岩手銀行カードローン エルパス

岩手県の第一地方銀行である岩手銀行。そんな岩手銀行の提供するカードローン「エルパス」の概要やメリット・デメリット、そして実際に申し込むときに必要な書類や具体的な手順について解説していきます。

岩手県の第一銀行!岩手銀行の特徴

岩手県における最大の地方銀行である「岩手銀行」には、どのような特徴があるのでしょうか?

取り扱っているローンや岩手県内での使い勝手の良さ、地方創生や復興支援に積極的な銀行の取り組みなどを踏まえて見ていきましょう。

ライフスタイルに合わせたローンが充実

岩手銀行には、地元に住む個人個人のライフスタイルに合わせたローンが充実しています。

  • カードローン「エルパス」
  • 本記事で紹介するエルパスは、借り入れは1,000円から可能で、借入可能額は収入等に応じて10万円から最大1000万円と、非常に使い勝手の良いカードローンです。

    その日の正午までに契約が完了すれば、当日に借り入れることも可能なスピード感も魅力的な商品です。岩手銀行に口座を持っていない人でも、アプリで口座を開設して申し込むことができます。

  • フリーローン「クイック-α」
  • 借入額は10万~500万円とエルパスに比べるとやや幅は狭くなりますが、「収入証明書は不要」「前年度収入の3分の1以上の借り入れも可能」「いわぎんで公的年金を受け取っている場合は2ヶ月に1度の返済にも対応」など、収入に不安のある人にとっては特にメリットが大きいローンです。

    収入面で不安があってローンを見送っていたという人も、ネットでできる簡単な仮審査を受けてみる価値はあるでしょう。

  • マイカーローン
  • 岩手銀行マイカーローンは、年利が1.9~3.6%という低金利が魅力となっています。また、審査の厳しい自動車ローンに対応し、1回の申し込みで2回の審査が受けられる「リトライサービス」など、消費者にうれしいサービスを利用することも可能です。

    また、マイカーローンを組んだ後の万が一の事態への保障も充実しています。交通事故や火災などで亡くなってしまったり、後遺症が残ったりしてしまった場合でもローンの残高がゼロになる「団体総合生活保障保険」がついています。

    この他にも、平日は忙しい人のために、一部のローンプラザは土日にも対応しています。

  • 学費ローン
  • 中学、高校、専門学校、大学などの進学費用や授業料、海外への留学費用、そして一人暮らしのアパート代など、あらゆる教育資金に対応したローンです。審査だけでならネットだけでも行える手軽さが魅力です。

    また、在学中にかかるお金は利息のみとなっているため、ローンの返済に追われることもありません。この他にも、学費ローンを組めば仕送りの際に送金手数料が割り引きになるなどの特典もあります。進学する子どもやそれを支援する親御さんの心強い味方になってくれるでしょう。

  • 住宅ローン
  • 岩手銀行の住宅ローンには「新築用」「借り換え用」「リフォーム用」「空き家活用・解体用」といった4つのタイプのローンがあり、自分のライフスタイルに合った家づくりをサポートしてくれます。リフォーム用の住宅ローンは産業用太陽光発電システムを購入する場合にも対応しています。

    また、空き家活用・解体用の住宅ローンは地元市町村と提携して条件を見たすると金利を0.5%優遇してくれるなど、多様なニーズに対応しています。また、消費者だけでなく、ハウスメーカーや建築業者に対して住宅ローン説明のサポートを行っているのも特徴的です。

岩手県内で最大の地方銀行

岩手銀行は岩手県内で最も大きな地方銀行です。そのため、岩手県内ほぼすべての市町村に店舗やATMを設置しており、岩手県民の生活には欠かせない存在となっています。県内で生活するのであれば、ぜひ口座を作っておきたい銀行と言えるでしょう。

ただ、岩手銀行のローンは「岩手銀行の営業エリア内でないと対応していない」という場合もあるので、県外に住んでいる人はその点に注意が必要です。

地方創生・復興支援にも積極的

地方密着型の銀行である岩手銀行は、県内の各種自治体と「地方創生の連携に関する協定」を結んでいます。県内の各種のイベントや施設に対して協賛などでサポートをし、岩手県内を盛り上げる取り組みを実施しています。また、そうした地方創生の取り組みを活かして、復興支援もサポートしていくスタンスを取っています。

「岩手銀行赤レンガ館」も有名

岩手銀行の運営する「岩手銀行赤レンガ館」は、前身である盛岡銀行の本店として設立されました。2012年に営業を終了し、その後改修工事などを経て2016年に一般公開された施設です。

館内では、岩手銀行の歴史を知る展示物が数多くあるだけでなく、地元高校のコンサートや有名アーティストの個展が開催されることもあります。

金利は1.8~14.6%の固定金利!エルパスの特徴とは?

岩手銀行のエルパスには、「スピード審査」「金利は1.8~14.6%」など、いくつかの特徴があります。まずは、そのおおまかな概要を押さえておきましょう。

エルパスの概要

以下は、エルパスの商品概要です。金利については次の項目、必要書類や返済方法については記事後半で解説しているので、その部分を参照にしてください。

  1. 使用用途
  2. ・事業性資金(事業用に使うお金)を除いて自由
  1. 申し込み対象
  2. ・契約時、満20歳以上75歳未満の人
    ・職種、属性については特に制限なし(年金受給者や主婦、学生、パート、アルバイトでも申し込み可能)
    ・保証会社の審査が受けられる人
    ・岩手銀行の営業エリア内で生活もしくは仕事している人
  1. 借入可能額
  2. ・10万~1,000万円の間で保証会社の審査により決定。ただ、審査結果が500万円を超えた場合は収入証明書が必要。保証人が用意できないと自動的に上限が500万円として設定される
  1. 契約期間・保証人
  2. ・契約期間は3年ごとの自動更新で、更新時に特別な手続きは必要なし
    ・担保や保証人は必要なし。保証会社はアコム
  1. 手数料
  2. ・ローン専用カード発行手数料、年会費、入会費など、申し込みに関して手数料は一切かからない
  1. 金利、必要書類、返済方法
  2. ・金利…次の項目を参照
    ・必要書類、返済方法…記事後半を参照
  1. その他
  2. ・カードローン契約時に通帳は発行されず、ローン専用のカードのみが送られてくる。取引明細が必要な場合は銀行窓口で申し出ると発行してくれる

金利は1.8~14.6%で保証会社はアコム

エルパスの金利は固定金利で、利率は借入額によって以下のように変動します。

借入可能額 利率(年)
200万円以下 14.6%
200万円超、300万円以下 10.5%
300万円超、400万円以下 7.5%
400万円超、500万円以下 4.5%
500万円超、800万円以下 4.0%
800万円超、1,000万円未満 3.5%
1,000万円 1.8%

このように通常のカードローンと同様、借入可能額が大きければ大きいほど低い利率が設定されています。「金利1.8%から」という文字だけみるとかなり金利が低いと思われますが、エルパスは上限がかなり高めに設定しています。

自然と最低金利が低くなっているだけです。他のカードローンと比較して特別低いというわけではありません。

最短で即日融資&1,000万円の高額借り入れ!エルパスのメリット

先に紹介した「エルパスの概要」とやや重複する箇所もありますが、この項ではエルパスの具体的なメリットについてみていきましょう。

エルパスは岩手銀行の営業エリアで生活している人や仕事をしている人しか申し込めないため、条件に当てはまっている方は必見です。

即日融資できる場合も!

エルパスの大きなメリットのひとつが「即日融資可能」という点です。高額のショッピングや急な海外旅行・出張、身内の不幸など、「今すぐにお金が欲しい!」という場面は、大なり小なりあるでしょう。

そんなときにとても心強いのが、エルパスのスピード感です。エルパスは免許証やパスポートといった身分証明書さえあれば、フリーダイヤルからすぐに申し込むことができます。

カードローンの中には審査に数日以上かかるものも珍しくなく、本当に必要な場面でお金が用意できない可能性がありますが、即日融資であればその点において心配はありません。即日融資のカードローンには、そうしたリスクを回避するメリットもあるのです。

ただ、「即日融資の場合は当日の正午までに申し込む必要がある」「審査に通らない、もしくは時間がかかって処理が翌日になる可能性もある」という点は必ず覚えておきましょう。

また、岩手銀行に口座のない人は新規に口座開設をする必要があるのため、即日の融資はできないので注意してください。

最大1,000万円の高額借り入れ!500万円以下は収入証明不要

エルパスの利用可能額は「最大1,000万円」と、数あるカードローン商品の中でもトップクラスの数値を誇ります。特に300万~500万円を上限にしているところの多い銀行系カードローンの中ではかなり高額な部類です。

他の銀行系カードローンの中には、上限額が300万円かつエルパスの利用可能額は「最大1,000万円」と、数あるカードローン商品の中でもトップクラスの数値を誇ります。特に300万~500万円を上限にしているところの多い銀行系カードローンの中ではかなり高額な部類です。

他の銀行系カードローンの中には、上限額が300万円かつ「300万円借り入れの場合は銀行の口座を持っていて、なおかつ住宅ローンを組んでいる方が条件」といったふうに、利用額の幅に対してかなり厳しめの条件を設定しているところもあります。

そんな中で、エルパスは上限額が高額かつ申し込み条件の少ないとても魅力的なカードローンと言えるでしょう。

また、エルパスのカードローンは最大利用可能額が大きいだけではありません。エルパスは500万円以下の借り入れであれば収入証明書の提出も不要です。

収入証明書を手に入れるためには住んでいる地域の市区町村役場に出向いて発行してもらう必要があるので、それだけで時間を取られてしまいます。

役場が休みの土日を挟んでしまった場合は、借り入れまでの期間はさらに伸びてしまうでしょう。その点、エルパスはかなり高額の借り入れまで収入証明書が不要なので、スピーディーに借り入れることが可能です。

ただ、500万円以上借り入れる場合は収入証明書が必要なため、もしそういった書類が用意できない場合は、もし1,000万円を借りられるようなステータスであっても、いったん利用額の上限が500万円に設定されるので気を付けてください。

「300万円借り入れの場合は銀行の口座を持っていて、なおかつ住宅ローンを組んでいる方が条件」といったふうに、利用額の幅に対してかなり厳しめの条件を設定しているところもあります。

主婦でも申し込みOK!年齢も幅広い層に対応

カードローンの中には、安定的に収入の見込める会社員や公務員、その他限られた職業しか申し込みできないものもあります。特に独立して間もない個人事業主や仕事を引退した年金受給者、そして主婦の方などは「収入が安定していない」と見なされ、申し込みをできないこともあります。

その点、エルパスは個人事業主、年金受給者、主婦(ただし世帯収入がある場合に限る)、学生、パート、アルバイトなど、どういった職業の方でも申し込むことが可能です。また、対象年齢が「満20歳以上75歳未満」なっているところも、エルパスのメリットのひとつと言えるでしょう。

他の銀行系カードローンの中には「65歳未満」や「70歳未満」といった年齢制限を課しているところもありますが、エルパスはそういった商品に比べて幅広い年齢層に対して門戸を広げているカードローンなのです。退職後の高齢者の方も、安心して申し込むことができます。

最小で2,000円からの少額返済も可能

エルパスは毎月5日に指定した口座から自動で一定額が引き落としされる残高スライド方式での返済になります。また、契約後に送られてくるエルパスのカードを使ってATMで前倒し返済をするか、インターネットバンキングサービスで返済することも可能です。

返済額は最小で2,000円からとなっていますが、その額は以下のように返済日前日の口座残高によって変動します(すべての金額は返済元金+利息)。

返済元金 利息
10万円以下 2,000円
10万円超、20万円以下 4,000円
20万円超、30万円以下 6,000円
30万円超、40万円以下 8,000円
40万円超、50万円以下 10,000円
50万円超、60万円以下 12,000円
60万円超、70万円以下 14,000円
70万円超、80万円以下 16,000円
80万円超、90万円以下 18,000円
90万円超、100万円以下 20,000円
100万円超、150万円以下 25,000円
150万円超、200万円以下 30,000円
200万円超、250万円以下 35,000円
250万円超、300万円以下 40,000円
300万円超、400万円以下 45,000円
400万円超、1,000万円以下 50,000円

例えば、借入残高が10万円の人は月々の返済額は2,000円でも大丈夫ですが、借入残高が400万円を超える人はそれが50,000円となります。

いくら少額返済が可能といっても、借り入れの額が大きければそれなりの額を返済する必要があるということは留意しておきましょう。

口座引き落としに対応しているため、「うっかりミス」の心配がない

エルパスはATMでの入金以外にも、登録した返済用口座からの毎月自動引き落としによる返済にも対応しています。そのため、期日までに入金せずに延滞扱いになってしまうなどの「うっかりミスによるトラブル」を防げるのです。

銀行系カードローンの中にはATMでの返済しか受け付けしていないものも多々あります。返済の手間を省きリスクもなくしてくれる自動引き落としの仕組みは、エルパスの大きなメリットのひとつと言えるでしょう。

ネットだけでは正式契約できない!エルパスのデメリット

メリットの多いエルパスですが、デメリットがないわけではありません。ここからは、

  • 事業性融資はNG
  • 銀行系のカードローンなので審査は厳しめ
  • 正式な契約には郵送もしくはファックスが必要
  • 岩手銀行の口座を持つことが必須
  • 岩手銀行の営業エリア外の人は申し込み不可

といった、人によってはデメリットと感じてしまうエルパスの特徴について解説していきます。

事業性融資はNG!

ローンの中には用途を特に定めておらず、「借りた本人の好きな用途に使っていいもの」があります。エルパスもほぼこれに該当するのですが、「事業性融資」だけはNGです。

事業性融資とは個人のプライベートな出費として使用するのではなく、個人事業主や法人が事業のために使用するお金を指す言葉です。簡単に言えば「借りたお金は事業に当ててはいけない」ということです。

もし銀行で事業用のお金を借りたいと思うのであれば、ビジネスローンなどに代表される「事業向けの貸し付けを行っている商品」を選ぶようにしてください。

銀行系なので審査は厳しめ

カードローンには消費者金融系や銀行系などさまざまなタイプがありますが、銀行系は利用客に対し比較的厳しく審査をする傾向にあります。審査の厳しさは年利と反比例する傾向があるので、これからカードローンを申し込もうと考えている人は、年利に注目してみるとよいでしょう。

例えば、「年利5%」のカードローンと、「年利10%」のカードローンでは、後者の方が審査が甘い、といった具合いです。ただ、あくまでこれらは「そういう傾向がある」という話であり、さらに言えば実際に審査するのは岩手銀行ではなく保証会社である「アコム」なので、個人の状況によって審査の難易度は大きく異なるということを頭に入れておきましょう。

ネット上だけでは最終契約まではできない

エルパスはネット上からも申し込みすること自体は可能。そのため、「ネット上で全部完結する」と思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

たしかに申し込みはネット上で簡単に行えるのですが、正式な契約の際は郵送もしくはファックスにて手続き書類を送付する必要があります。当日に借り入れる場合だと、手続き書類の送付まで処理を正午までに行う必要があるので注意してください。

このように、エルパスはたしかに「来店不要で契約可能」です。しかし、固定電話を家に置いてない人や置いていてもFAXを持っていない人にとっては、わざわざ外出してファックスを送信する手間がかかります。

岩手銀行の口座開設必須&営業エリア外に住んでいる場合は対応不可

岩手銀行に元から口座を持っている人は仮審査を受けて、そのあとすぐ正式な契約に移ることができますが、岩手銀行に口座のない人はそのまま正式契約へと移ることができません。正式な契約の前に、カードローンの返済口座を口座開設アプリなど使って開設する必要があります。

この処理や手続きはすぐには完了せず、正式な契約が完了するまでに1週間ほどの時間がかかります。そのため、岩手銀行の口座がない人にとっては「当日に借り入れができるカードローン」とは言えないのです。もしエルパスで借り入れをする可能性がある人は、事前に普通預金口座を開設しておくことをおすすめします。

また、エルパスは岩手銀行の営業エリア内で住んでいる人もしくは勤務している人のみを対象としたカードローンです。そのため、エルパスの営業エリアである岩手県、青森県、秋田県、宮城県、東京都以外の都道府県に住んでいる人は申し込みできません。ただ、これらの都道府県に勤務先があれば、住んでいなくとも申し込みは可能です。

エルパスの具体的な申し込み方法

エルパスの特徴、そしてメリットとデメリットが理解できたところで、最後に「具体的な申し込み方法」について解説していきます。実際にエルパスを申し込もうとされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

申し込みに必要な書類

以下は、エルパスを申し込む際に必要な書類です。

  • 本人確認資料(運転免許証、健康保険証、パスポートなど。すべて写しでOK)
  • 500万円を超える借り入れを行う場合は収入証明書(会社員は源泉徴収票、個人事業主は所得証明書など)が必要。

ただし、収入証明書が必要となるのは審査に通って500万円以上の借り入れが可能になった人だけです。審査に通らず利用可能額がそれより下に設定された場合は借入希望額に関係なく、必要はありません。

エルパスの申し込み手順

以下は、エルパスの申込手順です。エルパスは申し込みに当たって年会費や入会費といった手数料は必要ありません。また、カードローン用の通帳も発行されません。

  1. 仮審査申込
  2. エルパスは正式契約の前に保証会社による仮審査が行われます。この仮審査には、ネット・電話どちらからでも申し込みできますが、即日借入を希望する人は必ず「電話」から申し込みをしてください。

    仮審査を通過して契約の書類を12時までに送付した人だけが即日借入の対象となります。また、職場に電話がかかってくる「在籍確認」の際に、岩手銀行からの電話ということを知られたくない人は、このときに申し出ておきましょう。

  1. 仮審査
  2. 保証会社によって、個人の信用情報(クレジットカードの履歴、ローンの有無やその額など)が照会されたり、勤務先に電話がかかってきて在籍確認をされたりします。

  1. 審査結果の連絡
  2. 電話にて審査結果の連絡がきます。

  1. 正式申し込み
  2. 無事審査が合格となれば、手続き書類を郵送またはFAXで送付して完了となります。なお、手続き書類(以下参照)は岩手銀行の公式ホームページ内にあるエルパスのページからダウンロード可能です。

    規定や約款、同意書などをよく読んでから記入し、あらかじめ用意しておいた必要書類(本人確認書類や収入証明書)と一緒に送付するようにしましょう。

  1. 正式申し込みに必要な手続き書類
  2. ・いわぎんカードローン「エルパス」利用申込書兼個人情報利用等に関する同意書
    ・いわぎんカードローン「エルパス」保証依頼書(兼保証委託契約書)
    ・いわぎんカードローン「エルパス」暗証届

    書類の送付先は岩手銀行エルパス受付センターです。

  1. 借り入れ(口座へ入金)
  2. 書類の確認が取れると口座に入金がされ、借り入れが完了します。

  1. カード到着
  2. 正式な契約が完了してから2週間後前後でローン専用のカードが届きます。カードを使えば、ネットや電話を使わなくてもATMで簡単に借り入れが可能になります。

    また、カードが届いていなくても契約翌日から前倒し返済は可能です。

返済方法は?即日返済もOK

返済の方式は、基本的に毎月5日(土日とかぶった場合は翌営業日)に返済口座から自動的に引き落とし(返済)が行われる「残高スライド方式」です。

また、毎月決まった日の口座引き落とし以外にも、

  • ローン専用カードを使ってATMから入金して返済
  • インターネットバンキングを使って返済
  • ローン専用カードを使わず、翌日にATMから返済(全額でもOK)

といった繰り上げ返済を行うことも可能です。

周りの人にバレる?気になるポイント

周りから「借金をしている」と思われたくない人にとっては、カードローンを契約していることが家族や会社にバレる可能性があるのかどうかは重要なポイントです。エルパスでは、ローンの契約をしていることを知らせないために、会社側が以下のように配慮をしてくれています。

  • 契約に関しては来店不要なので、店頭窓口で家族や友人、知人、同僚に会う心配がありません。
  • 審査結果の電話は「岩手銀行からの電話」であることがわからないように、氏名のみを名乗って電話してくれます(※希望者のみのため、仮審査のときに申し出る必要あり)。
  • ローン専用カードが送られてくる封筒の外見には「カードローン」の表記がありません(ただし、「岩手銀行」の表記はあり)。

このように、エルパスの契約や審査には周囲にカードローンの利用がバレないための配慮いくつかされています。しかし、職場に電話がかかってくる点や岩手銀行からの封筒が送られてくる点を考慮すると、「少なからずバレる可能性はある」と言えるでしょう。

大手消費者金融の中には、職場に電話をする「在籍確認」をしない会社もあるので、そういったところと比べると、どうしても周囲にバレるリスクは高くなっています。

ただ、元から岩手銀行と取引のある人の場合だと、家に岩手銀行から封筒が送られてきても特に不自然ではないため、バレる可能性はそこまで高くないと言えるでしょう。

どちらにせよ、「カードローンを利用していることを絶対に周囲に知られたくない」といった人にはあまりおすすめできません。

また、会社員の人は対象外となりますが、在宅で働いているフリーランスや個人事業主の人であれば、在籍確認は自宅や携帯にかかってくるため、周囲にカードローンの利用がバレる心配はありません。

即日&高額借入が魅力の岩手銀行「エルパス」

岩手銀行が提供しているカードローン「エルパス」には、

  • 最短で即日借入が可能
  • 最大1,000万円という高額借入もできる可能性がある
  • 借入額500万円までは収入証明書の提出が不要
  • 幅広い職業、年齢層を対象としている
  • 月々2,000円からの少額返済にも対応
  • 返済が口座引き落としにも対応

といったメリットがあります。岩手銀行の口座を持っている人にとっては、非常に使い勝手の良い便利なカードローンと言えるでしょう。ただ、一方で、「正式な申し込みには、ネット上だけでなくファックスもしくは郵送が必要となる」や「岩手銀行に口座を持っていない人は契約完了まで1週間ほど時間がかかる」といった点は注意が必要です。

これらのことから、エルパスは、

  • 岩手銀行の口座をすでに持っている人
  • 岩手銀行の営業エリア内で生活・仕事をしている人

の中で、

  • 所得証明書なしで高額の借り入れをしたい人
  • 急遽お金が必要になって即日借入をしたい人
  • 年金受給者や70歳以上の高齢者など、審査の厳しいカードローンでは申し込み対象とならない人

といった人におすすめのカードローンと言えるでしょう。もしこれらの条件に当てはまっているのであれば、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.