長野銀行カードローン リベロ

長野県には「ながぎん」の通称で親しまれている長野銀行があります。その長野銀行のカードローン「リベロ」には、多くのメリットがあることをご存知ですか?今回は、長野銀行のカードローン「リベロ」の特徴やメリット、デメリット、申し込み手順などを詳しくご紹介します。

ながぎんでおなじみ!長野銀行の特徴

長野銀行のカードローン「リベロ」についてご紹介する前に、まずは長野銀行とはどのような銀行なのかをご説明します。

長野県民の間では「ながぎん」の通称で親しまれている長野銀行は、長野県松本市に本店を置いている第二地方銀行です。1950年に設立され、取引先は個人や中小企業を中心としていて、長野県外では東京支店があります。

長野県のマザーバンク「長野銀行」

長野銀行は、1950年に「長野県商工信用組合」として設立されました。1970年、金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号)により「長野相互銀行」を商号とします。1989年に相互銀行から普通銀行に転換し、「長野銀行」となったのです。

  • 資本金 130億100万円
  • 総資産 1兆1,039億4,800万円
  • 総預金額 1兆205億400万円
  • 貸出金 6,030億7,800万円

(2015年3月31日時点)

2016年9月末の単体自己資本比率は、10.46%。株式会社日本格付研究所(JCR)の長期優先債務格付としては「BBB+」を取得しているので、一般水準の銀行よりも高く評価されている銀行と言えるでしょう。

長野銀行は、特に地域経済の発展に力を入れており、中小企業や個人向けの貸し出しの増強に努めています。2016年9月末の貸出金残高5,765億円のうち、長野県内向けの貸出金残高は5,436億円で、貸出金残高に占める割合は94.2%です。

また、中小企業向け、個人向け貸出金の残高は4,227億円で、貸出残高に占める割合は73.3%となっています。この数値を見ても、長野銀行が中小企業や個人向けの貸し出しに注力していることがわかりますね。

また、長野銀行の経営理念は、「顧客と株主、及び従業員の幸福と繁栄のために全力を尽くすこと」です。地域から必要とされる銀行「長野県のマザーバンク」を目指していて、絆や笑顔、夢などを大事にしています。

地域密着型で安定した金融サービス

長野銀行は、顧客にやさしいお店づくりにも取り組んでいます。各店舗に設置されているさまざまな取り組みをご紹介しましょう。

  1. 難聴者向け対話支援システムの設置
  2. 長野銀行では、難聴者向け対話支援システムである「COMUOON(コミューン)」を、県内10店舗(本店営業部、芳川支店、塩尻支店、豊科支店、穂高支店、長野営業部、若槻支店、中野支店、小諸支店、茅野支店)に設置しています。

    「コミューン」とは、卓上に設置するコンパクトスピーカーです。窓口行員の声をマイクで集音し、聞き取りやすい音域に変換するので、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

    そのため、軽度・中程度難聴者や、老人性難聴者の方でも安心して相談することができるでしょう。

  1. ATM時間外利用手数料無料化の実施
  2. 2015年10月1日より、長野銀行、及びセブン銀行のATMでの手数料が無料になりました。長野銀行のカードを利用した場合になりますが、平日時間外や、土、日・祝日の入金、出金にかかる手数料が無料です。

    一般の銀行ならATMを利用する場合は、時間帯によっては手数料がかかりますよね。それが、長野銀行やセブン銀行なら手数料無料です。とても便利ですね。

  1. ATMの操作性や視認性の向上
  2. ATMというのは、高齢者や色弱の方だと文字が読みにくくて操作しにくいと感じられる方もいらっしゃるでしょう。長野銀行のATMは、文字やボタンなどを大きく表示してはっきりとした色分けがされているので、画面がとても見やすくなっています。

    また、キャッシュカードや、通帳、紙幣を「投入する」、「受け取る」という操作をアニメーションで表示しているので、操作手順もわかりやすくなっています。このようなことからも長野銀行が、利用者のことを考えていることがよくわかりますね。

長野銀行の特別な使命「長野県の人と産業に貢献する」

長野銀行は、地元である長野県の人と産業に貢献することを特別な使命と考えています。長野銀行の社会的責任(CSR)として、地域の行事に積極的に取り組み、多くの活動をしています。CSR活動と呼ばれるその活動内容をいくつかご紹介しましょう。

  • 「ながぎんコミュニティープラザ」の開設
  • 2015年7月に、長野銀行大名町支店1階に「ながぎんコミュニティープラザ」が開設されました。

    これは、地域の方がギャラリーやミニコンサート、講演会などのイベントに利用できるコミュニティースペースです。利用料は無料で、年中無休です。利用日数は最長で1ヶ月まで利用することができます。

    これまで、小学生の作文コンクールや、絵手紙サークルの作品展示、猫の写真展などが開催されました。堅苦しいイメージがある銀行ですが、行内にこのようなスペースがあると心が安らぎますね。

  • 「夏休み!ながぎんキッズバンクスクール」の開催
  • 2016年8月には、「夏休み!ながぎんキッズバンクスクール」が開催されました。これは、地域の小学生が銀行業務の疑似体験をする行事です。

    この行事に参加した小学生は、銀行内部にある貸金庫の見学や、お札の数え方、接客業務、一億円の重さ体感など、貴重な体験をすることができました。

  • 地域行事・お祭りへの参加
  • 長野銀行は、地域の行事やお祭りにも積極的に参加をしています。また、毎年創業月である11月には、本店や各営業店周辺でボランティア清掃も実施しています。

    銀行としての枠を超えた地域とのふれあいを大事にし、住みよい環境づくりにも取り組んでいます。地元の長野県のこと、そこに暮らす住民のことを常に考えている銀行が、長野銀行なのです。

「リベロ」は来店も口座も不要!

それでは、ここからは長野銀行のカードローン「リベロ」についてご説明しましょう。「リベロ」の申し込みはwebや電話などで簡単にすることができ、来店する必要がありません。

また、口座開設も不要ということから気軽に利用できるカードローンとして人気があります。長野銀行カードローン「リベロ」の主な特徴をいくつかご紹介しましょう。

申し込みは来店不要!口座開設も不要!

来店不要で申し込みができる!

長野銀行カードローン「リベロ」の特徴は、なんと言っても申し込みをするのに来店する必要がないという点です。他の銀行カードローンの中には、申し込みは来店不要でも正式な契約は来店しないといけない場合があります。「リベロ」なら、インターネットで事前審査の申し込みをして、審査が通ると契約手続きは郵送で済ませることができます。

「リベロ」は口座開設も不要

他銀行だとローン利用の際に、返済用の口座開設が条件となっている場合があります。そうなると、契約する際に何度か来店をしなければならないので、利用者にとっては少なからず負担になるでしょう。「リベロ」ならそのような心配がありません。

収入証明書の提出もなし

さらに、「リベロ」は申込金額が300万円以下なら収入証明書(源泉徴収票、給与明細書、納税通知書、所得証明書、確定申告書のいずれか)の提出も不要です。運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類だけで手続きをすることができます。

このことからも長野銀行カードローン「リベロ」は、契約する手続きの負担が少なく気軽に申し込める銀行カードローンと言えるでしょう。さて、カードローンを契約する時に気になるのが利用限度額ですが、「リベロ」の利用限度額は最高で500万円となっています。

この額は大手銀行のカードローンと比較するとそれほど大きな差はありません。また、「リベロ」の金利は年利5.5%から14.5%で借入限度額ごとに金利が異なっています。

最低金利面では大手銀行カードローンより高めになるのですが、実際には100万円位内の融資で14.5%が適用されるケースが多いのです。大手消費者金融のカードローンでは最高年利17.8%から18.0%なので、これに比べるとかなりお得になります。

コンビニATMが利用できるので返済しやすい!

長野銀行カードローン「リベロ」の借り入れは、ATMからの引き出しになります。長野銀行や、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMからリベロカードを使ってお金を引き出します。特に長野銀行とセブン銀行のATMでは、利用手数料が無料なのでお得です。

平日の午前中に申し込み、14時までに契約が完了した方で長野銀行の口座を持っている方なら、振り込みによる即日融資も可能となっています。

・借り入れ可能な場所:長野銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行
・借入時間:店舗による
・口座振込融資:可能
・当日振り込み可能時間:平日14時まで

保証会社のノウハウをいかした対応

長野銀行カードローン「リベロ」の審査は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に委託しています。貸金業の中で培われてきた経験やノウハウがあるので、契約のために来店したり、口座を開設したりすることなく簡単な手続きだけで申し込むことができます。

これまで銀行のローンは、住宅ローンや公共料金の支払いなどの取引に重点を置いてきましたが、カードローン「リベロ」なら自由に取り扱いができます。契約内容の範囲内で自由に利用できる点が魅力的です。

また、借り入れや返済の時に手続きする必要もありません。銀行やコンビニのATMからカードを使って手軽に借り入れたり、返済したりすることができます。さらに、「リベロ」は、収入の3分の1までしか借り入れできないという総量規制がありません。

この総量規制は、利用者の借りすぎや、賃金業者の貸しすぎを防ぐためのものですが、銀行は対象外となるのです。このメリットをいかした借り換えやおまとめが行えることからも、「リベロ」は多岐にわたって活用できるでしょう。

パートやアルバイト、主婦の方でも申し込みができるというのは、銀行カードローンとしては比較的珍しいと言えます。これを可能にしているのは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証となっているためです。

保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が、利用する方の過去の借入情報や、クレジットカードの利用状況データなどを確認し、その結果に問題がなければ審査に通ることができるのです。

銀行だけではできなかった対応が、保証会社と提携することで可能になっている点も、長野銀行カードローン「リベロ」の魅力となっています。

早くて手軽!「リベロ」のメリット

長野銀行カードローン「リベロ」は、来店することも口座を開設することもなく、webで申し込んで契約することができます。そのため、審査のスピードが速く、審査結果は当日知ることが可能です。

また、固定金利なので利率アップの心配もありません。さらに、月々の返済額が3,000円からなので返済しやすいことも魅力です。このような「リベロ」のメリットについて順番にご説明しましょう。

審査結果は当日中にお知らせ!最短で1時間

長野銀行カードローン「リベロ」の申し込みは、web、電話、FAX、郵送から選ぶことができます。どれも契約は郵送が可能なので、申し込みから契約まで来店することなく手続きを済ますことができる点が魅力です。この中で比較的簡単な方法はwebからの申し込みです。

長野銀行のホームページからパソコンなどを利用して申し込む方法で、24時間365日受け付けています。web申し込みには、「通常申し込み」と「クイック申し込み」の2種類があり、長野銀行のホームページにはボタンが用意されているので、どちらかを選んでクリックしていけば簡単に手続きをすることができます。

  • 「クイック申し込み」の場合
  • 入力項目が6つだけなので手早く簡単に申し込むことができます。ただ、入力後には担当者から申し込みに必要な情報を尋ねられるというシステムになっています。クイックという名前が付いていますが多少時間がかかるでしょう。

  • 「通常申し込み」の場合
  • 申込者が自分で全ての項目を入力していく形態です。操作に慣れている方でしたら、短時間で完了できるでしょう。こちらは審査結果を当日に知ることができます。最短で1時間という早さです。審査結果が早く知りたいという方はこちらがおすすめです。

FAXで申し込む場合は、長野銀行各支店に用意されている仮審査申込書に必要事項を記入してFAXで送信します。内容をきちんと確認しながら申し込みたいという方は、電話をおすすめします。

固定金利なので利率アップの心配なく返済していける!

長野銀行カードローン「リベロ」の金利は固定です。金利は限度額によって異なりますが、年5.5%から14.5%となっています。これは銀行カードローンの中では平均的な水準で、クレジットカード会社や消費者金融のカードローンと比べると低めと言える数値です。

10万円から100万円 14.5%
110万円から200万円 13.0%
210万円から300万円 10.0%
310万円から400万円 7.5%
410万円から500万円 5.5%

限度額が500万円で年5.5%というのは高めですが、限度額100万円位内であれば低金利のカードローンです。利用限度額に関わらず固定金利となっているので、保証料は金利に含まれます。

別途請求されることはありません。利率アップの心配をすることなく返済していくことができるところが魅力的です。

「リベロ」の返済は、長野銀行やセブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから入金する方法となっています。「リベロ」のローンカードを使用して返済することができます。毎月の約定返済額は、借入残高によって段階的に決定されますが、3,000円から60,000円の間です。

月々3,000円から返済していけるというのは魅力的ですよね。資金に余裕がないという方でも返済しやすい額となっています。また、約定返済以外でも随時追加返済を行うこともできます。

パート・アルバイト・主婦も利用可能!

長野銀行カードローン「リベロ」を利用できる方は、以下の条件を満たす方になります。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下の方
  • 収入が安定している方
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
  • 長野県在住の方

この条件を見ると、アルバイトや主婦は利用できないのでは?と思ってしまいますが、配偶者に安定した収入がある主婦や、アルバイトをしている学生は申し込むことができます。原則として担保・保証人は不要で、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となります。

「リベロ」は、仮審査の受け付けは長野銀行で行っているのですが、実際の審査や在籍確認までは保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に委託されています。長野銀行は、全国銀行個人信用情報センターの会員ではありますが、株式会社シー・アイ・シーや、株式会社日本信用情報機構の会員ではありません。

そのため、長野銀行は利用する方の過去の借入情報や、クレジットカードの利用状況データなどを確認することができないのです。これらの審査は保証委託先であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に委託しています。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が審査を行って保証可能と判断されれば、収入が安定していないパートやアルバイト、そして、主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば審査に通ることができるのです。

ちなみに、審査基準は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が運営している金融会社「プロミス」のレベルに近い可能性があります。そのため、一般的な銀行カードローンの審査としては比較的甘めと言えるので、あまり心配する必要はないでしょう。

ここに注意!「リベロ」のデメリット

長野銀行カードローン「リベロ」には多くのメリットがありますが、注意しなければならない点もいくつかあります。一番のデメリットは、長野県外の方は利用することができないことです。また、銀行口座からの自動引き落としによる返済ができません。

他にも、提携ATMの種類が少ないこと、利用時間帯が限られているという点にも注意する必要があります。

長野県民対象のカードローンなので長野県外の方は借りられない

長野銀行カードローン「リベロ」は、長野県民を対象としているカードローンです。「リベロ」を利用できる方は、長野県在住の方限定となっています。

せっかく魅力的なカードローンであっても、長野県外の人は利用できないというのは残念なことです。また、申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下という制限もあります。

契約期間は1年で、1年ごとに自動更新されます。満66歳の誕生日を迎えた場合には以後の更新はありません。ただ、逆に考えると満20歳以上満65歳以下の長野県民であれば問題はありません。お金に困った時には「リベロ」の恩恵を受けられる可能性があると言えるでしょう。

銀行口座からの自動引き落としによる返済ができない

一般的に銀行のカードローンであれば、返済は銀行口座からの自動引き落としが主流となっています。しかし、「リベロ」の場合は銀行口座から自動引き落としでの返済はできません。そもそも口座不要で利用できるというメリットがありますから、そうなると返済は全て自分自身の手でこまめに行わなければなりません。

自動引き落としによる返済ができないということは、自分自身でしっかりと返済日を覚えておく必要があります。うっかり返済を忘れてしまうと、遅延損害金が発生する可能性が高くなるので注意しましょう。

コンビニなどの提携ATMの種類が少ない

「リベロ」の借り入れが可能なATMは、長野銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行のみとなっています。提携ATMが少ないというのは少し不便ですよね。大手銀行カードローンだと、コンビニATMはローソンATMやイーネットATM、イオン銀行ATMでの借り入れが可能な場合があります。

利用できるATMが少ないと、旅行や出張など県外での急な出費の際に利用できないという場合があるかもしれません。

【利用可能な提携ATM】
・長野銀行ATM:利用時間帯:平日8時から21時、土日祝日9時から19時(手数料無料)
・セブン銀行ATM:利用時間帯:平日7時から23時、土日祝日7時から21時(手数料無料)
・ゆうちょ銀行ATM:利用時間帯:店舗によって異なる(手数料有料)

コンビニATMではセブン銀行のみ利用することができます。手数料が無料というメリットはありますが、利用時間帯が平日7時から23時、土日祝日は7時から21時までとなっています。深夜や早朝の借り入れができない点は、24時間借り入れ可能な大手銀行カードローンと比べると使い勝手が悪いと感じられます。

なお、ATMで返済する際には1回の操作で約定返済金額以上を入金する必要があります。1回の操作での入金額が最低返済金額未満だと、その入金は延滞となるので注意しましょう。

webでも書面でもOK!「リベロ」の申し込み方法

長野銀行カードローン「リベロ」の申し込み方法は、web、電話、FAX、郵送(メールオーダー)があります。24時間365日いつでも受け付けているのはwebとFAXです。借り入れに急いでいる方はwebがおすすめですが、じっくり検討したい方は電話や郵送がおすすめです。

ここからは、それぞれの申し込み方法や、契約手続き、返済方法などを詳しくご紹介します。

「リベロ」の契約に必要な書類と申し込み手順

    【必要書類】

    長野銀行カードローン「リベロ」を申し込む際に必要な書類は、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類です。また、申込金額が300万円以上の場合は収入証明書(源泉徴収票、給与明細書、納税通知書、所得証明書、確定申告書のいずれか)も必要になります。

    【申し込み手順】
  • webでの申し込み手順
  • webで申し込む場合は、「通常申し込み」と「クイック申し込み」の2種類があります。長野銀行のホームページにはボタンが用意されているので、どちらかを選んでクリックして手続きをしましょう。受け付けは24時間365日可能です。

    「クイック申し込み」の場合は、入力項目が6つだけなので手早く簡単に申し込むことができますが、後から担当者から電話がかかってくるので多少時間がかかります。「通常申し込み」の場合は、申込者が自分で全ての項目を入力していき、審査結果は最短1時間で知ることができます。

  • FAXでの申し込み手順
  • FAXで申し込む場合は、長野銀行各支店に用意されている仮審査申込書に必要事項を記入してFAX送信します。FAX番号は0120-08-5127です。受け付けは24時間365日可能です。

  • 電話での申し込み手順
  • 電話で申し込む場合は、0120-08-5126へかけて手続きをします。本人確認資料を準備してから電話をかけてください。受付時間は8時から20時(1月1日を除く)です。

  • 郵送(メールオーダー)での申し込み手順
  • 郵送で申し込む場合は、FAXと同様で、長野銀行各支店に用意されている仮審査申込書に必要事項を記入して指定の宛先に郵送します。この時切手は不要です。

審査結果の連絡は?契約書類の手続きは?

  • 【審査結果の連絡】
  • 審査結果の連絡は原則として当日中です。最短で1時間となっていて、電話での連絡になります。ただ、受付日時や審査状況によっては連絡が遅れる場合もあります。

  • 【契約書類の手続き】
  • 審査に通ると契約書類が郵送されます。必要事項を記入してから本人確認書類のコピーと一緒に返送しましょう。この時、当日中に契約をしたい方は、お近くの長野銀行窓口での手続きが可能です。平日9:00から15:00まで受け付けています。本人確認書類を持参していきましょう。

  • 【カードの発送】
  • 契約が完了すると「リベロ」ローンカードが簡易書留郵便で送られてきます。カードが到着次第利用可能です。長野銀行や、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから、借り入れることができます。

    借りる前に覚えておこう!返済方法

    「リベロ」の返済方法は、ローンカードを使って、長野銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから入金、または振り込みで返済します。

    返済金額は、10万円以下であれば3,000円、10万円超30万円以下であれば9,000円、30万円超50万円以下であれば15,000円、それ以降は50万円ごとに5,000円が加算されます。

    100万円以上を借り入れた場合の金利
    10万円以下 3,000円
    10万円超30万円以下 9,000円
    30万円超50万円以下 15,000円
    50万円超100万円以下 20,000円
    100万円超150万円以下 25,000円
    150万円超200万円以下 30,000円
    ※以降50万円ごとに5,000円の追加

    長野銀行や、セブン銀行、ゆうちょ銀行のATMから、自身の都合の良い日に、都合の良い金額を任意で返済することが可能です。ただ、自分で入金しなければならないので、延滞しないようにしっかりと返済日を覚えておく必要があります。

    初回返済期日は、借入日の翌日から35日目です。その後は前回返済日の翌日から35日目が返済期日となります。(※長野銀行が休業日の場合は翌営業日)最終的に支払う金利の総額をなるべくおさえるためには、早期に完済することが大事です。そのため、できるだけ金利を低くしたいという方は、月々の返済額を多めにしておくと良いでしょう。

    長野県民ならカードローンは「リベロ」がおすすめ!

    長野銀行カードローン「リベロ」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?リベロ」のメリットを再度まとめておきます。

      【長野銀行カードローン「リベロ」のメリット】
    • 来店、口座が不要。
    • web、電話、FAX、郵送で申し込み可能。
    • 希望額が100万円以下なら収入証明書も不要。
    • パート、アルバイト、専業主婦も利用可能。
    • コンビニATMで借り入れ、返済が可能。
    • 固定金利なので利率アップの心配がない。

    「リベロ」の一番のメリットは、手続きから契約まで来店する必要がないところです。他の銀行カードローンでは手続きはwebで完了しても、契約する時には銀行に行かなければならない場合があります。

    また、パートやアルバイト、主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば利用できるところもうれしいポイントです。デメリットとしては、長野県民以外の方は利用できない点がありますが、長野県民であれば問題ありません。

    地域に密着して、顧客にやさしいお店づくりに取り組んでいる長野銀行のカードローン「リベロ」は、長野県民なら覚えておいて損はないカードローンと言えるでしょう。もし、急にお金が必要になった場合は、安心して相談できる長野銀行のカードローン「リベロ」をおすすめします。

    診断スタート
    第1問 / 4問中

    審査時間は早いほうが良い?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    お金を借りることを周囲にバレたくない?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    収入証明書の用意はできますか?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    申し込みはWEBで完結させたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

    YesNo
    第4問 / 4問中

    借入場所が多いほうが良い?

    YesNo

    プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
    信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

    フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

    プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

    また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
    これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

    更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

    CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
    アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
    最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
    最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
    また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

    申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

    返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

    是非一度お試しください。

    竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
    銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
    書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

    満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

    申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
    まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
    「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

    また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

    返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
    担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
    限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

    バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

    また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

    申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
    更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

    三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
    その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

    三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
    さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

    また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

    申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

    返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

    ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

    © カードローンQ All Rights Reserved.