福島銀行カードローン グラン・フリー

「ふくぎん」の愛称で福島県民から親しまれている「福島銀行」。福島銀行では、使い道自由なフリーローンである「グラン・フリー」を取り扱っています。グラン・フリーは融資の最高額が1,000万円までと高額融資も可能であり、さまざまな用途で利用することが可能なローンです。

この記事では、グラン・フリーを利用する際のメリットや、利用する際に生じる疑問点を解消していきます。

福島銀行とはどんな銀行?

グラン・フリーは、福島県にある地方銀行「福島銀行」が取り扱っている商品です。福島銀行とは、いったいどのような銀行なのか、そして福島銀行ではグラン・フリー以外にどのようなサービスを取り扱っているのか、以下に解説していきます。

  • 福島県内の第二地方銀行!福島銀行とは?
  • 県外にも支店を持つ福島県の有力金融機関!

オレンジと赤色のシンボルマークでおなじみの福島銀行は、1922年(大正11年)に創業しました。創業当初は「湯本信用無尽株式会社」という名前の金融機関であり、銀行業務とは違った形態で営業が行われていました。

時は流れ、1989年に「普通銀行」として再スタートを切った福島銀行は、その年の法改正で誕生した「第二地方銀行」に指定されることとなりました。

2001年には銀行の体力を示す指標である「自己資本比率」が1.7%まで低下し、金融庁から是正勧告を受けるといった事態も生じました。しかし、その後は経営が持ち直し、福島県の第二地方銀行としての役割を果たし続けています。

福島県内の指定金融機関は「東邦銀行」であるため、福島銀行は東邦銀行の後塵を拝している状態ではあります。しかし、県内の支店数やATMの数は十分にあるため、福島県の経済を支える屋台骨のひとつとしての役割は今後も変わることはないでしょう。

福島銀行の支店数は、県外を含めると55店舗となっています。東邦銀行の支店数は115店舗であるためやや見劣りしますが、仙台や水戸、埼玉、そして東京にも事務所が置かれており、福島、そして東北を代表する金融機関として存在感を放っています。

他の銀行に先駆けた新しいサービスも!

福島銀行では、フリーローン「グラン・フリー」やカードローン「イーベ」以外にも以下のようなサービスを用意しています。

  • ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬
  • ふくぎんF-One Card
  • クラウドファンディング「チャレンジスター」

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬とは?

「ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬」とは、預けた定期預金のお金のうち一部を、尾瀬の自然環境保全のために寄付するという、まったく新しいタイプの定期預金です。

福島銀行は、「地域に役立つ銀行」「環境にやさしい銀行」を掲げる金融機関であり、福島を代表する自然環境スポット「尾瀬」の環境保全活動を行っています。その活動の一環として、ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬が用意されているのです。

ふくぎんエコ定期 みんなの尾瀬の定期預金でお金を預けると、預けた金額の0.01%が「尾瀬保護財団」へ寄付されます。

100万円を預けた場合には1万円が寄付されるため、尾瀬の環境を気に入っている方にとっては、気軽に参加できる環境保全活動のひとつとなっています。

ふくぎんF-One Card

「ふくぎんF-One Card」(エフワンカード)は、福島銀行が発行しているクレジットカードです。ふくぎんF-One Cardはただのクレジットカードではなく、「キャッシュカード」「クレジットカード」「デビットカード」の3つの役割が1枚にまとまった、非常に利便性の高いカードとなっています。

銀行のキャッシュカードとして利用することはもちろん、普段のお買い物の際にクレジットカードとしてもデビットカードとしても使えるのが魅力です。

また、ふくぎんF-One Cardのキャッシュカード機能を利用すると、1ヶ月3回分までATMの時間外利用手数料がキャッシュバックされます。1ヶ月間に最大3回まで、時間外でもATMを実質無料で使えるという点も、大きな魅力だと言えるでしょう。

クラウドファンディング「チャレンジスター」

福島銀行では、福島から全国、そして世界へ通用する起業家を生み出すべく、クラウドファンディング「チャレンジスター」というサービスを提供しています。

クラウドファンディング「チャレンジスター」は、事業を起こしたいという起業家の方が、不特定多数の方から金銭的な支援をもらうことができるというサービスです。

福島銀行の看板を使って効果的に資金集めをすることができる点が魅力であり、また担当者からアドバイスをもらうことができる点でもメリットのあるサービスとなっています。

福島銀行のフリーローン、「グラン・フリー」とは?

福島銀行が取り扱っているローンのうち、大きな買い物や借り入れのおまとめなど、さまざまな用途で利用できるローンが「グラン・フリー」です。グラン・フリーの特徴について、以下に詳しく解説します。

グラン・フリーとはどんなローン?

福島銀行のカードローン「グラン・フリー」は、福島県在住者に向けたフリーローンです。福島銀行が取り扱うローンの中では、最も高額の融資が可能となっています。

グラン・フリーは、利用限度額が10万円から1,000万円までと幅があるため、様々なニーズに応えることのできるローンとなっています。申込受付は福島銀行のホームページ上で、24時間365日行われています。

グラン・フリーは、消費者金融のローンや信販系のローンよりも金利が低く抑えられています。さらに、銀行が取り扱っているローンの中でも比較的金利が低い部類に入っているので、銀行でローンを組みたいと考えている方ならばぜひ押さえておきたいローンです。

グラン・フリーの貸付条件は?

グラン・フリーは、審査を行う段階で貸付の金利が決定されるタイプのローンです。貸付を行う金額によって金利が変わる、「変動金利型」のローンではありません。グラン・フリーの金利は、以下の5パターンに分かれています。

  • 年利3.5%
  • 年利6.5%
  • 年利9.5%
  • 年利11.5%
  • 年利13.5%

貸付を行う金額、他社からの借入状況、年収や資産などの条件を総合的に考慮したうえで、上記の5パターンのうちいずれかの金利が適用されます。

理論上は、10万円だけを借り入れた場合でも金利が3.5%になることもありますし、500万円を借り入れた場合でも13.5%の金利がかかる場合もあるのです。

ただ実際には、借入金額が大きくなるごとに低い金利が採用されることになっており、特に300万円以上の高額融資を受けた場合には10%以上の金利が適用される可能性はほぼないと言えるでしょう。

グラン・フリーは、保証会社である「オリックス・クレジット株式会社」が保証を行うため、保証人不要で借入を行うことができます。

オリックス・クレジット株式会社は信販会社であり、自社でもカードローンである「VIPローンカード」を取り扱っています。審査の難易度は、この「VIPローンカード」の基準に準じていると考えておくとよいでしょう。

大型カードローン、グラン・フリーのおすすめポイントとは?

福島県在住者限定のフリーローンであるグラン・フリー。グラン・フリーが他のフリーローン、カードローンよりも優れている点はどのようなところにあるのでしょうか。

グラン・フリーのメリット・おすすめポイントについて以下に解説していきます。

最高融資可能額1,000万円!

なんといっても、グラン・フリーの最大の魅力は借入金額の上限が「1,000万円」に設定されている点です。

融資可能額が高額に設定されているため、高級車などの大きい買い物はもちろん、複数の金融機関から借り入れた借金・ローンをまとめて返済する「おまとめローン」として利用することもできます。

事業性資金として利用すること以外ならば、グラン・フリーは使途が自由です。様々なニーズに懐深く応えることができるローンとして、頼れる味方になってくれることでしょう。

銀行系カードローンの中でも低金利!

グラン・フリーは、銀行系のフリーローンの中でも金利が低く設定されている点も大きな魅力です。

銀行系フリーローンは、消費者金融や信販系の他のフリーローン、カードローンに比べても金利が低い傾向にありますが、その中でもグラン・フリーの金利の低さは特筆すべきものとなっています。

主な銀行系フリーローン・カードローンと、グラン・フリーの金利を、以下に比較しました。

銀行・ローン名 最低金利 最高金利
グラン・フリー 3.50% 13.50%
三井住友銀行カードローン 4.00% 14.50%
オリックス銀行カードローン 1.70% 17.80%
じぶん銀行カードローン 2.10% 17.40%
みずほ銀行カードローン 3.50% 14.00%
ちばぎんカードローン 1.70% 14.80%
横浜銀行フリーローン 1.90% 14.60%

特に、グラン・フリーは最高金利の低さが魅力です。銀行系カードローンでも14.00%未満の最高金利を設定しているところはなかなかない中で、福島銀行は最高金利13.50%という数字を掲げています。

最高金利は、基本的に100万円以下の低額の貸付で適用されることが多いため、グラン・フリーは特に100万円以下などの比較的低額の貸付に強いローンであることが分かります。

福島県に在住している方で、100万円以下の融資を受けることを検討しているという方は、ぜひともグラン・フリーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

保証人不要のため利用しやすい!

グラン・フリーは保証人や担保が不要で借入を行うことができるため、気軽に利用しやすい点も大きな魅力です。

基本的にお金を借り入れる際には、借入を行った人が借金を踏み倒した際にその借金を肩代わりする「保証人」、あるいは借金を踏み倒した際に資産の差し押さえを行うなどして借金の補てんを行う「担保」などを設定する必要があります。

保証人や担保があることで、借り入れる人が借金を踏み倒さないように予防し、万一踏み倒してしまった場合でもその損失を補てんすることが可能となります。しかし、グラン・フリーではこのような保証人や担保を設定せずに、借り入れを行うことが可能となっています。

グラン・フリーは踏み倒しなどが生じた場合に、「オリックス・クレジット株式会社」が保証を行うために、保証人や担保を設定することなく借り入れることが可能なのです。

現在存在しているフリーローンやカードローンは、ほとんどが「保証人・担保不要」のものとなっていますが、グラン・フリーも担保や保証人不要で利用することができます。

また、保証会社を利用することで生じる「保証料」については、返済金の中に含まれているため新たに保証料が発生することもありません。

使い道は自由!

グラン・フリーは、使い道が自由なローンとなっています。最高1,000万円までを使い道自由で借り入れることができるため、人生のさまざまなシーンにおいて強い味方となってくれるローンだと言えるでしょう。

旅行やレジャーなどの費用として利用するもよし、車などの大きな買い物に利用するのもよし。さらに毎月の生活費として利用するのもよしと、人生における「お金に困る局面」で、グラン・フリーは頼れる味方になってくれます。

グラン・フリーは、おまとめローン・借り換えローンとしても利用することができます。グラン・フリーは最高金利が13.5%に設定されているため、他のローンをまとめる際にも大きな効果を発揮します。

消費者金融や信販系ローンなど、「比較的金利の高い金融機関でお金を借りている。」「複数社からお金を借りている。」という方は、グラン・フリーを利用することで利息が大幅に節約できる可能性があります。

以下に、おまとめを行う際の金利・利息の一例について紹介します。

  • 金利18.0%のA社から40万円、B社から30万円、C社から30万円を借りている場合
  • グラン・フリーから100万円を借り入れる際の金利は、多くの場合13.5%
  1年あたりの利息 1ヶ月あたりの利息
おまとめ前 180,000円 約14,795円
グラン・フリーでおまとめ後 135,000円 約11,096円

このように、100万円程度のおまとめでも、利息は月々3,700円ほど違うことが分かります。年間だと45,000円の差が生じ、その分を元金に充当できれば返済も早めることが可能です。

グラン・フリーでおまとめを行えば、借金の完済も素早く行うことができるでしょう。高い金利の金融機関で返済に苦しんでいるという方は、ぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

300万円まで収入証明書不要!

グラン・フリーは、借入金額300万円までであれば、収入証明書がなくても借りることのできるローンです。収入証明書とは、「住民税納税通知書」や「住民税納税証明書」などの書類を言います。毎年住民税の額を決定する際、その年の前年の所得がいくらあったかという点から計算が行われます。

「住民税納税通知書」や「住民税納税証明書」には、住民税の金額を計算し決定する際に使われた前年の収入が記載されています。そのため、前年に収入がどの程度あったかを示す公的な証明書としても使われているのです。

「住民税納税通知書」や「住民税納税証明書」は、一般的には「収入証明書」としてひとくくりに扱われることが多くなっています。「収入証明書」と言われた場合には、これらの書類を提出すればよいということになります。

また、給与所得を得ている方の場合、「源泉徴収票」や「給与明細書」などの書類が交付されています。これらの書類のうち、一番直近のものは「収入証明書」のひとつとしても利用可能です。

グラン・フリーでは、借入金額が300万円まで収入証明書の提出なしでローンを組むことができます。300万円といえば、例えば新車の購入も可能なレベルの金額であり、かなり高額であっても収入証明書の提出なしに借り入れることができる点は大きな魅力です。

ただし、この収入証明書提出条件は「原則」であり、300万円を下回る借入金額の場合でも契約の際に収入証明書の提出を求められることがあります。その場合には、速やかに証明書の提出を行いましょう。

また、個人事業主や法人代表者の方がグラン・フリーを利用する場合、100万円以上の融資の際に収入証明書が必要となります。この点についても、注意しておきましょう。

グラン・フリーを利用する際の注意点とは?

グラン・フリーは金利が低く設定されており、また、高額の借入にも対応していることから非常に利便性の高いローンとなっています。しかし、グラン・フリーは利用するうえでの注意点も存在しますので、その点に関してもしっかり押さえておきましょう。

融資の際に居住条件がある

注意しなければいけないのは、福島銀行の支店がある「営業圏内」に居住、または勤め先があるという方でなければ、グラン・フリーを申し込むことはできないという点です。

福島銀行は、現在以下の地域を営業圏内としているため、これらの地域に居住地もしくは勤務先がない方は申し込むことができません。

  • 福島県内全域
  • 仙台市
  • 那須塩原市
  • 水戸市
  • さいたま市

グラン・フリーはこれらの地域に居住していなかったとしても、勤務先がこれらの地域にあれば申し込むことができます。

例えば、東京都内からさいたま市に通勤しているという方の場合でも、グラン・フリーに申し込むことは可能です。グラン・フリーは地域限定ローンとなっているため、地域振興や地域活性化という役割も持っています。

福島県内に住んでいる方はもちろん、福島県内に通勤している、さらには仙台市内などの県外の営業圏で生活している方にとっても、グラン・フリーは強い味方になってくれる存在です。

店頭への来店が必要

グラン・フリーは、ネット上で24時間365日申し込むことができます。しかし、実際に契約する際には店舗への来店が必須となるため、注意する必要があります。

グラン・フリーの申し込みを行う際、ネット上でできることは「仮審査」を受ける段階までです。実際に仮審査が通過したのち、契約を行うためには店頭への来店が必須となっています。

ローンを組む際に誰にも会わずに手続きを完了させたいと考えている方は多いでしょう。最近ではネット上と電話だけですべての手続きが完了するローンも存在していますが、グラン・フリーの場合はそのようなタイプのローンではないことを押さえておきましょう。

また、福島県内には福島銀行の支店が数多く存在するためにそれほど問題ありませんが、福島県外から申し込む場合には福島県内や県外の支店まで出向かなければ契約することができません。

例えば東京都内からさいたま市に通勤しているような方の場合、契約の際にはわざわざ、さいたま市内の支店まで出向いて契約しなければならないため、手続きが面倒な点に注意しておく必要があります。

学生は利用不可

グラン・フリーは、学生の場合には利用することができない点も注意が必要です。グラン・フリーは満20歳以上であれば申し込むことができますが、20歳以上であっても学生の場合には申し込むことができません。

20歳以上で申し込むことができる方は、正社員や契約社員などとして働いている方、またはパートやアルバイトで働いているという方のみになります。学生でパートやアルバイトとして働いているという場合でも、グラン・フリーを申し込むことはできませんので注意しましょう。

グラン・フリーは、学生でなければアルバイトやパートで働いている方でも申し込むことができるため、主婦の方や収入が少ないフリーターの方でも利用できる点は魅力です。学生でなく、アルバイトやパートなどで少しでも収入があるという方は、ぜひとも申し込んでみましょう。

月々の返済額によっては利息がかさむ場合も

グラン・フリーは、月々の返済額を少額に設定することも可能なカードローンです。50万円までの借り入れであれば、月々の返済金額を最小で10,000円に抑えることができます。

しかし、月々の返済金額を10,000円として50万円を借りたとすると、以下のように利息額がかなりかさんでしまう点に注意する必要があります。

月々10,000円で返済を続けた場合のシミュレーション
回数 元金 利息 残高
1 4,375円 5,625円 495,625円
2 4,425円 5,575円 491,200円
3 4,474円 5,526円 486,726円
4 4,525円 5,475円 482,201円
5 4,576円 5,424円 477,625円
6 4,627円 5,373円 472,998円
7 4,679円 5,321円 468,319円
8 4,732円 5,268円 463,587円
9 4,785円 5,215円 458,802円
10 4,839円 5,161円 453,963円
11 4,893円 5,107円 449,070円
12 4,948円 5,052円 444,122円
利息合計 64,122円

このように、1年間で利息が64,000円以上もかかってしまいます。また、元金も5万円ほどしか減らず、利息を支払うために返済を続けているような状態になってしまいます。

では、月々3万円ずつ返済した場合はどのようになっているでしょうか。

月々30,000円で返済を続けた場合のシミュレーション
回数 元金 利息 残高
1 24,375円 5,625円 475,625円
2 24,650円 5,350円 450,975円
3 24,927円 5,073円 426,048円
4 25,207円 4,793円 400,841円
5 25,491円 4,509円 375,350円
6 25,778円 4,222円 349,572円
7 26,068円 3,932円 323,504円
8 26,361円 3,639円 297,143円
9 26,658円 3,342円 270,485円
10 26,958円 3,042円 243,527円
11 27,261円 2,739円 216,266円
12 27,568円 2,432円 188,698円
利息合計 48,698円

このように、48,000円程度と、1万6千円ほどの金利の節約が可能となっています。また、元金に関してもおよそ30万円近くを完済することができており、非常に計画性の高い返済ができていると言えるでしょう。

月々の返済金額を抑えられるという点はメリットでもある反面、あまりにも返済金額を抑えてしまうと、ほとんど元金が減らずに返済期間が長くなり、利息がかさんでしまうというデメリットが生まれる可能性も大いにあります。

グラン・フリーを実際に申し込んでみよう!

ここまでは、グラン・フリーのメリットやおすすめポイント、契約の際の注意点などについて学びました。これらを踏まえたうえで、実際にグラン・フリーの申し込みをしてみましょう。申し込みの際の手順や手続き方法、必要書類などについて、以下に詳しく解説していきます。

グラン・フリーの申し込みに必要な書類は?

グラン・フリーは、前述したとおり融資金額300万円まで、収入証明書の提出が不要です。そのため、融資希望金額によって用意する書類の種類が若干変わってきます。

融資希望金額が300万円未満の場合には、以下のような書類が必要です。

    融資希望金額が300万円未満の場合には、以下のような書類が必要です。
  • 申込書
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)

  • 融資希望金額が300万円以上の場合には、以下のような書類が必要となります。
  • 申込書
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 収入証明書(公的所得証明書、源泉徴収票、確定申告書、課税証明書など)

また、法人代表者や個人事業主の方の場合には、融資希望金額100万円以上で収入証明書が必要となることも、合わせて押さえておきましょう。

グラン・フリーの実際の申込手順

では実際に、グラン・フリーの申込手順についてみていくことにしましょう。グラン・フリーは、以下のような方法で申し込むことが可能となっています。

  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • 店頭

このうち、インターネット、電話、FAXで申し込みを行った場合には、仮審査通過後に来店が必要となります。最も早く融資をしてもらうためには、直接来店して審査を行ってもらう方が良いでしょう。

グラン・フリーは、以下のような手順で契約が進められます。

  • 1:申し込みを行う。
  • 2:電話による申込内容の確認が行われる
  • 3:必要に応じて、収入証明書などの提出が求められる
  • 4:仮審査結果が伝えられる
  • 5:店頭へ来店し、必要事項等の確認が行われる
  • 6:本審査結果が伝えられる
  • 7:融資が実際に行われる
  • 前述したいずれかの方法で申し込みを行ったのち、早い場合にはその日のうちに、遅くとも1週間以内に申込確認の電話がかかってきます。これらの工程が終わると、仮審査が行われます。

    仮審査では、収入や他社の借入状況などから、本審査に通過する可能性があるかが判断されます。仮審査に通過すると、店頭へ実際に来店して本審査を受けることになります。店頭で申し込みを行う方は、この段階からのスタートとなります。

    本審査では、審査を進めるうえで必要となる勤め先の職場に「在籍確認」の電話がかけられる場合もあります。在籍確認はその職場に申込者が本当に在籍しているかを確認するものです。

    在籍確認が行われる際には、担当者が個人名で電話をかけるため、職場や家族などに借り入れの事実が判明してしまうようなことはありません。

    本審査では、必要書類の提出が求められます。300万円以上の借り入れの場合には収入証明書が必要ですが、300万円未満の場合でも運転免許証などの本人確認書類は必ず提出が求められます。

    これらの手続きが終わり次第、審査が行われ、審査に通過したか否かが分かります。審査に通過すれば、後日福島銀行の指定した口座に、融資金額が振り込まれることとなります。

    金利も低く利用しやすいグラン・フリーを実際に使ってみよう!

    グラン・フリーを利用するうえで知っておきたいポイントとして、次のようなことが挙げられます。

    • グラン・フリーは福島銀行の営業圏内に居住しているか勤務先がある場合には、パートやアルバイトでも申し込むことができる
    • グラン・フリーは最大1,000万円まで融資をしてもらうことができる
    • グラン・フリーは借り入れの際、300万円までなら収入証明書の提出が不要である
    • グラン・フリーはおまとめローンや借り換えローンとしても利用できる
    • グラン・フリーは金利が低めに設定されており、特に最大金利は13.5%と銀行系フリーローンの中でも非常に低く設定されている
    • グラン・フリーは月々10,000円から返済可能だが、返済金額を低くしすぎると元金がなかなか減らず、利息がかさんでしまう
    • グラン・フリーはインターネットや電話、FAXからの申し込みの場合は来店が必須となるため、最初から来店して申し込みを行う方が素早く融資を受けることができる

    グラン・フリーは、最大1,000万円までの融資も可能であり、金利も低く抑えられているフリーローンです。福島銀行の営業圏内であれば融資が可能という点から、他県に住んでいる方でも融資をしてもらうチャンスがあります。

    お金に困ったときの強い味方であるグラン・フリー、申込資格がある方はぜひとも申し込んでみてはいかがでしょうか。

    診断スタート
    第1問 / 4問中

    審査時間は早いほうが良い?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    お金を借りることを周囲にバレたくない?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    収入証明書の用意はできますか?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    申し込みはWEBで完結させたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

    YesNo
    第4問 / 4問中

    借入場所が多いほうが良い?

    YesNo

    プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
    信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

    フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

    プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

    また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
    これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

    更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

    CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
    アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
    最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
    最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
    また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

    申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

    返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

    是非一度お試しください。

    竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
    銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
    書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

    満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

    申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
    まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
    「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

    また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

    返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
    担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
    限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

    バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

    また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

    申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
    更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

    三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
    その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

    三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
    さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

    また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

    申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

    返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

    ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

    © カードローンQ All Rights Reserved.