京都銀行カードローン 京銀カードローンW

お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】京都銀行カードローン 京銀カードローンW

「京都銘柄」と言われる京都企業の株式を数多く保有していることで有名な銀行が京都銀行です。地域密着型の経営を行っている銀行でもあり、京都府の企業や個人から親しまれています。

特に個人向けのカードローンである「京銀カードローンW(ワイド)」は人気があります。

今回は京都銀行の「京銀カードローンW」の特徴やメリット、デメリット、申込手順などを詳しくご紹介しましょう。

「ながーい、おつきあい」でおなじみ!京都銀行の特徴

京都銀行は京都府民にとって「京銀」という通称でおなじみの銀行ですが、それ以外の方だと聞いたことがないという方もいるのではないでしょうか。

2004年から営業地域内で放映されている京都銀行のCM「ながーい、おつきあい」シリーズは、お硬いイメージのある銀行としては珍しく奇抜なCMとして人気があります。

京都銀行の「京銀カードローンW」をご紹介する前に、まずは京都銀行の特徴や主なローンなどをご説明しましょう。

キャッチフレーズは「飾らない銀行」!京都銀行とは?

京都銀行は、京都府京都市に本店を置いて、京都府内を中心に営業している地方銀行です。京都府の指定金融機関でもあります。

設立は1941年で、当時は「丹和銀行」という名前でした。戦前まで京都市内における銀行のほとんどが都市銀行の支店で、地元の地銀は小規模のものが多く、いずれも大手銀行と併合。戦時中には京都市内の地銀は全て消滅しました。

戦後、地域産業発展のため、地元資本による地銀の設立を求める声があがり、戦時中に丹波・丹後地区の統合銀行であった「丹和銀行」が京都市内に進出したのです。

丹和銀行は、すでに日本勧業銀行京都支店から京都府の本金庫業務を移管されていた実績がありました。そのため、それにふさわしい商号に変更する必要があるとして、1951年に「京都銀行」に改名します。

この頃の特筆的な業務としては、引揚者持ち帰りの外貨両替業務を手掛けたことがあります。1950年、第2次世界大戦の敗戦に伴う引揚港として京都にある舞鶴港が指定され、1958年まで役割を担ってきました。

その間、京都銀行は地元銀行として全く経験のない、引揚者持ち帰りの外貨両替業務を手掛けたのです。

戦後、京都では多数のベンチャー企業が創設されました。中でも「京都銘柄」と呼ばれるオムロンや任天堂、村田製作所、京セラ、ワコールなど多数の地元企業を京都銀行は主力銀行として支えたのです。

京都銀行は、それら企業の株式を多く保有しているため、膨大な株式含み益を得ていることでも知られています。

また、京都銀行は地元プロサッカークラブである「京都サンガF.C.」のユニフォーム袖スポンサーとしても有名です。

さらに、朝日放送の全国高校野球選手権大会中継の提供スポンサーも担っています。京都銀行は、数多くの地元企業を支えている地元愛が強い銀行と言えるでしょう。

I Love Kyoto!芸術振興や環境保護活動も積極的

京都銀行では、歴史都市でもある京都の素晴らしさを将来にわたって守り育てるという趣旨のもと、1982年から「I Love Kyotoキャンペーン」をずっと行っています。

京都のポスター作製

京都の自然や歴史的遺産、伝統文化などの四季折々の写真を用いて毎年たくさんのポスターを作製。

2016年までに作製したポスターはなんと400種類以上!枚数では60万枚を超えているというから驚きです。

環境保護活動

また、京都銀行は環境保護活動も積極的に行っています。その一環である「京銀の森づくり活動」では、京都市北区にある本山(もとやま)国有林を「京銀ふれあいの森」として森林保全活動を行っています。

行員やその家族、地元の大学生たちと共に、間伐や草刈り、広葉樹整備などを実施。さらに、地元の小学生を対象に森林環境学習や、野鳥の観察会なども行っています。

その他にも、京都府下の防災環境保全林のモデルとして、京都銀行嵐山研修会館の敷地内にはシラカシなど約4,000本の苗木を植樹。こちらは「京銀ふるさとの森」として育成しています。

また、京都銀行金融大学校桂川キャンパスの敷地内には、先程ご紹介した「京銀ふるさとの森」のどんぐりから育てた苗木を植樹。

こちらは「京都まなびの森」として育成しています。どちらの植樹も京都銀行の行員のみならず、行員の家族や、地元の小学生、近隣住民の方々と協力して行いました。

このように、京都銀行は豊かな自然環境へ向けて、銀行としての枠を超えた取り組みを行っていることからも、好感が持てる銀行と言えるでしょう。

京都銀行のローンは特典付きのものや金利引き下げもあり!

京都銀行には、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、さまざまな種類のローンがあります。京都銀行の主なローンをいくつかご紹介しましょう。

住宅ローン

京都銀行の住宅ローンは、一般的な住宅ローンの他にも、女性専用住宅ローンや、無担保住宅ローン、住宅リフォームローンなど豊富な種類があります。

どれも京都銀行と提携している株式会社リロクラブが提供する「クラブオフ」の特典が付帯されるという点が魅力的です。

この「クラブオフ」の利用には手数料がかかりません。住宅ローンの期間中なら、宿泊やレジャー、スポーツ、家事代行、育児、介護などのサービスを優待価格で利用することができます。

住宅ローンの期間というのは数年から数十年にわたることがあるのが一般的です。その間にこの「クラブオフ」の特典が利用できるというのは、他銀行の住宅ローンにはない利点と言えるでしょう。

マイカーローン

京都銀行のマイカーローンは、インターネットで簡単に申し込めて、他金融機関のマイカーローンの借り換えもできるという特徴があります。

また、車を決める前の仮審査や仮審査後のキャンセルも可能です。金利は新車でも中古車でも同一金利となっていて、ゴールド免許の方や、エコカー購入の方など、条件によっては引き下げられることもあります。

一般的なディーラーローンだと、ローン完済まで車の所有権はディーラーにある場合があり、譲渡の際には手続きが必要です。

しかし、京都銀行のマイカーローンでは、車を購入した時点で所有権は購入者にあるため、面倒な譲渡手続きは必要ありません。車の売却なども自由に行えます。

教育ローン

京都銀行の教育ローンも、インターネットで簡単に申し込むことができます。他金融機関の教育ローンの借り換えも可能です。

また、受験前や学校が決まる前でも申し込みOK。さらに、3ヶ月位内なら納付済の教育資金もOKという点もうれしいポイントです。

この他にも京都銀行のローンは、子育て応援ローンやリフォームローン、フリーローンなどたくさんの種類があります。

どれもニーズにあわせた魅力的なローンばかりです。また、条件によっては金利が下がることもあり、「クラブオフ」のような特典が付くという点も京都銀行ならではの魅力と言えるでしょう。

京都銀行の「京銀カードローンW」の特徴

京都銀行ではさまざまなローンを取り扱っていますが、その中でも人気のローンが「京銀カードローンW」です。融資利率が年3.97~11.975%の変動金利で、利用限度額は最高500万円までとなっています。

本人に安定した収入があれば、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員でも利用できるという点が魅力です。ここでは京都銀行の「京銀カードローンW」の具体的な特徴や基本データなどをご紹介しましょう。

京都銀行の「京銀カードローンW」の基本データ

利用できる方
  • 申込時の年齢が満20歳以上満60歳未満の方(外国人の方は「永住者」または「特別永住者」に限る)
  • 本人に安定かつ継続した収入がある方(パート、アルバイト、派遣社員、契約社員も可)
  • 京都銀行で他のカードローンの契約がない方(同時解約可)
  • 保証会社である「京都クレジットサービス株式会社」または「オリックス・クレジット株式会社」の保証が得られる方
使いみち

自由
※ただし、事業資金は不可

利用限度額

30万円・50万円・100万円・300万円・500万円型
※ただし、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員の方は上限30万円

金利

3.975%~11.975%(変動金利、保証料込)

返済方法

毎月5日に指定預金口座から、前月の定例返済日の利用残高に応じて一定額を自動引落
※5日が土日祝日の場合は翌営業日

契約期間

1年間(原則自動更新)
※満65歳を超えての更新は不可

京都銀行の「京銀カードローンW」は、使いみちが自由なフリーローンです。利用できる方は、満20歳以上満65歳未満の方で、本人に毎月安定した収入のある方となっています。

パートやアルバイト、派遣社員、契約社員の方も可能です。ただし、その場合の借入限度額は30万円までとなります。

担保や保証人は不要で、保証会社である京都クレジットサービス株式会社、または、オリックス・クレジット株式会社の保証が利用できます。

返済方法は、指定の預金口座からの自動引落です。毎月5日に前月の定例返済日の利用残高に応じて一定額が自動で引き落とされます。返済日に自分で入金する手間がかからないという点がうれしいポイントです。

インターネットから簡単に申し込める!

京都銀行の「京銀カードローンW」は、インターネットから簡単に申し込むことができます。

京都銀行公式ホームページの「京銀カードローンW」申込画面で、留意事項や、個人情報の取扱に関する同意条項などに同意のうえで、申込フォームに進むボタンを押しましょう。

そうすると入力フォーム画面になるので、名前や住所、電話番号など必要事項を記入します。記入した後に送信ボタンを押すだけで申込完了です。

ただし、申し込んだ後の審査結果は電話、または郵送での連絡になります。この時在籍確認として、勤務先に電話がかかってくる場合があることを覚えておきましょう。

入金忘れにも対応!自動融資機能付き

公共料金やクレジットカードなどの口座引き落としで、うっかり残高不足になってしまったことはありませんか?「京銀カードローンW」なら自動融資機能が付いているので、そのような場合でも安心です。

残高不足分が自動で融資され、引き落とし可能になります。たとえば、50,000円の引き落としがあるにもかかわらず、口座残高が20,000円しかない場合には、不足分の30,000円が自動融資されます。これにより延滞することを防ぐことができます。

この他にも、「京銀カードローンW」は、借入限度額の範囲内なら何度でも繰り返し利用可能、総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借り入れが可能などの特徴があります。

京都銀行「京銀カードローンW」のメリット

京都銀行の「京銀カードローンW」は、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員の方でも利用できます。また、一般的な消費者金融よりも低金利という点も魅力です。

さらに、提携ATMが多いというところもうれしいポイント。出張や旅行先でも安心です。このような京都銀行の「京銀カードローンW」のメリットについて順番にご説明しましょう。

京都銀行「京銀カードローンW」はパート・アルバイトOK!

一般的な銀行カードローンは、会社員や公務員など、ある程度社会的信用がある方を対象にしているものが多く、パートやアルバイトの方は利用できないというケースがあります。

しかし、「京銀カードローンW」なら本人に安定した収入があれば、会社員や公務員でなくとも利用可能です。

ただし、その場合の借入限度額は30万円までとなっていますが、それでも将来のための資格取得や、旅行やレジャー計画など「あともう少し足りない」という時には重宝することでしょう。

「京銀カードローンW」の借入限度額は、30万円・50万円・100万円・300万円・500万円の5種類があり、50万円以上を申し込む場合は勤続年数1年以上の給与所得者(正社員)の方が対象となっています。

また、借入限度額は前年の税込年収に応じて定められています。それぞれの限度額は以下のとおりです。

200万円未満 30万円
200万円以上300万円未満 30万円・50万円の2種類から選択可能
300万円以上500万円未満 30万円・50万円・100万円の3種類から選択可能
500万円以上700万円未満 30万円・50万円・100万円・300万円の4種類から選択可能
700万円以上 30万円・50万円・100万円・300万円・500万円の5種類から選択可能

さらに、「京銀カードローンW」での返済実績や、取引内容など、所定の基準を満たす給与所得者の場合は、最大500万円まで借入限度額を増額することも可能です。

この場合には事前に案内が送付されるので、増額を希望しないという旨の意思表示がない限り、限度額が増額されます。

逆に、返済が滞っていたりすると借入限度額が減額されることもあるので注意が必要です。

「京銀カードローンW」は低金利!

京都銀行の「京銀カードローンW」の金利は、保証料込の変動金利で3.975%~11.975%となっています。最高金利は11.975%と一般的な銀行カードローンとしては標準的ですが、消費者金融よりは低金利です。

また、最低金利が3.975%というのは、一般的な銀行カードローンの中でも低い方です。比較的借りやすい金利設定と言えるでしょう。具体的な借入限度額の金利は以下のとおりとなっています。

【京銀カードローンWの金利】

3.975%~11.975%(変動金利、保証料込)

30万円 年11.975%
50万円 年8.975%
100万円 年5.975%
300万円 年4.975%
500万円 年3.975%

このように借入限度額が多いほど低金利となっています。また、一般的な消費者金融だと総量規制があるので、年収の3分の1以上の借り入れは不可能ですが、京都銀行の「京銀カードローンW」は総量規制対象外なので、年収の3分の1以上でも借り入れることができるという点もメリットの1つです。

京都銀行は提携ATMが多いので出先でも安心!

京都銀行の「京銀カードローンW」は、利用可能なATMが多いこともメリットとしてあげられます。

一般的な地方銀行のカードローンだと、提携しているATMの種類が少ないというケースがあるのですが、京都銀行の「京銀カードローンW」は提携ATMが豊富にあるという点が魅力的です。

「京銀カードローンW」で利用可能なATMは以下のとおりとなっています。

【京銀カードローンW利用可能ATM】
  • 京都銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

手数料や利用時間帯は各ATMによって異なりますが、京都銀行ATMなら平日8時45分から18時までは手数料無料で利用することができます。

京都銀行は京都や滋賀、大阪など限られた地域にしかありませんが、ゆうちょ銀行や、セブンイレブン、ローソンなどは全国に多数あります。出張先や旅行先などで急にお金が必要になった時でも安心でしょう。

京都銀行の「京銀カードローンW」のデメリット

京都銀行の「京銀カードローンW」には多くのメリットがありますが、反面デメリットもあります。京都銀行の「京銀カードローンW」は即日融資には対応していません。

また、審査が厳しく他のカードローンを持っている方は申し込めません。さらに、京都銀行の普通預金口座を持っていない方は開設する必要があります。

このような「京銀カードローンW」のデメリットについて具体的にご説明しましょう。

「京銀カードローンW」は即日融資不可

京都銀行の「京銀カードローンW」は、インターネットで簡単に申し込むことができますが、だからといって簡単に契約できるわけではありません。申し込んだ後は審査が行われます。

審査期間は大体1~2日程度、長い場合は3~4日程度かかります。さらに、審査通過後は正式契約書が郵送され、それに必要事項を記入して返送しなければなりません。

そのため、申し込んでから実際に融資されるまでには、およそ1週間~10日程度かかることになります。申し込んだその日にすぐお金がほしいという方には向いていないので注意しましょう。

「京銀カードローンW」は審査が厳しい

京都銀行の「京銀カードローンW」を利用できる方の条件として、「京都銀行で他のカードローンの契約がない方」という項目があります。

これは、他のカードローンを持っている方は申し込めないということです。一般的に消費者金融などのカードローン会社は、他社の借り入れが多いと審査が厳しくなるという傾向があります。

京都銀行の場合は、自社の他のカードローンを契約しているだけでも申し込めないということになるので、他社よりもかなり審査が厳しいと言えるでしょう。

また、「京銀カードローンW」は本人に安定した収入があれば、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員の方でも利用可能ですが、専業主婦の方は利用できません。

他の銀行カードローンでは、専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば利用可能という場合があります。

そのため、「京銀カードローンW」で専業主婦の方が利用できないという点は、デメリットと言わざるをえないでしょう。

京都銀行の普通預金口座がないと申し込めない

京都銀行の「京銀カードローンW」を利用するためには、京都銀行の普通預金口座が必要です。京都銀行の普通預金口座を持っていない方は、新規に口座を開設しなければなりません。

これは、京都銀行の「京銀カードローンW」の返済が口座自動引落という方法をとっているためです。

毎月一定額が自動で引き落とされるという点は返済するには便利ですが、そのためには京都銀行の普通預金口座が必要になるということも覚えておく必要があります。

京都銀行の「京銀カードローンW」の申込方法

京都銀行の「京銀カードローンW」の申し込みは、インターネットで行うことができます。24時間365日いつでも申し込みを受け付けているのでとても便利です。

パソコンとスマートフォンどちらからでも申し込むことができます。ここからは、インターネットでの申込方法や、契約手続き、返済方法などを詳しくご紹介しましょう。

「京銀カードローンW」インターネットでの申込方法

「京銀カードローンW」は、京都銀行公式ホームページの「京銀カードローンW」仮申込ページから手続きをすることができます。

ホームページの申し込みボタンをクリック

まず、ページ内にある「インターネットでお申込み」というボタンを押しましょう。すると、「仮審査のお申込みにあたっての留意事項」というページが表示されます。

留意事項をよく読んで同意する

このページに書いてある、「セキュリティについて」、「お申込みに際しての同意事項」、「個人情報の取扱いに関する同意条項」をよく読んで同意のうえで、「同意し、お申込みフォームに進む」というボタンを押しましょう。そうすると申込フォーム画面が表示されます。

必要事項を入力する

申込フォーム画面では、名前や生年月日、住所、電話番号などの入力項目があります。「必須」と書かれている項目には全て入力しましょう。

申込者の住所や家族構成の他には、勤務先の住所や電話番号、従業員数、勤続年数、役職、税込年収なども必須項目です。わからない部分は事前に調べておくと短時間で入力することができます。

お問い合わせはこちら

インターネット以外での申し込みやお問い合わせは、「京都銀行ローンサポートセンター」または、「京都銀行ダイレクトバンキングセンター」にて受け付けています。それぞれの電話番号は以下のとおりです。

  • 京都銀行ローンサポートセンター:0120-075-051(受付時間平日9時~17時)
  • ※銀行休業日は除く

  • 京都銀行ダイレクトバンキングセンター:0120-075-209(受付時間平日9時~21時)
  • ※銀行休業日は除く

仮審査受付のメールが届く

申込受付後には、登録のメールアドレス宛に「仮審査受付完了」メールが送信されます。メールが受信されなければ、正常に申し込みが完了したのか確認することができません。

もし、迷惑メール対策をしている場合は、あらかじめ京都銀行からのメールが受け取れるように設定手続きをしておきましょう。

京都銀行のメールドメインは「kyotobank.co.jp」となっています。こちらのメールを受け取れるようにしておきましょう。

また、この時に本人確認や、申込の意思確認を行なうため、登録した電話番号へ連絡が来る場合があります。利用条件に満たなかった場合は郵送での回答となります。

仮申込から契約完了までの具体的な流れ

ここからは、「京銀カードローンW」の仮申込から契約完了までの流れを具体的にご説明します。

  1. 仮申込

インターネットにて仮申込をします。

  1. 審査

審査は京都銀行と保証会社である京都クレジットサービス株式会社、またはオリックス・クレジット株式会社側で行われます。この時には勤務先に在籍確認の電話がかかってくる場合があります。

連絡の際にはプライバシーを配慮して、担当者の個人名での連絡になるのでご安心ください。

  1. 審査結果の連絡

審査結果は電話、または郵送での連絡です。審査結果によっては申込者の希望にそえない場合があり、その場合の結果については原則として郵送での回答となっています。

仮審査に通過していた場合は、正式契約に移行します。

  1. 正式契約

仮審査に通過すると正式申込書が郵送されてきます。ここからは、京都銀行の普通預金口座を持っている方と持っていない方では、契約方法が異なります。順番にご説明しましょう。

<京都銀行普通預金口座を持っている方の場合>

郵送されてきた正式申込書に必要事項を記入、捺印してから本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、健康保険証)とともに同封の返信用封筒に入れて返送します。

<京都銀行普通預金口座を持っていない方の場合>

郵送されてきた正式申込書に必要事項を記入、捺印してから本人確認書類の写し(運転免許証、パスポート、健康保険証)と印鑑を持参して、京都銀行窓口へ来店してください。

どちらも、利用限度額が100万円以上の場合は、前年の収入証明書(源泉徴収票、公的収入証明書の原本)の写しも必要となります。

また、外国人の方は在留資格が記載された住民票の写し(原本)も必要になります。

「京銀カードローンW」は、普通預金口座を持っていれば契約手続きは郵送で済ますことができますが、持っていなければ来店する必要があります。

もし、時間に余裕のある方は契約する前にあらかじめ京都銀行の普通預金口座を開設しておくことをおすすめします。

  1. 契約完了

京都銀行で正式申込書と必要書類の確認が行われ、手続きに不備がないことが確認されると契約完了です。ローンカードが簡易書留郵便にて自宅に郵送されてくるので、届き次第、京都銀行ATMやコンビニATMなどで利用することができます。

京都銀行の「京銀カードローンW」の返済方法

京都銀行の「京銀カードローンW」の返済方法は、約定返済と任意返済の2種類です。約定返済は、毎月5日に指定預金口座からの自動引落になります。

前月の約定返済日の借入残高に応じて、一定額が自動で引き落とされます。原則として毎月5日という指定は動かせませんが、5日が土・日・祝日の場合は翌営業日となります。

約定返済日時点の借入残高による返済額は以下のとおりです。

1円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超500万円以下 5万円

前月の約定返済日の借入残高が0円で、その後、当月の約定返済日の前日までに借り入れた場合は、その期間中の利息のみの返済となります。

利息の計算は、[前月約定返済日から当月約定返済日の前日までの毎日の最終借入残高]×借入利率÷365日です。

任意返済の場合は、都合が良い時に任意の金額を銀行やコンビニのATMに入金する方法になります。「京銀ローンカード」を使って、貸越専用口座に直接入金しましょう。

また、借入残高は京都銀行ATMに「京銀ローンカード」を挿入後、「残高照会取引」にて確認することができます。

おすすめ!京都銀行の「京銀カードローンW」

京都銀行の「京銀カードローンW」についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?「京銀カードローンW」のメリットを再度まとめておきます。

【京都銀行「京銀カードローンW」のメリット】
  • パソコンやスマートフォンから24時間申込可能。
  • パートやアルバイト、派遣社員、契約社員でも申し込める。
  • 銀行やコンビニATMなどから簡単に借り入れ、返済ができる。
  • 京都銀行の普通預金口座を持っていれば契約手続きまで来店不要で申し込める。

京都銀行の「京銀カードローンW」は、京都銀行の普通預金口座を持っていれば契約手続きまで来店することなく申し込めるという点が魅力となっています。

京都を代表する銀行でもある京都銀行は、任天堂や京セラ、ワコールなど京都に拠点を構える大手企業のメインバンクとして支えている銀行です。

また、伝統的な京都文化の芸術振興や環境保護活動なども積極的に行っており、地域の住民とのふれあいを大事にしています。

これまでカードローンを利用したことがない方や、消費者金融のカードローンには抵抗があるという方でも、京都銀行なら安心して相談できるのではないでしょうか。

もし、京都付近にお住まいの方で、お金に困っている方、借り入れを考えている方には、京都銀行の「京銀カードローンW」をおすすめします。