武蔵野銀行カードローン むさしのスマートネクスト

武蔵野銀行のむさしのスマートネクストは、アルバイトの方でも利用することができるカードローンです。

来店不要でWebだけで申し込みが完結するのでとても手軽。そして300万円まで借りることができるため、いざというときにとても役立ちます。

使い道も基本的に自由なので「生活費が足りない」「デート代が心もとない」というときはもちろん「新しい大型テレビが買いたい」「車を買う費用にしたい」という大きな買い物のときにも使うことができます!

武蔵野銀行は埼玉県民が愛する銀行

埼玉県の地銀である武蔵野銀行は、地元と深く結びついた、地元のために貢献することを明記している銀行です。埼玉県内に92ヵ所の出張所を含む店舗があるので、埼玉県民にとってとても使いやすい銀行です。

また来店不要で簡単にアプリで口座を開設することができるなど、ユーザーの立場に立ったサービスも提供しています。ACC CM FESTIVALで銀賞を受賞した武蔵野銀行のCMも必見です!

埼玉県に根付いた地銀、武蔵野銀行

武蔵野銀行は埼玉県さいたま市大宮区に本店を置く銀行で、昭和27年に設立されました。営業店舗数は96ヵ所。そのうち出張所を含む92ヵ所が埼玉県内にあります。また住宅ローンセンターを9ヵ所も受けています。

平成28年3月末時点での総資産は43,160億円。預金残高等は40,123億円、貸出金残高は33,331億円、資本金は457億円、自己資本比率は9.81%です。JSR(株式会社日本格付研究所)による格付けを見ると、2017年2月の格付けはA+で安定的。

過去の格付けもずっとAをキープしているため、安定した経営状態を保っている信用のおける銀行であるといえます。

武蔵野銀行は昭和44年に株式東京証券取引所市場第二部に上場、その後昭和45年に第一部に上場しています。また昭和47年より外為取引を開始し、昭和60年から債券ディーリングを開始しました。平成15年には北埼信用組合と合併しています。

武蔵野銀行の企業理念

武蔵野銀行は「地域共存」「顧客尊重」を企業理念として掲げています。埼玉県の銀行として、地域の企業や市民の皆様に役立つ銀行であることを重視し、地域社会や経済へ貢献することを目標としています。

武蔵野銀行のブランドメッセージは「More For You もっと、街・暮らし・笑顔のために」です。銀行の顧客だけでなく、埼玉県に暮らす地域社会すべての人々のためにより良いサービスを提供していくことを目指す、地域に愛される銀行です。

武蔵野銀行ならアプリで簡単に口座開設できる!

武蔵野銀行では「スマートフォン口座開設アプリ」をリリースしており、いつでもどこでも、簡単に口座を開設できるようにしています。 通常、銀行に口座を開設するためには、身分証明書や印鑑を持って銀行の営業時間内に窓口へ行き、口座開設の申し込みをしなくてはいけません。しかし武蔵野銀行のアプリを使用すると、銀行の営業が終了している夜間や、営業をしていない土日でも、口座開設をすることができるのです。

アプリなら書類の郵送も不要

アプリはandroid版、iOS版どちらもリリースされているので、多くの人が簡単にアプリをダウンロードして使うことができます。

「スマホで口座開設とは言っても、後から書類を書いて送らなくてはいけないんじゃないの?」と、面倒に感じる人がいるかもしれませんが、このアプリを使うと書類の郵送も不要です。必要事項を入力し、免許証を撮影して添付すれば申し込みが完了します。

また「口座開設の申し込みって、入力項目が多いから時間がかかっちゃう」と感じる人もいるかもしれませんが、入力途中の情報は途中で保存し、時間が取れたときに入力を再開することも可能ですので、非常に使いやすくユーザーにとってはありがたいアプリです。

ただし申し込みには有効な運転免許証とスマートフォンが必要です。また申し込みができるのは、埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町に住んでいるか通勤している18歳以上の人となります。またアプリの利用にはスマホのメモリがある程度空いている必要があります。

もうチェックした?完成度の高いCMに思わず涙が…

毎日テレビを見ているといろいろなCMが流れてきます。「あれ、なんだろう?」と印象に残るCMや、ついもう一度見たくなってしまうCMもありますよね。武蔵野銀行のCMは、一般社団法人全日本シーエム放送連盟主催の、2016年度「ACC CM FESTIVAL」のフィルム部門Aカテゴリーで「ACCシルバー」(銀賞)を受賞しました!

気になるCMの内容とは?

ATMにお金を引き出しに来た「たくちゃん」という男性が、ATMの「いらっしゃいませ」とあいさつする機械の音声と会話をするというCMです。このATM、最近話題のペッパーくんのようにお客様とおしゃべりをすることができる、という設定です。

たくちゃんの私生活や口座を作ったときのことを知っていて、たくちゃんはまるで本物の友人か家族と会話をするようにATMと話しながら操作します。たくちゃんの口座を開設してくれたお母さんは、今は天国にいます。

それを知っているATMが、感情のない機械の音声でたくちゃんに語り掛けるのですが……。思わず「じーん」として涙ぐんでしまう、とてもよくできたCMで「金賞でもいいのでは……」と思ってしまうくらい、素晴らしい60秒のストーリーです。

利用者であるお客様と距離が近く、深い信頼で結ばれているということを表現したというこのCM、「こんなCMを作る武蔵野銀行っていいなあ」と感じる作品ですよ。YOU TUBEで公開されていますので、まだ見ていない人はぜひ視聴してみてください。

むさしのスマートネクストは使い道が自由!

むさしのスマートネクストは来店不要で申し込みをすることができる、武蔵野銀行のカードローンです。利用することができるのは、埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町に家か勤務先がある人で、安定した収入があればアルバイトでも申込可能です。

また使い道は自由なのでちょっとした生活の補助から、まとまったお金を用意しなくてはいけないときまで、幅広く利用することができます。

むさしのスマートネクストってどんなサービス?

武蔵野銀行では「むさしのスマートネクスト」と「シグナス」という2つのカードローンのサービスを提供しています。ここでは急な出費に対応できる、使い勝手のよいカードローン「むさしのスマートネクスト」をご紹介します。

武蔵野銀行のカードローン、むさしのスマートネクストは、以前はカードローンむさしのモビットの名前でサービスが提供されていました。平成26年3月よりカードローンむさしのスマートネクストに名称が変更されています。

窓口に行かなくても申し込み可能

むさしのスマートネクストは、武蔵野銀行の窓口に行かなくても申し込みをすることができるので、忙しい人や、銀行の営業時間内に窓口にいくことができないという人でも申し込みがしやすいカードローンです。

借入極度額が幅広く、100万円までなら所得証明書不要

借入極度額は30万円~300万円と幅広いため、多くの利用目的をカバーすることができます。また100万円までの借り入れなら所得を証明する書類の提出は不要です。

返済の負担が少ない

返済額は借りた金額にもよって変動しますが、毎月1万円からとなります。そのため月々の返済の負担もそれほど大きくならないという点が特徴です。

電話でも24時間申し込みOK

またWebからだけでなく、電話からでも24時間申し込みをすることができます。

インターネットで個人情報を入力するのが怖いという人や、インターネットでの操作が苦手という人でも気軽に申し込みをすることができるのが嬉しいですね。

むさしのスマートネクストに申し込めるのはこんな人

むさしのスマートネクストを利用したいけれど、申し込みできるのかな、と不安を感じる人がいるかもしれません。とくに正社員として勤務していない人の場合はお金を借りることが難しいのではないかと感じているのではないでしょうか。

むさしのスマートネクストを利用できる人の条件をチェックしてみましょう。

年齢、自宅及び勤務先の場所について

武蔵野銀行のむさしのスマートネクストを利用できる人は、年齢が満20歳以上~満65歳以下の人となります。また誰でも申し込みができるわけではなく、武蔵野銀行の営業エリア内か都内に自宅か勤務先があることが条件です。埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町が武蔵野銀行の営業エリアとなりますので注意しましょう。

雇用形態について

また正社員として雇用されていなくても、安定して継続的に働いている人であればスマートネクストに申し込みをすることが可能です。アルバイトや派遣社員、契約社員であってもしっかりと仕事に通い、お給料をもらっている人であれば申し込みができます。

仕事をしていない人であっても、安定した収入がある配偶者がいればスマートネクストに申し込みが可能です。

保証会社について

スマートネクストの申し込みにあたってはエム・ユー信用保証株式会社が保証会社となります。そのためエム・ユー信用保証の保証を得られなくてはいけません。エム・ユー信用保証の保証を得ることができれば、スマートネクストへの申し込みは可能となります。

使い道自由だからとっても助かる!

ちょっとした用事から大きな買い物まで

武蔵野銀行のむさしのスマートネクストは、借りたお金の使い道が基本的に自由です。

車を買いたい、家をリフォームしたいなどの大きなお金が必要になるときだけでなく、人には言いずらいちょっとした用事でお金を借りることも可能です。

たとえば、生活費や、友達や彼女と遊びに行くためのお金などとしても借りることができます。また結婚式に呼ばれたけれどご祝儀の用意ができないときや、急なお葬式で遠方へ移動しなくていけないときもまとまったお金が必要になりますよね。

今後のキャリア形成のためや、夢をかなえるために「学校へ通って勉強をしたいけれど、学費がない」という場合もあるでしょう。そんなときにも、むさしのスマートネクストを使って学費を工面することができます。勉強は一日でも早く始めたほうが良いものです。お金が貯まるまで学校に行くのを待っていたら、大切なチャンスを逃してしまうかもしれません。

それ以外にも、ずっと欲しかったカバンや靴などを見つけたときや、洗濯機や冷蔵庫などが壊れて急いで買い替えなくてはいけないときもある程度のお金が必要となります。

引っ越しのときもまとまったお金を準備しなくてはいけません。親や兄弟に相談しようものなら「それくらいのお金、どうして貯金しておかないの!」と叱られてしまいそうですが、むさしのスマートネクストを使えば、誰にも内緒でお金を用意することができます。

ひとつ注意したいのは、いろいろな使い道でスマートネクストを使うことができますが、事業用の資金としては借りることができません。あくまで個人としての利用に限定されます。

むさしのスマートネクストのメリットをチェック!

むさしのスマートネクストはインターネットから申し込みをすることができるので、申し込みのために銀行の窓口へ出向く必要がありません。またアルバイトや派遣社員など非正規雇用の人でもお金を借りることができます。

最高300万円まで借りることができるので、さまざまな場面での助けになりますし、使い道は自由です。

来店不要で申し込みができるので楽ちん!

お金を借りるときは、通常は銀行が営業している時間内に窓口へ出向いて、お金を借りる申し込みを行わなくてはいけません。しかし銀行が営業しているのは平日の9時から15時までととても短い時間で、ほとんどの人は会社へ行って仕事をしています。忙しくて「ちょっと抜けます」ということが、なかなかできないという人も少なくないでしょう。

スマホからでも簡単申し込み

そんな人でも武蔵野銀行のカードローン、むさしのスマートネクストを使えば簡単にお金を借りる申し込みをすることができます。むさしのスマートネクストは来店をしなくても、インターネットやFAX、郵送で申し込みをすることができるのです。インターネットはスマホからの申し込みでももちろん大丈夫です。

「今月の生活費の補助として少しお金が必要なだけなのに、わざわざ窓口までいくのは面倒だし恥ずかしい」という人でも、インターネットやFAXで申し込みをすることができると分かればとても気が楽になりますよね。

また、銀行員に対面で向き合い「お金を貸して下さい」ということが恥ずかしい、抵抗があるという人も少なくないでしょう。直接人と顔を合わせたり、話をしたりしなくても申し込みができるむさしのスマートネクストは、まさに利用者の側に立ったうれしいサービスです。

正社員じゃなくてもOK!アルバイトでも申し込みができる!

むさしのスマートネクストを利用したいけれど、正社員として働いていないからお金を貸してもらえるかどうか不安、という人もいるのではないでしょうか。

非正規雇用で仕事をする人がとても多い現代の日本ですが、何か申し込みをするときなど「正規雇用かどうか」という点が問われることが多く、その点で尻込みしてしまう人も少なくありません。

安定した収入があればOK

武蔵野銀行のカードローン、むさしのスマートネクストは、正社員でなくても申し込みが可能です。たとえばアルバイトや派遣社員、契約社員など、非正規雇用の契約で仕事をしている人でも、安定した収入があれば申し込みをすることができます。

さらに「今は事情があって仕事をしていないけれど、急にお金が必要になってしまった」という人でも、配偶者が安定した収入を得られる仕事をしていればスマートネクストに申し込みをすることができます。

仕事の雇用形態で申し込みができない、ということはないので、安心して申し込みをしましょう。

注意したいのは、仕事の雇用形態よりも年齢と住所です。むさしのスマートネクストを利用できるのは満20歳~満65歳までの人で、埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町に自宅があるか、このエリアに勤務している人である必要があります。

これらの条件を満たしていれば申し込みをすることが可能です。

300万円まで借りられるから、とても助かる!

30万円~300万円を借りられる

武蔵野銀行のカードローン、むさしのスマートネクストでは、ご利用極度額を30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円と定めています。最大300万円まで借りることができるので、考えられるほとんどのお金が必要となるケースをカバーすることができるでしょう。

ただし専業主婦の人(自分が仕事をしていない人)の場合は極度額が30万円です。しかし30万円でも、生活費の補助や冠婚葬祭、ちょっとした買い物ならばじゅうぶん補助できる金額であるため、問題ないと考えられます。

ご利用限度額は契約極度額を上限として設定されますが、利用状況や信用状況によって増減しますので、利用中に変化する可能性があります。融資期間は3年ごとに自動更新されます。ただし満65歳を超えると更新されませんので注意しましょう。

借りたお金は毎月決まった金額を返済します。返済する金額は契約極度額によって異なり、少ない金額の場合は毎月の返済額も少なくなります。最低1万円からの返済となります。

むさしのスマートネクストは最大300万円まで借りることができるため、とても使い勝手の良い、幅広くいろいろな場面でつかうことができるカードローンだといえます。

むさしのスマートネクストを利用するときにはここに注意!

むさしのスマートネクストの金利は他社の銀行系カードローンと比較すると高めなので、返済金額の総額が多くなります。また使い道は自由ですが、事業資金として借りることはできません。

むさしのスマートネクストでは最大300万円を借りることができますが、仕事をしていない人が借りることができる金額の上限は最高30万円までです。

ここが残念!金利が他社より少し高め

お金を借りたら当然返さなくてはいけませんが、返すお金には利子がかかります。この利子はどこで借りても同じではなく、貸主によって設定がことなります。むさしのスマートネクストの利子(固定金利)は年6.0%~14.8%です。

この金利が高いのか低いのか、初めてお金を借りる人は分からないというのが正直なところでしょう。他社のカードローンと金利を比較してみましょう。

武蔵野銀行は地銀ですが、まずは都市銀行のカードローンと比較してみます。

都市銀行と比べると?

三井住友銀行カードローンは、金利が年4.0%~14.5%です。みずほ銀行カードローンはコンフォートプランで年3.5%~14.0%となっています。やはり都市銀行のサービスと比べると金利が高いことが分かります。

地方銀行と比べると?

都市銀行ではなくほかの地銀と比較してみましょう。武蔵野銀行と同じく埼玉県の地銀である埼玉りそな銀行のカードローンの場合、プレミアムカードローンとクイックカードローンの2種類があります。

プレミアムカードローンの場合は金利が年3.5%~12.475%、クイックカードローンの場合は年9.0%~12.475%です。クイックカードローンと比較した場合、それぞれ一番高い金利が適用されたことを考えると、埼玉りそな銀行のクイックカードローンを使ったほうがお得だといえます。

埼玉県のお隣、群馬県の地銀である群馬銀行のカードローンの金利は年2.8%~14.5%です。やはり武蔵野銀行のカードローンよりもお得な金利ですね。

銀行の中では決して安い金利ではない

デパート系や消費者金融系のカードローンと比較すると銀行のカードローンは金利も低く安心して使うことができますが、銀行の中で比較するとむさしのスマートネクストの金利はそれほど良い金利だとはいえないようです。

使い道は自由だけれど事業資金としては使えない

武蔵野銀行のカードローン、むさしのスマートネクストは自由な使い道でお金を借りることができます。お葬式や病気や事故などで緊急にお金が必要になったときはもちろんのこと、親や兄弟に「貸して」と言いにくい、生活費が足りなくなったときやデート代、旅行代の補助としても借りることができるという点がありがたいですよね。

また「引越しをしたいけれど、敷金や礼金が用意できない」というときや「引越し先で新しい家電を揃えたい!」というときにも使うことができるのでたいへん便利です。

事業資金は他の方法で

むさしのスマートネクストは基本的に幅広い使い道に対応していますが、「この項目ではお金を貸すことはできません」という禁止事項があります。それは「事業資金としてお金を借りること」です。むさしのスマートネクストで借りたお金を会社やお店の運転資金にすることは禁止されています。

個人の生活で利用することは良いのですが、会社やお店で使うお金が必要な場合は、カードローンを利用するのではなく違う方法でお金を調達しなくてはいけません。事業資金としてのお金が必要な人は、武蔵野銀行の窓口でその旨を相談し、事業資金として使っても問題のないお金を借りてローンを組みましょう。

仕事をしていない人は30万円までしか借りられない

むさしのスマートネクストの借入極度額は30万円~300万円です。この間に細かいコース分けがあり、30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円の8つのコースの中からいずれかを設定します。

ところで誰でも最高金額の300万円を極度額として設定できるのかというとそうではなく、30万円以上は安定した収入がある仕事をしている人だけが設定できる極度額です。

だれでも300万円までを借りられるわけではない

むさしのスマートネクストは仕事をしていない人(専業主婦など)も利用することができますが、仕事をしていない人の極度額は30万円となります。だれでも300万円までを借りられるわけではない点に注意しましょう。

また契約する極度額のほかに、利用限度額も設定されます。利用限度額は契約後、利用者の信用状況によって増減しますので、最初は300万円の極度額で契約できた場合でも、利用限度額はもっと少なくなる可能性もあります。

金利は契約極度額によって変動し、契約極度額が100万円未満の場合は年14.8%です。極度額が上がると金利が少なくなり、300万円が極度額の場合は年6.0%の金利が適用されます。

仕事をしていない人が契約できる極度額は30万円、その場合の金利は年14.8%です。

むさしのスマートネクストに申し込んでみよう!

むさしのスマートネクストはインターネットから仮申込をすることができます。申込画面では本人の名前や住所などのほかに、勤務先の情報や他社での借り入れの情報、返済用口座の登録などを行います。

また直接いろいろ話して相談したい人は、電話の申込窓口を利用することもできます。電話は24時間365日受け付けていますので、気になることがあれば直接聞いてみると良いでしょう。

申込方法をシミュレーションしてみよう

それではむさしのスマートネクストに申し込みをし、実際に利用できるようになるまでの流れをチェックしてみましょう。

「仮審査申込」のバナーをクリック

むさしのスマートネクストはWeb上から申し込みをすることができます。武蔵野銀行のウェブサイトからむさしのスマートネクストを選択すると、「仮審査申込」のバナーがあるのでこちらをクリックします。

確認事項に同意する

最初に仮審査申込にあたっての確認事項が表示され、仮審査申込にあたり同意する項目が書かれていますので、こちらを読んで「同意する」をクリックします。

個人情報などの入力・送信

次に必要な情報を入力するフォームが表示されますので、個人情報などを入力します。さらに進むと入力内容の確認画面が表示されます。誤りがないかチェックして送信をすると申し込みが完了します。

仮審査・契約

その後仮審査が行われ、武蔵野銀行から郵送で仮審査の結果が届きます。仮審査を無事に通過したら、必要書類を記入し、捺印し、書類を持参して窓口へ出向き、契約が完了します。最後だけは書類を記入して武蔵野銀行の窓口へ行く必要があります。

カードの発行・引き出し

実際の利用方法は、武蔵野銀行から発行されたローンカードを使い、ATMやCDで必要な金額を借りて引き出すことができます。1日あたりに借りることができるのは上限50万円までです。

申し込み画面で何を入力するの?

インターネットで申し込みをする際の「仮審査申込画面」では何を入力するのかが気になるという人も多いのではないでしょうか。

インターネット上で入力する内容は、全部で6つのステップに分けられています。

  1. 本人や家族の情報
  2. 勤務先や学校の情報
  3. 連帯保証人の情報
  4. 連帯保証人の勤務先の情報
  5. 借入内容
  6. 借入状況

本人や家族の情報は名前や誕生日、住所や電話番号などの情報のほかに、配偶者がいる人は配偶者の情報も入力します。また住まいについての情報も必要です。

次に入力する勤務先の情報についてですが、正社員、公務員、自営業、アルバイトなどの職業種別と、勤務先の会社名、住所や電話番号を入力します。またこの項目では年収も入力します。

次に借入状況と借入希望金額を入力します。借入状況とは今回の申込が新規なのか増額なのか減額なのかといった情報です。またこの画面で、返済用の口座も登録します。ここで登録できる口座は武蔵野銀行の口座のみです。

最後に武蔵野銀行や他の金融機関から借り入れがあるかどうかと、その明細を入力します。また、何かあったときの照会先の電話番号を入力し、確認画面をチェックし、問題が無ければ送信して完了となります。

むさしのスマートネクストは電話でも申し込みが可能!

インターネットで申し込みができるという点がとても手軽で魅力的なむさしのスマートネクストですが、インターネットで各種情報を入力するのが怖いという人や、パソコンやスマホは見る専門、入力は苦手という人もいるでしょう。

また、ローンを利用するにあたり、いろいろなことを聞きたい、確認したいという人もいるのではないでしょうか。

そのような場合、電話で申し込みをすることも可能です。電話での申し込みも24時間365日受け付けていますので、思い立ったときにすぐに電話で確認や申し込みができて便利です。

初めてカードローンを利用する人だと、返済のことや申し込み後の流れについて、実際に人から直接教えてもらったほうが安心するということもあるでしょう。

また「申し込みをするかどうかわからないけれど、全体の流れを細かく確認したい」という人もいるのではないでしょうか。電話での申込窓口は常時開いていますので、気軽に確認をして不安を一つずつ取り除いていくと良いですね。

むさしのスマートネクストはインターネットや電話からのほかに、FAXや郵送でも仮審査の申し込みができます。ご自身にとって一番簡単な方法を選び、申し込みをすると良いでしょう。

埼玉県民にとって使いやすいカードローン

  • インターネットで申し込みができるので来店不要!
  • 最高300万円まで借りられるのでさまざまな用途に対応できる
  • 正社員ではなくても申し込みができる。アルバイトや派遣社員でも大丈夫!

武蔵野銀行のむさしのスマートネクストは、埼玉県民にとってとても利用しやすいカードローンです。申し込みはインターネットからできますが、実際の契約を行う際は書類を持って窓口へ出向く必要があります。最高300万円まで借りることができ、正社員ではなくアルバイトや契約社員などの非正規雇用で働いている人でも利用することが可能です。

ただし、誰でも申し込みができるわけではなく、武蔵野銀行の営業エリアに住んでいる人のみ、利用することが可能です。武蔵野銀行の営業エリアは埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町となります。このエリアに自宅があるか、このエリアに勤務している人なら、むさしのスマートネクストを利用することが可能です。

満20歳~満65歳までの人で、埼玉県、東京都、茨城県猿島郡五霞町に住んでいる、または、勤務している人なら、緊急でお金が必要になった場合にはむさしのスマートネクストを利用することができます。

また、むさしのスマートネクストは、インターネットからだけでなく、電話からやFAX、郵送でも仮審査の申し込みができます。ご自身にとって一番簡単な方法を選んで申し込みをすると良いでしょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.