名古屋銀行カードローン 新ミニマム

名古屋銀行のカードローン「新ミニマム」は、10万円以上200万円以下の金額を10.5%の固定金利で借り入れ可能な商品です。

特に名古屋銀行をメインバンクとして利用している方におすすめしたいカードローンです。この記事では「新ミニマム」の商品概要や特徴について、メリット・デメリットを踏まえて紹介します。

地域密着で安心!名古屋銀行の特徴

「新ミニマム」とは、愛知県を拠点とした第二地方銀行「名古屋銀行」がサービスを提供するカードローン商品です。名古屋銀行とは、いったいどのような銀行なのでしょうか。

また、名古屋銀行では他にどんなローン商品を取り扱っているのでしょうか。「新ミニマム」の商品説明に入る前に、まずは名古屋銀行の概要を紹介していきます。

地域に深く根付いた銀行・名古屋銀行

名古屋銀行とは、名古屋市中区に本店を構える第二地方銀行です。支店、出張所、店外ATMをあわせて現在国内204ヶ所に拠点があり、名前の通り名古屋を中心に展開しています。

「共和殖産株式会社」という社名で創業を開始

戦後、昭和24年(1949年)に「共和殖産株式会社」という社名で創業を開始。創業以来「地域社会の繁栄に奉仕する」を社是に掲げ、地域密着型銀行として成長してきました。平成29年(2017年)現在愛知県下最大の地方銀行として、老若男女問わず幅広い世代の方に利用されています。

名古屋銀行が大切にしているのは、顧客と膝を突き合わせた「フェイス・トゥ・フェイス」の関係です。中小企業や個人事業主などの顧客を積極的に訪問し、借入相談から資産運用相談まで、経営コンサルタントとしての役割を強化しています。

時には銀行としての枠に収まりきらないようなビジネス上のサポートも行いながら、地域経済の活性化に貢献しているのです。このようにメガバンクでは行き届かないような細やかなサポートができるのが地方銀行の強みです。

地域に根ざした様々な取り組み

さらに、名古屋銀行では社会貢献活動から環境保全活動まで、地域に根ざした様々なCSRの取り組みを行っています。

1982年からは名古屋フィルハーモニー交響楽団を招いたチャリティーコンサート「名古屋銀行コンサート」を年に1回開催。

1975年には街にみどりとやすらぎを」をテーマにした緑化運動を推進する「名銀グリーン財団」を設立し、学校の緑化に力を入れてきました。

また、東山動物園を応援する「東山動植物園再生プラン」に参加し、植樹や協力金の提供、ボランティア活動も行っています。

このように地道ながらも息の長い活動を続けることで、名古屋銀行は地域社会を元気にし続けてきました。

名古屋銀行には魅力的なローンが豊富!

名古屋銀行では個人向け、法人向けに多種多様なローン商品を提供しています。ここでは、個人向けに提供されているものを紹介していきましょう。

住宅ローン

マイホームにかかわる資金の借り入れを行うことができるローンです。マイホームの購入やリフォームを検討している顧客に対して、それぞれのニーズにあわせた商品を取り揃えています。

マイホームは人生の中でも一番の大きな買い物と言われるほどで、今後の人生を左右しかねません。名古屋銀行では、住宅ローンの検討のポイントやシミュレーションまで丁寧に相談にのってくれる体制が整っています。

また、万が一の時のための備えをしておきたいという方には、がんと診断された際にローン残高が全額返済される保険も用意されています。

リフォームローン

マイホームのリフォームにかかわる資金の借り入れを行うことができるローンです。増改築や耐震工事、太陽光発電システムの購入など、幅広い必要資金に対応しています。

名古屋銀行を給与口座に指定している方は、金利優遇を受けることができます。

マイカーローン

自家用車にかかわる資金の借り入れを行うことができるローンです。自動車・バイク・自転車の購入費用はもちろん、車検費用や修理費用にも利用できます。

すでに他所でマイカーローンを借り入れしている場合は、借り換えをすることも可能です。

教育ローン

子どもの中学校以上の学費や仕送りにかかわる資金の借り入れを行うことができるローンです。

在学期間中は利息のみを返済することもできるので、家庭の負担を減らせます。名古屋銀行と取り引きがある方は金利優遇を受けることも可能です。

カードローン

無担保で借り入れを行うことができるローンです。これまで紹介したローンとは違い、資金の用途が限定されていないのが特徴です。

名古屋銀行では、口座を持っていなくても最大1000万円の借り入れができる「カードローンS」と、口座開設が必要&限度額の範囲で自動融資される「新ミニマム」の2種類があります。「新ミニマム」については次の章で詳しく解説していきます。

フリーローン

申請した金額を1回に限って無担保で借り入れできるローンです。一度借り入れした金額を返済しない限り次回の借り入れはできないため、借りすぎを予防できる商品です。

名古屋銀行では2種類の商品が用意されています。1つ目は、複数の業者からの借金を一本化できる「ざ・フリー」。2つ目は、まとまった生活資金(300万円以上1億円以内)を借り入れできる「ビッグフリーローン」です。

最大200万円まで利用可能!「新ミニマム」の商品概要

一般のサラリーマンであれば比較的融資を受けやすい条件が設定されている「新ミニマム」。

10万円から200万円の範囲で、10万円単位で借り入れることができます。金利は通常10.5%の固定金利となっており、返済は最低月1万円から可能です。

仮審査はインターネット上から24時間可能なので、気になった時点ですぐ申し込みできます。それでは、「新ミニマム」の基本的な対象者条件から説明していきましょう。

利用可能な対象者条件をご説明!

居住条件 自宅・勤務先のいずれかが名古屋銀行取扱店の営業区域内にある方
現在の住所に1年以上住んでいることが条件
年齢条件 満20歳以上65歳以下
65歳以下であっても更新時の年齢が70歳未満でなければならない
勤務条件 会社等に勤務されている方は勤務年数1年以上
自営業/個人事業主の方は営業年数2年以上
収入条件 前年度の税込年収が200万円以上で、安定かつ継続した収入がある方

この「200万」という基準は、他のカードローン会社と比較しても平均的な基準です。会社勤めの正社員の方であれば、大抵の方が条件に当てはまるはずですので、比較的融資が受けやすいローンです。

ただし、例え年収が条件を満たしていても、「安定かつ継続した収入」が見込めないと判断された場合は融資を受けられません。条件にも明記されていますが、パート・アルバイトや主婦、学生の方は対象外となってしまいます。

同じ名古屋銀行が提供している「カードローンS」という商品では、パート・アルバイトや主婦、学生の方も申し込みできます。該当する方はぜひ「カードローンS」をご検討ください。

保証会社の保証が受けられるかどうかも重要

また、これはほとんどの銀行系カードローンで共通の条件ですが、保証会社の保証が受けられるかどうかも大きな基準になってきます。

実質、主に審査を行っているのは銀行ではなく保証会社です。逆に言えば、保証会社がOKと言えばほぼ100%審査に通るとも言えるでしょう。

最大200万円の融資!返済は月1万円~で固定金利10.5%

利用可能額 10万円以上200万円以下で、10万円単位で借り入れが可能
月々の最低返済額 1万円から
金利 金利は一律10.5%

利用限度額は他の銀行カードローンと比較すると低めですが、同時に月々の最低返済額も低めに設定されています。名前に「ミニマム」とある通り大規模な借り入れは行えませんが、少し借りて少しづつ返したいという方にぴったりの商品です。

もちろん1万円以上の金額を返済に充てることも可能なので、自身のペースに合わせて返済することができます。借り入れた分の金額は通帳にマイナス表示されるので、自分が今どのくらい融資を受けているのか一目でわかるようになっているのも特徴です。

金利は一律10.5%です。10万円を借りても200万円を借りても金利は変わりません。借り入れの際に気がかりとなる利息も、固定金利なので自身でシュミレーションしやすい仕組みになっています。

また、固定金利の場合、金利変動のリスクがありません。その分、金利が高く設定されているケースも多々あるのですが、10.5%という数字は非常に良心的です。地域住民と密に関わってきた名古屋銀行ならではのサービスと言えるかもしれません。

さらに、名古屋銀行と既に取り引きがある場合は最大でマイナス5%の優遇金利が適用されることも注目したい点です。「名古屋銀行の住宅ローンを利用している方」と「名古屋銀行を給与振込口座に指定している方」が優遇金利の対象者となります。

仮審査はインターネットで24時間可能!

カードローンの検討には、万が一に備えて前もって契約を考えるケースと、必要に迫られているケースの2パターンがあります。後者の場合、すぐに審査を申し込むことができるカードローンは重宝されます。

対象支店の普通口座を持っていればいつでも仮審査の申し込みが可能

名古屋銀行の「新ミニマム」なら、名古屋銀行内の対象支店の普通口座さえ持っていれば、インターネットを通じていつでも仮審査を申し込むことができます。

仮審査の申し込みは、名古屋銀行の公式サイトにある「新ミニマム」のページから、仮審査に必要な情報をフォームに記入して送信するだけ。この時点では所得証明などの書類を提出する必要もないので、インターネットのみで仮審査の申し込みが完結します。

あくまで仮審査ですので、正式な申し込みや審査を行うのは後日となります。仮審査に通過した場合も、申し込みをキャンセルすることが可能です。

直近でカードローンを利用する予定がない方も、「新ミニマム」の利用可否を確認しておくだけでも良いでしょう。仮審査には3~5日程度の期間を要します。仮審査は、FAXを通じて申し込むこともできます。

また、仮審査を経ずに正式審査を受けたいという方は、名古屋銀行の窓口に出向く必要があります。正式審査には、印鑑、本人確認資料、勤務先確認資料、所得が確認できる書類が必要になります。

名古屋銀行利用者は特にお得!「新ミニマム」のメリット

「新ミニマム」は、特に名古屋銀行をメインバンクとして利用している方におすすめできる自動融資型カードローンです。

万が一名古屋銀行の住宅ローンを利用している方であれば、5.5%という低金利で融資が受けられます。名古屋銀行の口座を給与振込口座に指定している方であれば、7.5%です。

借り入れの際は普通口座を利用して行うため、家族や勤務先にばれるリスクも低いと言えるでしょう。

自動融資で安心!「新ミニマム」をおすすめする最大の理由

名古屋銀行の「新ミニマム」のメリットとして特筆すべき点は、自動融資機能を取り入れていることです。自動融資機能とは、利用限度額の範囲内で残高不足分を自動入金する仕組みです。

つまり、利用限度額が200万のローンを組んだ場合、口座が空でも最大200万円の引き出しができるということになります。借り入れ分は、マイナス残高で通帳に表示されます。

自動融資機能があれば、うっかり口座残高が不足してしまった場合でも、遅れることなく支払いが可能になります。残高不足でクレジットカード等の支払いが滞ると、ブラックリストに掲載されてしまうのは有名な話ですよね。

一度ブラックリストに掲載されてしまうと、下記のようなことが起こります。

  • 銀行、消費者金融などの金融機関から借り入れできなくなる
  • 一切のローン(住宅ローンやマイカーローンなど)を組むことができなくなる
  • 新たにクレジットカードを発行することができなくなる
  • 現在利用しているクレジットカードも利用停止になる

これらの制限は大抵の場合、5年~10年ほどにわたって適用されると言われています。今後マイホームやマイカーなど大きな買い物を検討している方にとっては、大変困った事態になります。

もっとも口座残高が不足してしまうことを避けるのが先決ですが、不測の事態とはいつ起こるかわからないものです。こんな時も「新ミニマム」を契約しておけば、個人の信用情報に大きな傷がつくのを防ぐことができます。

5.5%、または7.5%の驚きの優遇金利も!

「新ミニマム」の最大のメリットを感じることができるのは、既に名古屋銀行と取り引きがある方です。

「新ミニマム」の金利は年間10.5%の固定金利ですが、下記に当てはまる方は優遇金利が適用されます。

名古屋銀行の住宅ローンを利用している方…固定金利5.5%

既に名古屋銀行の住宅ローンを利用している方に適用される年間5.5%という金利は、驚きの低金利です。5.5%という数字は、他の銀行カードローンと比較してもかなり低い金利にあたります。

例えば、10万円を借り入れした場合、年間の利息はたったの5,500円です。少額の融資で5.5%という低金利が適用されることはなかなかありません。

もちろん、この優遇を受けるためには、契約中の住宅ローンの返済を滞りなく行っていることが必須条件となります。

名古屋銀行の口座を給与振込口座に指定している方…固定金利7.5%

名古屋銀行の口座を勤務先の給与振込口座に指定している方に適用される優遇金利は7.5%。こちらも固定金利ですので、10万円を借り入れても200万円を借り入れても一律7.5%です。

「新ミニマム」では名古屋銀行の普通口座を利用するので、毎月決まった額の給与が振り込まれる方は、返済し忘れの防止になるというメリットもあります。

名古屋銀行をメインバンクとして利用されている方は、いざという時のためにも「新ミニマム」を契約しない手はないでしょう。

なお、優遇金利が適用されない場合も、10万円~100万円程度の融資であれば、メガバンクのカードローンと比較して利息を安く抑えることができます。

普通口座を利用するので家族・会社ばれしにくい!

よく、カードローンを利用すると家族や勤務先にばれてしまうのでは?という声を聞くことがあります。その点、「新ミニマム」は家族・会社にばれるリスクが少ないカードローンだと言えるでしょう。

「新ミニマム」では普通口座(もしくは総合預金口座)を利用します。そのため、名古屋銀行をメインバンクとして利用し、さらに自身で口座を管理している方であれば、家族や勤務先にカードローンの利用がばれる可能性は低いでしょう。

もちろん、銀行側がカードローンの利用者本人以外に連絡をすることはありません。借り入れ後も、計画的に返済を行なっていれば、銀行側から自宅や会社に連絡が入ることはほとんどありません。

万が一、何か問題が発生した際も、連絡は「名古屋銀行」名義で来ます。普段から名古屋銀行を利用されている方であれば、名古屋銀行からの連絡に周囲が違和感を覚えることもないでしょう。

名古屋銀行をメインで利用していない場合も、ばれるリスクは低いようです。銀行の営業員には様々なノルマがありますので、営業電話をかけてくるケースが多々あります。銀行から連絡があったからといって、周囲がカードローンの利用を想像することもないでしょう。

ただし、結婚されている方については、配偶者にローン利用の事実を隠しておくことはおすすめできません。「新ミニマム」は自動融資型のカードローンなので、契約のみの段階では無理に伝える必要はないかもしれませんが、一度でも融資を受けた場合は、通帳にマイナス表記で記帳されます。

それを家族に見られてしまったらごまかしようがありません。今後計画的に返済を行うためにも、借り入れを行ったことを共有しておくことをおすすめします。

ここには注意!「新ミニマム」のデメリット

普段から名古屋銀行を利用している方にはメリットが多い「新ミニマム」ですが、デメリットもあります。事業利用が不可である点、職業や雇用形態によって制限がある点、即日融資が受けられない点です。

カードローンを申し込む際は、デメリットを理解した上での検討が必要になります。それぞれの点について、詳しく説明していきましょう。

借り入れたお金を事業利用するのは不可!

「新ミニマム」は自営業者であっても条件を満たせば借り入れ可能ですが、そのお金を事業性資金として利用することは禁止されています。

他の個人向け銀行カードローンを見ても、事業融資を禁止している商品がほとんどです。事業性資金の融資を希望している方は、法人カードローンや個人事業者向けローンを検討ください。

様々な用途で利用可能、ただし他の借り入れの返済には不可能

事業性資金でなければ用途は限定されていないので、生活資金の範囲内であれば、自由に利用することができます。普段の生活費をはじめ、旅行費、教育費、冠婚葬祭にかかわる費用、入院費用など様々な用途で利用可能です。

ただし、他に借り入れしている資金の返済に「新ミニマム」を利用することはできません。つまり、複数のローンを一本化する「おまとめローン」や「借り換えローン」として利用することは不可能ということです。

おまとめローンや借り換えローンをお考えの方は、同じ名古屋銀行が提供している「カードローンS」を検討してみてください。

「新ミニマム」は、名古屋周辺に住む個人向けの生活ローンです。普段から名古屋銀行の口座を利用している方を主な対象とした、いざという時のお守りのようなカードローンであると認識ください。

パート・アルバイト、主婦、学生は利用不可!

「新ミニマム」は、パート・アルバイトや主婦、学生の方が利用することはできません。

安定かつ継続の条件に当てはまらないと対象外

「税込年収200万以上の安定かつ継続した収入があること」が条件となっており、パート・アルバイトは「安定かつ継続」の条件に当てはまらないと判断されるようです。主婦や学生も同様に自分で安定した収入を得ることが難しいため、対象外となっています。

どうしても「新ミニマム」利用したいという場合は、家族に相談して契約しましょう。もしくは、同じ名古屋銀行が提供している「カードローンS」であれば、パート・アルバイトや主婦の方でも申し込みできます。

配偶者に安定かつ継続した収入があることが条件で、年金生活者も申し込み可能です。なお、名古屋銀行のカードローン商品で学生が利用できるものはありません。

思い立ってすぐに融資を受けることは不可!

「新ミニマム」は即日融資には対応していません。

  • 名古屋銀行の口座を持っていない方は、口座の申し込みが必要
  • 審査の結果が出るのには最短で3~5日かかる
  • 仮審査はネット上で可能、しかし正式審査は名古屋銀行の窓口に出向く必要がある

以上のことから、お急ぎの方には不向きです。今すぐ借り入れを行いたいという方は「カードローンS」の申し込みを検討してください。「新ミニマム」に興味がある方は、自己資金に余裕があるうちに申し込みを済ませておきましょう。

通帳の残高がなくならない限り借入金を引き出すことはできませんので、資金があるにもかかわらず、無駄に借り入れをしてしまう心配もありません。「新ミニマム」は、自身の信用情報に対する保険であると考えましょう。

「新ミニマム」の申込方法をご説明!

最後に、実際に「新ミニマム」を申し込む際の流れについてご説明します。申し込みにあたっては必ず窓口に出向く必要があり、審査には日数を要するため、余裕を持って申し込みましょう。

借り入れ後は計画的な返済がしやすい仕組みになっていますが、油断は禁物です。それでは、まずは必要書類から説明していきましょう。

審査申込にあたって必要な書類は?

「新ミニマム」を申し込むにあたって大前提となるのが、名古屋銀行の普通預金口座、もしくは総合預金口座を持っていることです。

持っていない方は、まず最寄りの名古屋銀行の窓口で口座を開設してください。なお、愛知県外の支店(エイティエム支店、インターネット支店も含む)では「新ミニマム」の取り扱いがありませんので、ご注意ください。

口座の準備が整ったら、審査申込に移りましょう。仮審査はインターネットやFAXを通じて行うことができますが、正式審査を申し込む場合は必要書類を持って窓口に出向く必要があります。

窓口の混雑状況によって所要時間は変わりますので、時間に余裕を持って出かけてください。必要書類は名古屋銀行の公式サイト「新ミニマム」の商品ページに掲載されていますが、下記にも引用します。

  • 取引店の普通預金口座(総合口座)と取引用の印鑑
  • 本人確認資料…運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)
  • 勤務先確認資料…健康保険証等
  • 直近の所得が確認できるもの
  • 給与所得者の方…源泉徴収票(写)、住民税課税決定通知書(写)、公的所得証明書(原本)
    事業所得者の方(自営業者等)…直近の確定申告書の控え、納税証明書(その2)直近2年分および、納税証明書(その3の2)直近分

直近の所得が確認できるものに関しては、複数の資料が必要な場合があります。心配な場合は、事前に電話等で取引店に確認すると良いでしょう。

申し込みから借り入れまでの手順をご説明!

まずは、申し込みから借り入れまでの流れをご説明しましょう。大枠の手順としては、下記の通りです。

仮審査

ローン実行までの所用日数は最短で3日、最長で8日程度かかりますので、余裕を持って申し込んでください。仮審査は必ず行わなければいけないものではなく、正式申込からスタートしても構いません。

自身が利用条件に当てはまるか心配な方は、仮審査から始めることをおすすめします。仮審査はインターネット、FAX、郵送で行うことが可能です。インターネットの申込フォームはスマホにも対応しているので、気になった時点ですぐに申し込みできます。

仮審査では希望額、希望店舗、使い道、名古屋銀行との取引状況、連絡希望先、商品の認知経路を記入します。特に必要な書類はなく、3~5日後には審査結果が銀行から通知されるでしょう。

正式申込

仮審査に通過したら、いよいよ正式審査です。審査は、主に保証会社である名古屋カードまたは株式会社セディナが代行します。この時、過去に返済額の滞りがあると審査に通過するのは難しいかもしれません。正式審査には3~5日の期間を要します。

正式応諾、ローン実行

審査結果は郵送または電話で通知されます。正式審査をクリアしたら、本当に「新ミニマム」を契約するか最終確認がされ、応諾すればローンが実行されます。申し込みを辞めたいという場合は、この時点でキャンセルすることも可能なのでご安心ください。

愛知在住の方はぜひ一度検討を!

名古屋銀行が提供するカードローン商品「新ミニマム」のメリットを再度まとめると、以下の4点になります。

  • 自動融資のため、口座が残高不足になっても安心
  • 名古屋銀行の住宅ローンを利用していれば、5.5%の優遇金利が適用される
  • 名古屋銀行を給与振込口座に指定していれば、7.5%の優遇金利が適用される
  • 普段名古屋銀行を利用している方であれば、家族や勤務先にばれるリスクが低い

「新ミニマム」は一度契約しておけば、口座の残高が不足した際、自動的に融資が行われる仕組みとなっています。

クレジットカードの引き落とし日に残高不足となり、ブラックリスト入りという最悪の事態を防ぐことができるのです。言い換えれば、個人の信用情報に対する保険です。

利用条件に当てはまる一般的なサラリーマンの方で、過去にローン返済の延滞などがなければ、審査も比較的通りやすいでしょう。

もちろん、申し込みに関する手数料は一切かかりません。優遇金利もあるので、名古屋銀行の口座をメインバンクとして利用している方であれば、申し込みをしない手はないでしょう。

仮審査は名古屋銀行の公式サイトから24時間申し込みできますので、興味のある方はぜひ一度検討してみてください。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.