常陽銀行カードローン キャッシュピット

茨城県最大の地方銀行、常陽銀行の提供するカードローン、キャッシュピット。申し込みから利用開始までがとてもスピーディーで、幅広い層に利用できるよう工夫されたカードローンです。そんなキャッシュビットのサービス内容を詳しくご紹介します。

常陽銀行はどこにある?どんな銀行?

常陽銀行は、茨城県で一番大きい地方銀行です。個人向けカードローン・キャッシュピットをはじめとした個人向けサービスはもちろん、法人向けサービスも大変充実しています。

地域密着型の銀行とだけあって、東日本大震災では被災地である地元茨城県を中心に、被災地の復興に積極的に取り組んでいました。常陽銀行について、詳しくご紹介いたします。

常陽銀行は茨城県にある大規模な地方銀行

常陽銀行とは…
本店所在地:茨城県水戸市南町2丁目5番5号
電話番号:029-231-2151(代)
資本金:851億円(2017年4月現在)

常陽銀行は、茨城県を中心に、関東、東北、大阪、海外3店舗(上海、シンガポール、ニューヨーク)と様々な地域で展開しています。

事業規模も大変大きく、有価証券報告書を元にした地方銀行の総資産や預金額のランキングでは、例年全国で5位前後となっています。(2015年現在)

その歴史はとても長く、明治11年に創業した第五十国立銀行(後の五十銀行)と第六十二国立銀行(後の水戸百四銀行、水戸六十二銀行、常磐銀行。途中水戸百四銀行を合併)が昭和10年に合併して常陽銀行となりました。

その後、三ツ輪銀行、石岡銀行、猿田公益銀行、茨城貯蓄銀行からの営業譲受を経て、2016年10月には足利ホールディングスとの経営統合をおこない、その時点では地銀グループにおいて全国で3番目に大きい事業規模となりました。

個人向けサービスが充実

茨城県の指定金融機関となっており、地域密着型の銀行で、特にキャッシュピットなどの個人向けサービスが充実しています。

武蔵野銀行・千葉銀行・東京都民銀行・横浜銀行の計4行の間でATM出金手数料無料提携とATMによるカード振込手数料優遇提携をおこなっています。

たとえば、自宅は茨城県で勤務先は都内といった方でもATMの手数料を気にせず利用できます。また、隣県福島県の東邦銀行ともATM出金手数料無料提携をおこなっています。

個人にも法人にも対応!常陽銀行のサービス内容

常陽銀行は、地域密着型の地方銀行とだけあって、金融サービスがとても充実しています。個人向けサービス、法人向けサービスどちらも充実しています。

個人向けサービスは、貯蓄・運用・借り入れ・使用の4種類に分類されています。

  1. 貯蓄サービス
  2. 総合口座、定期預金・貯蓄、年金受け取り、保険などのサービスを取り扱っています。

    本店の所在地である茨城県には、猿島郡五霞町を除く全ての市町村に窓口またはATMが設置されており、茨城県に生活の拠点を置く方にとってはとても便利な銀行です。

  1. 運用サービス
  2. 投資信託、積立投信、外貨預金、退職金運用などのサービスを取り扱っています。

    常陽銀行ならではの取り組みとして挙げられるのが、金銭信託「絆のちから」です。東日本大震災の復興支援の取り組みの一環として始められました。集められた資金は、地域の復興と成長に活用されています。

  1. 借入サービス
  2. カードローンのキャッシュピットをはじめ、住宅ローンやリフォームローン、マイカーローンや介護ローンと、日々の生活をきめ細やかにサポートできるサービス内容の多彩な借入サービスを提供しています。

  1. 使用サービス
  2. クレジットカードやデビットカード、インターネットバンキングや宝くじの購入など、便利に使うためのサービスも充実しています。

法人向けサービスは、創業支援から資金調達、販路拡大や財務戦略のサポートなど、資金のやり繰りに関するサービスが充実しています。

それだけではなく、福利厚生や健康増進への取り組みの資金面でのサポートなどにも積極的に取り組んでいます。特に地域の中小企業のかゆい所に手が届くような便利なサービスが充実しています。

被災地茨城県にある常陽銀行の東日本大震災における取り組み

東日本大震災では、茨城県でも少なからず被害を受けました。常陽銀行では、発生当日に総合対策本部を設置し、利用者への生活資金の提供はもちろん、救援物資の供給、地域全体の復興などに大きな役割を果たしました。

3月11日には情報収集を中心に行い、3月12日からは臨時営業店舗を設け、利用者への生活資金等を円滑に提供できる環境を整えました。3月14日以降には既存の救援物資の提供はもちろん、新規に購入したり、救援物資の受領窓口も担っていたりしていました。

電力供給不足による節電対応や、義援金の受付窓口、ボランティア活動なども行い、地域全体の復興にも大きな役割を果たしました。

なにかあった時でも迅速に対応できる体制がしっかりとられており、地域密着型銀行として資産を安心して預けられます。また、個人向け・事業者向けそれぞれに震災特別融資を行ったり、被害の大きい福島県いわき市にある平支店にいわきローンプラザを設置したりするなど、地域密着型ならではのきめ細かなサービスが魅力です。

2012年には、地域経済の復興・活性化を目的に、常陽地域協創ファンドを創設し、経済の活性化に大きな役割を担ったり、特に打撃の大きかった食関連事業や農業の活性化を目的にしたイベントやセミナーを開催したりと、産業の復興にも大きく貢献しています。

文化財の復興やフォトコンテストの開催など、大きな会社でなければ手が回らない部分にも貢献し、茨城県の復興において大きな影響力を発揮しました。

常陽銀行のカードローン・キャッシュピットの特徴

日本全国で利用できてとても便利なカードローン・キャッシュピット。誰でも安心して借りられるよう「6つの安心」をうたっています。

  • 来店不要でスピード利用
  • プライバシー対応徹底!
  • コンビニエンスストアATM対応!
  • 銀行ならではの安心金利
  • 返済額は月々1,000円から
  • 銀行の口座は不要!

その中でも、キャッシュピットの大きな特徴である、「スピード利用」と「金利」などの特徴について詳しくご紹介します。

キャッシュピットは常陽銀行の口座不要!コンビニエンスストアATM対応

キャッシュピットは常陽銀行のカードローンですが、常陽銀行に口座がなくても申し込み・利用ができます。もし、できるだけ早く借り入れをおこないたく、口座への即日振込を希望する場合は常陽銀行の口座が必要ではありますが、そのような場合を除けば口座は必要ありません。

また、地方銀行の場合、その地域に住んでいることが借入申込みの最低条件となっていることが多くなっています。キャッシュピットは、大規模な地方銀行常陽銀行が展開するカードローンだけあって、対象者も幅広く設定されており、日本国内在住であれば申し込みができます。

それでは、口座がないのにどうやって借り入れや返済をするのでしょうか。

その答えは、コンビニエンスストアATMを利用するということです。キャッシュピットは、セブン銀行、E-net、ローソンのATMに対応しています。セブン銀行はセブンイレブン、E-netはファミリーマートやサークルK、ミニストップやデイリーヤマザキなどで利用できます。

キャッシュピットは日本全国ほとんどのコンビニエンスストアで利用できます。そのため、旅行などの遠出をしたときなどに、急な出費が発生したとしても借り入れをおこなうことができるのが魅力です。

さらにキャッシュピットは、借り入れも返済も24時間手数料無料で利用できます。もちろん金利は発生しますが、数万円程度の少額を借りる際に、ATMの利用手数料が無料なのは大きいですよね。

コンビニエンスストアでお金をすぐに借りられるメリットは大きく、たとえば、夜中に飲みに行った先で急にお金が足りなくなった場合などでも、時間的に銀行のATMは開いていない場合が多いようです。

しかし、キャッシュピットのカードを持っていると、すぐにどこかのコンビニエンスストアでお金を借りられます。消費者金融のATMで借りたりすると、周りの目も気になりますが、そのような心配もなくスマートに借り入れができます。

キャッシュピットの金利は2.50~14.80%

キャッシュピットを利用する時、とても気になることの一つに金利がありますよね。金利は、一定ではなく借入額によって異なります。キャッシュピットの金利は以下のようになっています。

借入利息計算方法:借入残高×借入利率÷365日×各回の利用日数

借入額と実質年率(ご利用限度額基準)
1万円以上~100万円未満 14.80%
100万円以上~200万円以下 12.00%
200万円以上~300万円以下 9.80%
300万円以上~400万円以下 8.80%
400万円以上~500万円以下 7.80%
500万円以上~600万円以下 5.50%
600万円以上~700万円以下 4.50%
700万円以上~800万円以下 3.50%
800万円 2.50%

キャッシュピットは、借入残高によって利息が大きくなっています。借入額が100万円未満だと14.80%と小さいとは言えない金利です。たとえば、3万円を1週間借りた場合の金利は、

30,000円×年14.8%÷365日×一週間≒85円

利息だけ見るとギョッとするような数字ですが、短期だと100円以下のわずかな金額で済みます。銀行の時間外手数料と比較しても安いことがわかります。どうしても緊急の出費が必要になった場合は、少額を短い期間だけ利用するのが賢い使い方ですね。

また、家を建てたり車を買ったり、教育資金にしたりという一定の目的のために借り入れする場合は、別に専用のローンがある場合も多く、金利もカードローンより低い場合が多くなっています。

たとえば、常陽銀行のマイカーローンの金利は一律2.3%と、2.50%~14.8%のキャッシュピットより金利が低く設定されています。何の目的で借り入れをするのかしっかり考えてからのご利用がおすすめです。

対象年齢が幅広く安定した収入があればOK

キャッシュピットは幅広い層に利用できるよう工夫されています。まず、対象年齢は、20歳以上75歳未満。そして、国内在住であれば申し込みが可能となっています。安定継続した収入があれば申し込みできますので、外国籍の方でももちろん大丈夫です。

次に職業。給与所得者は問題ありませんが、契約社員に個人事業主、パートやアルバイト、年金受給者でも申し込みができます。アルバイトをしている学生さんでもOK。ご自身に収入がない主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば申し込み可能です。

最後に保証です。キャッシュピットの保証会社は消費者金融でもあるアコムです。アコムの保証を受けられることが借り入れできる条件になります。

即日融資も可能!キャッシュピットのメリット

キャッシュピットは審査がとても早く、即日融資が可能な場合もあり、とてもスピーディーに利用ができます。日本在住であれば申し込みでき、保証人も不要と申し込みにおけるハードルがとても低く便利なカードローンです。

毎月の返済額は1,000円から設定することができます。そのため、毎月のやりくりにも困らず利用できます。プライバシーにも配慮されたキャッシュピットを利用する上でのメリットを詳しく見ていきましょう。

スピード審査と即日融資!キャッシュピットはすぐに利用できる

キャッシュピットは、「6つの安心」の中で、最初にうたっているのが、「来店不要でスピード利用」です。審査はとても早く、通常2~3日で審査が完了します。クレジットカードだと審査に早くても1週間程度は要しますが、それと比べるととてもスピーディーで便利に利用ができます。

また、急いでいる方には即日審査をして、融資額の即日振込も可能です。即日審査を行える条件は、

  • 常陽銀行の口座を持っていること
  • その日の午後2時までに常陽銀行に申込書類が到着していること

即日融資の審査に通ると、融資希望額が常陽銀行の口座へ振り込まれます。常陽銀行の口座さえ持っていれば、冠婚葬祭や教育費等で急な出費が必要になった時でも、すぐに手続きができます。

キャッシュピットのローンカードの発行は後日になりますが、カードの到着後は常陽銀行のATMや全国のコンビニエンスストアのATMにおいて、利用手数料0円で便利にキャッシュピットを利用できます。

キャッシュピットは日本全国申し込み可能!保証人不要

全国的に、銀行のカードローンは、その銀行の所在地在住の方しか利用できないものが少なくありません。その中でもキャッシュピットは、日本在住の方であれば申し込みが可能です。

さらに、消費者金融の会社としても有名なアコムが保証会社となっているため、担保を準備したり保証人になってくれる人を探したりする必要もありません。

消費者金融と保証契約を結ぶことになり、少し不安な方もいるかもしれませんが、アコムは実はたくさんの銀行のカードローンの保証会社です。都市銀行では三菱UFJ銀行のバンクイック、地方銀行では北海道銀行のラピッドや中京銀行のC-スタイルなどもアコムが保証会社です。

また、キャッシュピットの審査通過率ははっきりとはわかりませんが、消費者金融そのものが公式に発表した審査通過率を比較すると、プロミスやアイフル等に比べて審査通過率が少し高めです。(2017年現在)できるだけたくさん貸し付けを行えるよう営業努力を怠らない企業としての姿勢が見て取れますよね。

キャッシュピットは常陽銀行の口座を持っていない方でも申し込みができますし、申し込み後に口座を開設する必要もありません。入会金・年会費ともに無料なので、カードを作っても、利用しなければ費用は発生しませんので、いざという時のために持っておいても安心のカードです。

キャッシュピットの毎月の返済額は1,000円から!

キャッシュピットは、毎月の返済金額は、なんと1,000円から。少額の返済に対応しているので、気軽に利用しやすいカードローンです。返済金額は、返済日時点の借入残高と利用限度額によって決まります。

詳しくはこちらの最小返済金額の一覧表をご覧ください。

借入残高 利用限度額500万円超 利用限度額100万円以上500万円以下 利用限度額100万円未満
10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 4,000円 6,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 6,000円 9,000円
30万円超~ 借入残高が10万円を増すごとに1,000円を追加 借入残高が10万円を増すごとに2,000円を追加 借入残高が10万円を増すごとに3,000円を追加

(2017年4月1日現在)

http://www.cashpit.jp/shohin.html

返済金額は、利息・元本の順に返済に充当されます。借入残高が少額で、利用限度額が大きい人ほど少額返済が可能になっています。金利も発生するので、教育費や車の購入などの大きい出費には、常陽銀行の他のローンを利用しつつ、日常の少額の急な出費にはカードローンを利用するといった利用の仕方がおすすめです。

特に、冠婚葬祭などの急な出費で少しだけキャッシュピットを利用して借り入れしたい、といった方は1,000円ずつ返済していけばいいので、気軽に利用できて安心です。

キャッシュピットはプライバシーにも配慮しています

カードローンを利用する時、周りの方の目が気になる方や知られたくないという方が少なくありません。キャッシュピットはプライバシーにも徹底して配慮しています。

  • キャッシュピット申し込みの時(本人確認)

カードローンを申し込んだ時、本人確認のため、職場または自宅へ電話がかかってきます。

その際、キャッシュピットは会社名を名乗らずに担当者の個人名を名乗ってくれます。家族や同僚など周りの方に知られたくない方も、わからないように電話を受けることができて安心です。

  • キャッシュピットの書類やカード郵送時

資料請求をした時や、カードの受け取りをする場合、キャッシュピットでは、ローン関連の郵送物とわからないよう、常陽銀行で利用しているのと同じ封筒で郵送を行います。

カードの郵送に関しては、触れると硬いので、完全にわからないとは言い切れませんが、そのような配慮がされており、中を見られなければわからないよう工夫がされています。

  • キャッシュピットで借り入れする時・返済時

急な借り入れが必要になった時でも、コンビニエンスストアのATMで簡単に手続きができます。

ローン専用の窓口や消費者金融のATMのような一目で借り入れをしているとわかるような設備を利用する必要がないため、家族や友人、同僚にローンを利用していると悟られることなく利用ができます。

このように、キャッシュピットでは申し込み・受け取り・借り入れ・返済それぞれに利用者のプライバシーを守れるよう徹底的に配慮されています。カードローンを利用していることを周りに知られたくない方に大変おすすめです。

キャッシュピット利用の上でのデメリットは?

便利で申し込みへのハードルも比較的低いキャッシュピットですが、デメリットもいくつかあります。それは、

  • 事業資金・投機資金NG
  • 借り入れ上限800万円
  • 金利・遅延損害金が高利率

の3点です。それぞれの特徴を詳しく見ていきます。

使い道に制限あり!事業資金・投機資金NG

キャッシュピットは事業資金・投機資金への使用を除いては借入金の使用用途に制限はありません。つまり、個人で使用する分には何の制限もありませんが、会社の運営資金に回したり、そのお金を元に稼いだりすることが禁止されています。ほとんどのカードローンで同じような制限が設けられています。

投機目的のローンであれば常陽銀行の他のローンを利用するのがおすすめです。たとえば、個人でアパート経営する資金の調達であれば、「アパートローン」があります。

また、常陽銀行では法人や個人事業主の方には事業専用のローンが充実しています。資金調達のための常陽ビジネスローン「クイックJ」をはじめ、10種類以上のローンが利用できます。相談窓口も個人とは別なので、目的に合ったサービスの利用がおすすめです。

個人事業主や経営者の方でも、完全に口座を分けて使用している場合は、プライベートはキャッシュピット、業務用は別のものと分けて使うとかっこいいですね。

キャッシュピットは借り入れ上限800万円!

キャッシュピットの利用限度額は、各人の審査の結果によって異なります。ただし、その上限は800万円と決められており、どんな人でもキャッシュピットで800万円を超えて借り入れをすることはできません。銀行のカードローンの借り入れ可能額は、1,000万円までの借り入れが可能なものもあり、上限が特別高いとは言いきれません。

限度額の審査は、収入、職業、クレジットヒストリー、その銀行や保証会社での利用履歴などから総合的に判断されるようになっています。また、貸金業法で、借り入れできる額が他のカード会社も合わせて年収の1/3までと決まっているため、キャッシュピットをはじめ各社が慎重に貸し出し過ぎないように慎重に限度額を定めています。

少し低めの800万円の上限、使いすぎは防ぐことができるので、ある意味安心とも言えますね。また、急な出費への対応として、最高800万円というのはほかの地方銀行に比べるとかなり高めの限度額となっています。

少額借り入れ時には金利がやや高め!遅延損害金も高利率

前述のとおり、100万円以下の借入時、金利は14.80%となっています。決して低い金利とは言えません。

さらに、遅延損害金はさらに高く設定されています。借りたお金を遅れずに返済するのは当たり前のことですが、万が一延滞をしてしまった場合の遅延損害金も、借入額によって異なります。

借入利息計算方法:借入残高×借入利率÷365日×各回の利用日数

借入額と年率(ご利用限度額基準)※2017年4月1日現在
1万円以上~100万円未満 18.00%
100万円以上~800万円以下 15.00%

延滞した金額ではなく借入残高全体に遅延損害金が発生してしまいます。せっかく少額で返済できていたのに、返済が遅れてしまうと返済額全体も増えてしまいとても大変なので、絶対に遅れず返済しましょう。

キャッシュピットの申込方法を詳しく解説!

ここまで、キャッシュピットの特徴から、メリットとデメリットを説明してきました。それでは、気になる申し込みの手順と申し込みから手元に届くまでの流れをご説明します。

キャッシュピットはどうやって申し込むの?申込手段はこちら

キャッシュピットは、4種類の便利な申し込み方法が用意されています。

  • インターネットで簡単申し込み

インターネットでの申し込みをした後契約書を印刷し、証明書とともにFAXまたは郵送。スピードを求める方におすすめです。

※審査結果が最短60分でわかります

  • 電話申し込み

インターネットでの操作が苦手な方におすすめです。

電話番号:0120-56-8160(申し込み・申込書請求共通)
受付時間:9:00~21:00(12/31~1/3を除く)

  • キャッシュピットで借り入れする時・返済時

インターネットはセキュリティの設定が不安、という方におすすめです。

インターネットで印刷したファイルまたは上述の電話窓口で請求した申込書を、記入のうえ証明書とともに送信
FAX番号:0120-34-8160

  • 郵送申し込み

昔ながらの方法が安心、という方におすすめです。
※FAXと同じ手順で契約書を入手後、記入し証明書とともに投函

いずれの方法で申し込みをしても、契約書と本人確認書類の写しの郵送またはFAXが必要になります。また、利用限度額が500万円以下であれば収入証明書類は必要ありませんが、それを超える場合は必要となります。それぞれの証明に使うことができる書類はこちらです。

  • 本人確認書類:運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カードなど現住所記載のある書類。外国籍の方は別途在留カードか特別永住者証明書
  • 収入証明書類:源泉徴収票または所得証明書

キャッシュピットの申し込みから発行まで

キャッシュピットは、前述のとおり最短で即日融資が可能です。通常の審査も、保証会社が消費者金融のアコムなのでそのノウハウがあるため審査がとても早く、2~3営業日以内でカードが手元に到着します。

審査は、前述の利用限度額の審査と同様、慎重に判断されます。また、審査に通るかどうかは、年収が高いかどうかよりも、年収に対して無理のない返済プランかどうかが重要となってきます。

クレジットヒストリーや前述の金融業法の総量規制も大きく影響してきますよね。キャッシュピットのウェブサイトでは、5秒診断で確認ができます。お申し込みの前にチェックしてみましょう。

実際にカードが届いたら!返済日はいつ?

カードの利用は、前述のとおり、借り入れ・返済ともに銀行やコンビニエンスストアのATMでおこなうことができます。では、返済日はいつになるのでしょうか。キャッシュピットでは、2種類の返済日から選ぶことができます。

  • 35日ごとの支払い
  • 毎月決まった日の支払い

毎月決まった日の支払いにすると、忘れにくいというメリットがあります。しかし、パートやアルバイトの方などは、2月などの日数が少ない月は支払いが厳しくなる場合もあるでしょう。

そんな方は35日ごとの支払いにしておくと、決まった日数を置いての支払いになるため安心です。ただし、支払いを忘れないようにしっかりと工夫することが大切です。

いずれにせよ、計画的なご利用をすることが賢い利用方法です。

常陽銀行のキャッシュピットを賢く利用しましょう

常陽銀行のキャッシュピットは誰でも安心して借りられるよう「6つの安心」をうたっています。

  1. 来店不要でスピード利用
  2. プライバシー対応徹底!
  3. コンビニATM対応!
  4. 銀行ならではの安心金利
  5. 返済額は月々1,000円から
  6. 銀行の口座は不要!

その点を踏まえると、特に下記の点がおすすめのポイントです。

  • スピード審査と即日融資!
  • 日本在住であれば申し込み可能!保証人不要
  • 毎月の返済額は1,000円から!
  • プライバシーにも配慮

ただし、このようなデメリットもあります。

  • 事業資金・投機資金NG
  • 借り入れ上限800万円
  • 金利・遅延損害金が高利率

とにかく迅速に借り入れをしたい人で、月々の負担もなるべく少ない方がいい、という方にとてもおすすめです。パートやアルバイトはもちろん、年金受給者や主婦でも申し込みができますので、比較的門戸が広いと言えます。

ただし、利息や遅延損害金は低いとは言えないため、注意が必要です。臨時の返済などを使って、少しでも利息の負担を抑える努力をすることがおすすめです。

常陽銀行のキャッシュピットのいい点を活用して、計画的に賢く利用していきましょう。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.