福岡銀行 カードローン

福岡市に拠点を置く福岡銀行は、明治10年創業という、とても歴史のある地方銀行です。「福岡銀行カードローン」は福岡銀行が提供するローンで、次のような特徴・メリットを備えています。

ここでは、福岡銀行カードローンの特徴やメリット、さらに注意しておきたい点など、契約する前にぜひとも知っておきたいことについてご紹介します。

福岡県内最大手!福岡銀行の特徴について

福岡銀行は、福岡県を拠点としする地方銀行としては最大の規模と歴史を誇る銀行です。県内には地方銀行が4つありますが、国立銀行をルーツとするのはこの福岡銀行だけ。

そのため、地域密着型の銀行として、地元の圧倒的な信頼を獲得しています。この項では、そんな福岡銀行の際立った特徴やあゆみ、また特徴的な取り組みの中から、代表的なものを取り上げてご紹介します。

福岡銀行の概要と歴史

福岡銀行は、福岡市中央区に本店を置き、「ふくぎん」の愛称で親しまれています。2007年に金融持ち株会社「ふくおかフィナンシャルグループ」の完全子会社となりました。

福岡銀行は、1877年に創業した「第十七国立銀行」の流れをくんでいます。

戦時下の銀行合併政策により、福岡県内にあった銀行が統合されたことで、現在の福岡銀行の母体が誕生したわけですが、当時は全国の地方銀行の中でも最大の規模を誇りました。

1945年には、福岡県内にあった4つの銀行(筑邦銀行・十七銀行・福岡貯蓄銀行・嘉穂銀行)を合併し、福岡銀行となります。2017年には創業140年を迎える、指折りの歴史を誇る地方銀行と言えます。

福岡県は、かつて日本の経済を支えた炭鉱産業を基幹産業としていた時期がありました。安い石炭が外国から輸入され、さらにエネルギーの主役が石油へと転換したことにより、炭鉱産業が衰退。

福岡銀行も一時的に低迷し、業績の伸び悩みを見せましたが、その後の堅実な経営によって、財務基盤が安定します。また不良債権の比率が極めて低いのも特徴で、現在では全国的にも有数の資産を持つ地方銀行としてその名をはせています。

現在は、福岡県・福岡市・北九州市の指定金融機関となっており(北九州市については他銀行との輪番制)、地元で圧倒的な信頼を獲得するに至っています。

  • 九州全土を幅広くカバー

福岡市内に53店舗・北九州市内に26店舗を有すなど福岡県内を中心に、九州全土に支店を幅広く出店しています。

本州にも、東京都・大阪市・名古屋市(それぞれ1店舗ずつ)の大都市圏のほか、山口県に2店舗・広島市に1店舗と、合計170店舗(6つの出張所を含む)を展開しています(2017年5月10日時点)。

用途に応じたさまざまなローンが充実

福岡銀行では、福岡銀行カードローン以外にも、さまざまな用途に特化したさまざまなローンを提供しています。その代表的なものをご紹介します。

フリーローン(ナイスカバー)

申込条件:借入時年齢が満20歳以上69歳以下で、なおかつ収入があること。また福岡銀行に口座を持ち、保証会社による保証を受けられる方

用途:自由(ただし事業資金は除く)

融資限度額:10万円以上、500万円以下(ただしWeb完結申込だと、10万円以上300万円以下)

融資期間:半年以上、15年以内(半年単位)

金利:5.9%、9.9%もしくは12.9%(Web以外の申込だと、7.0%、11.0%、14.0%のいずれか)

返済方法:元利均等毎月返済

特徴:限度額が500万円と高額で、融資期間が最長15年と長いため、ローンおまとめに便利。

地域活性化空き家ローン

申込条件:借入時の年齢が満20歳以上で、なおかつ完済時には81歳未満であること。また継続して収入を見込むことができて、保証会社による保証を受けられる方

用途:空き家を賃貸に利用するためのリフォーム費用、もしくは空き家に防火・耐震改修工事を施すための費用・空き家を買取するための費用

融資限度額:10万円以上、500万円以内

融資期間:半年以上10年以内

金利:《一般口》3.0%(団体信用生命保険の付保がない時は2.8%)《補助金口》2.7%(団体信用生命保険の付保がない時は2.5%)

返済方法:元利均等毎月返済

特徴:賃貸や店舗・住宅など、空き家を有効活用したい方向けのローンです。担保や保証人が不要なのもポイントです。

残価設定型オートローン

申込条件:借入時年齢が満20歳以上で、65歳以下で、なおかつ安定収入があること。また保証会社による保証が受けられ、3年後に自動車の買い換えを予定している方

用途:新車自動車と自動車部品の購入資金

融資限度額:100万円以上、800万円以下(500万円を超す借入をする場合は、年収500万円以上が必要。また《毎月返済部分》《残価設定部分》の二本立ての場合は、普通自動車であれば税抜車両本体価格の40%以内で、なおかつ320万円以内であること、軽自動車であれば、税抜車両本体価格の40%以内で、なおかつ100万円以内となります

融資期間:《毎月返済部分》3年/《毎月返済部分》《残価設定部分》の二本立てであれば、3年6ヶ月以上、7年以内(普通自動車)もしくは、3年6ヶ月以上、6年以内(軽自動車)。

金利:2.8%(福岡銀行の口座に給与振込のある方、またポイントくらぶ「マイバンク」会員の方以外は3.3%)

返済方法:元利均等毎月返済

特徴:新車自動車を購入する際の借入金額の一部を残価設定として据えおくことで、通常よりも毎月のローン支払いの負担を軽減することができます。

黒川紀章デザインによる有名な福岡銀行本店

福岡市の商業地区の中心、天神町にある福岡銀行の本店は、著名な建築家である黒川紀章氏によってデザインされたものです。直方体の一部を大胆にくり抜いて大きなピロティを作り出した近代的な外観に最大の特徴があります。

実に敷地の3分の1もの大きさの屋根を持つ広場には、緑地や人工的な水辺のほか、彫刻などの作品を設置され、市民が気軽に利用できる公共空間としての性質を持っています。

日常的にさまざまな人々が集い、会話や読書など自由に楽しむことができるため、地域密着型金融を目指す福岡銀行にふさわしい名建築と言えるでしょう。

1975年の竣工時には、建築界でも大きな話題となりました。2008年に、本部機能が「ふくおかフィナンシャルグループ大手門ビル」へと移されたため、現在は、営業部のみが営業を続けています。

  • コンサートをはじめとする催しがたくさん

この本店広場では、地域貢献活動として、さまざまな催しが開催されています。例えば、「ビルの谷間のコンサート」はその一つ。

1987年以来、30年に渡り、ふくおかフィナンシャルグループ文化芸術財団が中心となり、地元の大学や高校のほか、各種吹奏楽部などを招き、定期的に開催しています。

福岡銀行カードローンの主な特徴

福岡銀行カードローンは、福岡銀行が提供する目的ローンの一つ。2017年1月5日から取り扱いが開始されました。この項では、福岡銀行カードローンの特徴について詳しくご紹介します。

福岡銀行の口座があればWEB完結申込が可能

福岡銀行カードローンは、もちろん店頭でも申し込むことができますが、福岡銀行の口座を開設していれば、WEB上の入力操作だけで簡単に契約を完結することができます。

最短で、2営業日での振込が可能です。パソコンだけでなく、スマートフォンでの申込にも対応しています。端末操作に慣れていない方であれば、電話で申し込むことも可能です(ただし9:00から20:00まで。銀行休業日は不可)。

もちろん入会金や年会費は一切不要。もちろん、借入使途が問われることはありませんから、おまとめにも便利です(ただし、事業性資金として利用することはできません)。

20歳以上69歳以下で、安定した収入がある方であれば、誰でも申し込むことができて、担保も保証人も不要なので、手軽に利用することができます。

融資利率(年率)は利用額によって異なります。借入限度額別の利率は次の通りで、およそ100万円ごとに設定されています。

   
10万円~100万円以下 14.5%
100万円超200万円以下 12.0%
200万円超300万円以下 10.0%
300万円超400万円以下 8.0%
400万円超500万円以下 7.0%
500万円超600万円以下 6.0%
600万円超700万円以下 5.0%
700万円超800万円以下 4.0%
800万円超1,000万円以下 3.0%

利息の計算方法としては、付利単位を100円として所定の利率・方法で計算し、貸越元金に組み入れられます。例えば、1万円を1週間だけ借り入れた場合、次のような計算式となります。

1万円×7日÷365×利率(14.5%)= 27.8 → 28円

借入は最大で1,000万円まで可能

福岡銀行カードローンでは、最大で1,000万円と、高めに設定されているのも大きな特徴です。

これは、1,200万円を借入上限額としている「住信SBIネット銀行カードローン」に次ぐ水準で、大手都市銀行である「みずほ銀行カードローン『エグゼクティブプラン』」と同等です。

地方銀行系のカードローンでは間違いなくトップクラスの上限額と言えます。もちろん総量規制の対象外となるため、収入の3分の1以上の借り入れをすることも可能です。

  • 実績ができたら増額も可能性あり

また利用者からの増額の申込は原則として受け付けていませんが、福岡銀行では借入状況について定期的に見直しを行っており、ある程度の利用実績を積むことで、銀行側から増額について打診を受けることがあります。

これには、銀行から連絡を受ける場合もありますし、返済のためにATMを利用する際に、増額可能である旨の案内が表示されることもあります。

仮に銀行から何の通達がない場合でも、タイミングによっては増額が認められる可能性もあります。いっさいの支払遅延をすることなく、ある程度の利用実績ができたなら、ぜひ問い合わせてみるとよいでしょう。

月々の返済額は2,000円からと低額設定!

自分のペースで無理なく返済できるというのも福岡銀行カードローンのポイントです。月々の返済額は融資残高に応じて、次のように設定されています。

10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超30万円以下 6,000円
30万円超40万円以下 8,000円
40万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円
800万円超900万円以下 100,000円
900万円超 110,000円
       

ゆっくり時間をかけて返済したい方にとっては使い勝手の良いカードローンだと言えそうですね。

福岡銀行カードローンのメリットとは?

ここまで概要についてご紹介しましたが、この他にも、福岡銀行カードローンには魅力的な特徴がたくさんあります。

この項では、商品の最大のポイントである口座開設していなくても申し込める点など、商品のメリットについて取り上げます。

申し込みには原則として来店も口座開設も不要

福岡銀行カードローンを契約する際、わざわざ来店する手間が必要ありません。パソコンやスマートフォンなどの端末もしくは電話・郵送・FAXを利用して申し込むことが可能です。

もちろん仮審査がすんだ後の契約手続きも自宅にいながらにして行うことができます。これは、仕事や家事などが忙しくてなかなか窓口まで足を運べない方に大きなメリットと言えそうです。

また、もう一つのポイントとして、福岡銀行カードローンの契約には銀行口座を開設する必要がないことが挙げられます。

銀行系のカードローンの中には、来店しなくとも契約ができると言っておきながら、当該銀行の口座を開設していることが条件となっていることが少なくありません。

口座を持っていないことが足かせとなり、契約が頓挫してしまったという方も多いのではないでしょうか。その点、福岡銀行カードローンは、銀行口座を持っていなくても、一切窓口に出向くことなく、申込からカード発行までを行うことができます。

契約時だけでなく、返済時にも口座は必要ありませんから、普段福岡銀行を利用していない方にとっても使いやすいですね。

  • 口座を持っているならさらに便利!

ただし、口座を持っていれば、WEBだけで申込が完結できます。

手続きをよりスムーズに行えるだけでなく、振込でのスピードも短縮することができますので、お急ぎの方で口座をお持ちでない方なら、これを機に口座を開設してしまうのがおすすめです。

収入証明書は限度額が50万円までなら提出する必要がない!

福岡銀行カードローンの申し込みには、利用限度額が50万円までの場合、収入証明書は必要ありません。

カードローンの中には、借入金額の多い少ないにかかわらず、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書の添付を条件としているものも少なくありません。

ところが、突然お金が必要になった時に収入証明書を用意するのはなかなか面倒なものです。福岡銀行カードローンであれば、借入額が50万円までであれば、収入証明書なしで審査を受けることができます。

手続きに必要な書類が少なくて済むというのは、手軽に利用したい方にとって大きなメリットと言えそうですね。

  • 安定した収入があれば申し込み可能

また、年収や職業に関係なく申し込むことができるのも、うれしいポイントです。とくに注目したいのは、年齢の上限年齢が高いという点です。

カードローンの中には、上限年齢を65歳と定めているものが少なくありません。

これは、年金受給者は申し込むことができないということを暗に示しているわけですが、福岡銀行カードローンの契約時の年齢条件は、20歳以上、69歳以下となっています。

つまり、年金で生計を立てている方であっても申し込むことができるのです。この点に大きなメリットを感じる高年齢層の方は多いのではないでしょうか。

さらに、安定した収入さえあれば、フリーターやパート勤務の方でも申込が可能です。

他のカードローンの審査で、年齢制限や安定収入などの面でパスできなかったという経験を持つ方でも、ぜひ試してみる価値がありそうです。

借り入れ・返済が全国のコンビニATMでできる

借り入れ・返済ともに全国の銀行やコンビニエンスストアのATMを利用できるというのも福岡銀行カードローンのメリットの一つです。

カードローンの契約を検討されている方の中には、出張先や旅行先での利用を想定されている方も少なくないはずです。

提携銀行やコンビニATMが利用できる福岡銀行カードローンなら、出張先で思ったよりも出費がかさんでしまった時など、遠方への外出中の突然の入り用に頼もしく応えてくれます。

  • 使えるATMが多くて便利

借入が可能なのは、福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・ゆうちょ銀行のATMのほか、全国の他の銀行、およびコンビニに設置されているATM(セブン銀行・ローソン・E-net・BankTime) です。

福岡銀行のATMでは借入手数料が無料となりますので、福岡銀行のATMを利用しやすい環境にある九州地方にお住まいや通勤されている方にとってはさらに有利と言えそうです。

福岡銀行カードローンを利用する際の注意点

メリットが盛りだくさんの福岡銀行カードローンですが、利用の際には注意すべき点もあるようです。契約を進めてからしまった、ということにならないために、ぜひとも気をつけておきたいことについてまとめました。

審査には最低2日必要で即日融資は不可

福岡銀行カードローンについてもっとも気をつけておきたいのは、即日融資ができないという点です。

大手都市銀行のカードローンでは最短で数時間で借り入れできるものもありますし、地方銀行系のカードローンでも、即日融資が可能なものは少なくありません。

そうした状況に鑑みれば、最短で2日を要するというのは大きなマイナス点。今すぐに現金が必要という方をはじめ、スピードを重視する方は、スルーせざるを得ないでしょう。

福岡銀行の口座が無いともっと時間がかかる

また、最短日数である2営業日で借入するにも、福岡銀行の口座を持っていることが条件となります。

銀行口座がない場合は、窓口もしくは郵送による契約手続きの手間が必要になり、カード発行までさらに時間を要することになります。

電話による在籍確認が必要になる

家族や職場の上司・同僚らにバレずにカードローンを利用したいと考えている方は、福岡銀行カードローンを利用する際に注意が必要です。

というのも、カードローンの審査結果は、必ず電話ないしは郵送で通知されます。

カードは郵送で送られてくる

また、カードローンであることはわからないように工夫されてはいますが、発行されたカードは郵送で受け取る以外に方法はありません。

しかも、受け取りが必要になりますので、万が一、自分が不在にしている時にカードが届くようなことがあれば、カードローンを申し込んだことが家族に知られてしまう可能性があります。

また、利用明細も6ヶ月に1度のペースで郵送されてくる決まりになっていて、拒否することができません。

窓口でのカード受け渡しを可能にしている他の銀行系のカードローンもあることを考えると、このことはデメリットと言わざるを得ません。

うまく自分が受け取れるように日時指定も行うとなると、借り入れまでかなりの時間を要することになるはずです。

また、職場での在籍確認も避けられません。収入証明書を提示することで回避できるカードローンもありますが、福岡銀行カードローンではNG。

必ず職場に在籍確認のための電話がかかってきます。カードローンであることが明らかにわかるような電話のかけ方はされませんが、プライバシー保護という面では、多少不安があることにぜひとも気をつけておきたいものです。

九州・山口県外の居住・通勤者は口座開設が条件

福岡銀行カードローンは、口座開設せずとも申し込むことができますが、これには居住地および勤務先が九州地方もしくは山口県であること、という条件が添えられています。

つまり、これらのエリアに居住地・勤務先がない方がカードローンに申し込もうとする場合、必ず福岡銀行の口座を開設しておく必要があるのです。

この辺りは、やはり地域密着型の銀行ならではの方針と言え、すでに福岡銀行を利用している方や、九州に居住・通勤されている方にとってより有利な条件となっています。

また、融資利率は3.0%からとなっていますが、低い金利が適用されるのは、多額の借入をした場合に限られます。これだけの金額を借り入れられる方はそれほど多くないはずです。

他方、上限金利として設定されている14.5%という利率は、どちらかというと標準的。他行のカードローンと比較してもそれほど際立ったものではありません。金利自体はメリットとは言えなさそうです。

福岡銀行カードローンの申込・返済方法は?

福岡銀行カードローンは、毎月「元利均等分割」での返済が一般的です。毎月一定額を返済できるので、安心感があります。

また、融資額50%までであればボーナス時のみ増額するなど、都合に合わせて柔軟に対応してもらうことが可能です。

例えば、融資利率年7%で50万円借り入れて7年計画で返済する場合、1年めは月々43,300円、7年めには月々7,500円というのが目安となります。

申込から借り入れまでの大まかなステップ

福岡銀行カードローンの申し込みは、福岡銀行の銀行口座を持っているかどうかで違いはありますが、いずれの場合もとても簡単に済ませられます。

口座を持っているなら3つのステップを踏むだけで申込完了です。

WEBで申し込み
審査(電話・郵送で審査結果を受ける)
カード発行

銀行口座を持っている場合は、パソコンやスマートフォンのみですぐに簡単に手続きができるのでとても便利。

ただ、WEBでの申し込み時には、口座番号を入力する必要がありますので、手元にキャッシュカードを用意してから手続きを開始するとスムーズです。

口座を持っていない場合は、次の通りです。

WEBや電話、郵送などで申し込み
審査(電話・郵送で審査結果を受ける)
契約手続き(正式契約書への自署と捺印)
カード発行

口座を持っていない場合は、契約手続きの工程が増えます。郵送や電話で手続きが完了しますので、銀行の窓口へ出向く必要はありません。

発行されたカードが届いたら、あとはコンビニATMからでも借り入れが可能になります。

審査に不安がある場合は、事前にWEBで4つの項目に答えるだけで借入診断ができるので、利用してみましょう。

ただし、ここで借入可能と結果が出た場合でも、実際には希望どおりにならないこともありますので、注意が必要です。

返済方法は直接入金型・口座引落型から選べる

返済方法は、2タイプから選ぶことができます。一つは「直接入金型」。もう一つは「口座引落型」です。

直接入金する場合の返済は、銀行、コンビニのATMから行えます。特にコンビニは時間も気にせずに利用できるので大変便利です。

さらに、全国どこでも利用できるので、出張先や旅行先からでも都合の良いときに手軽に手続きできます。

しかも、この方法を選ぶ場合は銀行口座を持つ必要がありません。返済に利用可能なATMは以下の通りです。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソン
  • Bank Time(福岡県内設置のもののみ対応)

これらを利用する際の注意点が2つあります。一つ目は、本来、福岡銀行・セブン銀行・ローソン・E-netのATMであれば入金手数料はかかりませんが、時間帯によっては手数料が必要になることがあるということ。

もう一つは、利用可能な時間帯がそれぞれのATMによってまちまちであるということです。

せっかくATMを訪れたのに利用時間外で支払遅延が生じてしまった、ということがないよう、事前にきちんと調べておくとよいでしょう。

もう一つの返済方法、銀行口座を利用する「口座引落型」の場合は、自分で返済期日を気にする必要がありません。毎月自動的に引き落としされるので、安心ですし確実です。

もし、すでに福岡銀行の口座を持っているならば、引落型のほうがストレスも少なくて済むでしょう。

いずれにしても、返済はとても楽に行えますので、自分のライフスタイルに合った方法を選んで賢く返済していきましょう。

最短で借入を目指すならおさえておきたいこと

できるだけ早く借入れたいという方は、以下のポイントをおさえておくとよいでしょう。まずは、福岡銀行の口座を持っておくこと。

口座を持っている方が有利

申込時に口座開設する必要はありませんが、借り入れまでのスピードを速めるためにも、返済方法の選択肢を広げるためにも、WEBで申し込む際の借入金額の上限も高くするためにも、口座を開設しておいた方が断然スマートです。

借入までのステップが少なくて済むだけでなく、本人確認に要する証明書類も不要になります。

カードを持っていても、年会費などがかかるということがありませんから、すぐに契約するつもりがない方でも、事前に口座を作っておくのもよいかもしれません。

思い立った時、必要が会った時にATMですぐに利用できるので、即日借入できないという最大のデメリットを補うことができます。

なお、口座をお持ちの方であれば、12:00までに申込を完了させることで、最短で2営業日以内の借入れが可能になります。

口座を持っていない場合は、カードを受け取るまでに1~2週間が必要になると思っておくとよいでしょう。

ストレスなく手続きを進めるためには、必要書類を事前に準備しておくとスムーズです。

また、もし現在、他行のカードローンなどを契約していながら借入はしていないという状況であれば、そちらの契約を解除しておくのがおすすめです。

福岡銀行での借入限度額が増加し、返済能力の審査にも影響します。

福岡銀行カードローンについてのまとめ

福岡銀行が提供しているカードローンサービス、福岡銀行カードローンのメリットについてまとめると、以下のようになります。

  • 申し込みから契約に至るまで、来店も口座開設も不要で、最短2日での借入が可能
  • 借入限度額は最大で1,000万円と地方銀行系カードではトップクラスで、しかも50万円までであれば収入証明書が不要
  • 年収や職業に関係なく申し込むことができて、フリーターはもちろん、満69歳までであれば年金受給者であっても利用が可能
  • 借り入れの用途については不問で(事業資金を除く)、月々の返済額は2,000円からと低額に設定

即日融資を受けることができない、電話による在籍確認があるなど、確かに注意したい点はあります。

とはいえ、福岡銀行カードローンは、借入限度額の高さといい、申込対象者の幅広さといい、それらを相殺して余りある魅力を備えた商品です。

特に利用できるATMが多い九州地方に居住・通勤している方とって使い勝手のよいカードローンと言えるでしょう。

それ以外にも、都市圏はじめ、その他の地域にも支店が設置されています。福岡銀行のカバーエリアに居住・通勤されている方は、ぜひ利用を検討されてみてはどうでしょうか。