フクホーカードローン フリーキャッシング

大阪を拠点に40年以上も続く老舗金融業者のフクホーは、柔軟な対応によって長い歴史を重ねています。

そんなフクホーのフリーキャッシングについて、大手金融業者にはないメリット・デメリットを含めながらご紹介します。

キャッシングのフクホーってどんな会社?

フクホーという名前を聞きなれない方も多いかもしれませんが、実は大阪を拠点に40年以上続く老舗金融業者です。

特に消費者金融業者は、この20年の間に急激に減少しその数も10分の1以下になっています。そのような状況でも、フクホーは安定した経営と柔軟な融資によって中堅金融業者としての地位を確立してきました。

そんなフクホーがどのような会社なのか、まずはご紹介します。

40年以上も続くフクホーとは?

1959年にフクホー株式会社として創業、1970年に設立されました。創業以後、一貫して消費者金融業に取り組んでおり、貸金業法改正後に多くの消費者金融が倒産・廃業に追い込まれる中、フクホーは時代の流れに合わせた安定した経営と柔軟な融資によって中堅消費者金融業者としての地位を確立してきました。

かつては関西地区を中心に複数店舗を展開していましたが、現在は大阪・難波にある本社の1店舗のみとなっています。

取扱商品もフリーキャッシングと賃金業法に基づく借換えローン(いわゆるおまとめローン)の2種類のみで、とてもシンプルです。また店舗数も現在では本社のみと、他社に比べてあまり目立った特徴が無いように思われるかもしれません。

時代に合わせた柔軟な対応

しかし、実際には電話やインターネットによって24時間いつでもどこでも申し込みができる、コンビニで必要書類が受け取れる、即日融資にも対応しているなど、とても利便性が高いのが特徴です。

また女性でも安心して利用できるようにレディースキャッシングの窓口も用意されているほか、破産・債務整理した方に対しても審査が受けられるなど、柔軟な対応を行ってきました。

一見するとわかりづらいですが、このようにフクホーは時代に合わせた柔軟な対応によって40年以上もの歴史を重ねてきた、信頼できる会社と言えます。

フクホーの貸金業登録番号について

正規の消費者金融会社は、必ず「貸金業登録番号」というものがあります。これは貸金業を営むにあたって財務局または知事に申請することで発行されるもので、営業所が複数の都道府県にまたがる場合は「財務局登録」、営業所が単独の都道府県の場合は「都道府県知事登録」となります。

言い換えると、ヤミ金業者など違法業者はこの番号が発行されないため、融資を受ける会社が違法でないかチェックするためにも貸金業登録番号は確認するようにしましょう。なお貸金業登録番号は金融庁のホームページからも検索できます。

フクホーの貸金業登録番号の謎

フクホーの貸金業登録番号は「大阪府知事(04)第12736号」となっていますが、消費者金融に詳しい方はこの数字を見て疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

この貸金業登録番号はかっこ内の数字が1から始まり3年ごとの更新によって数字が大きくなります。そのため業歴の長さを計る目安となり、一般的にはかっこ内の数字が大きいほど長く続いている信頼の高い会社とみなされます。

しかし、フクホーは40年以上の歴史があると言いながら数字が小さく、一見すると違和感を覚えるかもしれません。実はフクホーは以前「近畿財務局登録」としての消費者金融会社として運営しており、関西地区に複数の店舗を構えていました。

その後、店舗縮小によって大阪本社の1店舗となったため「大阪府知事登録」の消費者金融会社として再登録し、改めて貸金業登録番号が1からはじまったということです。

日本貸金業協会と日本消費者金融協会(JCFA)に加盟

フクホーは日本貸金業協会と日本消費者金融協会(JCFA)に加盟しています。

日本貸金業協会とは、消費者金融などキャッシング事業会社を対象とした貸金業界の自主規制機関です。貸金業法に基づく自主規制機関として、2007年12月に内閣総理大臣の認可により設立されました。

日本貸金業協会では、「自主規制基本規則の設定」、「相談対応、苦情処理、紛争解決」、「会員への監査の実施」といった活動を行っています。貸主・借主両者の利益を保護し健全な経済活動を行うことを目的としています。

次に日本消費者金融協会(JCFA)ですが、消費者金融に関する調査・研究・広報・教育などの活動を行うことで、消費者金融業界の健全な発展と国民経済の適正な運営を目的として1969年4月に創立されました。

これまで「消費者の保護と救済」を理念として掲げ自主的な業務規制を徹底するほか、消費者向け金銭教育教材の製作・配布など社会的理解と市場育成にも積極的に取り組んできました。

加盟するためには厳しい審査をクリアしなければならないため、ここの会員になることは消費者金融業界ではステータスともされていました。なお、日本消費者金融協会は2014年3月に発展的解散し、その役割を終えています。

利用者を守るために

どちらも任意であるため加盟の義務はありません。今でこそ自主的に規制を行っている金融業者は多くありますが、フクホーはいち早く取り組んできました。

目先の利益だけでなく利用者を守るという点に積極的なことからも、フクホーは安心して利用できる信頼度の高い金融業者といえます。

フクホーのフリーキャッシングってどんな商品?

フクホーのフリーキャッシングでは、金利7.30~18.00%、貸付金額最大200万円のキャッシング商品です。

これだけ見ると特に目立った特徴はないように思えますが、40年以上も続くにはそれなりの理由がありますので、具体的な特徴とあわせてみてみましょう。

フリーキャッシングの貸付金額と利率について

フクホーのホームページでは、フリーキャッシングの貸付金額が5万円~10万円未満、10万円~100万円未満、100万円?200万円の3種類が記載されており、それぞれ利率も7.30%~20.00%、7.30~18.00%、7.30%~15.00%とされています。

他社の金融商品と同じように、最大貸付額が大きければ大きいほど、金利も安くなりやすい傾向にあります。

しかし、新規で申し込む場合、フクホーのフリーキャッシングでは貸付金額が最大50万円までとなっています。

また、他社のキャッシング商品ほどではありませんが、フクホーのフリーキャッシングでも新規の場合は上限金額まで借りられることは少なく、初回融資時の与信限度額はおよそ30万円前後が相場といえるでしょう。

ただし、大きな遅延もなくコツコツ返済して実績を重ね、他社を含めて目立った負債増加がない場合は、その後の借入限度額の増額は大いに見込めます。

増額や再利用も

取引開始から半年経てば増額審査を受けることが可能で、限度50万円くらいまでの増額であれば取引実績と他の負債の増加次第ともいえるでしょう。

また、フクホーにて一旦取引実績ができれば、完済後の再利用での審査はかなり通過しやすくなる傾向にあります。

一度フクホーにて実績ができたなら、複数社から借り入れたり新たな会社に申し込みをしたりするよりも、フクホーのフリーキャッシングを再利用するほうが負担も少なくなるため、完済後の再利用を見据えて利用することもおすすめと言えます。

フクホーのフリーキャッシングはカードレス

銀行系カードローンや無人契約機を備えた大手消費者金融とは異なり、フクホーのフリーキャッシングでは専用カードの発行がありません。

「元金自由返済方式または元利均等返済方式」を採用

いわゆるカードローンでは「リボルビング払い」を採用し限度額内であればATMにて任意に借入返済ができるのが一般的ですが、フクホーのフリーキャッシングでは「元金自由返済方式または元利均等返済方式」を採用しています。

そのため、一度借り入れた後は原則として月々の返済のみの取引となります。また、カードの発行がないため、融資や返済は店頭窓口か銀行振込となります。

また、リボルビングではないので融資後の枠内追加もありません。フクホーとの取引の途中で中途融資を受けること自体は可能ですが、その場合は新たな契約で借り換えることになり、その都度「契約証書(金銭消費貸借契約証書)」の取り交わしが必要となります。

フクホーのフリーキャッシングは審査が柔軟

長い歴史によってフクホーは中堅金融業者としての地位を確立してきましたが、その理由のひとつに柔軟な審査体制が挙げられます。

ヒアリングを重視した審査

いわゆる大手銀行系の消費者金融よりも、フクホーは審査が通りやすく、新規のキャッシングでも金額が比較的高額となる傾向にあります。

他社では融資を断られた方や、自己破産・債務整理をされた方でもフクホーではキャッシングできたという実績もあります。

これは決してフクホーの審査が甘いのではなく、特に初回申込時においてかなり慎重で丁寧が審査を行っているためです。

実際、属性がほぼ同じでも審査が可決と否決になる人がいたり、可決しても限度額に違いがあったりするなど、審査結果にムラがあるように見えます。これはフクホーの審査がヒアリングを重視しているためです。

一般的に大手消費者金融では、審査においてコンピュータによる自動与信システムを採用しているケースが多くあります。それに対してフクホーでは申込者の返済能力を正確に見極めるため、担当者によるヒアリングを行っています。

申込後の一次審査を通過すると、フクホーの担当者より電話がかかってきます。これによって生活状況など申込者の詳細を担当者が直接話すことで確認し、最終的な与信判断が決定されます。

このように、フクホーでは裾野が広く長期にわたって健全な取引ができるような、柔軟な審査体制が整っています。

申し込みから融資まで手間と時間がかかるかもしれませんが、経済的に不利な方を含めて申込者の返済能力を正確に見極めているため、一度審査が可決し取引が開始すればとても頼もしいパートナーになりえるでしょう。

こんな方におすすめ!フリーキャッシングのメリット

ホームページでは簡易な情報しか掲載されていないため、一見するとフクホーのフリーキャッシングは目立った特徴がないように思えます。

しかし、実際には見えない所にその特徴があり、詳しくみてみることで40年以上も続いていることにも納得できます。

そんなフクホーのフリーキャッシングには、どんなメリットがありどんな人におすすめか整理してみましょう。

本当にお金が必要な人が安心して利用できる!

一般的に、自己破産や債務整理を行った方は、大手消費者金融の審査が通りづらい傾向にあります。しかし、そのような人こそ特にお金を必要としている人が多くいるのが実情です。

前述の通り、フクホーでは柔軟な審査対応によって、属性にあまり影響されることなく、自己破産や債務整理を行った人でも比較的審査が通りやすい傾向にあります。

返済計画が立てやすい

また、フクホーのフリーキャッシングはリボルビングではなく元利均等であるため、取引途中での融資が原則行えないため、つい借りすぎてしまうということも少ないようです。

リボルビングの場合、気軽に借り入れできるためついつい借りすぎていつまでも返済が終わらないというのはよくある話です。

しかし、フクホーのフリーキャッシングでは一度借り入れた後は原則返済のみの取引となり、返済回数も決まっているため、完済までの返済計画がとても立てやすくなっています。

本当にお金を必要としている人が経済的に無理のない範囲で借りられるという点は、地味ですが大きなメリットといえるでしょう。

他社で融資を断られた人やつい借りすぎてしまう傾向にある人も、一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

長期的にみると増額が見込め、おまとめローンも利用しやすい!

フクホーのフリーキャッシングは、初回こそ高額な融資はできませんが、地道に返済し実績を重ねていくことで、後々の融資額の増額が見込めます。

フクホーでは新規で借り入れた後に、最短で3回の支払い実績があれば増額審査対象になる可能性があり、平均すると増額審査対象になるまで半年ほどの支払い実績が必要となる場合が多くなっています。

特に一旦完済することで再審査も通過しやすくなり、利用限度額も高くなる傾向にあります。例えば3年間の取引にて、一度も返済遅れがなく負債増加もない場合は、超優良顧客として増額審査ではかなり有利になるでしょう。

さらにフクホーでは、いわゆるおまとめローンも積極的に取り扱っています。しかしおまとめローンでは「顧客に一方的に有利な借り換え」が条件になっているため、一般的に審査基準が厳しく新規ではなかなか通過できません。

これは審査において安定性を重視しているためであり、特に自社での取引実績が大きく影響します。

取引実績をつくりやすい

フクホーでは柔軟な審査によってその人に適切な融資が行えるため、取引実績をつくりやすいと言えるでしょう。

目先の資金だけではなく将来的なおまとめを見越していくなら、まずはフリーキャッシングの少額融資で最低でも1年以上の支払い実績をつくり、増額を行ったうえでおまとめローンに借り換えするといった使い方がおすすめです。

ただし、他社にて延滞中、無職、健康保険未加入の場合、フクホーでも増額融資を受けることができません。また、それまでの取引に支払い遅れがあったり、住所・勤務先に変更があったりした場合にも増額融資を受けることが難しくなる場合があります。

増額融資を見込んで利用する場合、これらに当てはまらないよう注意しましょう。

来店不要!パソコンや携帯電話で24時間申込可能

フクホーのフリーキャッシングは、いつでもどこでも手軽に申し込むことができます。

パソコンや携帯電話があればインターネット経由で24時間いつでも申し込みができるうえ、入力項目もほとんどが選択制になっているため、操作が苦手な人でも簡単に申し込みができるようになっています。

また電話での申し込みも24時間受け付けているため、インターネットに抵抗がある人でも気軽に申し込むことができます。

セブンイレブンのマルチコピー機に対応

さらに全国のセブンイレブンに設置されているマルチコピー機に対応しており、契約書類の即日受け取りが可能になっています。

融資の仮審査通過後に契約書類の受け渡しを郵送とセブンイレブンのマルチコピー機から選択できますが、お急ぎの場合は後者を選ぶことでお近くのセブンイレブンで出力すればすぐに受け取ることができます。

なおセブンイレブンにて受け取る場合、審査結果時に伝えられる8桁の予約番号が必要となるため、番号を控えることを忘れないようにしましょう。

その他、申し込みの時間帯と審査結果によっては即日融資も可能となっており、日中忙しくて窓口に行くことが難しい社会人の方でもフクホーのフリーキャッシングなら来店せず気軽に利用できるようになっています。

また、フクホーではレディースキャッシングも用意しています。基本的な商品内容はフリーキャッシングと全く同じですが、女性スタッフが対応するためキャッシングを初めて利用する女性の方でも安心して利用できます。不安な点があれば、レディースコールを通して気軽に相談することもできます。

なお、レディースキャッシングの電話での受付時間は平日9〜18時となっており24時間対応ではないため、この点に注意しましょう。

ここに注意!フリーキャッシングのデメリット

これまで紹介してきたように、フクホーのフリーキャッシングでは利用者にとってのメリットがたくさんあります。しかし、利用できる場面が限定的であったりするため、場合によってはデメリットを感じるケースも少なくありません。

想定外の事態にならないためにも、フリーキャッシングのデメリットについて整理してみましょう。

フリーキャッシングは融資を受けるまで時間がかかる

フクホーのフリーキャッシングでは、借り入れの申し込みをしてから実際に融資を受けるまでかなり時間がかかるケースが多いです。

前述の通りフクホーでは申込者の経済能力を見極めるために慎重で丁寧な審査を行っているため、どうしても時間がかかってしまいます。

他社であればコンピュータによる自動審査を行っている所を、フクホーでは電話によるヒアリングを行っているため、人手がかかり他社よりもスピード感が遅く感じることは否めません。

フクホーでも最短即日融資となっていますが、もちろんこれは嘘ではありません。しかし、即日融資を受けられるのは窓口申込の場合のみであるため、店舗近郊にお住まいの方に限られるなど、かなり限定的な条件になってしまいます。

即日融資以外は1週間以上かかる

ほとんどの場合は契約書類を返送しフクホーで受理されてからの融資となるため、実際に融資を受けるのは申し込みをしてから1週間以上かかると見込んでおいたほうが良いでしょう。

フリーキャッシングで審査否決となった場合は連絡が来ない

フリーキャッシングへの申し込みは、ホームページ内の専用フォームや電話での連絡によってフクホーにて受理されます。

この情報を元にフクホーにて審査を行いますが、実は審査結果については審査を通過した人にしか連絡されません。

キャッシングを利用する方のほとんどは、何かしらの事情によって資金がすぐにでも欲しい状況にあると言えるでしょう。そのような状況において、審査を通過したかどうかはとても気になるものです。

余裕を持って申し込む必要あり

万が一審査結果によって借りられないとなった場合、別の消費者金融を利用するなど早急に他での工面が必要になるため、否決の際に連絡がもらえないのはやや不親切に感じられます。

融資まで時間がかかることも考慮すると、フクホーのフリーキャッシングの利用を検討している場合はある程度期間に余裕をもっておいた方が良いと言えます。

フリーキャッシングは他社と比べて必要書類が多い

一般的に、消費者金融での審査において必要となる書類は運転免許証や健康保険証などの身分証明書の写しと、源泉徴収票や2ヶ月分の給与明細といった所得証明書類くらいです。特に所得証明書類は、融資額が高額でなければ不要となるケースも多くあります。

しかし、フクホーの審査では、これらに加えて住民票原本(本籍地記載分)、年金手帳写しなどが必要となります。所得証明書類についても、利用額が少額であってもフクホーでは提出が必要となります。

このようにフクホーの審査では他社に比べて必要書類が多く、書類によっては窓口の受付時間が限られているものもあります。フリーキャッシングを申し込む際には、必要書類をよく確認した上で事前に準備しておきましょう。

フリーキャッシングは自営業者の方や事業目的では利用できない

フクホーのフリーキャッシングは自営業者の方や事業目的で利用することができません。

本来、自営業者の方(中小零細企業や個人事業主)への融資は「事業者金融」となり、「消費者金融」とは別となります。事業者金融の場合、消費者金融よりも貸付金額が高額になる傾向にあります。

そのため、担保や保証人が必要となるのが一般的です。提出書類も「事業計画書」、「収支計画書」、「資金計画書」など多岐にわたり、審査や融資までの時間もかかります。

他社のカードローンやキャッシングでは自営業者の人や事業目的での利用も可能な場合があり、その線引きが曖昧になっているのも事実です。

実際に2010年の改正貸金業法では事業者金融と消費者金融が一緒に上限金利引下げを行っており、行政の立場からも明確には区分けできていません。

フクホーは消費者金融に特化した営業方針をとっている

しかし本来であれば事業者金融と消費者金融は別物です。貸主側としてもノウハウが変わってくるため、フクホーは金融業者としてあくまでも消費者金融に特化した営業方針をとっているということになります。

フリーキャッシングの申込方法

ここまでフクホーが提供するフリーキャッシングのメリットとデメリットについて紹介してきましたが、フリーキャッシングを利用したいとなった場合に気になるのが実際に利用できるようになるまでの手順ではないでしょうか。

前述の通りパソコンや携帯電話があればインターネットから簡単に申し込みができますので、その具体的な手順やインターネット以外での申込方法についてもご紹介します!

まずはフリーキャッシングへ申し込み

フクホーのフリーキャッシングは、申し込み方法としてインターネット、電話、来店の3種類の方法がありますので、それぞれの具体的な手順を紹介します。

  • インターネットの場合
  • お手持ちのパソコンまたは携帯電話にて、フクホーのホームページよりフリーキャッシングの申し込みができます。

    フクホーのホームページにアクセスすると「新規お申し込み」というボタンがありますので、個人情報の取扱い、指定信用情報機関への登録・利用、会員規約について内容を確認したうえで画面の指示に従ってフォームに入力して下さい。

    入力項目のほとんどが選択式になっており、とてもシンプルです。なおこちらの入力情報を元に審査が進められますので、虚偽の情報を入力しないよう素直に答えましょう。

  • 電話の場合
  • 電話での音声通話でも、24時間オペレーターが対応しているためインターネットと同様にいつでも申し込むことができます。ナビダイヤル0570-666-294へご連絡のうえ、ガイダンスにて1を選択してください。

    オペレーターにつながりますので、音声の指示に従って返答してください。もちろん、虚偽の返答は厳禁です。

  • 来店の場合
  • 難波にあるフクホー本店に直接来店して申し込むことも可能です。他の手順と異なりすぐに審査をしてもらえるため、急ぎの場合やキャッシングについて詳しく相談したうえで申し込みたい場合は店舗での申し込みがおすすめです。

    なお即日融資を希望する場合は、基本的に来店での申し込みのみとなります。

なお、店舗にて申し込みをする場合はその場で審査が進むこともありますので、身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート等)、住民票原本、収入証明書(所得証明書、源泉徴収票、給与明細書等)が必要となります。

一次審査が通過すると電話にて連絡

申込内容を元にフクホーにて一次審査が行われ、審査が可決すると電話にて連絡があります。可決の連絡は他社の消費者金融に比べて時間がかかる傾向にあり、当日に連絡がくるとは限りません。

およそ3~4営業日後とみておくといいでしょう。なお前述の通り否決の場合には連絡が入りませんのでご注意下さい。

一次審査可決後の連絡では、フクホー担当者より生活状況についてのヒアリングが行われます。内容については申込者によって異なるようですが、ポイントとしては他の返済や経済状況から収支が成り立つか、返済の意思があるか、といった点が見られているようです。

そのため、相手に悪い印象を与えないように誠意を持って素直に答えましょう。

審査結果後は契約書類をフクホーへ返送すれば融資実行

生活状況のヒアリングが終わると、フクホーより融資限度額を含めた審査結果がでます。

契約手続きの流れ

ここからが正式な契約手続きとなります。書類の受取は郵送またはセブンイレブンでのコンビニ受取が可能となっており、すぐに手続きを進めたい場合はコンビニ受取を選ぶと手続きの時間を短縮することができます。

審査結果によってはコンビニ受取が利用できない場合もありますが、郵送でも速達を希望すればある程度時間を短縮することが可能になっています。

なお、郵送の場合は封筒に宛名と住所しか記載されていないため、家族が受け取ったとしてもキャッシングに関する書類とはわかりづらいようになっています。

なお手続きの過程にて職場への在籍確認連絡が入りますが、事前に担当者に連絡しておけば電話の時間帯や連絡先についても調整してもらえます。会社の人にキャッシングを利用することがバレるのを避けたい場合は、担当者に相談してみましょう。

書類を受け取ったなら、内容の指示に従って身分証明書や収入証明書などの必要書類を添付してフクホーへ返送してください。提出書類がフクホーに到着し、内容に問題がなければ、フクホーより連絡があり振込にて融資が実行されます。

どうしても審査や書類手続きに時間がかかるため、窓口以外での申し込みの場合は融資実行までに1週間くらいはかかるとみておくといいでしょう。

他社で断られてもフクホーなら融資できる可能性あり!

フクホーのフリーキャッシングについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。最後に、ポイントを整理しておきます。

  • 来店不要で24時間申込可能
  • 最短即日融資(ただし窓口申込の場合)
  • 融資限度額が他社と比べ高額の傾向
  • 可決率が高く自己破産や債務整理を行っていても審査可決の可能性あり
  • 長期利用すると増額の見込みが高い

このようにフクホーのフリーキャッシングはさまざまな人にとって利用しやすいキャッシングとなっています。

特に他社で断られた方でもフクホーなら融資してもらえる場合が多くあるため、大手消費者金融などで断られた場合でも申し込みしてみる価値は十分にあると言えます。

初回利用の場合は他社と比べて手続きから融資実行まで時間がかかる傾向にあります。しかし一旦フクホーで返済の実績をつくれば、完済後の再利用での審査はかなり通過しやすくなります。

そして、借入限度額の増額も見込め、おまとめローンとの相性もとても良くなっています。無理な借入は厳禁ですが、カードローンとは異なり自由に借り入れることができないため、つい借りすぎてしまうということも起こりにくくなっています。

長期的にみると取引次第ではとても力強いパートナーになりますので、しっかり返済計画を立てた上でフクホーのフリーキャッシングを利用してみて下さい。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.