女性の成人式にかかる費用平均はいくら?安く済ませる方法を教えて!

女性の成人式にかかる費用平均はいくら?安く済ませる方法を教えて!

振り袖姿の女性たち

女性の成人式の費用平均額は?費用を安く済ませるには?

お子さまの成人式は、一生で一度しかない大切な行事です。できることなら、より美しく着飾って晴れの日を迎えさせてあげたいもの。特に、女の子の場合は成人式への出席だけでなく、豪華な振り袖と可愛いヘアスタイルで記念写真を撮る予定の方も多いでしょう。

そこで今回は、女性の成人式にかかる費用総額の平均や、できるだけ予算を安く抑えながら満足のいく成人式を迎えられるコツ・裏技などについてご紹介します。「かかる費用は極力抑えたいけれど、晴れ着の豪華さや写真の美しさには妥協したくない」「たとえ低予算でも、必ず喜んでもらえる成人式を実現したい」とお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

成人式費用はいくらかかる?平均額をご紹介!【女性編】

成人式の草履とバッグ

まずは、女の子が成人式を迎えるためにかかる、費用の総額がいくらぐらいになるのかについて見ていきましょう。「成人式は振り袖一式があって写真撮影ができれば十分」と思いがちですが、それ以外にもさまざまな費用がかかってくるものです。
成人式にかかる予算を検討する際には、以下でご紹介するデータをぜひご活用ください。

振り袖・帯の費用

新品を購入する場合

振り袖と帯を新品で購入する場合の予算は、15~100万円です。これを平均にすると、15~20万円が実際の振り袖・帯の購入費用となります。
今はリーズナブルな振り袖でも色柄の美しいものがそろっています。「せっかくだから思い出として晴れ着を残したい」「将来は留め袖に直して着続けさせたい」とお考えなら、思い切って振り袖を購入する選択肢もおすすめです。

中古品を購入する場合

新品でなくても構わないという方や、せっかくならグレードの高い振り袖を安く手に入れたい方などの場合は、中古の振り袖を購入するという選択肢もあります。この場合は、着物・帯のセットでも10万円程度の予算で済む場合が多くなります。
成人式の振り袖を購入したものの、成人式で一度だけ着て結局手放してしまう方も意外に多いものです。そのため、中古市場でも新品に近い状態のものが多く出回っています。中古で構わないという方は狙い目かもしれません。リサイクルショップなどだけでなく、ネットオークションやフリマアプリなどで探すのも、安くて良質な品物を見つけるポイントです

草履・バッグなどの小物の費用

成人式の晴れ着で必要になるものは、振り袖や帯だけではありません。草履などの履物や着物用の下着、手に持つバッグ類などももちろん新たに必要です。これらにかかる費用はそれほど高額にはなりませんが、それでも最低限で1万円~もっとも高くて10万円ほどの費用を見ておかなければなりません。平均では、総額で2~3万円といったところになるでしょう。

着付け・ヘアメイクの費用

振り袖の着付けやヘアメイクは、美容院や呉服店などに依頼するケースが多いでしょう。もちろんこれらにも費用がかかる場合がありますから、予算に計上しておく必要があります。
着付け・ヘアメイクにかかる費用は、1.2~3万円が一般的な相場になります。成人式と写真撮影を一度に済ませられるなら、一度の料金しかかかりません。しかし、多くの方は「前撮り」といって、写真撮影は成人式当日より前に済ませてしまうケースが主流でしょう。前撮りをするなら、ヘアメイクも当日と合わせて2回おこなわなければなりません。

写真撮影の費用

写真スタジオなどに晴れ着での記念撮影を依頼する場合、おもな費用の相場は5,000円~1万円となります。アルバムの種類によって料金が細かく異なってきますが、きちんと撮影する場合にはこれぐらいの費用がかかると考えておきましょう。

二次会の費用

多くの方は成人式の二次会に出席したり、ご家族やご親戚が集まって成人祝いのパーティーを開いたりするものです。それらのパーティー費用も、成人式の予算の一環として考えておかなければなりません。
二次会に参加する場合の会費は1万円ほど、ご家族・ご親族で食事会などを開く場合には、ご家族1名あたり5,000円~1万円と考えておくと良いでしょう。

トータルの費用

これらの費用を合計して、成人式にかかるトータル費用を算出してみましょう。もっとも安く済ませたとしても、15万円(ご家族の食事会なしの場合)、もっとも高額になると112万円(食事会を4人家族で開催した場合)となります。
実際に成人式にかかったトータル費用を平均値にすると、振り袖をレンタルした場合で10~20万円、振り袖を購入する場合で30~40万円かかるとされています。

最近では、成人式に振り袖で参加せず、スーツなどで済ませるご家庭も増えているそうです。とはいえ、一生に一度の記念となる行事ですから、できれば晴れ着で参加させてあげたいものでしょう。事前にしっかり予算計画を立てて、早めに準備しておきたいですね。着付けや記念写真など、予約できるものは早期に予約を済ませておくことで、結果的に費用を抑えられるかもしれません。

成人式の振り袖や帯を安く手に入れる方法

たくさん並ぶ振袖

成人式の振り袖は、実際のところそれほど数多く着る機会はないものです。「振り袖が高価なことは分かっているけれど、それほど着用機会のないものを記念のためだけにわざわざ高く買う必要があるのだろうか?」と、思う方もいるでしょう。
そこでおすすめしたい方法は、振り袖や帯を個人的に借りたり、できるだけ安く手に入れたりすることです。借りてもいいという方や、たとえ完全な新品ではなくても手元に記念として残れば十分!という方は、これからご紹介する方法もぜひ検討してみてください。

親戚や知り合いから借りる・譲ってもらう

過去に成人を迎えた娘さんがいらっしゃるご親戚や、親しいお知り合いのご家族から、式のときだけ振り袖を借りる方法もあります。ご好意により無料で貸していただけた場合も、礼儀としてクリーニングは済ませてお返ししましょう。もしクリーニング代のみがかかった場合でも、費用は1万円程度で済みます。

無料で借りることは申しわけないという場合も、ご家族やご親戚に対してなら5,000円~1万円くらいのお礼を包むか、品物でお返しすると良いでしょう。手持ちの振り袖を手放しても良いというご家族やご親戚などがいれば、もちろん譲り受ける方法もあります。

ネットオークションやフリマアプリで買う

先にも少しご紹介しましたが、ネットオークションやフリマアプリに成人式用の振り袖が出品されているケースが多くあります。一般のご家庭で「購入はしたものの、式が終わったら着る機会がなかった」と出品しているケースや、レンタル店で使用済みのものを出品しているケースが主体です。

ネットオークションやフリマアプリは、出品する側にとってもリサイクル店で買い取ってもらうより手数料などが安く済むなどのメリットがあります。そのため、かなり上質なものや新品に近いものであっても、気持ち程度の金額しかつけられていないお得感の高い商品が出回っている場合もあるのです。成人式シーズンのかなり前から、まめにWebサイトをチェックしておくことも掘り出し物を見つけるコツです。

レンタルを利用する

振り袖を買わずにレンタルする場合は、安くて2~3万円、高くても10万円ほどが一式の予算相場となります。ちなみに、着物レンタル業界にとっても成人式シーズンはかき入れ時となるため、シーズンインしてしまうとレンタル料金が割高になるかもしれません。
できるだけレンタル費用を安くしたいと考えるなら、早めにレンタルの予約を入れておくのがおすすめです。早い人の場合、成人式の前年にはもう予約してしまうというケースも。

もちろん、気に入ったデザインや色柄を選べるのも早いうちですから、晴れ着のレンタルは先手必勝といえそうですね。レンタルを利用すると、当日の着付けをサービスしてくれる店舗などもあるため、利用するレンタル店もサービス内容などで吟味してしっかり選びましょう。

成人式費用を安く済ませる方法

振袖を着た笑顔の女性

成人式の当日や記念写真にかかる費用も、意外に高くつくことが分かりました。ここでは、成人式にかかる晴れ着以外の費用を安くするポイントについてご紹介します。

振り袖の着付けを家族や友人にやってもらう

振袖の着付けをする人

ご家族やご親戚、ご近所などに着付けの方法を知っている方がいれば、その方に頼むといいでしょう。ご好意により無料で着付けしてもらえることもありますが、せっかく時間と手間を割いていただくのですから、いくらかの心づけは用意しておくことが望ましいでしょう。それでも、美容院を予約してお願いするよりはかなり費用を抑えられるはずです。

ヘアメイクを自分でやる

ヘアブラッシングする女性

美容・ファッション関係の学校に通っているお嬢さんなら、ご本人がセルフでメイクする方法もおすすめです。これなら、手持ちのお化粧品を使うことでメイク費用を無料にできますね。
もちろん学校などに通っていなくても、美容・メイクに興味のあるお嬢さんなら、セルフメイクで自分の好きなようにお化粧しても素敵です。また、ネットの動画サイトなどを見てテクニックを学び、事前に練習しておけば当日に自分でメイクすることも難しくありません。

着付けやヘアメイクを美容院に頼むなら早めに予約する

カレンダの上に置かれた携帯電話

着付けやヘアメイクができる人が周囲におらず、美容院などに依頼する予定がある場合は「できるだけ早く予約しておく」ことがポイントです。早期予約で料金が割引になるケースも多いですし、あまり遅くなるとどの美容院も予約が埋まってしまい、最悪予約が取れなくなってしまうケースも想定できるからです。

成人式費用が足りない場合の対処法

電卓を片手に思案する女性

成人式の費用が足りない、もう少しお金をかけて成人式の準備をしたい、という場合もあるでしょう。やはり、どれだけ費用を抑えたとしても、お嬢さんが成人式を迎えるにはそれなりの予算がかかります。そこで、成人式の費用が足りない場合の対処法について見ていきましょう。

バイトをする(増やす)

アルバイトやパートのお仕事に一定期間出ることで、ある程度の費用は追加で捻出できるでしょう。普段、数時間のパートに出ているお母さまなら、数か月間などの期間を設けて短期のアルバイトを増やす方法もあります。内職など、ご自宅に居ながらにしてできるアルバイトもありますから、自身の生活スタイルに合わせて成人式の費用をある程度稼いでおく、という方法もアリですね。

親戚からの成人祝いを前借りする

ご親戚が、成人祝いをお金で用意してくれているケースも多いでしょう。その場合は、予算が足りない旨の事情を説明して、その分を成人式の費用に充てても良いか相談をするのも一案です。

また、成人祝いを前払いでいただくことは、仲の良い親戚どうしでなければできない方法ですが、かかる費用が後払いで良いものなら前借りを頼まなくて済む場合があります。あらかじめ金額さえ分かっているなら、当日にお祝いでいただいた費用をそのまま支払いに回すことも可能です。

カードローンで借り入れをする

お子さまの成人式費用を用途に設定している、特別なローン商品はありません。ただし、使い道が自由なカードローンを利用すれば、成人式費用に充てることができます。金額もある程度決まっていますし、ローンの利用金額としてはそれほど高額にはなりません。
そのため、返済計画をしっかり立てて借りれば、あとで困ることもないでしょう。カードローンをうまく活用すれば、お手持ちのご予算では難しかったワンランク上の成人式プランも実現できるかもしれません。

成人式のポイントは「早めの準備」「さまざまな選択肢の検討」

今回は、成人式を迎える際にかかる費用の目安や平均金額、満足度の高い成人式を低予算で実現するコツなどについてご紹介しました。
カジュアルな成人式が一般化してきたとはいっても、やはりお嬢さんにはきれいな晴れ着を着せたいというのが親心でしょう。

何かとお金がかかる成人式を成功させるポイントは、「早めの準備」と「さまざまな選択肢の検討」ではないでしょうか。予約できるものは早期予約で安くなることがありますし、なんといっても安心です

また、振り袖の購入には呉服屋さんで新品を買うことだけでなく、新品同様のものを安く手に入れられる他の方法なども視野に入れてみましょう。念のため事前にカードローンを契約しておき、予算の補填に備えておく手も有効ですね。

高橋 成寿
高橋 成寿

ファイナンシャルプランナー
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

慶應大学卒業後、金融関係の経験を積んでファイナンシャルプランナーとして独立。2007年の開業以来、1,000世帯を超える家計相談に従事。知っておいて損は無いこと、知らないと損すること、世の中にある色々なお金の情報発信を心がけている。

© カードローンQ All Rights Reserved.