彼氏が借金まみれだった!別れる?一緒に返す?恋人の借金対処法

彼氏が借金まみれだった!別れる?一緒に返す?恋人の借金対処法

彼氏が借金まみれだった

彼氏が借金をしていたら別れる?恋人の借金にどう対処するか考えよう

お付き合いしている彼が借金返済に追われていることが分かったらあなたはどうしますか?まずはびっくりしますよね。もし、その彼と結婚の約束までしていたらなおさらです。

場合によっては家族を巻き込んだ話にもなりかねません。彼氏に対して好きな気持ちはあっても、借金の問題で今後の関係をどうするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

しかし、借金が分かった時点できちんとした行動を取ることで、その後の関係や自分の立場も変わってきます。借金に関する知識を身に付け、借金の問題と正しく向き合っていくことが重要です。

そこで今回は、彼氏に借金があった場合の対処法についてご紹介します。

彼氏に借金があることが分かったら

彼氏に借金があることが分かったら

氏に借金があることが分かった場合、現状把握から始めましょう

気持ちを落ち着けて、相手の話に冷静に耳を傾けることが大切です。

借金の理由・金額を聞く

借金の理由・金額を聞く

彼氏に借金があることが発覚したとき、最初にすべきことは「その借金の理由」「借入金額」「借入先」「借入期間」の確認です。借金というと悪いイメージがありますが、その内容が奨学金の場合もあります。その場合は利息も低く、目的や期間も「大学に行くための学生時代に借りたお金」ということなので、そこまで心配することはないでしょう。

他に考えられるとすれば、「病気療養のために一時的に借り入れをした」「断り切れずに保証人になってしまった」などですが、そのような理由であれば比較的納得できるのではないでしょうか。

ただし、年齢が若いにもかかわらず、明確な理由もなく100万円以上のお金を消費者金融などから借りている場合、今後多重債務に陥るなどの危険性をはらんでおり、注意する必要があります

明確な理由もなく多額の借金をしている状態であれば、彼氏の「自己管理不足」「借金に対する返済責任の低さ」「浪費癖」などの性格的な問題が浮かび上がってきます。

まずは、その借金の理由をきちんと聞き取って、それが本当かどうかも含め、彼氏の人間性を見極めることが大事です。もし遊ぶお金欲しさで借金をしていたのであれば、彼氏は正直に話さない可能性もあります。その場合は普段の彼氏の行動そして言動を注意深く観察した方が良いかもしれません。

返済計画を確認する

返済計画を確認する

借金の額や借金をするに至った理由、両親は知っているのかということと併せて、返済計画についても尋ねましょう。借金を抱えてしまった理由は何であれ、借金を返済しなければならないという事実は変えられません

彼氏に借金があることが分かった時点で、その返済計画をどのように考えているのか、確認してください。返済計画を立てて計画通りに毎月返済を行っているのか、それとも返済のための借金を繰り返したりしていないか、その点をきちんと聞き出すことが大切です。

彼氏に借金があったら別れる?一緒に返す?

彼氏に借金があったら別れる?一緒に返す?

彼氏から話を聞いたら、自分の取るべき行動を決めましょう。彼氏と別れるのか、それとも一緒に返すのか、場合によっては難しい判断を迫られるかもしれません。

浪費癖のある彼氏とは別れた方が賢明

浪費癖のある彼氏とは別れた方が賢明

彼氏の借金の理由がきちんとしたものであり、その返済に対して真面目に取り組んでいるのであれば、彼氏を信じていいと思います。しかし、性格的に浪費癖があり、真面目に返済に取り組んでいないようであれば、別れた方が賢明です。正当な理由がなく借金をする方は、これからも借金を繰り返していく可能性があります。

別れることは、何より自分のためでもあります。借金があって、それでも好きでいてくれるあなたに対して感謝の気持ちを持たず、自分のことばかりを優先する彼氏であるなら、一緒にいることはおすすめできません。

浪費癖のある方と付き合ってこの先大変な思いをする前に、関係を清算しておくことも大切です。

彼氏と一緒に借金を返す場合は覚悟が必要

彼氏と一緒に借金を返す場合は覚悟が必要

彼氏と一緒になる将来を本気で考えているのであれば、彼氏が変わる手伝いをするという考えも必要です。借金の原因がギャンブルや無駄遣いであれば、それを絶対にやめると約束させる、クレジットカードは持たせない、彼氏のお金をできるだけ他の人が管理するなど、できる限りの再発防止策を練りましょう。

借金の額が大きくなると、毎月の返済はかなりの負担になります。しかし、本人に本気で借金を返すという気持ちがあれば、借金完済も可能です。借金返済の大変さを覚悟した上で、これからの2人の関係におけるルールを作りましょう

彼氏の借金への対処法

彼氏の借金への対処法

彼氏の借金の理由を聞いて、納得した上でお付き合いを続けていくと決めたなら、その借金に対する自分の考えをきちんと整理し、借金返済に向けて動き出しましょう。

借金への対処法をいくつかご紹介します。

彼氏に意思を伝える・両親に相談する

彼氏の借金に対し、自分が関わるべきではないと思うなら、彼氏を甘やかさないためにも、その意思をはっきり伝えましょう。「その借金についてはあなたの問題であって、私は一切関わらない」などと、あなたの考えを伝えてください

もし、借金の内容に納得し、自分も力を合わせて返済に協力しようと思ったならば、その旨を彼氏に伝え一緒に返済していくという方法もあります。1人で返済するよりも2人で返済する方が期間の短縮に結びつくため、効果的といえます。

ただし、2人で返済する場合は、自分が返済のために支払ったお金を、その後どうするのかまで決めておきましょう。借金完済後、彼氏から返してもらわなくても良いというのであればそれでかまいませんが、やはりここはきちんと契約書などをかわして後で彼氏から返してもらう方が賢明です。

また、結婚を考えているのであれば、両親にもきちんと相談しましょう。人生の先輩であり、将来家族になるわけですから、一緒に解決していくことが大切です。

借金の返済が終わらないうちは結婚すべきではありませんから、ご両親と一緒に返済終了まできちんと彼氏を見守る姿勢でいましょう。

節約をする・生活習慣を見直す

2人で借金を返済していこうと決めたら、まず取り組むことは、お互いの価値観をきちんと話し合い、日頃の支出内容を見直すことです。ここではすぐに始められる節約のアイデアをご紹介します。

お金をかけずに楽しい時間を過ごせる方法を見つける

遊びに行くにしても、車でドライブに出掛けたり、映画を見に行ったりするなど、外出を繰り返すとお金がかかります。お金をかけずに一緒に会って楽しい時間を過ごす方法を見つけ、それを習慣づけるようにすると良いでしょう。

コンビニエンスストアの利用は控える

節約の大敵ともいえる存在に、普段使う100円200円単位の小さな出費があります。コンビニエンスストアで買う缶コーヒーや弁当、自動販売機のジュースなど、心当たりはありませんか?便利だからとついつい買ってしまう衝動をいかに抑えるかが節約のポイント。

「コンビニエンスストアの利用はできるだけ控える」「家で作ったお茶やコーヒーをマイボトルに入れて持ち歩く」「ランチはお弁当を持参する」など、ちょっとした工夫で節約できます。

持ち歩くお金を減らす

お金をあまり持ち歩かないことも節約につながる行動の1つです。何か買いたいものがあっても、財布の中にお金がなかったら買うことができませんよね。逆に財布の中に、お金があったらついつい必要でないものも買ってしまいます。そういった無駄遣いをなくすためにも、必要以上にお金を持ち歩かないようにしましょう

買い物に行く回数を減らす

買い物は毎日行かないというのも節約に有効です。買い物は週に1~2回程度にまとめて計画的に行うことで、無駄遣いを減らすことにつながります。彼氏に何か趣味があって、それにお金を使いたいといわれても、借金の返済までは我慢してもらいましょう。2人でいる時間、そしてこれからの人生の中で何が大切か、優先順位をつけて行動していくことが大切です。

複数の借金がある場合はおまとめローンを検討する

複数の金融会社から借り入れをしていることで借金の額が増えているのであれば、おまとめローンを利用して、毎月の返済額を減らすことも一案です。例えば、5社に毎月5,000円ずつ返済するよりも、借入先を1つにして1社に月々2万円返済していく形に切り替えることで負担が軽くなります。

その他に、少しでも金利の低いカードローンをおまとめ目的で利用する方法があります。特に消費者金融から借り入れがある場合は、銀行のカードローンに借り換えるだけで金利が下がる可能性があります。金利が下がれば、その分支払う利息を減らすことが可能です。

債務整理の手続きをする

借入金額が大きく、収入を超えている場合は債務整理をおすすめします。なぜなら、借入金額が収入を超えている場合、おまとめローンの審査に通らない可能性があるためです。ここまでくると、いくら2人で力を合わせても返済は難しいため、法的な手段に頼るのが賢明だといえるでしょう。

債務整理は、以下の4つの方法があります。

特定調停

弁護士や専門家には依頼せず、裁判所が仲介し、債務者が個人で債務整理の手続きを行う方法です。弁護士に依頼する必要がないため、費用が安いという点に加えて、財産の没収や職業選択の制限がないことがメリットといえます。

特定調停の手続きは自分で行うこともできますが、カードローン会社と交渉して合意を得るなど、煩雑な手続きが必要です。

特定調停を利用できる条件は以下の3つです。

  • 現状の支払残高や利息では支払いができなくなる恐れがある
  • 減額後、3年程度で借金の完済が可能である
  • その期間継続して安定収入が見込める
任意整理

任意整理とは、裁判所や公的機関を通さずに、直接カードローン会社と交渉して債務整理を行うこと。しかし、実際には個人での訴えは受け入れてもらえないことが多いため、弁護士や司法書士が交渉を代行します。もしかしたら、任意整理についてのテレビコマーシャルを目にしたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

借金の減額や分割での支払いなどを要求することがほとんどですが、最近では過払いの請求も併せて行う場合が増えています

個人再生

借金を5分の1まで減額し、それを3年で返していく方法です。自己破産のように住宅などの資産を手放さず、残したまま債務整理ができます

ただし、個人再生の場合、任意整理よりも多くの減額を望むことができますが、自己破産と違い、借金の全額免除はできません。注意しましょう。

個人再生を利用できる条件は以下の通りです。

  • 住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下である
  • 現状の支払残高や利息では支払いできなくなる恐れがある
  • 減額後、3年間で完済が可能である
  • 減額後の3年間継続して安定収入が見込める

自己破産に比べるとよく思える個人再生ですが、「認められる条件が厳しい」「5~10年程度借り入れやクレジットカードの利用が制限される」などのデメリットもあります。

自己破産

債務整理の中で、唯一借金を全てなくすことができるのが自己破産です。自己破産は借金整理の最終手段のため、必要最低限の生活用品を除く全ての財産は強制的に換価され、利用しているカードローン会社に平等に分配されます。住宅などの資産は、原則的に裁判所による競売手続きにより、手放すことになります。

ただし、債務者の最低限の生活は保証されています。そのため、生活する上での最低限必要な家財道具は取り上げられることはありません。99万円以上の現金や20万円以上の資産が対象となるため、よほど高価なものを持っていない限りは処分されないで済みます

ただし自己破産をすると、全ての借金がなくなる代わりに、以下の条件がついてきます。

  • 5~10年程度、借り入れやクレジットカードの利用が不可になる
  • ローン支払い中の資産も、ローン会社に返済する必要がある
  • 自己破産手続き期間中は一定の職業につけない(具体的には後見人など)

彼氏が借金を抱えていたら話し合うことが大切

今回は、彼氏が借金を抱えているときの対処法についてご紹介しました。

彼氏が借金を抱えていることを知った場合、借金をした理由を聞いた上で、一緒に借金の問題を解決していくのかどうかを決めましょう。

忘れないでいただきたいことは、あなたには彼氏の借金を返済する義務はないということです。彼氏に対しては、提案や相談先の紹介などのアドバイスにとどめておくのが賢明でしょう。一度彼氏にお金を貸してしまうと、その後も無心されて断り切れなくなってしまうかもしれません。そうならないためにも、借金の返済は自己責任という原則をしっかりと理解し、大人の対応をしましょう。

新井 智美
新井 智美

トータルマネーコンサルタント/CFP(R)認定者/第一級ファイナンシャルプラン二ング技能士
(資産設計提案業務)/DC(確定拠出年金)プランナー/住宅ローンアドバイザー/証券外務員

30歳を機に苦手だった経済分野を克服したいという思いから、ファイナンシャル・プランナーの勉強を始める。2006年11月 卓越した専門性が求められる世界共通水準のFP資格、CFP資格を取得すると同時に、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士1級を取得。
主に個人を相手にお金に関する相談、及び提案設計業務を提供するとともに、資産運用講師なども手掛ける。

© カードローンQ All Rights Reserved.