学資保険とは?返戻率や払込期間などの比較ポイントを分かりやすく解説
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】学生向けカードローン学資保険とは?返戻率や払込期間などの比較ポイントを分かりやすく解説

学資保険とは?返戻率や払込期間などの比較ポイントを分かりやすく解説

学資保険

学資保険に加入する際の比較ポイントと注意点とは

家族にとって嬉しい子どもの誕生。これからどのような成長していくかを考えると親の顔もほころびます。ただ同時に、「教育費」という大きな負担が圧し掛かるのも事実です。特に高校から大学にかけての教育費負担は、政府広報オンラインによると平均975万円ともいわれています。

平均年収何年分……と考えてしまいますが、加えてこの時期の両親は現役世代。毎月の生活費から住居費など支出も多く、どうやって確保するのか頭を悩ませている家庭も多いでしょう。

そんな時に活用できるのが生命保険、特に「学資保険」です。CMや保険会社の窓口で、この言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。多くの保険会社から、様々な学資保険が販売されています。

今回は学資保険の選び方、活用方法についてご紹介します。

学資保険とは?

学資保険とは

学資保険とは、子どもの進学時期に合わせて給付金や満期金が設定されている、教育資金確保のための保険を指します。両親が、返ってきたお金を子どもの入学金や学費として使うことができる点、これが学資保険の最大の特徴です。様々な支出が多い現役世代のなかで、子どもが特定の年齢になったときに支給されるため、「数年前に受け取ってほかの臨時出費に使ってしまった」という失敗がありません。

このように学資保険の大きな特徴は、教育費における「貯蓄性」があること。それも何にでも使える汎用的な貯蓄性ではなく、あくまで教育費の貯蓄に限定した貯蓄ができることです。かつ保険加入者は特別な意識をすることなく、毎月の保険料を支払い続けることで教育費用途の貯蓄を進め、準備を進めることができます。

もちろん、保険本来の役割である、子どもが病気やケガに見舞われたときに保障する機能も備えられています。いわゆる医療保険の部分です。

まさに生命保険の二大特徴を抑えた「オールマイティ」な保険が学資保険。よく学資保険のパンフレットに大きく記載してあることの多い、保険の特徴である、「貯蓄性」と「保障性」といわれる部分です。

このバランスは各社商品によって異なります。学資保険と一言で述べても、なかには保証を重視したものと、貯蓄性を重視したタイプがあります。また、病気やケガに対する医療保険の「特約」として学資保険の機能が付加している保険もあります。この保険は医療保険のカテゴリーに入る場合もありますが、学資保険としても活用することができます。

学資保険に加入するメリット

学資保険に加入するメリット

学資保険に加入するメリットは、繰り返しになりますがまず教育資金づくりができること。学資保険は解約が容易ではないうえ、多くの商品は子どもが大学入学時の18歳と、4年生時の22歳に満期金を受け取ることができます。家計から見ると、毎月の支出を懸命に取り組んでいるうちに、最も額の多い学費部分がカバーされるということです。

希望によっては18歳満期での一括受け取りや、満期時の分配を多めにすることも可能です。また、合わせて病気やケガの保障も対象となるため、医療保険としての役割を期待することもできます。

また、加入する際のポイントは、子どもが幼いうちに加入すること。多くの商品は加入者の年齢が低いと保険料が安く設定されています。あまり知られていませんが、保険商品によっては子どもが生まれる約5か月前、つまり誕生前から加入できる学資保険もあります。これにより、トータルの保険料を抑えることができるのです。子どもが誕生するまでにまとまった生命保険に加入していなかった人のなかには、子どもができたことをきっかけに学資保険に加入し、家計における保険の体制を一気に整える人もいます。

また、健康保険制度による高額療養費制度や、居住地による子どもの医療費の助成を進めている自治体も多いため、可能な医療機能を保障内容としないことがポイント。医療助成に積極的な自治体に居住している場合は、貯蓄性を重視している学資保険に加入する工夫が必要です。

学資保険における返戻率の考え方

学資保険における返戻率

では、「貯蓄率の良い学資保険」を希望するとして、どのような基準で保険商品を選ぶといいのでしょうか。大きなポイントになるのは「返戻率」です。日本国内で人気の学資保険としては、ソニー生命やアフラック生命、かんぽ生命などの評価が高いようです。いずれの保険も高い返戻率を維持し、保険加入者の「学資保険を使って負担感を少なくしつつ貯蓄を進める」という課題が実現できるようになっています。

返戻率とは?

そもそも返戻率とは、長期間にわたって納付した保険料の総額(支払済保険料総額)を上回る解約返戻金を受け取る際に、支払済総額と比較してどれだけの返戻金が戻ってくるかを示した指標です。返戻率が高い商品の方が「貯蓄性に優れている」ということができます。

繰り返しになりますが、学資保険は貯蓄性と保障性の両輪で成り立っています。返戻率の高さを中心に据えながら、希望通りの保障性が実装されている保険かを確認するようにしましょう。

実際には、この返戻率が以前に比べ下がってきています。これは後述の「学資保険の比較ポイント」でもお伝えしますが、以前ほどお得ではないということで、「学資保険はもうおすすめできない」と主張している保険営業マンや専門家が多くなっていることも事実です。一方で子育てを金銭面でカバーすることと、子育ての間に病気やケガがあったときのリスクヘッジは変わらず重要な考え方です。終身保険や保険以外の貯蓄方法も検討したうえで、納得いく学資保険の加入をすることを強くおすすめします。

返戻率を考える際の注意点

ここからは返戻率を離れて考えてみましょう。学資保険には、返戻率が高くても、おすすめできない保険があります。おすすめできない保険の特徴を見ていきましょう。

保険料レートが高い

まずは保険料レートが高い保険商品です。たとえ解約返戻率が高くとも、毎月の保険料額が高いと日常生活を圧迫しかねません。特に学資保険は医療保険単体と比較して保険料が高いため、住居費や日常生活費のなかで保険料が高いのは考えもの。

また子どもが大きくなると、満期までの期間が短くなった保険料は割高に設定されてしまうため、改めて落ち着いて加入を検討することが大切です。

学資保険に寄らない貯蓄を作ることは、保険以外で臨時出資が必要となったときの対応原資にもなります。このあたりは家計それぞれの考え方が大切なので、父親や母親どちらかが一方的に決めるのではなく、「家族で統一見解を作る」ことが大切。保険会社や専門家に相談するときも、「夫婦一緒(必要であれば両親なども一緒)に」相談することで、家族としての意見をまとめることができます。

現在の収入と貯蓄状況から各家庭の「保険料に投入できる的確金額」を考えて、支出金額の相応な学資保険に加入することが重要です。

保障機能の「重複」を避ける

学資保険に加入したはいいけれども、子どもが生まれる前に加入していた医療保険はそのまま。さらに気がつくと、結婚当初に養老保険(終身保険+医療保険)に加入していることをあとから知ったという場合も多いものです。それだけ「無意識」や「(保険の営業マンに)言われたように」保険に加入している人も多いということでしょう。

保障が幾重にも重なっているのは万が一のことを考えると良いことですが、そのために多額の保険料を毎月支払っているのは、家計の状況として望ましいことではありません。実際に保険会社には、「こんなに入っているの?」と専門家に驚かれる重複加入も多いとか。そして多くの場合は、重複加入している自覚が当事者である家族にあまりないようです。

学資保険に加入するときは、まず加入する学資保険を定め、そのうえで重複している保険はないのかを必ず検討するようにしましょう。このときに保険関連の知識がないと重複は判断できないため、専門の知識を持つファイナンシャルプランナー(FP)や、複数の生命保険を比較対象できる保険代理店のスタッフ、相乗り保険ショップなどに相談してみましょう。

もちろん、相談者自身がある程度の保険知識を身につけていくことは大切です。言われたことを信じるだけではなく、おかしいなと思ったら第二の、第三の専門家のところにいって見解を求めるようにしましょう。保険は不動産などと比べ、一回の支払額は決して大きなものではありません。ただ、毎月必ず支払い、加入期間が何年にも続くと、その払込額は大きな負担感に変わります。早い段階で専門家に相談することが大切です。

学資保険における払込期間の考え方

学資保険における払込期間

学資保険を検討するときに、もうひとつの判断基準となるのが「払込期間」です。子どもが誕生したと同時に学資保険に加入したとして、18歳まで加入する場合と、10歳まで加入するのでは払込総額が異なります。これには、保険料を払い込んだあとに加入者が受け取るまでの期間、「運用期間」が関係しています。この期間が長ければ長いほど、保険会社は運用する期間が長くなるため、保険料を抑えることができます。これは特定の保険商品に限らず、大半の学資保険にいえることです。

保険商品や加入者の年齢、特約の付加状況にもよりますが、おおむね5,000円から10,000円前後の違いがあります。ほかに貯蓄方法が進んでいるか、どれくらいの保険料を拠出できるかで判断していきましょう。

さらに保険料を節約するためには、保険料の一括払いがお得です。例えば保険料を年額で支払うと、保険会社は毎月の保険料徴収の事務が発生しません。そのため年払いや半期払い(年2回)の一括払いが推奨されています。払込期間の短縮化のために、一括払いを組み合わせて保険料を抑制するようにしましょう。

払込期間の目安は何年くらい?

兄弟の年齢差

それでは、払込期間の目安は何年くらいなのでしょうか。実際の加入者を見ると、多いのは加入から10年や15年、18年といったところです。判断するポイントは「兄弟の年齢差」です。

最初の子どもの場合、現状保険料に充当できる家計から払込期間を決めましょう。2人目以降の子どもは、1人目の子どもにお金がかかりやすい時期(高校入学や大学入学など)を避けて学資保険に加入することがポイントです。

現時点での家計に多少余裕があれば払込期間を短くして多めに支払ってしまう方法がある一方、保険料を抑制して(保険拠出金以外の)貯蓄を増やし、想定外の支出に備えておく考え方があります。

払込期間を考える際の注意点

家計簿

学資保険の保険料は将来の教育費において大切な原資になる一方、そのために現在の生活費を抑制する必要があるなど、長所ばかりではありません。家計の状況を見ながら、「現在」と「将来」のバランスを考えて学資保険の活用方法を定めていきましょう。

学資保険の比較ポイントを解説

学資保険の比較ポイント

払込期間や保険料など、学資保険全体の活用方法をお伝えしてきました。ここからは各保険会社から販売されている学資保険を、どのようなポイントで比較するといいのかを考えます。

(1)貯蓄性

10年前より返戻率は低くなったといわれますが、学資保険の持つ貯蓄性は魅力です。その保険に加入することで、どれくらいの返戻率が期待できるのかをポイントに判断しましょう。

ここで注意したいのは、各保険会社の「公式ページ」を確認することです。専門家による保険紹介ページやオウンドメディアも保険商品の情報を得るのに適していますが、最新の情報ではない可能性があります。

学資保険は最近ことに危惧されるようになった少子化による保険への影響により、今後の新規申込条件を見直している保険会社も目立つため、一昔前の情報で判断するのは危険です。

(2)保障の内容と保険料

学資保険に限った話ではないですが、保障の内容と保険料もとても大切です。医療保険など他の保険にも加入している家庭は、保障内容が重複することで保険料が割高にならないように注意するようにしましょう。

(3)特約・オプションの内容

上記のポイントに加え、各社の「オリジナリティ」の見せ場ともいえる特約内容から加入する保険会社を判断したいもの。満期金とは別に「祝い金」を設定している商品も多いため、その内容や金額を参考にしましょう。

また、何かあったときの保護者への保障も大切なポイントです。保険加入期間中に保護者に病気やケガなどもしものことがあった場合、以降の保険料が無料になる学資保険も多くあります。それが何歳までなのか、適用条件はどうかという詳細を確認することが大切です。また、長男・長女が学資保険に加入している場合、同じ保険会社の学資保険に加入すると「兄弟割引」が受けられることもあります。

上手に学資保険を利用して安心の毎日を過ごそう

今回は、学資保険や学資保険の比較ポイントについて、返戻率や払込期間から分析しました。

学資保険は子どもに教育費が必要となったときの原資となる一方、もうひとつの役割があります。それは、保障機能による、「私に何かあってもこの子は安心」という精神的なよりどころです。ストレスなど様々なリスクがある現代社会、長期間働くことのリスクはとても大きなもの。上手に学資保険を活用して、毎日を安心して過ごせるようにしたいですね。

工藤 崇
工藤 崇

AFP(R)認定者/…株式会社FP-MYS代表

FP-MYS代表。相続×FintechプラットフォームLettePla開発・運営。資格学校勤務後不動産会社、建築会社を経て2015年FP事務所を設立。1年後の2016年7月に法人化。多数の執筆のほか、Fintech関連のセミナー講師実績を有する現役の独立型ファイナンシャルプランナー(FP)として活動中。