものもあります。そのため、そうしたカードローンと比べるとこの点はデメリットと言わざるをえません。

利用までに1週間以上時間がかかる

マイライフプラスは、審査は最短で即日回答してもらえますが、実際に利用できるのはローン専用カードが到着してからです。そのため、仮審査を申し込んでから利用できるまで、早くても1週間ほど時間がかかります。

今すぐ手元にお金が必要!という方にはデメリット

消費者金融カードローンや、融資までの時間の早い銀行系カードローンの中には「即日回答・即日融資」や「即日回答・翌日融資」といったところも珍しくありません。

「今すぐ手元にお金が必要!」という方にとっては、利用まで1週間以上かかるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

パート・アルバイト・年金受給者・学生は申込対象外

パート・アルバイト・年金受給者・学生はマイライフプラスに申し込むことすらできません。

  • 申込対象の間口はかなり狭い
  • 元々、パート・アルバイト・年金受給者・学生といった職種、属性の方は、正社員や公務員、士業に比べて「返済能力が低い」とみなされがちです。

    しかし、他の銀行系カードローンの中にはこうした職種、属性であっても申し込むことができるものも多々あるため、申込対象の間口はかなり狭いと言えるでしょう。

ただ、広島銀行のフリーカードローン「ハローワイドローン」は、そうした方々も申し込むことができます。自分の職種や属性によって申し込むカードローンの種類を変えていきましょう。

前年度年収が200万円以上ないと申し込みできない

マイライフプラスは、前年度年収が200万円を超えていないと申し込むことができません。

年収が200万円に足りていないと申し込めない

他のカードローンであれば「安定した収入のある方」といったふうに明確な年収基準を設けていない場合がほとんどです。

そのため、このように明確な年収基準を設けている点は、収入が少ない方や、年収がわずかに200万円に足りていない方からすれば、大きなデメリットです。

具体的な申込手順や返済方法、審査のポイントについて

マイライフプラスのメリットとデメリットが把握できたところで、ここからは実際の申込手順や返済方法についてみていきましょう。

また、カードローンの審査に当たってのポイントもまとめてみたので、「審査に通るかどうか不安」という方はぜひ参考にしてみてください。

マイライフプラスの必要書類

申し込みにあたっての必要書類は、融資金額が300万円以下なのか、それより上なのかで異なります。

300万円以下の場合

収入証明書は不要です。本人確認書類は郵便もしくはFAXで申し込む場合のみ必要となります。

300万円以下の場合

収入証明書は不要です。本人確認書類は郵便もしくはFAXで申し込む場合のみ必要となります。

本人確認書類(以下のいずれかひとつ)

運転免許証、健康保険証、共済員組合証、パスポート、在留カードまたは特別永住者証明書

収入証明書(以下のいずれかひとつ。確定申告書以外は原本)

源泉徴収票、住民税課税決定通知書、市県民税課税台帳記載事項証明書、納税証明書(その1・その2)、税務署受付印がある確定申告書(写し)

マイライフプラスの申込手順

以下がマイライフプラスの申込手順です。

仮審査の申し込み

仮審査の申し込みは希望融資期間が300万円を超える場合、もしくは郵便・FAXで申し込むときにのみ必要です。そのため、300万円以下の融資希望であれば、パソコンもしくはスマートフォンから正式に申し込むのがもっともスピーディーです。

仮審査申込の場合も正式申込の場合も申込方法は以下の6つから選べます。ただ、申し込むには広島銀行の口座があることが前提なので、口座のない方はあらかじめ開設しておくことをおすすめします。

  • パソコン、スマホ:広島銀行公式ホームページのマイライフプラスの申込画面から申し込む方法です。
  • 携帯電話:広島銀行公式ホームページにあるマイライフプラス用のQRコードを読み取って専用サイトにアクセスし、そこから申し込む方法です。
  • 電話:電話番号0120-461-640。受付時間は平日9:00~20:00、土日祝日9:00~16:00です。
  • 郵便:広島銀行公式ホームページから所定の用紙をダウンロードし、必要事項を記入した上で郵送します。
  • FAX:郵便と同じく、公式ホームページから所定の用紙をダウンロードし、必要事項を記入した上で郵送します。FAX番号082-242-1086(24時間受付)
  • 窓口:申し込みと口座開設を同時に行いたい方は、窓口で口座開設の手続きも一緒に行うのがおすすめです。
審査結果の通知

仮審査を申し込んだあとに審査が行われ、その回答が電話で知らされます。

正式申込

希望融資額が300万円以下かつパソコン・スマホからの申し込みであれば、最初から正式申込を行うことが可能です。

300万円を超える融資を希望する場合や、郵便やFAXで申し込む場合は仮審査の手順を踏む必要があります。

融資、利用開始

正式申込をしてから約1週間ほどで専用のローンカードが届き、利用できるようになります。

マイライフプラスの返済方法

返済方法や返済日、返済金額は以下の通りです。

返済方法

返済方法は以下の2パターンです。

  • 口座からの自動引き落とし
  • 借入残高に応じて設定される金額が返済日になると自動で引き落としされます。

  • ATMでの臨時返済
  • 広島銀行のATMや提携ATMを利用して、返済日以外にも臨時で返済することが可能です。セブン銀行、コンビニATMのイー・ネット、ローソンATM、ゆうちょ銀行などと提携しています。

返済日

毎月7日

返済金額

返済金額は毎月7日時点の借入残高によって変動します。また、固定金利型か変動金利型かでも異なります。

固定金利型の場合
毎月7日時点の借入残高 返済金額
1万円以下 当該残高の金額
1万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超350万円以下 30,000円
350万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超 70,000円
変動金利型の場合
毎月7日時点の借入残高 返済金額
1万円以下 当該残高の金額
1万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超350万円以下 40,000円
350万円超400万円以内 50,000円
400万円超500万円以内 60,000円
500万円超 70,000円

審査で気をつけるべきポイント

カードローンの審査基準は保証会社により異なりますが、基本的なポイントは同じです。審査を通過するために、以下のポイントを知っておきましょう。

返済能力を超えるような額は希望しない

当たり前のことですが、返済能力を超えるような融資を希望しても審査を通過する可能性は低いでしょう。目安としては他のローンや月々の支払いと合わせて、年収の3分の1程度までに抑えるのが理想です。

もちろん、年収3分の1以上の融資がOKとなる場合もありますが、消費者金融などでは「融資を受けることができるライン(=総量規制)」は年収の3分の1に設定されているので、それ以上の融資を希望しても審査に通過する可能性は低いでしょう。

他のローンやリボ払いの残高はできるだけ減らしておく

カードローンの審査では、個人信用情報というクレジットカードの履歴、ローン情報などの情報を調査されます。

そのため、すでに多額のローンを組んでいる場合やリボ払いの残高がかなり残っている場合は、「返済能力が低い」「お金に困っている」と判断されやすく、審査に落とされがちです。

ローンを申し込む前に、他のローンやリボ払いの残高はできる限り減らしておきましょう。

転職前、独立前に申し込んでおく

ローン審査ではその人の勤続年数(自営業であれば営業年数)も加味されます。

基本的には勤続年数が長ければ長いほど「安定して長期間収入を得られる人」みなされるため、転職直後や独立直後は審査に落とされやすくなります。

転職や独立を考えている方は、会社員時代にローンを組んでおくことをおすすめします。

事故歴が消えてから申し込む

クレジットカードなどの支払い延滞・遅延は、延滞や遅延をした期間にもよりますが、原則5年間専門の機関に保管されています。

そのため、そうした事故歴がある状態で審査を受けてもまず通りません。事故歴がある方は、事故歴が消えるのを待ってから申し込むようにしましょう。

周囲にローン利用がバレる可能性はゼロではない

来店不要のマイライフプラスは、周囲にカードローンの利用がバレにくいローンと言えます。ただ、在籍確認といって申告した勤務先で本当にその人が働いているかどうか、保証会社や銀行が電話をかけてくることがあります。

在籍確認では「◯◯銀行の◯◯です」といった風に所属は名乗らないものの、普通は所属も名乗らず企業で働いている個人宛てに電話をかけるケースはあまりありません。そのため、怪しまれてしまう可能性はゼロではないでしょう。

審査次第では3%台の低金利も狙えるマイライフプラス

広島銀行のマイライフプラスには、

  • 審査結果が最短即日で分かる
  • 契約に当たって来店不要
  • 保証会社が3社あるためまざ、さまな難易度の審査が受けられる
  • 審査結果によっては、最低金利は3%台とかなりの低金利
  • 300万円以下なら仮審査なしで正式申し込みできる

といったメリットがあります。特に最低金利が3%台の点や保証会社が3つある点は、他の銀行系カードローンと比較した場合、大きなメリットです。

ただ、一方で、パート・アルバイト・年金受給者は申し込みができない点や、実際に利用できるまでには日数がかかる点には気をつけてください。その他、契約にあたっては広島銀行の口座開設が必須となります。

これらの特徴を踏まえると、マイライフプラスは、広島銀行の口座をもっている方の中でも、

  • 審査結果をできるだけ早く知りたい
  • さまざまな保証会社で一気に審査を受けたい
  • 返済能力に自信があり、審査で低金利に設定してもらえると考えている
  • 日中は仕事が忙しく、なかなか窓口まで足を運べない

といった方におすすめのカードローンと言えるでしょう。もしカードローンの利用を考えて、上記の条件に当てはまっているのであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.