南都銀行カードローン E-PACK

南都銀行は奈良県奈良市に本店を置く地方銀行です。

ここでは、南都銀行が提供しているカードローン『E-PACK』の特徴や融資を受ける際に注意しておきたい点、メリットやデメリットなども含めてご紹介します。

奈良県民におなじみ!地元で愛される南都銀行の特徴!

南都銀行は奈良県以外にも、近畿地方の各県に三重県、東京都にも支店を構えています。また、上海や香港に海外支店を置くなど、積極的な事業展開をしています。

他に南都銀行の特徴として挙げられる点は、萬葉集関連の文化活動に力を入れていること。

1982年に奈良県で開催された「わかくさ国体」をきっかけに結成された女子ホッケーチーム「南都銀行SHOOTING STARS」を有しており、こちらが強豪チームとして活躍している点なども見られます。

海外にも進出!豊富な県外支店!

南都銀行は奈良県奈良市に本店を置きますが、南都とは奈良のことを指します。平城京(奈良)は平安京(京都)から見て南に位置するため南都と呼ばれるようになったとのことです。

大正15年に建築された本店は、重厚かつ美麗なギリシャ様式の建物で有形文化財として登録されています。

店舗は奈良県がほとんど

南都銀行の店舗数ですが、全138店舗で、そのうちの92店舗が奈良県内にあります。奈良市内を中心に奈良県内の各市町村や、吉野の桜で有名な吉野郡など山間部もカバーしています。

平成26年度の会社説明会資料によると、県内における貸出金と預金シェアは共に40%代後半と約半分を占めているそうです。

このように奈良県内では知名度も高く、顧客からも親しまれている南都銀行ですが、そのような地位に甘んじることなく奈良県外にも積極的に店舗展開しています。

奈良県以外の店舗は?

奈良県以外の店舗数は46店舗で、出店した都道府県は大阪府、三重県、京都府、兵庫県、和歌山県と近畿地方のほぼ全ての府県に進出。

東京都にも進出を果たしています。奈良県以外で最も支店数が多いのは大阪府で10店舗を展開。主に奈良県に近い大阪府東部と大阪府中心部に出店しています。

海外の店舗もある

そして国内のみならず香港と上海にも出店。海外支店では事業資金の貸し出しなど通常の銀行業務はもちろん、現地情報の提供などコンサルティング的な業務も行っています。

また、南都銀行は全部で10の子会社を有しています。南都銀行のローンの保証業務を行う「南都信用保証株式会社」、人材派遣業の「南都スタッフサービス株式会社」などがあります。周辺事業を中心に、他業種にも参入しているようです。

古都ならでは!萬葉集を軸とした文化活動

南都銀行の公式ホームページでは「萬葉の世界」と題して、萬葉集にまつわることが5コーナーに分けて紹介されています。

萬葉のQ&A

1つ目のコーナー「萬葉のQ&A」では、萬葉集のことをQ&A形式で紹介。「萬葉集とは」「萬葉人の暮らし」という2つのパートに分かれ、萬葉集の豆知識や萬葉集が作られた時代の習俗などが紹介されています。

萬葉オンラインセミナー

2つ目のコーナーは「萬葉オンラインセミナー」です。このコーナーでは、萬葉集関連の著書を数多く出している随筆家の山崎しげ子が大和三山について語っています。

<ナント>萬葉ライブラリー

3つ目のコーナーは「<ナント>萬葉ライブラリー」です。南都銀行は萬葉集関連の書籍を多数所有していて、閲覧と貸出を随時行っています。こちらのコーナーでは蔵書の一覧を見ることができます。

探訪 萬葉の世界

4つ目のコーナーは「探訪 萬葉の世界」です。こちらのコーナーでは平城京、天の香久山、明日香川など萬葉集ゆかりの地について紹介。それぞれの場所について詠まれた歌も同時に紹介されています。

<ナント>萬葉サークル

5つ目のコーナーは「<ナント>萬葉サークル」です。こちらのコーナーでは「萬葉ウォーク」について紹介されています。「萬葉ウォーク」とは南都銀行が主催する地域交流を目的とした観光イベントで、葉集ゆかりの地を歩いて巡るといった内容です。

毎回講師を招いて、各所でその場所にまつわる歌の紹介などをしてもらえるという内容になっています。開催時期についてですが、1988年から毎年春と秋の年2回の開催となっているそうです。

このように、南都銀行では古都奈良に本拠地を構える地方銀行として、萬葉集を軸とした文化活動を積極的に行っています。

五輪選手も輩出!強豪ホッケーチーム!

南都銀行は女子ホッケーチーム「SHOOTING STARS」を有しています。2017年4月現在の部員は20名。ホッケー日本リーグに所属しており、全10チーム中ほぼ毎年3位以上に入っている強豪チームです。

日本代表選手も多数輩出しており、2017年2月25日発表の代表チームには高田結菜、西永優衣、平原文音、浦島千春選手の4名が選抜されています。2012年には眞鍋敬子選手と大塚志穂選手がロンドン五輪代表に選出されたこともありました。

創設されたのは1982年。1984年に行われた「わかくさ国体」への参加が念頭にあったようで、設立当初の部員はたったの3名。

ホッケーは11人制なので全然人数が足りませんでしたが、1983年に4名入部、1984年に5名入部したことでようやく自前のチーム編成が可能になりました。

そして1984年の「わかくさ国体」には奈良県代表チームに選手を5名派遣し、奈良県代表チームが優勝という結果をおさめました。以後、国体や全日本実業団選手権大会、全日本社会人選手権大会で何度も優勝を果たしています。

小学生対象の「NANTOホッケースクール」というホッケー体験教室も開催しており、こちらでは「SHOOTING STARS」の選手に直接指導してもらうことができます。

南都銀行のカードローン『E-PACK』の特徴

南都銀行は「住宅ローン」に「マイカーローン」、「教育ローン」や「女性専用ローン」などのさまざまなローンを提供しています。

カードローンは『E-PACK』「キャッシュクイック」の2種類があり、目的に応じて選ぶことが可能です。こちらでは、南都銀行の『E-PACK』の具体的な特徴や、内容についてお伝えしていきます。

南都銀行『E-PACK』はどんなカードローン?

南都銀行が提供するカードローン、『E-PACK』は契約手数料が無料です。取引方法が銀行窓口だけでなく、ATM、ネットバンキングなど豊富に用意されています。

借入金の使い道は基本的に自由なので、急な出費ができたときなどにも助かるのではないでしょうか。

その他の『E-PACK』の特徴ですが、300万円までの借り入れなら所得証明書の提出が不要です。所得証明書の取得は手間がかかるので、これはありがたいサービスですよね。

また、公共料金などの引き落とし時に残高が足りない場合、『E-PACK』に申し込んでいれば返済用の口座から不足分が自動融資されます。もし、万が一という時でも安心できますね。

金利が4%~14%と低めに設定されているところや、ポイントサークルに加入するとポイントによってさまざまな特典が受けられます。数ある特典の中でも1番ありがたいのが金利優遇の特典です。

もともと低めの金利がさらに下がり、最大で2%ほど優遇されます。

また、南都銀行のクレジットカード「Cotoca」を契約すると金利がさらに0.3%優遇されるので、ポイントサークルと組み合わせると最大で2.3%も金利が優遇されてお得です。

このようにお得な点がたくさんある『E-PACK』ですが、注意しなければならない点もあります。パート収入や年金収入の方、ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方以外の方は融資を受けることができません。

最低返済額も1万円~に設定されているなど、他行と比較すると高めの設定になっています。申し込み自体はネットから可能ですが、最終的に南都銀行の窓口に来店しないと手続きが完了しません。

このような特徴がある『E-PACK』ですが、メリットや注意点などについても解説していきます。

ATMやネットバンキングなど取引方法多彩

南都銀行『E-PACK』は取引方法が充実しています。どのような方法があるのか見ていきましょう。

南都銀行窓口・ATM

南都銀行窓口での借り入れや返済はもちろん、ATMでの借り入れや返済にも対応。

コンビニATM

コンビニはローソンATMにセブンイレブンなどのセブン銀行、ファミリーマートなどのE-netに対応しています。

ゆうちょ銀行ATM

他にはゆうちょ銀行のATMも対応が可能です。他の銀行のATMであっても提携金融機関のATMであれば取引可能ですが、返済時の利用は不可となるのでご注意ください。

ネットバンキング

そして、南都銀行『E-PACK』はネットバンキングにも対応しています。パソコンからでもスマホからでも借り入れや返済ができるので便利ですが、ネットバンキングは南都銀行に口座を持っている方限定のサービスです。

『E-PACK』の指定口座を他行の口座にしてしまうと利用できないので、あらかじめ注意が必要です。

このようにE-PACKにはさまざまな取引方法が用意されているので、借り入れや返済をスムーズに行うことができるのではないでしょうか。

借りたお金の使い道は自由!

南都銀行『E-PACK』は基本的に使い道自由なカードローンです。例えば自分や家族の入院費、事故などで故障した車の修理代などといったトラブル時の利用でも大丈夫です。

大切な人への誕生日プレゼント代や、思いがけない交際費などの利用も可能。車代に洋服代、ゲームの課金にライブ代などの趣味の利用でも特に問題ありません。

金利が低めなことからローンのおまとめにも適していますが、業資金と投資目的での利用は不可能となっています。

南都銀行のカードローン『E-PACK』はメリット多数

南都銀行の『E-PACK』にはメリットも多数あります。まず借り入れが300万円までなら、所得証明書の提出が不要です。

他には金利が4%~14%と低めの設定で、さらにポイントサークルに加入するとポイントに応じて「金利を最大2.3%優遇」などの様々な特典があります。

借り入れ300万円までなら所得証明書の提出が不要

南部銀行のE-PACKは、300万円までの借り入れであれば所得証明書の提出が不要です。多くの銀行系カードローンでは、100万円~200万円以上の利用で所得証明書の提出が必要。

消費者金融系のカードローンでは50万円~で所得証明書が必要となることが多いようです。それらと比較すると、E-PACKは良心的で利用しやすいといえるのではないでしょうか。

所得証明書とは、給与明細を想像される方もいるかもしれません。所得証明書とは公的所得証明書、源泉徴収票、確定申告書写、納税証明書などのことで、これらの書類は取得のために公的機関に足を運んで入手するようになります。

その点、『E-PACK』は300万円までの融資で所得証明書の提出が不要です。手間を省くことができることも、魅力のひとつですよね。

南都銀行『E-PACK』は金利が低め

南都銀行『E-PACK』は、金利が4%~14%と低めに設定されています。中でも注目すべきは最高利率で、最も利用シーンが多い100万円未満の借り入れで適用されることが多く、初めて利用される方にとっては特に重要なポイントです。

『E-PACK』では10万円~30万円の金利が14%、50万円で13%、70万円で11%、100万円では10%にまでに下がります。これは他の地方銀行系のカードローンと比べてかなり低めです。

他の銀行とも比較してみましょう。例えば、スルガ銀行のカードローン「リザードプラン」の最高利率は14.9%、福井銀行のカードローンの最高利率は14.6%、北洋銀行のカードローン「スーパーアルカ」の最高利率は14.7%になっています。

そして「スーパーアルカ」の場合は100万円未満の借り入れで14.6%となるので、99万円借りた場合、『E-PACK』が3.6%もお得になるのです。

大手銀行と比較しても、最高利率の面では有利です。三井住友銀行のカードローンは100万円以下で12%~14.5%、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は10万円以上100万円以下で13.6%~14.6%となっています。

このように南都銀行のE-PACKは最高利率が比較的低めに設定されているため、カードローンを初めて利用される方にとっても良心的なサービスといえるのではないでしょうか。

ポイントサークル加入で金利が最大2%優遇される

南都銀行は<ナント>ポイントサークルというポイントサービスを提供しています。このポイントサークルに加入すると取引ごとにポイントが加算されます。

50ポイント以上で「ステージ1」100ポイント以上で「ステージ2」150ポイント以上で「ステージ3」とステージが上がります。そしてステージに応じてさまざまな特典を受けることが可能です。

金利優遇が嬉しい

まずE-PACK利用者にとって嬉しい特典は、金利が最大で2%優遇されることです。「ステージ1」では0.5%、「ステージ2」では1%、「ステージ3」では2%の金利が優遇されます。

これほど大きな金利優遇制度があるカードローンは、他行などと比較してもそう多くはありません。カードローンの利用が長期に渡る見込みのある方にとっては、大きなメリットがあるのではないでしょうか。

ATM利用手数料などが無料に

次に挙げるのは、各種ATM利用手数料などの無料化特典です。南都銀行ATMの時間外手数料が無料化となり、「ステージ1」ではコンビニATMの利用手数料が無料。「ステージ2」「ステージ3」ではそれに加えて南都銀行ATMとコンビニATMの時間外手数料が無料です。

その他に平日7:00~8:45と18:00以降、そして土日祝祭日および振替休日の引き出し時にかかる時間外手数料が無料となります。

貸金庫利用手数料が安くなる

また、「ステージ3」の方に適用されますが、貸金庫利用手数料が半額となる特典も用意されています。

金庫のサイズによって料金は異なりますが、例えば「全自動式の第1種」では、年間税込12,960円かかる利用手数料が税込6,480円となることでお得です。

このように南都銀行の<ナント>ポイントサークルにはさまざまな特典が用意されています。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

クレジットカード「Cotoca」の契約で金利が0.3%優遇

南都銀行は「Cotoca」というキャッシュカード一体型のクレジットカードを発行しています。『E-PACK』はCotocaを契約した上で利用すると、金利がさらに0.3%優遇。先述のポイントサークルと組み合わせると、最大で2.3%も金利が優遇されます。

「Cotoca」は一般カードの場合、年会費が税抜1,250円発生します。そこで、携帯電話の利用料金を「Cotoca」で決済、または年間12万円以上の買い物をCotocaで行うと年会費が無料となるのです。

どちらの条件も比較的簡単なものなので、年会費を無料にするハードルは低めになるのではないでしょうか。

そして「Cotoca」を契約すると、ポイントサークルでポイントが貯まりやすくなります。例えば「Cotoca」の契約で10ポイント、利用で20ポイント、年間20万円以上の利用でさらに10ポイントというように、使えば使っただけ貯まっていくのです。

このように、「Cotoca」を契約することにもさまざまなメリットがあります。『E-PACK』を契約する際は、「Cotoca」も合わせて検討してみることをおすすめします。

南都銀行『E-PACK』を利用する際の注意点

300万円までの借り入れなら所得証明書の提出不要、金利が低めで取引方法も充実しており使い勝手抜群の『E-PACK』ですが、注意点が3つあります。

1つは「パート収入や年金収入の方、ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方以外は利用不可」という点です。

2つめは「最低返済額が1万円からと少々高め」という点です。

3つめは「最終的に南都銀行の窓口に来店しないと申込が完了しない」という点です。以下、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

パート収入や年金収入をはじめ年齢次第で利用不可

まずは1つめの注意点の「パート収入や年金収入の方や20歳以上60歳未満の方以外は利用不可」について説明します。

カードローン業界においてアルバイト・パートでも安定した収入があるなら申請可能というサービスを多数見かけますが、南都銀行『E-PACK』ではパート収入や年金収入の方は申請不可能です。

公式ホームページの「ご利用いただける方」の項目に「安定継続した収入(年金・パート収入を除く)がある方」といった記載もあります。

長年パートで安定的に収入を得られている方もいますが、『E-PACK』ではサービス対象外となっていますのでご注意ください。

年齢に関しては、20歳以上60歳未満の方以外は利用不可です。こちらも公式ホームページの「ご利用いただける方」の項目に「ご契約時の年齢が満20歳以上60歳未満の方」と記載があります。

年齢制限を20歳以上65歳未満、または20歳以上70歳未満に設定しているカードローンもあるので、他では利用可能だった方も『E-PACK』では利用条件に合致しないことをご注意ください。

また、E-PACKの利用にあたっては「南都ディーシーカード」もしくは「アコム」といった保証会社の保証を受けることが必要です。

『E-PACK』の利用条件に合致しなかった方は、同じ南都銀行が提供するカードローン「キャッシュクイック」もあります。こちらは主婦にパート、契約社員の方も利用できますし、年齢も70歳未満の方であれば利用が可能です。

南都銀行『E-PACK』の最低返済額は1万円から

南都銀行のE-PACKは、10万円~50万円を借り入れた際の最低返済額が1万円~となっています。他のカードローンでは10万円以下の借り入れであれば最低返済金額が2,000円ということも少なくありません。

例えば、メガバンクの三井住友銀行のカードローンは10万円借り入れた際の最低返済額は2,000円。

そして以後50万円までは、借り入れ10万円ごとに2,000円ずつ上がっていきます。地方銀行と比較してみると、北洋銀行のカードローン「スーパーアルカ」は2,000円以上10万円以下で借り入れた際の最低返済金額は2,000円。

以後、200万円までは10万円ごとに2,000円ずつ返済額が上がっていきます。

『E-PACK』の最低返済金額1万円~というのは一般的な金額ですが、返済に回すお金を1万円以上確保できそうにないという方は注意が必要です。

最終的に南都銀行に来店する必要がある

南都銀行『E-PACK』利用の際の最大の注意点ですが、ネットで申し込みそのものはできても、最終的に南都銀行に来店しなければ手続きが完了しません。

即日融資というカードローンが当たり前になっていますが、『E-PACK』では日数がかかってしまうという点があります。

他にも返済指定口座を作成する必要があるので、そのための時間も確保しないといけません。また、来店しての手続きが必要になってくるので、どうしても現金を手にするまでに時間がかかってしまいます。

急な出費ができて、お金が必要になってから『E-PACK』を申し込んでも、間に合わないということがあるかもしれません。

お住まいの地域や勤務先などの近くに南都銀行の支店があれば、時間があるときに作っておいてもいいのではないでしょうか。もしもの時に、1枚持っていると便利なカードローンです。

南都銀行『E-PACK』の申し込み方法は?

南都銀行『E-PACK』は公式ホームページ内の申請フォームから申し込みができます。何を記入するのかが気になるところですし、最終的には来店が必要になるので、どんな書類が必要かも気になるのではないでしょうか。

そして申請全体の流れも事前に知っておきたいところですね。そこで申請フォームの記入内容、来店時の必要資料及び書類、申請全体の流れをご紹介します。

南都銀行『E-PACK』申し込みの流れについて

南都銀行『E-PACK』の申し込みの流れについて説明します。

事前審査の申し込み

まずは公式ホームページ『E-PACK』内の「ネットでらくらくお申し込み」というオレンジ色のボタンをクリックします。すると事前注意事項が表示されるので、よく読んでからオレンジ色の「同意して入力画面へ」ボタンをクリックしましょう。

次に入力フォームが表示されるので必要事項を入力して赤色の「入力内容のご確認」ボタンをクリック。入力内容に不足があると先に進めないので注意しましょう。

内容をよく確認して赤色の「入力内容のご確認」ボタンを押して次に進みます。入力した内容に誤りがないかを確認し、赤色の「お申込み」ボタンを押したら事前審査申し込み完了です。

仮審査結果の連絡

ネットからの申し込みの他に郵送、ファックスでの申し込みも可能。次に仮審査結果の連絡があります。その際の連絡方法ですが、電話もしくは自宅への郵送となります。

正式申し込み

そして仮承認されたら、正式申し込みのために来店が必要となります。必ず借り入れを希望する本人が来店しないといけません。来店の際に、確認資料などを持参しなければなりません。疑問や不安があれば、ここで聞いておきましょう。

また、仮審査が通ったとしても、申告内容と確認資料の内容が違う場合は借り入れができない可能性もあるのでご注意ください。

カード発行

最後に『E-PACK』のカードが発行されれば手続きは完了です。提携ATMやネットバンキングなどでの取引が可能となります。

申込フォームには何を入力する必要がある?

申込フォームに何を入力するのかよく分からないという方も少なくないのではないでしょうか。ここでは入力する内容をご紹介します。

基本情報

申込フォームを確認してみるとまずは名前、既婚未婚および性別、生年月日、住所、自宅電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、家族構成、現在居住している家のステータスなどを入力するようになっています。

勤務先情報

次に勤務先情報について入力します。具体的には職業(正社員、自営業など)、勤務先名称、住所、電話番号、所属部課、いつ入社したか、年収はいくらか、社員数、業種、職種、収入形態、保険の種類などです。

借り入れについて

そして他の金融機関からお金を借りていないかどうか、借り入れはいくらを希望するのか、何がきっかけで『E-PACK』のことを知ったのか、申し込み理由は何か、日中の連絡先はどこを希望するか、などといったことを入力する必要があります。

在籍確認について

最後に「お勤め先へご在籍確認をさせていただく場合」という項目があります。ここで南都銀行と「名乗る」「名乗らない」を選択することができます。「名乗らない」を選んだ場合は担当者の個人名で電話がかかってきます。

ご自身の就業環境に合わせて最適な選択をしましょう。

来店時に必要なものをチェック!

来店時に必要なものは、返済指定口座通帳と届印、健康保険証、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの公的本人確認資料、公的所得証明書や確定申告書などの所得を証明する書類です。

給与明細は所得を証明する書類としてはみなしてもらえないので注意しましょう。

メリットのところでも述べましたが、300万円以下の借り入れであれば所得を証明する書類は必要ありません。そして、ネットでの申し込みの段階ではこれらのものはまだ不要です。

南都銀行の『E-PACK』は低めの金利を希望する方におすすめ

まとめると、南都銀行のE-PACKには以下のメリットがあります。

  • 300万円までの借り入れであれば所得証明書の提出が不要
  • 金利が比較的低め
  • ポイントサークル加入で最大2%金利優遇などさまざまな特典あり
  • Cotoca契約で0.3%金利優遇
  • ATMやネットバンキングなど取引方法が多彩

特にポイントサークルとCotocaの合算で、最大2.3%にもなる金利優遇制度は利用者にとって大きなメリットといえます。300万円までの借り入れなら所得証明書の提出がであることも嬉しいポイントです。

ただしパート収入や年金収入の方や、ご契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方は利用不可。そして最終的に来店が必須となってくることなどです。

こうしたポイントを念頭におくと南都銀行のE-PACKは、

  • 正社員として安定的に収入を得ている
  • 300万円までの借り入れを希望している
  • 南都銀行の店舗が自宅や勤務先の近くにある
  • ネットバンキングやATMでいつでもどこでも気軽に取引がしたい

といった方々におすすめのカードローンといえます。

融資が通り、ポイントサークルなどに加入すれば低い金利で取引が行えることも魅力です。取引方法も多彩で、利便性も申し分のないカードローン『E-PACK』の申込をぜひ検討してみてください。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.