ミリオンインベストメントカードローン Millionクレジット

ミリオンインベストメントは、東京都内にある消費者金融の会社です。ミリオンインベストメントでは、自社の商品として「Millionクレジット」というローンを取り扱っています。

ミリオンクレジット利用時のメリット、そして利用するうえでのデメリットや気を付けたいポイントについて詳しく解説します。

ミリオンインベストメントとはどんな金融機関?

ミリオンインベストメントは、消費者金融系の会社です。全国的にはもちろん、本社がある東京都内でもその存在を知っているという方は少ないのではないでしょうか。

宣伝広告などをあまり打っていないため、知らない方も多い消費者金融会社であるミリオンインベストメントは、いったいどのような会社なのでしょうか。

ミリオンインベストメントとはどんな会社?

ミリオンインベストメント株式会社は、利息制限法や出資法といった金融関連の法律にのっとり、適法に運営している消費者金融会社です。自社商品として「ミリオンクレジット」のみを扱っており、貸付を行っています。

ミリオンインベストメント株式会社は東京都千代田区・麹町に本社を構える消費者金融会社です。東京メトロ有楽町線・麹町駅が最寄り駅であり、国道28号線「新宿通り」沿いに位置しています。上智大学もすぐそばにあり、東京の一等地に居を構えるきちんとした会社だと言えるでしょう。

規模の小さい中堅の消費者金融会社

ミリオンインベストメント株式会社は、「アコム」「アイフル」「プロミス」「レイク」「モビット」などよく知られている大手よりも規模の小さい中堅の消費者金融会社です。東京都民の中でも知らない人の方が圧倒的に多い、非常にマイナーな消費者金融となっています。

東京には「アコム」「プロミス」「レイク」といった数多くの大手消費者金融会社の本社があり、そちらの印象が強いこともあってミリオンインベストメントのような中堅の消費者金融会社は大手に比べると知名度や資本力、営業力などの面では後塵を拝しているという状態です。

ミリオンインベストメントはヤミ金融ではないの?

ミリオンインベストメントは消費者金融であり、会社や法人などではなく一般の個人や個人事業主に対してお金を貸すことが主な業務の金融機関です。ほとんどの消費者金融と同様、無担保で融資を行っている点も大きなポイントです。

ミリオンインベストメントは知名度の面で消費者金融会社の中でも知名度はあまり高くないことから、消費者金融会社をよく知らない方の中には「ヤミ金融なのではないか」と考える方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ミリオンインベストメントはヤミ金融とは全く違った適法な金融業者であり、安心して利用することができます。

ミリオンインベストメントは法律に基づいて金利を決定

消費者金融の世界には、利息制限法・出資法といった法律があるため、適法な業者はこれらの法律に基づいて金利を決定しています。アコム、アイフル、プロミスといった大手消費者金融会社は、もちろんこの利息制限法・出資法を守って日々の営業を行っています。

ミリオンインベストメントも、この利息制限法や出資法といった法律を守っており、法律に基づいた金利や貸付、返済方法を取っているため安全にお金を借り入れることが可能となっているのです。

ヤミ金融の法外な金利設定とは

利息制限法や出資法では、設定する金利の上限を「年利20.00%まで」と定めています。この基準を超える金利で融資を行っている業者が、世間一般で「ヤミ金融」と呼ばれている悪徳な業者なのです。

「トイチ(10日で10%)」「トサン(10日で30%)」「トゴ(10日で50%)」といった、文字通り法外な金利を設定しているのがヤミ金融です。

ヤミ金融の「トイチ」などの金利は、年利に換算すると、「トイチ」ならば年利365%、「トサン」ならば年利1,095%、そして「トゴ」ならば年利1,825%といった数字になります。

さらにヤミ金融では単利ではなく「複利」によって利息を計算しているため、お金を借りた場合には利息の額が天文学的な数字となってしまうのです。

参考までにヤミ金融で10万円を借りてしまった場合に、利息が1ヶ月間と1年間でどのくらいになるかを以下に記載します。

種類 1ヵ月 1年間
トイチ(10日で1割) 約25,4000円 約3,100,000円
トサン(10日で3割) 約103,900,000円 約1,26,460,0000円
トゴ(10日で5割) 約17,952,000,000円 約218,416,400,000円
一般的な消費者金融
(年利18.00%)
約1,480円 約18,000円

10万円を1ヶ月借り続けただけでも、ヤミ金融の場合は「複利」による利息の水増しがあるため天文学的な数字にまで利息が膨れ上がってしまいます。

一般的な消費者金融の利息額と比較した場合、その差は天と地ほどのものになります。このような悪質な業者であるヤミ金融から、お金を借りることは絶対にやめましょう。

また万一お金を借りてしまった場合でも、ヤミ金融は違法な金利を課している段階でその契約自体が「無効」になります。そのため、このような天文学的な金額を返済する必要はないのです。

金融機関の登録番号をチェック

自分が利用しようとしている金融機関がヤミ金融かどうか知りたい場合には、ホームページなどに書かれている「会社概要」に、「日本貸金業協会会員」の登録番号や都道府県の金融機関の登録番号が載っているかどうかで判断しましょう。

ミリオンインベストメントの場合、ホームページの「会社概要」に「東京都知事(5)第26850号」という登録番号が記載されています。

そのため、ミリオンインベストメントは東京都からお墨付きをもらって、消費者金融会社として適法・適正に運用されているということが分かります。

この登録番号は東京都のホームページなどでも調べることができるため、どうしても不安だという方は調べてみるとよいでしょう。

中堅消費者金融会社の特徴は?

ミリオンインベストメントは、中堅の消費者金融会社です。大手の金融会社に比べると営業規模、支店数などの面ではかなわないため、大手とは全く違った経営方針で運営をしています。

大手の消費者金融会社である「アコム」「アイフル」「プロミス」などは、銀行系のカードローンよりは審査の基準が比較的緩く、銀行系カードローンなどの厳しい審査に落ちてしまった方でも借り入れできる可能性がある金融機関です。

しかし、そんな大手消費者金融の審査にも落ちてしまう方がいらっしゃることも、もちろん事実です。そのような大手の審査に落ちてしまうような方に対して融資を行うのが、ミリオンインベストメントをはじめとした中堅の消費者金融会社です。

中堅消費者金融会社は、宣伝広告を大々的に行っている大手にどうしても顧客を奪われがちであり、その状況が続くと当然経営していくことはできません。

そのため、新規の顧客を獲得するために審査を緩くし、銀行や大手消費者金融で借りられなかった方にお金を貸すことで経営を成り立たせているのです。

近年、弁護士事務所などによる「過払い金請求」が隆盛を極めており、貸金業法改正以前の年利30%近い金利で得ていた利益を元々の債務者に「過払い金」として返還することで資金繰りに窮する消費者金融会社も多くなってきています。

ただ、大手の場合にはバックに銀行がついているため、倒産してしまうなどの事態はあまり考えられません。

しかし、中堅以下の消費者金融会社はバックに銀行がついているところもほとんどなく、自社の資本力も乏しいため、過払い金返還が続いた場合には倒産してしまうことも十分に考えられます。

実際に、2008年には中堅の消費者金融会社としては有名だった「クレディア」「アエル」といった会社が倒産、または消費者金融部門の廃業を余儀なくされています。

大手に顧客を取られてしまうということも相まって、中堅消費者金融会社を取り巻く状況はますます悪くなっているのが実情です。

そのため、中堅消費者金融会社は「貸し倒れ」のリスクを多少背負ってでも、新規の顧客獲得に力を注ぐことになります。

  • 大手では相手にしてもらえなかった方に対しても柔軟に対応
  • 大手の消費者金融会社では相手にしてもらえなかった債務整理を行っている方、いわゆる「金融ブラック」の方などに対しても、中堅消費者金融会社は柔軟に融資を行っているのです。

    大手消費者金融会社の審査に落ちてしまうと、どうしても「後がない」という状況になってしまい、ヤミ金融などの怪しい金融機関に手を出すことを考える方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、中堅消費者金融会社であれば、大手の審査に落ちた方でも十分に審査通過の可能性があります。ミリオンインベストメントは、途方に暮れてしまった方に対しても手を差し伸べてくれる金融機関です。

Millionクレジットの特徴とは?

ミリオンインベストメントが取り扱っている「Millionクレジット」は、大手消費者金融会社の審査に落ちてしまったり、金融ブラックであったりする方でも融資を受けられる可能性があります。

「Millionクレジット」には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。以下に詳しく解説していきます。

審査時間は最短2分!素早く融資が可能か判断できる!

Millionクレジットの最大の特徴は、最短2分で融資が可能かどうかの審査が完了するという審査スピードの早さです。10万円までの借り入れであれば、申し込みから最短2分で、融資が可能かどうか判断してくれます。

最短2分の審査は、あくまでも仮審査

最短2分の審査を受けたい場合には、ミリオンクレジットのホームページ上から必要事項を記入し、「ウェブ審査申込」を行う必要があります。

必要事項に応じて会社側が条件を精査し、入力フォームに記入したメールアドレスに最短で2分後には審査結果が送付されます。ただし、この最短2分の審査は、あくまでも「仮審査」です。

後述する来店してからの申し込みにおいて信用情報などを精査した結果、融資ができない場合もありますので、ウェブ審査は目安であるということだけは、頭に入れておく必要があるでしょう。

また、10万円を超える金額を借り入れる場合にはウェブ審査の時間がかかってしまうため、最短でも半日程度経たないと結果が返ってこないという点にも注意が必要です。

Millionクレジットの貸付条件は?

融資金額

最小で1万円から、最大で50万円までの融資を行っています。融資金額は1万円単位で設定可能であり、実際に融資を受ける金額は審査で決められることとなります。

返済期間

返済期間を最長60回、返済期間を契約成立日から最長5年間と設定しています。Millionクレジットは融資金額が最大でも50万円までであり、5年以上の契約期間による返済は認められていません。

担保や保証人

担保や保証人を必要とせずに融資を受けることが可能です。この点は他の消費者金融会社などと同様であり、無担保融資が基本となっています。

担保や保証人を付けなければ融資が受けられないというようなレベルの属性を持っている方は、そもそもMillionクレジットの審査に通らない可能性が高いと言えるでしょう。

Millionクレジットのおすすめポイントとは?

Millionクレジットは、最大で50万円までの融資を受けられるローンです。大手の消費者金融会社にはないおすすめポイントや、利用する上でのメリットが数多く存在しています。

債務整理をした方でも大丈夫!金融ブラックの方でも申込可能!

Millionクレジットは、過去に債務整理を行っている方でも申し込むことが可能であり、融資の審査に通る可能性もある点が大きな魅力です。
債務整理には、以下のような種類が存在します。

  • 自己破産
  • 民事再生
  • 任意整理
  • 自己破産とは、裁判所を通じて借金の返済を免除してもらう制度です。借金の額があまりにも大きい場合には、自己破産という選択肢を選ぶことで、借金をそれ以上返す必要がなくなります。

    民事再生、任意整理は、ともに借金の金額を減らすことができる制度です。

    民事再生は裁判所を通して自分の借りているすべての借金の減額を、任意整理は裁判所を通さずに、自分の借りている一部または全部の借金の減額を、それぞれすることが可能になります。

    また、民事再生の方が減額幅は大きく、任意整理は相対的に減額幅が小さい制度になります。

    これらの債務整理を行う場合にはいずれの選択を行った場合でも実質的に「ブラックリスト入り」となるため、現在持っているクレジットカードが使えなくなってしまうなどの不利益が生じます。

    このような債務整理を行った方々は、「事故記録」として信用情報機関に情報が記録され、少なくとも5年間は新たな借り入れなどを行うことができなくなります。

    また、5年以上経過した後でも記録は残っているため、大手の金融機関などでは取り合ってもらえないことが多いでしょう。しかし、Millionクレジットならばそのような債務整理を行った方に対しても、問題なく融資をしてくれる可能性があります。

    債務整理を行った方でも、融資をしてくれる可能性もあり

    大手の消費者金融会社であればこのような方にお金を貸すことはなかなか考えにくいのですが、Millionクレジットならばお金を貸してもらえる可能性もあるのです。

    同様に、クレジットカードや他のローンで延滞履歴が何度もあり、新規にクレジットカードを作ることができないほど信用情報にキズがついている方に対しても、Millionクレジットでは柔軟に融資を行っています。

    大手の消費者金融会社ならば確実に審査に落ちてしまうような方でも、Millionクレジットならば融資を受けられる可能性があります。

    ただし、債務整理を行っている方や延滞履歴が複数回あるような方は当然融資を行ううえで良い属性を持っていません。

    そのため、融資が可能な金額自体は低くなることが考えられます。50万円満額の融資をしてもらえる可能性はそれほど高くないことも、あわせて押さえておきましょう。

    金利は大手消費者金融会社の水準と同じ!

    基本的に、中堅の消費者金融会社のローンは審査が緩くなっている反面、利息に関しては大手の消費者金融よりも高くなっている傾向にあります。

    貸金業法・出資法などの法律で金利の上限が「年20.00%まで」と定められているため、適法な消費者金融会社ではそれ以上の金利で貸付を行うことはありません。

    ただ、中堅の消費者金融会社では、法的にはギリギリの「20.00%」での貸付や、「19.5%」での貸付など、かなり高い金利を課しているところが多くなっています。

    大手消費者金融会社の水準と変わらない金利

    その点Millionクレジットは、金利が固定金利で「年18.00%」と定められています。これは大手の消費者金融会社である「アコム」「アイフル」「レイク」などの最高金利と同じ水準です。

    審査内容にもよりますが、アコムやアイフル、レイクなどで50万円を借りた場合でも、Millionクレジットと同様に年18.00%の金利がかかることがほとんどとなっています。

    大手消費者金融会社の水準と変わらない金利で利用することができるMillionクレジットは、利息も必要以上にかさまずに堅実に返済を続けていくことが可能なローンであると言えるでしょう。

    大手の審査基準ではじかれてしまった方も、Millionクレジットを利用すれば大手と同じ水準の金利でお金を借りることができるようになっています。

    使途自由に利用可能!

    Millionクレジットで借りたお金は、用途の定めなく自由に利用することが可能です。急な出費に5万円~10万円程度の少額を利用しても良いですし、大きな買い物をする際に50万円程度を利用するのも良いでしょう。

    前述したとおり債務整理を行ったあとには、銀行系カードローンはもちろん大手の消費者金融会社でも新しくローンを組むことは難しくなります。

    とはいえ、急な出費や不意の大きな出費は、人生においてはつきものです。債務整理直後で急な出費においてもお金が用意できないといった場合に、強い味方になってくれるのがMillionクレジットなのです。

    Millionクレジットは、最小で1万円の融資から受け付けてもらうことができます。債務整理直後の方や大手の消費者金融の審査に落ちてしまい、それでも急にお金が必要になったという方は、まずはMillionクレジットのネット審査を受けてみてはいかがでしょうか。

    Millionクレジットを利用する際の注意点とは?

    Millionクレジットは、自己破産などをはじめとした債務整理を行っている方でも利用可能であり、金利も大手と同じ水準の非常に便利なローンです。

    利用するうえでメリットも多いMillionクレジットですが、利用するうえでの注意点も存在しますので、その点に関してもしっかり押さえておきましょう。

    融資を受けるためには来店が必須

    Millionクレジットでは、仮審査までであればネット上や電話のみで完結し、誰に会うこともなく手続きを進めていくことができます。しかし、実際に融資を受ける際には店舗に来店し、直接申込書を記入しなければなりません。

    人によっては、誰にも会わないでなるべくならばネット上、少なくとも電話などだけで手続きを完了させてしまいたいと考えている方も多いことでしょう。

    銀行系カードローンや大手の消費者金融会社であればWEB完結サービスや電話と書類のやり取りのみで契約が成立するローンもありますが、Millionクレジットにはそのようなサービスはありません。

    東京都内、および首都圏近郊に住んでいる方であれば来店することは十分に可能ですが、それ以外の地域に住んでいる方にとっては実際に来店しての手続きが難しいため、Millionクレジットで借り入れを行うことは実質的に不可能となるでしょう。

    受付から契約まで、職員がきちんと対応

    実際に来店しなければならないということで、中堅の消費者金融会社に対して何となく「怖そう」「危ない人たちが居そう」などの印象を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

    しかし、ミリオンインベストメントは麹町という東京の一等地に居を構えるきちんとした会社であり、テレビや映画でよく見る「金貸し」のような会社では決してありません。

    受付から契約まで、職員の方がきちんと対応してくれるため、抵抗感なく契約を進めていくことが可能だと言えるでしょう。

    50万円までの借り入れしか認められない

    Millionクレジットでは、最高でも50万円の借り入れしか認められていません。そのため、大きな買い物や事業のための資金などに充てることは難しいローンであることもデメリットのひとつです。

    大手消費者金融をはじめ、多くの消費者金融会社では自社のローンを「事業性資金」として運用することが認められています。Millionクレジットでも事業性資金に使うことに対しては何の注意書きもないため、問題なく利用することができるでしょう。

    しかし、Millionクレジットでは最高でも50万円までしか借り入れることができないため、事業性資金として借入金を利用することは難しいことが考えられます。

    当面の間の運転資金の足しには十分になると思われますが、50万円を資本金として利用したり、長期的な資金繰りの元手とすることは難しいと言えるでしょう。

    また、50万円では大きな買い物をすることも難しいため、自ずとローンの使途は限定されてきます。借りる前には自分がローンをどのように利用するか考えてから、申し込むようにしましょう。

    Millionクレジットの審査で落ちた場合、選択肢が事実上なくなる

    Millionクレジットは、前述したとおり債務整理を行った方や延滞を繰り返していた方にも幅広く融資を行っているため、大手消費者金融の基準で融資が不可能となっている方でもお金を借りることが可能となっています。

    しかし、当然ながらMillionクレジットでも融資が不可能と判断される場合はあります。そのような場合には他の金融機関でも融資を断られる可能性が高いため、実質的に選択肢がなくなってしまうことになるでしょう。

    • 自分の属性を回復させる
    • 選択肢がなくなったからといって、前述したような「ヤミ金融」に手を出すような行為は絶対にやめましょう。

      もしも審査に落ちてしまった場合には、おおよそ1年程度の間ローンやクレジットカードなどの返済を遅滞なく続けたり、繰り上げ返済などを利用して現在借り入れているローンの金額を減らしたりすることで、自分の属性を回復させる必要があります。

      属性が回復してから改めて審査を受ければ、通過する可能性も大いに出てくると言えるでしょう。

    Millionクレジットを実際に申し込んでみよう!

    ここまでは、Millionクレジットのメリットやおすすめポイント、デメリットや契約の際の注意点などについて学びました。

    これらを踏まえたうえで、実際にMillionクレジットの申し込みをしてみましょう。申し込みの際の手順や手続き方法、必要書類などについて、以下に詳しく解説していきます。

    Millionクレジットの申し込みに必要な書類は?

    Millionクレジットを申し込む際には、以下のような書類が必要です。

    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
    • 収入証明書(提示を求められた場合のみ)

    Millionクレジットでは基本的に少額の融資しか行っていないため、本人確認書類のみでも審査に通る可能性があります。

    本人確認書類としては、運転免許証のほかに個人番号カード、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、写真付住民基本台帳カードといったものが挙げられます。

    審査を進めるにあたって、「住民税課税証明書」「直近の源泉徴収票」などといった収入証明書の提出を求められることもあります。

    特に30万円以上の比較的多額の融資を希望する場合には、あらかじめ収入証明書を用意しておいた方が良いでしょう。

    Millionクレジットの実際の申込手順

    では実際に、Millionクレジットの申込手順についてみていくことにしましょう。Millionクレジットは、以下のような手順で契約が進められます。

    1. インターネット(PC、スマホ)、もしくは電話で申し込みを行う。
    2. メールまたは電話で仮審査結果が伝えられる
    3. 店頭へ本人確認書類(持参を求められた場合は収入証明書も)を持参して来店し、必要事項等の記載と確認が行われる
    4. 本審査結果が伝えられる
    5. 指定口座にお金が振り込まれる

    Millionクレジットは、インターネットか電話から申し込みを行うことができます。パソコンやスマートフォンでウェブ審査を申し込んだ場合には、申し込みから最短2分で審査結果がメールで通知されます。

    電話で申し込んだ場合には、最短で10分ほどで審査結果が電話で知らされます。

    仮審査に通過した場合には、店頭へ実際に来店を行います。店頭では、免許証などの本人確認書類を提出したのち、必要事項を申込書に記載して申し込みを行います。

    これらの手続きが終わり次第、審査が行われ、審査に通過したか否かが分かります。審査に通過すれば、後日指定口座に融資金額が振り込まれます。

    Millionクレジットは幅広い貸付を行っている頼れる味方!

    Millionクレジットを利用するうえで知っておきたいポイントとして、次のようなことが挙げられます。

    Millionクレジットは中堅消費者金融会社「ミリオンインベストメント株式会社」のローンであり、審査基準が緩い可能性がある

    Millionクレジットは債務整理を行っている、ローンの延滞履歴が複数回あるといったような方でも申し込むことができるため、大手の消費者金融機関で審査に落ちた方でも利用できる可能性がある

    Millionクレジットは契約の際に来店が必須となるため、実質的に首都圏近郊に住んでいる方向けのローンとなっている

    Millionクレジットは50万円までの融資が可能であり、最小で1万円からの融資も受け付けてもらえる

    Millionクレジットは仮審査結果が最短2分でわかるため、迅速にお金を借りることができる

    Millionクレジットは、債務整理を行っているなど、属性が良くない方にとっても利用可能なローンです。

    金利の水準も大手消費者金融会社と同じであり、かつ審査が緩い可能性が高いために大手の審査に落ちた方でも融資を受けられる可能性があります。

    大手の審査に落ちてどうすればいいか困っているといった方は、まずは最短2分で結果が分かるネット審査を申し込んでみてはいかがでしょうか。

    診断スタート
    第1問 / 4問中

    審査時間は早いほうが良い?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    お金を借りることを周囲にバレたくない?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    収入証明書の用意はできますか?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    申し込みはWEBで完結させたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

    YesNo
    第4問 / 4問中

    借入場所が多いほうが良い?

    YesNo

    プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
    信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

    フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

    プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

    また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
    これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

    更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

    CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
    アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
    最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
    最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
    また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

    申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

    返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

    是非一度お試しください。

    竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
    銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
    書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

    満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

    申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
    まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
    「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

    また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

    返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
    担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
    限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

    バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

    また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

    申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
    更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

    三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
    その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

    三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
    さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

    また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

    申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

    返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

    ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

    © カードローンQ All Rights Reserved.