山口銀行カードローン マイカードプレミアム

山口銀行「マイカードプレミアム」について紹介します。山口銀行「マイカードプレミアム」は使い道自由なローンで、借り入れる場所がたくさんあって便利な他、WEBでカンタンに申し込めます。

この記事では山口銀行「マイカードプレミアム」のメリットや注意点、申し込みの流れもお伝えします。山口銀行「マイカードプレミアム」はいざという時に役立つカードですので、最後まで読んで申し込んでください。

山口銀行とは?

まずは「マイカードプレミアム」を扱っている山口銀行とはどのような銀行なのでしょうか?

山口銀行の沿革や山口銀行が提携している銀行を紹介します。また、山口銀行が社会貢献にどのように取り組んでいるかもお伝えします。

山口銀行の沿革

山口銀行は明治11年11月25日に第百十国立銀行として創業されました。初代頭取は毛利親信が就任し、本店は山口県山口市の米屋町に置かれました。明治31年には株式会社百十銀行と名称を変更しています。

日清戦争後の経済危機により、同行のほとんどが不良債権となり、経営危機を迎えましたが、明治33年に毛利公爵家が実質的に全額負債を負担することで乗り切ったこともあります。

明治40年 三井銀行下関支店の営業権を譲渡され、本店を下関市に移動
昭和19年
3月31日
宇部銀行、大島銀行、船城銀行、華浦銀行と百十銀行が合併
株式会社山口銀行が誕生
平成17年 もみじホールディングスとの間で業務資本提携を行うことが決定
平成18年
10月1日
もみじホールディングスと共に山口フィナンシャルグループ(YMFG)を作る
平成23年
10月3日
山口銀行の九州にある全支店は北九州銀行となる

平成27年9月末現在、資本金は100億円、従業員数は1,682人です。拠点数は国内に、本支店109か所、出張所25か所の134か所あります。

面白い点としては、地方銀行でありながら、韓国の釜山、そして、青島と大連の中国の2都市に支店を構えており、香港にも駐在員事務所を持っています。

本店は山口県下関市竹崎町4丁目2番36号で、本店のバンキングホールには大きな壁面彫刻があり、毛利元就の教訓状を読む毛利三兄弟の姿が描かれています。愛称は「やまぎん」です。

便利な山口銀行のATM

山口銀行が所属する山口ファイナンシャルグループの傘下には、広島県にあるもみじ銀行と福岡県北九州市に本店を構える北九州銀行があります。それで、もみじ銀行と北九州銀行とはATMの相互開放を行っています。

山口銀行のキャッシュカードでも、もみじ銀行と北九州銀行のATMで平日8:45~18:00の間で、入出金の手数料は無料です。さらに、山口銀行は、もみじ銀行とは振込手数料も互いに無料にしています。

山口銀行はYSネットサービスに入っている

YSネットサービスは、山口銀行と北九州銀行に加え、山口県内の荻山口信用金庫、西中国信用金庫、防府信用金庫、東山口信用金庫が入っています。

西中国信用金庫の島根県にある5支店、1出張所はこのYSネットサービスからは除外されますが、山口県内にある多くのATMで手数料無料のサービスが受けられます。

平日8:45~18:00の出金の手数料が無料、平日8:00~8:45、18:00~21:00の出金手数料と土日祝日の9:00~17:00の出金手数料は108円です。

コンビニなど多くの場所で利用できる

平成16年からはコンビニATMのセブン銀行と提携サービスを始め、平成22年からは大手コンビニチェーン・ファミリーマートに置かれているイーネットとも提携を開始しました。

そして、同じ平成22年にローソン・エイティエム・ネットワークスとイオン銀行とも提携を始めています。ゆうちょ銀行のATMも利用できます。山口銀行は多くの場所で利用できる便利な銀行です。

社会貢献とバリアフリーに取り組むやまぎん

山口銀行では社会貢献とバリアフリーに取り組み、地域に愛される銀行となっています。

社会貢献活動の1つとして行う「小さな親切」運動

「小さな親切」運動は山口銀行がもみじ銀行と共に進めている社会貢献活動で、青少年の心の育成事業を行なっています。

さらに、「小さな親切」運動の一環で、「日本列島クリーン大作戦」にも参加しています。これは、全行員総出で、街の清掃活動に参加し、街を美化することに力を入れています。

「敬老の日」には、老人施設に入居する高齢者にプレゼントを贈っています。平成26年には366施設の約1万6,000人にプレゼントが贈られました。

地域の企業育成活動

また、地域の企業育成活動として「YMFGビジネスマッチングフェア」を開催しています。フェアではYMFGのネットワークを生かし、山口銀行の取引先の販路拡大を行なっています。

「YMFGレディースサッカー大会」というのも開催しています。女子サッカーの普及と地域のスポーツ振興に力を入れています。

下関市立大学の聴講留学生の学費の支援など

山口銀行では、下関市立大学の聴講留学生の住居提供、学費の支援も行なっています。山口銀行と関係が深い中国に加え、タイとトルコからも聴講留学生を受け入れています。

バリアフリーとしては主に7つの事柄を行なっています。それは以下のようになっています。

  • 視覚障がい者対応のATMを導入
  • 点字ブロックを設置
  • 点字普通預金を導入
  • 申込書の代筆サービス
  • 申込書の音読サービス
  • 山口銀行の公式ホームページでの音声読み上げ
  • モバイルバンキングでの音声読み上げ

山口銀行は社会貢献活動に加え、このようにバリアフリーにも取り組んでいることから地域からの信頼の厚い銀行です。

山口銀行「マイカードプレミアム」は使い道自由のフリーローン

ここからは山口銀行「マイカードプレミアム」の特徴を紹介します。山口銀行「マイカードプレミアム」は使い道自由のフリーローンで、借入場所がたくさんある便利なカードローンです。WEBでカンタンに申し込むこともできます。詳しくお伝えします。

山口銀行「マイカードプレミアム」は使い道自由

山口銀行「マイカードプレミアム」は基本的には使い道自由のフリーローンです。ですから、お金に困った時に1枚あると便利なカードローンです。ただし、借入金の返済と事業資金目的では使用できません。

こんなときにも使える「マイカードプレミアム」
  • ケガや病気の時にも
  • お金が急に必要になるのに、使用目的が限られてしまうとカードローンの使い勝手は悪いです。

    急な交通事故でも保険の費用がおりるまでに時間がかかることがありますし、ケガや病気の時も保険金が出るまでの間、一時的にお金に困ることもあります。

    そのような時のためにあらかじめ持っておくと安心です。

  • 旅行資金やブランド品の購入に
  • 旅行資金やブランド品の購入をしたいという人もいるでしょう。

    旅行会社やブランド品を扱う店でもクレジットカードを利用できると思いますが、山口銀行「マイカードプレミアム」はクレジットカードのショッピング枠の金利よりも安いこともあります。

    そのため、旅行資金やブランド品の購入する時に使っても良いでしょう。

  • 冠婚葬祭用として
  • また、急な出費として困るのは友人や親族の冠婚葬祭です。付き合いから、お金がピンチで行けないと断れないこともあります。そのような冠婚葬祭に出席する時のためにも、1枚持っておくと良いでしょう。

借入金返済に使用したい、あるいは他社への返済をまとめてしまいたいという場合は山口銀行の「マイカードやまぐち君」を利用できます。

山口銀行「マイカードやまぐち君」は借入金返済に使用可能なカードローンで、最高300万円まで借り入れることができます。金利は固定金利で年利4.5~14.5%になっています。

事業資金に困っている人には、山口銀行には「つかえる!やまぐち君」があります。こちらは10~300万円まで融資を受けられて、金利は年利6.0~14.5%です。

事業資金に困っている人は、山口銀行「つかえる!やまぐち君」を利用できるかもしれません。

借入場所がたくさんあって便利

山口銀行「マイカードプレミアム」は借入場所がたくさんあって、大変使い勝手の良いカードローンです。山口銀行は、ATMの設置は山口県に限りません。

山口銀行ATM設置場所

広島県内だと広島市、福山市、尾道市、呉市、東広島市、廿日市市、大竹市にあります。さらに、島根県の益田市にもありますし、愛媛県は松山市と今治市にもあります。

また、東京都、名古屋市、大阪市、神戸市にも山口銀行ATMがあります。そして、韓国の釜山と中国の大連と青島にも外貨為替業務取扱店があります。

YMFGの傘下のもみじ銀行と北九州銀行でもOK

山口銀行「マイカードプレミアム」はその他、YMFGの傘下のもみじ銀行と北九州銀行のATMでも使用できます。

もみじ銀行のATMは広島県と山口県の他に、岡山県の岡山市と倉敷市、福岡県の北九州市、東京都にもあります。

北九州銀行のATMは福岡県全域にある他、大分県の大分市と中津市、長崎県長崎市、熊本県熊本市にあります。

山口銀行「マイカードプレミアム」はその他の銀行、ゆうちょ銀行でも借入可能です。

また、全国のイオン銀行でも使用できますし、セブン銀行やローソン・エイティエム・ネットワークス、ファミリーマートのイーネットといったコンビニ銀行でも使用可能です。

全国どこにでもありますので、山口銀行「マイカードプレミアム」は借入場所を探すのに困ることはありませんので、大変便利です。

WEBでカンタンに申し込みできる

山口銀行「マイカードプレミアム」はWEBでカンタンに申し込みできます。

山口銀行の公式サイトのトップページに行きますと、「かりる」という項目があります。そこをクリックすると、各種ローンが出てきます。そこから「マイカードプレミアム」を探します。

「マイカードプレミアム」の上の部分に「WEBでお申し込み」という場所がありますので、そこをクリックすると、カンタンに山口銀行「マイカードプレミアム」に申し込みできます。

申し込み自体はその後必要事項に記入していくだけですので、15~20分で終わります。スマホやタブレット端末でもカンタンに行えますので、大変に助かります。

「マイカードプレミアム」のメリット

山口銀行「マイカードプレミアム」の金利は年率2.8~11.2%で低め。さらに、借入限度額は500万円で高額な融資が受けられます。

また、返済が月々少額の返済で済むのも山口銀行「マイカードプレミアム」のメリットです。そんなメリットを紹介します。

低金利の年率2.8~11.2%

「マイカードプレミアム」の金利は年率2.8~11.2%です。これは破格の低金利です。主なカードローンと比べてどうなのでしょうか?

YMFGの銀行系フリーローン
北九州銀行
「フリーローン おまかせ!きたきゅう君」
年利3.5~13.5%
もみじ銀行
「フリーローン おまかせ!もみじ君」
年利2.8~13%

YMFGに所属する他のフリーローンと比較すると、北九州銀行の「フリーローン おまかせ!きたきゅう君」が最高金利13.5%、もみじ銀行「フリーローン おまかせ!もみじ君」が最高金利13%で、「マイカードプレミアム」の年利2.8~11.2%は破格であることが分かります。

山陰地方の銀行系フリーローン
山陰合同銀行
「自由に使える!フリーローン」
年利3.5~9.5%
島根銀行
「しまぎんフリーローン」
年利4~14.5%
鳥取銀行
「とりぎんマイジャスト」
年利9~14.5%

山陰合同銀行「自由に使える!フリーローン」が年利3.5~9.5%と破格ですが、島根銀行「しまぎんフリーローン」と鳥取銀行「とりぎんマイジャスト」と比べれば大きく優っています。では、その他の地方銀行系カードローンとの比較はいかがでしょうか?

地方銀行系カードローン
ちばぎんカードローン
「クイックパワー(アドバンス)」
年利1.7~14.8%
横浜銀行カードローン 年利1.9~14.6%

人気の地方銀行系カードローンのちばぎんカードローン「クイックパワー(アドバンス)」と横浜銀行カードローンと比べると良い利率です。さらに人気の銀行系カードローンとも比較していきましょう。

人気銀行系カードローン
住友銀行SBIネット銀行
「MR.カードローン プレミアムコース」
年利0.99~7.99%
みずほ銀行カードローン 年利3~14%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 年利2.5~18%
三井住友銀行カードローン 年利4~14.5%
オリックス銀行カードローン 年利1.7~17.8%
三菱東京UFJ銀行系カードローン
「バンクイック」
年利1.8~14.6%

住友銀行SBIネット銀行「MR.カードローン プレミアムコース」が破格ですが、それ以外と比較すると、「マイカードプレミアム」は金利が低いことが分かります。消費者金融系のカードローンとも比較しましょう。

人気消費者金融系カードローン
アコム 年利4.7~18%
アイフル 年利4.5~18%
モビット 年利4.8~18%
プロミス 年利4.5~17.8%

消費者金融系のカードローンの金利は高くて18%前後です。「マイカードプレミアム」は比較すると金利が圧倒的に低め。「マイカードプレミアム」は審査が比較的通りやすい消費者金融系のカードローンから借り入れを考える前に申し込みましょう。

貸越契約額は最高500万円

山口銀行の「マイカードプレミアム」の貸越契約額は最高500万円です。これは他の銀行と比較しましょう。まずはYMFGに所属する銀行から見ていきます。

YMFGの銀行系フリーローン
北九州銀行
「フリーローン おまかせ!きたきゅう君」
借入限度額500万円
もみじ銀行
「フリーローン おまかせ!もみじ君」
借入限度額300万円

YMFGに所属する他のフリーローンと比較すると、北九州銀行の「フリーローンおまかせ!きたきゅう君」とは同額ですね。さらに山陰地方の他の銀行系ローンとも比較してみましょう。

山陰地方の銀行系フリーローン
山陰合同銀行
「自由に使える!フリーローン」
借入限度額500万円
島根銀行
「しまぎんフリーローン」
借入限度額500万円
鳥取銀行
「とりぎんマイジャスト」
借入限度額100万円

山陰合同銀行「自由に使える!フリーローン」と島根銀行「しまぎんフリーローン」とは「マイカードプレミアム」は同額です。人気の地方銀行系カードローンと比較します。

地方銀行系カードローン
ちばぎんカードローン
「クイックパワー(アドバンス)」
借入限度額800万円
横浜銀行カードローン 借入限度額1,000万円

ちばぎんカードローン「クイックパワー(アドバンス)」が最高800万円、横浜銀行カードローンが最高1,000万円でこれは敵いませんでした。他の人気銀行系カードローンと比較します。

人気銀行系カードローン
住友銀行SBIネット銀行
「MR.カードローン プレミアムコース」
借入限度額1,200万円
みずほ銀行カードローン 借入限度額1,000万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 借入限度額1,000万円
三井住友銀行カードローン 借入限度額800万円
オリックス銀行カードローン 借入限度額800万円
三菱東京UFJ銀行系カードローン
「バンクイック」
借入限度額500万円

人気銀行系カードローンの借入限度額は軒並み高いですね。住友銀行SBIネット銀行「MR.カードローン プレミアムコース」は借入限度額1,200万円もあります。

消費者金融系のカードローンは借入限度額が50万円ですから、大きく優っていますが、他の銀行系カードローンと比べても平均以上であることが分かります。大きな融資額を必要な時に、「マイカードプレミアム」はぜひ考慮に入れたいですね。

返済はラクラク

山口銀行「マイカードプレミアム」は返済がラクラクです。返済方法は毎月1日に貸越契約額に対応して決まった金額が返済用に登録した預金口座から自動で引き落とされる仕組みです。返済額は以下のようになっています。

貸越契約額 月々の返済額
100万円 2万円
150万円 3万円
200万円 4万円
250万円 4万円
300万円 5万円
400万円 6万円
500万円 7万円

100万円借り入れた場合でも、月に2万円ずつ支払えば良いので、大変助かります。さらに、山口銀行「マイカードプレミアム」は近くの銀行から振り込みや入金をカードローン専用の口座にすることで、繰り上げ返済ができます。

お金の余裕のある時に繰り上げ返済を行うのは非常に有効です。山口銀行「マイカードプレミアム」は元利定額リボルビング返済(残高スライド方式)をとっていますが、この方式は月々の支払額が少なくて非常に助かります。ただ、元金が少しずつしか減らないという点もあります。

そこで、有効になるのがお金の余裕がある時に繰り上げ返済していくことです。繰り上げ返済していくなら、元金を減らすことができます。元金が減れば、それにかかる金利分も減りますので、返済額をトータルで大きく減らすことも可能です。

山口銀行「マイカードプレミアム」は低金利ですが、お金に余裕がある時には、ぜひ繰り上げ返済を利用したいものです。

誰でも借りられるわけではない!

素晴らしいスペックの山口銀行「マイカードプレミアム」ですが、残念ながら誰でも借りられるわけではありません。年収400万円以上、勤続3年以上など高いハードルがあります。また、即日融資もありません。お伝えしていきます。

年収400万以上の壁

山口銀行「マイカードプレミアム」の注意点を述べると、山口銀行「マイカードプレミアム」の「ご利用いただける方」の項目を見ると、誰でも借りられる商品ではないことが分かります。「ご利用いただける方」の項目は以下のようになっています。

次の条件を全て満たす個人の方
  • お申込時およびご契約時の年齢が満20才以上60才以下の方
  • 継続的に安定した収入がある方
  • 勤続(営業)年数が3年以上の方
  • 年収が400万円以上の方
  • お申込時点で当行のお借入れにおいて延滞がない方
  • 保証会社の保証が得られる方

この中で特に大きいのが、年収が400万円以上という項目です。国税庁の平成27年の「民間給与実態研究調査」では、日本人の平均年収は415万円ですが、年収400万円以上というのは大きなハードルで、年収300万円台が17.3%、年収200万円台が16.9%もいます。

ですから、山口銀行「マイカードプレミアム」の年収400万円以上という項目は、申し込みを非常に難しくしている部分です。年収400万円以下でも安定収入がある程度得ている人は、山口銀行の商品では「おまかせ!やまぐち君」をおすすめします。

「フリーローンおまかせ!やまぐち君」は事業者を除く安定収入がある人が申し込みの対象になっています。パート、アルバイトの人も借入限度額30万円まで可能です。「おまかせ!やまぐち君」は借入限度額300万円、金利は年利3.5~13.5%です。

勤続年数3年以上

「ご利用いただける方」の項目の「勤続(営業)年数が3年以上の方」も気になる部分です。日本の勤続年数は、株式会社NTTデータ経営研究所が平成26年3月に発表した調査によると、平均11.9年です。

しかし、経済不況で会社からリストラに遭うことや会社自体が倒産に陥ることも多い現代にあっては、この勤続3年以上というのも大きなハードルになってくるのではないでしょうか?

また、営業3年以上というのも申し込みを難しくさせます。会社の経営を始めた頃の方が比較的お金に困ることも多いと思います。そのような人が借りられないのは、山口銀行「マイカードプレミアム」の残念な点です。

勤続3年に満たないという人は…

勤続3年に満たないという人は、「フリーローンおまかせ!やまぐち君」の他に「マイカードやまぐち君」にも申し込めます。

「マイカードやまぐち君」は貸越契約額が30万円、50万円、70万円、100万円、200万円、250万円、300万円です。金利は4.5~14.5%となっています。月々の返済額は以下のようになっています。

前月末の利用残高 返済額
1万円未満 前月末の利用残高と利息
1万~50万円以下 1万円
50万~100万円以下 2万円
100万~200万円以下 3万円
200万~300万円 4万円

50万円以下の利用残高であれば、1万円の返済で済みますので、「マイカードやまぐち君」も大変助かるカードローンです。

即日融資はなし

山口銀行「マイカードプレミアム」は、即日融資はありません。消費者金融系カードローンでは当たり前になっていますので、残念な点です。

山口銀行「マイカードプレミアム」は2段階審査方式をとっています。WEBで申し込みが行えますが、WEBで申し込みを行うと仮審査が行われます。

仮審査にも1週間程度かかる場合があります。仮審査が通った後は、店舗に行って契約を行うことになります。それで、即日融資どころか2週間ほど契約までにかかります。

それで、山口銀行「マイカードプレミアム」の利用を考えている人は、時間的な余裕を見て、あらかじめ申し込むことをおすすめします。

消費者金融系カードローンを避けて、即日融資を受けたい場合は以下のカードローンもおすすめです。

カードローン名 金利 借入限度額
みずほ銀行カードローン 3.0~14.0% 1,000万円
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円

こちらのカードローンであれば、最短即日融資可能ですし、消費者金融系カードローンよりも金利が低くなっています。

山口銀行「マイカードプレミアム」の申し込み方

山口銀行「マイカードプレミアム」の申し込み方をお伝えします。山口銀行「マイカードプレミアム」はWEBでカンタンに申し込みを行えます。審査の流れも詳しく紹介していきますので、見ていきましょう。

まずは山口銀行の公式サイトにアクセス

山口銀行「マイカードプレミアム」を利用したい人は、まずは山口銀行の公式サイトにアクセスしてください。

山口銀行の公式サイトのトップページには、海を渡る橋が写っていますが、その下に「ためる」、「かりる」、「運用する」、「そなえる」といった項目があります。その「かりる」をクリックしてください。

「かりる」をクリックして、ローンを選択

「かりる」をクリックすると、ローン商品一覧が出てきます。ローン商品一覧は、「住宅に関するローン」、「教育に関するローン」、「お使い道自由なローン【来店不要】」、「車に関するローン」、「お使い道自由なローン」に大きく分かれています。

「お申込手順」へ

その「お使い道自由なローン」のところを見ますと、「マイカードプレミアム」があります。そこには赤字で「WEBでお申し込み」と書かれた部分があります。そこを押すと「お申込手順」が出てきます。

「お申込みに際してのご留意事項」を読む

そして、その下には「お申込みに際してのご留意事項」が書かれています。申し込みは必ず本人が行うことが明記されています。この他、山口銀行の営業区域内に住居か勤務先の所在地がなければいけないことなどが書かれています。

そこを読んで下にある「次に進む」をクリックすると、「インターネットお申込み(仮審査)」という画面が出てきて仮審査が始まります。

WEBで申し込みの流れ

「マイカードプレミアム」かどうかの確認

「インターネットお申込み(仮審査)」の画面に来ると、「ご確認」という項目があります。「マイカードプレミアム」かどうか確かめてください。ここを確かめておかないと、違うカードローンに申し込んでいたということが分かり、時間のロスにつながります。

「同意する」をクリック

「ご確認」の下には「ご同意いただく事項」という項目があります。「個人情報の取扱いに関する同意条項」が出てきますが、そこを見ると、山口銀行のカードローンは商品ごとに審査を委託している信販会社が違うことが分かります。

「マイカードプレミアム」の場合は、株式会社オリエントコーポレーションに審査が委託されています。「ご同意いただく事項」の一番下に「同意する」、「同意しない」の項目がありますので、申し込みますので、「同意する」をクリックします。

申込内容などの必要事項を入力

「同意する」をクリックすると、「お申込内容などの入力」が出てきます。「この商品をどこでお知りになりましたか?」、「お申込日」、「お借入希望日」、「お申込区分」、「ご希望の貸越契約額(年収条件)」、「返済用預金口座」を記入します。

さらに、「お申込みのご本人様について」、「ご家族について」、「お住まいについて」、「お勤め先について」、「お取引について(山口銀行)」、「お取引について(他行・他社)」、「お取引について」に必要事項を入力します。

内容を確認する

必要事項を全て記入したなら、一番下に「内容を確認する」、「キャンセル」という項目があるので、「内容を確認する」をクリックします。所要時間は15~20分です。

仮審査から正式な申し込みまでの流れ

WEBで仮審査の申し込みを行うと、山口銀行から申込み内容の確認の電話が入ります。自宅か勤め先にかかってきますので、勤務先にバレたくない人は自宅で電話を受けるようにしましょう。

その後はオリエントコーポレーションが審査を行います。オリエントコーポレーションが審査を行う段階で勤務先への在籍確認が行われます。審査の結果は郵送か電話で知らされます。仮審査にかかる期間は1週間程度です。

仮審査に通った場合は、その後山口銀行の本支店に行き、正式な契約を行います。郵送か電話で案内された必要書類と印鑑を持って、希望した山口銀行の本支店で正式契約を行うと、ローンカードが送られてきます。

ローンカードが送られて来るまでは、仮審査が通ってから1週間が目安です。ですから、山口銀行「マイカードプレミアム」はWEBで申し込みを行ってから、ローンカードが送られて融資が受けられるまで2週間は見ておいた方が良いです。

万が一の時のためにあらかじめ作っておきたいカードローン

山口銀行「マイカードプレミアム」について紹介しました。山口銀行は歴史ある銀行で、社会貢献活動に力を入れており地域に愛される銀行です。

さらに山口銀行は山口フィナンシャルグループの一員で、広島県や九州でも使い勝手が良い銀行です。山口銀行「マイカードプレミアム」は以下のような特徴があります。

  • 使い道自由なフリーローン
  • 借入場所がたくさんあって便利
  • WEBでカンタン申し込み

使い道自由で万が一の時のために持っておきたいカードローンです。メリットには以下のようなものがありました。

  • 比較的低金利なカードローン
  • 借入限度額が最高500万円
  • 返済は少額ずつ

山口銀行「マイカードプレミアム」を他の銀行系カードローンとも比較しましたが、かなり安い金利でした。しかし、年収400万円以上や勤続あるいは営業3年以上など、借り入れを行うには難しいハードルもありました。

また山口銀行の営業区内で生活していないといけません。山口銀行の営業区内である山口県や広島県、福岡県に住んでいる人や勤務先がエリア内にある人にとっては、万が一の時のためにかなりおすすめのカードローンです。

あらかじめ余裕をもって申し込むことをおすすめします。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.