ブラックカードの上のランクってあるの?クレジットカードのステータス一覧
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】クレジットカードブラックカードの上のランクってあるの?クレジットカードのステータス一覧

ブラックカードの上のランクってあるの?クレジットカードのステータス一覧

ブラックカードの上位ランクは存在する?クレジットカードのステータス一覧

ブラックカードの上位ランクは存在する?クレジットカードのステータス一覧

年会費永年無料で、加入時にお得なポイントがついてくるクレジットカードに魅力を感じる方も多いでしょう。世の中には、上には上を行くクレジットカードがあることをご存じですか。お得感という意味ではなく、「ステータス」という意味においてです。

今回は、当初アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(以下、アメックスと記載)が発行した「アメックスセンチュリオンカード」に端を発するいわゆる「ブラックカード」を頂点とするクレジットカードとそのステータスについて解説します。「ブラック」といっても「ブラック企業」などで使われるダーティなイメージではなく、アメックスセンチュリオンカードなどの色が黒であることからこういわれています。

ブラックカードより上のランクはあるの?

まずブラックカードの位置付けについてご紹介します。

ブラックカードは、アメックスカードの例でいうと、「プラチナカード」の上位にランク付けされます。しかし、アメックスカードの日本のホームページを参照しても、アメックスセンチュリオンカードは紹介されていません。それは、知る人ぞ知るステータスカードだからです。

では、アメックスセンチュリオンカードに代表されるブラックカードより上のランクはあるのでしょうか。実は、アメックスにはこれ以上のカードはありませんが、JPモルガン(バンク・オブ・アメリカを抜き、アメリカ最大の資産を擁する金融会社)が発行する「パラジウムカード」がブラックカードより上ということになっています。

このパラジウムカードは、JPモルガン自身が発行するブラックカードより取得条件が厳しいので、ブラックカードより上ということになります。このほかのランクを含め、クレジットカードのステータスを詳しく見ていきましょう。

ステータスは何を基準に決められる?

返済能力

世の中には、銀行が発行する銀行系クレジットカード、信販系クレジットカード、消費者金融系クレジットカードなど多くのクレジットカードがありますが、クレジットカードそれぞれのステータス(ランク)は、持つ人の資産状況、すなわち返済能力別に分けられています。

クレジットカードそれぞれの年会費額やサービス(特典)の違いをセールスポイントにしていて、多少の相違はあるものの、全体的にはそのクレジットカードを持つ人の返済能力に応じた内容になっています。

すなわち、どのステータスのどのカードを持つかは、一見利用者に選択権があるように思えますが、実際はクレジットカード発行会社の厳格な個人審査によりカードのステータスとともに、同じステータスの中でも利用限度額の違いが決められてしまいます

個人審査の厳格さより利用者ニーズに沿ったサービスを迅速に実行することを売りにする一部の消費者金融系のクレジットカードは別にして、利用者が選べることといえば、同じステータスの同じ利用限度額のクレジットカードの中で、多少のサービス(特典)の違いから自分はどのサービスを受けたら満足度が高いかなど、サービスの利用頻度、ポイントの還元率などでどれを選択するかという程度です。

利用額

先に述べたブラックカードクラスになると、利用者側からこのブラックカードを持ちたいといっても持たせてくれません。ブラックカードは、現在のクレジットカードの利用期間、毎年の利用額、経年の利用累積額によりカードのランクを上げてきた利用者に、カード発行会社が、「インビテーション」という形で利用者を招待します。したがってブラックカードは、招待された利用者だけが持つことのできる最高峰のステータスカードということになります。

では、クレジットカードをステータス別に見ていくことにしましょう。

クレジットカードのステータス一覧

クレジットカードのステータス(ランク)は、ブラックカード(JPモルガンの場合は、パラジウムカード)を頂点に通常は、「ブラックカード」「プラチナカード」「ゴールドカード」「一般のカード」という分け方をしています。

一般のカード

カード概要

カード概要

発行されているカードの種類が最も多く、クレジットカードを初めて持とうとする初心利用者から、利用経験の豊富なクライアントまで、幅広くそれぞれのニーズに応えるサービスで契約に結びつけようとします。同じステータスのほかのクレジットカードとの差別化をして、利用者の拡大を図ろうとするためクレジットカードの特徴が顕著に表れます。

審査基準

クレジットカードを申し込むとクレジット会社により、クレジットカード発行とそのクレジットカードで利用できる金額の限度額を決めるための個人審査が行われます。その審査項目は、どの会社も信用力(すなわち、資力、性格、資産)についての項目ですが、審査項目のそれぞれの重要性が会社によって異なります。

このうち、「性格」とは何でしょうか。各クレジットカード会社の審査基準で、この「性格」については、それほど変わらない基準があります。「性格」とは、お金に関する現在の事実を正しく申告し、返済日を意識し、まじめに借りたものは返すという性格の持ち主かということです。

そして、この性格を知るには、過去のクレジットカード利用時の返済の記録(個人信用情報機関の記録)と、今回の申込書の記述の内容が整合し信用に足るかということになります。今回の申込書で、必ず現在の借入額(借金)の状況を聞かれます。

ここで、事実と大きく異なる金額を書くと、個人信用情報機関の記録と突き合わされるのですぐにバレてしまい、「この性格の人にはカードを発行できない」ということになります。

年会費

永年無料のカードが多く、目的別に特典が特化されたカードでは、年会費が数千円になるカードもあります。有料の年会費でも、年間の利用額やリボ払い設定などにより、実質の年会費が無料になる場合もあります。

特徴

銀行系クレジットカードは、JCBカード(現在の三菱UFJ銀行系)、三井住友カード、UCカード、三菱UFJニコスカードなど銀行を設立母体とするもので、クレジットの名にふさわしい信頼度の高いクレジットカードといえます。特にJCBカードは、日本が生んだ国際ブランドで、VisaやMasterCardとともに、ほかの多くのクレジットカード会社と提携を結んでいます。

流通系クレジットカードは、イオンやセゾン、楽天といった小売業者が発行しているクレジットカードで、VisaやMasterCardなどとの提携で利用店舗の範囲の広さを誇ると同時に、自社系列店でのショッピングに大きな特典を与えることで、他社カードとの差別化を図っています。

信販系クレジットカードは、クレジットカードの老舗が多く、JCBカード(かつての日本信販)、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレスカードも信販系カードです。このほかにオリコカード、クオークカード、ジャックスカードなど、信販系カードは、信頼度が高く、取扱高の多いカードがそろっています。同様に信頼度の高い銀行系カードでは、リボ払いや分割払い時の手数料が14%程度ですが、信販系カードは、15%程度と少し手数料が高くなる特徴があります。

消費者金融系クレジットカードは、即日発行を売りにするものが多く、そのことからもわかる通り消費者金融系カードの利用者の目的は、「即現金がほしい」ということなので、そのようなニーズに応えるためのものと考えましょう。

このほか利用目的に特化したクレジットカードでは、日本航空のマイレージが貯まるJALカードやJCBカード、全日空のマイレージが貯まるANAカードや楽天ANAマイレージカードなど、またオンラインショッピングの利用で大きな還元率を誇るYahoo! JAPANカードなどもあります。

利用者は、契約の前に自分の目的を明確にし、ニーズに合ったクレジットカードを持つと良いでしょう。一般のカードならば、2~3枚持っていても特におかしいことではありません。そのニーズを満たすクレジットカードが、信頼度が高く年会費永年無料ならいうことはないでしょう。

ゴールドカード

カードの概要

一般のカードの上のステータスとして、社会的信用度の高さを示すカードです。

審査基準

一般のカードよりランクを上に維持するために、入会時の年齢や収入の安定性を重視しています。

年会費例

1万円から3万円といったところでしょう。サービス内容にこだわらなければ、年会費数千円のゴールドカードを選ぶ手もあります。さまざまなクレジットカード会社がゴールドカードを発行していますが、群を抜いて年会費が高いカードがアメックス・ゴールドカードです。アメックス・ゴールドカードの年会費は、2万9,000円で、家族カードは1枚まで年会費無料になります(2枚目以降は、1枚につき年会費1万2,000円)です。

特徴

年会費に見合った特典として、ゴールドというステータスとともに、旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯保険の補償額が高くなり、発行会社の特徴を表す優待特典のグレードも上がります。例えば、アメックス・ゴールドカードでは、映画の特別優待券や入手困難なワイン、オペラ・バレエのチケット優先購入など会員限定の特典が用意されています。

プラチナカード

カードの概要

カードの概要

ゴールドカードで利用額や利用頻度での実績(2年間で年平均利用額100万円以上など)を重ねることで、そのカード会社から「インビテーション」が届き、書類に必要事項を記入して返送した利用者の中で、カード会社の審査が無事通過すればプラチナカード発行という手順が基本ですが、昨今では、利用者の希望により新規に入会を受付けているプラチナカードも多くなりました。

審査基準

「インビテーション」を受けるということは、審査基準を満たすと評価されたからであり、「インビテーション」に応えれば、審査は通ると思われますが、ゴールドカードを持たずにプラチナカードを申し込みされる方は、年収と勤務先(収入の安定性)や住居形態(資産価値)が重要な要素になるでしょう。

年会費例

2万円から5万円といったところでしょう。年会費を負担に感じる方もいるかもしれませんが、リボ払いやWeb明細を選択することで年会費を抑えられるケースもあります。なお、アメックス・プラチナカードは、年会費が13万円で、プラチナカードを2枚持つことができ、家族カードは4枚まで年会費が無料です。

特徴

ゴールドカードの特典に加え、さらに特典の幅が広がります。

例えば、ゴールドカードを持っていなくても申し込みができるJCBプラチナカードでは、「コンシェルジュサービス」といって、レストラン探しと予約、ホテル探しと予約、宿泊プランの立案などを必要に応じて依頼できるサービスを提供しています。また、カード会社が提携している高級レストランや料亭などのコース料理を2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になるという特典もあります。

クレジットカードとしての利用限度額は、一律には言えませんが年間500万円程度になります。

ブラックカード

カードの概要

カードの概要

プラチナカードを持って、利用額、利用頻度の実績を積み重ねて、カード会社から送られてくる「インビテーション」を待ちましょう。自ら利用申し込みをするなど、利用者の希望だけで持つことができるカードではありません

審査基準

審査基準

ブラックカードの「インビテーション」が来やすくするための、クレジットカードとの付き合い方は、利用額のほかには、カードローンの残高が少ないこと、キャッシングを利用していないこと、一括決済をしていることも重要な審査基準になります。

年会費例

5万円から15万円といったところですが、アメックスセンチュリオンカードは、年会費35万円、初年度の入会金として50万円が設定されています。

特徴

利用限度額は実質無制限です。ブラックカードの持ち主に利用制限をかける理由がないからです。プラチナカードにもある特典の「コンシェルジュサービス」で、アメックスセンチュリオンカードでは、利用者ひとり一人に専属の担当者(私設秘書あるいは執事といっても良いかもしれません)がつき、レストランやホテルの面倒な予約や手配の要望にいつでも応えてくれます。

このほか、ホテルでのサービス内容、付帯保険額などプラチナカードでの特典とはケタ違いのサービス内容が用意されています。

年収・属性別のおすすめクレジットカード

クレジットカードのステータスを利用者の年収で分けるのはわかりやすいかもしれませんが、クレジットカード会社による個人審査の要素は、信用力(資力、性格、試算)であり、年収=資力ではありません。以下では、一応の目安としての年収と属性との組み合わせでおすすめのクレジットカードを考えてみましょう。

一般のカード

一般のカード

多くの一般のカードでは、利用者のニーズによっておすすめのカードが変わってきます。18歳以上で安定した収入があることが必要です。専業主婦の場合は、夫に安定した収入があることが必要です。

主にショッピングで利用

主にショッピングで利用

流通系のクレジットカードの中から、自分のライフスタイルに合ったお店に関する特典が付加されているクレジットカードを探してみてください。この場合、年会費は永年無料がベストでしょう。

キャッシングの利用もあるかむしろキャッシングで利用

早急に現金が必要とか、次の給与日までのつなぎとしてちょっとした現金が必要というときのために、審査の早いカードを求めるなら、消費者金融系のカードがそのニーズを叶えます

カードの申し込み時点で他からの借入額(借金)が年収の3分の1以上あると審査が通りにくくなります。逆に、借入額が年収の3分の1を超えていると申告しているのに審査が通るカードは、避けたほうが良いかもしれません。

ゴールドカード

30歳を超え、仕事も充実してくると「ステータス」としてのゴールドカードが必要になるかもしれません。ショッピングもさることながら、仕事でのお付き合いや友人との食事の支払い時にゴールドカードを使う優越感、満足感は一般のカードには代えがたいものがあります。年収は、安定継続収入として400万円から500万円以上ある人が想定されます。

プラチナカード

基本的には「インビテーション」が必要ですが、ゴールドカードを持たずにプラチナカードを申し込みされる方は、年収が最低800万円から1,000万円以上ある人が想定されます。年収800万円の方は、勤務先(収入の安定性)や住居形態(資産価値)も重要になるでしょう。

ブラックカード

「インビテーション」が必要なので、年収がいくら以上といってもそれだけで入手できるわけではありませんが、あえていえば、ブラックカードの取得には年収1,000万円~2,000万円以上は必要になります。

ステータス性の高いクレジットカードを持とう!

ステータス性の高いクレジットカードを持とう!

今回は、クレジットカードの種類とステータスについてご紹介しました。

クレジットカードは、ショッピングやキャッシングに使えるカードですから、利用者の信用力に見合った利用限度額がクレジットカード会社により設定されます。

銀行業法や貸金業法が整備された中で、自分のライフサイクルやニーズに合ったクレジットカードを持ち、生活の幅を広げることを考えてみてはいかがでしょうか。

大山 敏和
大山 敏和

CFP(R)認定者/社会保険労務士/年金アドバイザー
アクシス社会保険労務士事務所代表

2014年8月CFP(R)認定、ファイナンシャルプランナーとしてお客様個人の資産状況分析、および資産形成・運用ノウハウのアドバイスならびにご提案を長期ライフプランとして提示。将来、老齢年金受給世代になったときに豊かに暮らせるライフプランの構築をターゲットに現役世代から見据えるライフストラテジーの確立を応援している。