三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の特徴と借入・返済方法

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)となっています。金利が年1.8%~14.6%で最大500万円まで借り入れが可能なカードローンとなっており、インターネットでの24時間申し込みや、テレビ窓口で申し込みができることのも大きな特徴です。

三菱UFJ銀行ってどんな銀行?

日本3大メガバンクの一角を占める三菱UFJ銀行は、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の完全子会社で、本店所在地は東京都千代田区丸の内にある三菱UFJ銀行本館です。

1919年に株式会社三菱銀行として設立され、いくつかの合併を繰り返し、2006年に東京三菱銀行とUFJ銀行が合併して現在の三菱UFJ銀行となります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」とは

バンクイックは金利年1.8%~14.6%、限度額最高500万円、銀行口座不要でインターネットから24時間いつでもWeb申し込みが可能です。バンクイックは銀行系カードローンでありながら、銀行営業時間外の土日・祝日でも審査の回答をしてくれます。

保証人や担保不要で申し込みができる

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンです。資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

Eメールサービスで返済日をお知らせしてくれる

Eメールサービスとは、返済期日の3営業日前にメールでお知らせしてくれるサービスです。返済期日を事前にメールでお知らせしてくれるのでうっかり返済を忘れてしまうこともありません。

もしも、返済日を過ぎてしまったとしても、返済日の翌営業日に入金のお願いメールでお知らせしてくれます。

さらに、利用状況に応じて利用限度額の増額をメールで案内してくれるといううれしいサービスもあります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込条件

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、以下の条件をクリアできれば申し込みができます。

  • 年齢が20歳~65歳未満
  • 国内に居住する個人の方
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社(アコム)の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている必要があります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめの理由

以下では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」がおすすめの理由についてご紹介します。

金利が安い

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%です。銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

消費者金融のカードローンの最高金利はほとんどが18%なので、消費者金融と比べると金利は低いと言えます。一方、銀行カードローンの中では平均クラスです。しかし、カードローンは金利だけで選ぶものではありませんので、その他のメリットも含め判断してください。

他の銀行カードローンと比較すると、みずほ銀行が14.0%、楽天銀行が14.5%、三井住友銀行が14.5%と高くなっています。バンクイックは10万円以下の借り入れなら、毎月の最低返済額はたったの2,000円です。

しかし、50万円位上の借り入れなら他のメガバンクのほうがいいわけではありません。三井住友銀行とみずほ銀行は、100万円以上の限度額から金利が下がり始めますが、バンクイックは50万円以上でも12.6%です。

つまり、50万円~100万円では、銀行系カードローンの中でも金利が低くなります。100万円以下の借り入れであれば、バンクイックが金利条件としておすすめです。

口座がなくても申し込みができる

口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。都市銀行で言えば、みずほ銀行カードローンとりそな銀行カードローンは銀行口座が必須となります。

カードローンの利用のために口座開設すると、使わない口座が増えますし手続きも面倒です。そういう意味では口座不要というのは利用者にとって大きなメリットと言えます。

土日祝日でも審査可能

三菱UFJ銀行カードローンの審査結果の連絡は9:00~21:00(土・日・祝日は9:00~17:00)までです。銀行カードローンの多くは、基本的に土日や祝日に審査は行っていません。そのため、審査結果の連絡は銀行の翌営業日以降になってしまいます。「審査結果だけでも早く知りたい」という方にとっておすすめのカードローンです。

ATMコーナーのテレビ窓口で契約できる

三菱UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)は、9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しています。審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。

テレビ窓口というのは、三菱UFJ銀行内のATMコーナーにある無人契約機のことです。テレビ窓口で可能な手続きは以下の2つです。

  1. 契約手続きと専用ローンカード発行
  2. カードローンの申し込み

審査通過後、テレビ窓口にてバンクイックカードの受け取りが可能です。通常は、契約完了後にカードが郵送され、カードが手元に届くまで約1~2週間掛かります。しかし、審査結果の連絡を受けた後にテレビ窓口まで行けば、即日でのカード発行も可能です。

テレビ窓口からも申し込みは可能ですが、Web申し込みと比べて審査が早いというわけではありません。テレビ窓口では申し込みやカード発行する際に運転免許証が必要です。そのため、運転免許証をお持ちでない方はテレビ窓口が利用できず、カードの受け取り方法は郵送だけとなります。

全国のATMで利用手数料が無料

全国にある三菱UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料も、バンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできます。

また、利用可能な時間帯は0:10~23:50(毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く)です。
※実際の利用時間はATMによって異なります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のデメリット

以下では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」のデメリットについてご紹介します。

口座がないと借り入れや返済の手段が限られる

口座を持っていないと不便なことがいくつかあります。三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていないと利用できないサービスは以下の通りです。

  1. 振り込み融資で借り入れできない
  2. 口座振替(自動引き落とし)で返済ができない
  3. インターネットバンキングが利用できない

口座振替(自動引き落とし)とは、返済額が口座から自動で引き落とされる返済方法です。便利な返済方法ですが、口座を持っていないと利用することができません。

利用限度額が低い

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は最大利用限度額が500万円と、他の銀行系カードローンよりも利用限度額が低めに設定されています

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の申込方法

Webで申し込みする場合

以下では、Web申し込みの方法をご紹介します。

申し込みをする

インターネット上から24時間365日申し込みができます。PC、スマートフォン、モバイルから申し込み可能です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の公式サイトにあるカードローンページから申し込みフォームに以下の内容を入力します。
最初に、三菱UFJ銀行の普通預金口座が有無を選択します。

個人情報(必須) 氏名、旧姓、生年月日、性別、未既婚、自宅電話番号、携帯電話番号、
保険種類、出向先・派遣先の有無、年収
借入金額(必須) 金融機関からの借入金額を入力、なしの場合は「0」と入力
返済方法・返済期日(必須) 自動支払い(口座引き落とし)、ATMによる返済か選択
カードの受取方法(必須) テレビ窓口、郵送かを選択
メールアドレス(必須) 審査結果などを受け取るメールアドレスを入力
メールサービス(必須) Eメールサービスの希望あり、なしを入力
暗証番号(必須) 暗証番号を入力
自宅情報(必須) 自宅郵便番号、自宅住所、住居種類、家賃・住宅ローン(自己負担額)、
入居年月、家族の人数、子供の人数
勤務先情報(必須) 勤務先名、勤務先郵便番号、勤務先住所、勤務先電話番号、業種、
社員数、入社年月、所属部課、役職、仕事内容、勤務形態、収入形態
アンケート(必須) 選択肢から1つ選択
審査結果が判明する

三菱UFJ銀行、保証会社による審査が行われます。審査は申し込みが早い順に進められるので、借り入れを急いでいる方は当日の朝よりも、前日の夜に申し込みしておいたほうが審査される順番は早くなります。

審査は「仮審査」と「本審査」の2段階で行われ、仮審査に通過すると借入限度額と金利が提示されますが、最終的な融資の可否は本審査次第となります。仮審査に通過したとしても、本審査で融資可能額が引き下げられることもありますし、最悪の場合審査に落ちてしまうこともあります。

審査結果は最短で当日の9:00~21:00(土日・祝日は9:00~17:00)、審査結果の回答がメール、または電話にて届きます。申込時間、審査状況により翌日以降になる場合があります。

契約をする

テレビ窓口か郵送にて契約手続きを行います。テレビ窓口でカードを受け取りした場合は、自宅や職場への書類の送付はありません。50万円以上の利用限度額を希望する方は収入証明書も必要です。

テレビ窓口の場合
運転免許証を持参して、三菱UFJ銀行ATMコーナーに設置されているテレビ窓口にて契約手続きを行います。その他の本人確認書類(各種健康保険証、パスポート、個人番号カード)では、テレビ窓口でカードの受け取りはできません(後日発送となります)。
受付時間は、平日9:00~20:00、土曜祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00です。

※12月31日~1月3日、および2月11日は休業です。
※テレビ窓口は設置場所により営業時間が異なる場合があります。
※運転免許証は有効期限内で現住所の記載があるものに限られます。
郵送、またはFAX(0120-46-5919)の場合
郵送で契約書類が届きます、または公式サイトより利用申込書をダウンロードしてください。記入して以下の住所に郵送するか、FAX(0120-46-5919)にて必要書類と一緒に送信します。

〒104-0033
東京都中央区新川1-28-38 東京ダイヤビルディング2号館5階
株式会社三菱UFJ銀行 第二リテールアカウント支店

事前に不明点など確認したい方は、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-959-555)まで問い合わせしてください。受付時間は平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12月31日~1月3日は休業)です。

テレビ窓口で申し込みする場合

以下では、テレビ窓口申し込みの方法をご紹介します。

申し込みする

運転免許証を持参して、三菱UFJ銀行のATMコーナーに設置されているテレビ窓口にて申し込みと契約手続きを行います。その他の本人確認書類(各種健康保険証、パスポート、個人番号カード)では、テレビ窓口でカードの受け取りはできません(後日発送となります)。受付時間は、平日9:00~20:00、土曜祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00です。

また、申し込み用の受付シートが公式サイトでダウンロードできるので、事前に記入してテレビ窓口に足を運ぶと申し込みがスムーズです。

  • ※12月31日~1月3日、および2月11日は休業です。
  • ※テレビ窓口は設置場所により営業時間が異なる場合があります。
  • ※運転免許証は有効期限内で現住所の記載があるものに限られます。
審査結果が判明する

三菱UFJ銀行、保証会社による審査が行われます。テレビ窓口での受付はその場で審査結果が確認できます。申込時間、審査状況により、メールや電話にて翌日以降になる場合があります。

契約をする

運転免許証を持参していれば、その場で契約してカードを受け取ることが可能です。本人確認書類が運転免許証でない場合は、後日自宅への郵送となります。

電話で申し込みする場合

以下では、電話申し込みの方法をご紹介します。

受付ダイヤルへ電話(0120-959-555)

電話申し込みは土日、祝日も関係なく申し込みができます。受付時間は平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12月31日~1月3日は休業)です。

  • ※携帯電話、PHSからも申し込みできます。
審査結果が判明する

三菱UFJ銀行、保証会社による審査が行われます。電話、または郵送にて審査結果が確認できます。申込時間、審査状況により、審査結果が翌日以降になる場合があります

契約をする
テレビ窓口の場合
運転免許証を持参して、三菱UFJ銀行ATMコーナーに設置されているテレビ窓口にて契約手続きを行います。その他の本人確認書類(各種健康保険証、パスポート、個人番号カード)では、テレビ窓口でカードの受け取りはできません(後日発送となります)。
受付時間は、平日9:00~20:00、土曜祝日10:00~18:00、日曜10:00~17:00です。

※12月31日~1月3日、および2月11日は休業です。
※テレビ窓口は設置場所により営業時間が異なる場合があります。
※運転免許証は有効期限内で現住所の記載があるものに限られます。
郵送、またはFAX(0120-46-5919)の場合
郵送で契約書類が届きます、または公式サイトより利用申込書をダウンロードしてください。記入して以下の住所に郵送するか、FAX(0120-46-5919)にて必要書類と一緒に送信します。

〒104-0033
東京都中央区新川1-28-38 東京ダイヤビルディング2号館5階
株式会社三菱UFJ銀行 第二リテールアカウント支店

事前に不明点など確認したい方は、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-959-555)まで問い合わせしてください。受付時間は平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12月31日~1月3日は休業)です。

必要書類(本人確認書類・収入証明書類)について

以下では、カードローン申し込みの際に必要な本人確認書類や収入証明書の詳細をご紹介します。

本人確認書類

申込者が本人であることを確認するために本人確認書類のコピーが必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート(写真と住所のページ)
  • 個人番号(マイナンバー)カード
  • 健康保険証

外国籍の方は在留カード、または「特別永住者証明書」が必要です。※有効期限内のものに限られます。

上記以外の本人確認書類や詳細については、三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-959-555)まで問い合わせしてください。

収入証明書類

希望する借入額が50万円を超える方は収入証明書類が必要です。該当する方は、以下の書類の中から銀行が指定するもので1点は必要です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書(第1表・第2表)
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)

カードローン審査に通りやすくする方法

以下では、三菱UFJ銀行カードローンの審査を通過するために、注意すべきポイントをご紹介します。

  1. 虚偽の申告はしない(年収や勤続年数など)
  2. 申し込みフォームの入力ミスは厳禁
  3. 希望借入額は必要な分だけにする
  4. 1カ月間の複数申し込みは3件までにする
  5. 他社借り入れがある場合は借入金額よりも件数を減らすほうが効果的

特に入力ミスは、スマートフォンからの申し込みに多く、意外とこれで審査に落ちてしまうことが多くあるそうです。入力ミスであろうとも、審査担当者からすれば「この方にお金を貸しても大丈夫なのかな?ちゃんと返してくれるのだろうか?」と悪い印象を与えてしまうので気を付ける必要があります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の在籍確認

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、勤務先への在籍確認の電話連絡が行われます。在籍確認のタイミングは仮審査を通過した後です。

在籍確認までされたのに審査に落ちたとなればクレームが殺到してしまうので、ほとんどの金融機関では仮審査を通過した後に行われます。審査・融資スピードが速い大手消費者金融でもほぼ同じようなタイミングです。

担当者の方が在籍確認の電話連絡を行う際は、申込者のプライバシーに十分配慮してくれるので、バンクイックに関する情報を第三者に話すことは一切ありません。担当者は原則として「三菱UFJ銀行名」でかけてくれますが、「担当者の個人名」のリクエストがあれば申し込みが完了した後、すぐにフリーダイヤルにて相談すれば変更は可能です。

個人名で在籍確認をする際には、あなたの知人という設定で電話連絡してくれます。在籍確認は早ければ30秒~1分程度で完了します。

「◯◯さん(あなた)いらっしゃいますか?」という質問に対して、「ただ今外出中です」「席を外しております」「本日はお休みです」という返事が聞ければ在籍確認は完了です。在籍の事実確認が取れれば問題ありません。もし本人が電話に出た場合は、本人確認のため、何個か質問されたりすることもあります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入方法

以下では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入方法をご紹介します。

ATMから借り入れる

三菱UFJ銀行のATMだけではなく、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMでも借り入れできます(利用するATMによって、取り扱い内容が異なる場合があります)。
バンクイック専用ローンカードを使って、三菱UFJ銀行ATMや提携コンビニATMから1,000円単位で現金の借り入れができます。

初期画面の「お借り入れ」ボタンを押して、バンクイックカードを挿入するだけです。操作はキャッシュカードを使用するときとほぼ一緒です。
また、利用限度額に関係なく、ATMから借り入れできるのは1日50万円(初期設定時)です。変更は三菱UFJ銀行第二リテールアカウント支店(0120-76-5919)に、変更の依頼をする必要があります。

振り込みで借り入れる

三菱UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方は、インターネットや電話(0120-76-5919)にて、振り込みによる借り入れが利用できます。また、振り込みで借り入れる場合はEメールサービスへの登録が必要です。

借り入れは1万円単位での利用となり、振込手数料は無料です。本人名義の普通預金口座に借入金を「ゴホンニン」名で振り込みしてくれます。

インターネットで利用の方は、三菱UFJ銀行の公式サイトから、会員ページへログインして操作を行ってください。

電話での受付時間は平日9:00~21:00、土日・祝日9:00~17:00(12月31日~1月3日を除く)です。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済方法

以下では、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済方法をご紹介します。

自動支払い

自動支払い(口座振替)は、三菱UFJ銀行の普通預金口座から毎月の指定返済日に約定返済額が自動で引き落としされる返済方法です。

自動支払いによる返済方法は別途手続きが必要で、「自動支払依頼書」に必要事項を記入・捺印のうえ、第二リテールアカウント支店まで郵送しなければいけません。到着後、約1週間で登録完了となります。

返済日にATMに行く必要も、振り込みする必要もないので返済の手間が掛かりませんので、銀行口座をお持ちの方は返済方法を自動支払いにしておくことをおすすめします。

ATMでの返済

ATMから返済を行う際は、初期画面の「お預け入れ」または「ご返済」ボタンを押して、バンクイックカードを挿入します。三菱UFJ銀行のATMだけではなく、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMでも返済ができます。

利用できる時間は0:10~23:50(毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00を除く)です。利用手数料は無料です。

  • ※利用するATMによって、取り扱い内容が異なる場合があります。

振り込みでの返済

銀行振込は三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を使って振り込みする方法です。公式サイトの会員ページにログインして手続きすることになります。返済額が15:00以降となる場合は、翌営業日扱いとなります。
ATMからお振り込みの場合はご利用時間・ご利用機関により、所定の手数料が掛かります。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済日

三菱UFJ銀行カードローンの返済日は次の2つから選択できます。

毎月指定返済

毎月指定返済は返済日を自由に設定することができるので、給料日後にしておくのがおすすめです。毎月指定日の14日前から、指定日までの間に返済することで、当月返済分とされます。

  • ※14日以前の返済は毎月返済以外の臨時返済として取り扱いされます。
35日ごとの返済

返済日の指定がない場合は35日ごとの返済となります。35日ごとの返済は、借入日の翌日から起算して35日目が初回の返済日です。2回目以降は、その返済日から数えて35日目が返済日になります。

  • 初回の返済は借入日の翌日から数えて35日以内
  • 2回目以降は直近の返済の翌日から数えて35日以内

35日ごとの返済のメリットは、返済を先延ばしにできることにあります。事情があって返済サイクルを遅らせたいときに有効です。返済日が毎月異なるので気を付けておかないと返済日を忘れてしまうこともあります。そのため、返済日が近づいたら事前にお知らせしてくれるEメールサービスを活用すると便利です。

  • ※自動支払いによる返済は毎月指定返済のみです。35日ごとの返済は選べません。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済額(2013年3月25日以降)

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済額は、返済日時点の借入残高に応じた金額になります。

各回の返済は、最小返済額以上の金額であれば、いくらでも返済が可能です。最少返済額とは、返済日が来ると必ず支払わなければいけない最少の返済額です。

随時返済(追加返済)や一括返済(全額返済)ももちろん可能です。その際はATMから任意の金額を返済することができます。また、指定返済日の14日以内に返済額以上をATMで返済すると、今月分の返済としてカウントされます。

また、三菱UFJ銀行の公式サイトより、会員ページにログインすれば、毎月の最少返済額を確認することができます。

利用残高 返済額
利用残高が100万円以下の
場合
10万円以下の場合 1,000円
10万円超~20万円以下の場合 2,000円
20万円超~30万円以下の場合 3,000円
30万円超~40万円以下の場合 4,000円
40万円超~50万円以下の場合 5,000円
50万円超~60万円以下の場合 6,000円
60万円超~70万円以下の場合 7,000円
70万円超~80万円以下の場合 8,000円
80万円超~90万円以下の場合 9,000円
90万円超~100万円以下の場合 1万円
利用残高が100万円超えから
200万円以下の場合
100万円超~110万円以下の場合 1万1,000円
110万円超~120万円以下の場合 1万2,000円
120万円超~130万円以下の場合 1万3,000円
130万円超~140万円以下の場合 1万4,000円
140万円超~150万円以下の場合 1万5,000円
150万円超~160万円以下の場合 1万6,000円
160万円超~170万円以下の場合 1万7,000円
170万円超~180万円以下の場合 1万8,000円
180万円超~190万円以下の場合 1万9,000円
190万円超~200万円以下の場合 2万円
利用残高が200万円超えから
300万円以下の場合
200万円超~210万円以下の場合 2万1,000円
210万円超~220万円以下の場合 2万2,000円
220万円超~230万円以下の場合 2万3,000円
230万円超~240万円以下の場合 2万4,000円
240万円超~250万円以下の場合 2万5,000円
250万円超~260万円以下の場合 2万6,000円
260万円超~270万円以下の場合 2万7,000円
270万円超~280万円以下の場合 2万8,000円
280万円超~290万円以下の場合 2万9,000円
290万円超~300万円以下の場合 3万円
利用残高が300万円超えから
400万円以下の場合
300万円超~310万円以下の場合 3万1,000円
310万円超~320万円以下の場合 3万2,000円
320万円超~330万円以下の場合 3万3,000円
330万円超~340万円以下の場合 3万4,000円
340万円超~350万円以下の場合 3万5,000円
350万円超~360万円以下の場合 3万6,000円
360万円超~370万円以下の場合 3万7,000円
370万円超~380万円以下の場合 3万8,000円
380万円超~390万円以下の場合 3万9,000円
390万円超~400万円以下の場合 4万円
利用残高が400万円超えから
500万円以下の場合
400万円超~410万円以下の場合 4万1,000円
410万円超~420万円以下の場合 4万2,000円
420万円超~430万円以下の場合 4万3,000円
430万円超~440万円以下の場合 4万4,000円
440万円超~450万円以下の場合 4万5,000円
450万円超~460万円以下の場合 4万6,000円
460万円超~470万円以下の場合 4万7,000円
470万円超~480万円以下の場合 4万8,000円
480万円超~490万円以下の場合 4万9,000円
490万円超~500万円以下の場合 5万円

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入金利

カードローンの借入金利は変動金利で、金融情勢により都度見直しがあります。金利は最小1.8%~14.6%です。参考までに直近の見直し金利を以下に記載します。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の借入金利(2017年3月27日以降の借入金利)

利用限度額ごとの借入金利は、以下のようになります(2017年3月27日以前に契約した場合は、金利が異なる場合があります)。

利用限度額 借入金利
10万円以上~100万円以下の場合 13.6%~14.6%
100万円超~200万円以下の場合 10.6%~13.6%
200万円超~300万円以下の場合 7.6%~10.6%
300万円超~400万円以下の場合 6.1%~7.6%
400万円超~500万円以下の場合 1.8%~6.1%
新井 智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士
(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.