鹿児島銀行カードローン かぎんカードローンS

鹿児島銀行のかぎんカードローンSは申し込みできる人の枠が広く、専業主婦やパート・アルバイトを含めた20歳から69歳未満までが利用できます。

県内外どこからでも申し込みが可能で、スマホと郵送で契約が完了します。最大利用限度は業界最高クラスの1,000万円。

もちろん少額の借り入れから対応していて、全国のゆうちょATMでほぼ終日現金を手にすることができます。

アプリを使えばカード到着を待たずに翌日から融資が可能。みんなのための、いつでも頼れるカードローンです。

地元のリーディングカンパニーとしてゆるぎない存在・鹿児島銀行

明治に創設された国立銀行を礎とする鹿児島銀行は、地元ナンバーワンの金融機関です。長い歴史に培われたゆるぎない信頼性と共に、地域貢献、ラグビーや陸上といったスポーツ振興などでさらに支持を集めています。

鹿児島県下は元より宮崎にも営業拠点を多数置き、最近では観光産業で強みを見せる沖縄地域にも影響力を拡大しています。その姿は、まさに南九州の金融界の巨人といったところです。

鹿児島銀行の堅実な歩みを語る歴史と現在の姿

鹿児島銀行は鹿児島県鹿児島市に本店を置く、東証一部上場の過去を持つ大規模な地方銀行です。現在は肥後銀行と共同設立した、九州フィナンシャルグループの傘下にあります。

九州の地方銀行でもトップクラスの格付けを与えられている鹿児島銀行のルーツとなるのは、1879年(明治12年)に設立された第百四十七国立銀行でした。

昭和に入ってから鹿児島商業銀行と合併、さらに薩摩銀行を始めとする計4つの銀行の経営譲渡を経て、株式会社鹿児島興業銀行が設立されます。

株式会社鹿児島銀行としてスタートしたのは、1952年(昭和27年)のことです。以後、数々の金融機関との提携や、大阪進出、株式上場など着実に営業規模を拡大してきました。

2015年(平成27年)に株式会社肥後銀行と株式会社九州フィナンシャルグループを設立し、現在に至ります。

地元の顧客と企業を支える頼もしい企業

鹿児島銀行の経営理念には、「地域貢献」、「顧客志向」、「健全経営」、「企業活力」が掲げられています。

現在の鹿児島銀行は、質実剛健の風土色に見合った堅実な経営と、先人から受け継いだ新進気鋭の精神そのままに、地元の顧客と企業を支える頼もしい金融企業として存在しています。

新スローガンとシンボルマークを一新

2017年4月には「はじめよう、あたらしいコト」という新スローガンとともに、シンボルマークも一新しました。

「紙ひこうき」が上昇する様と地域をつなぐ「架け橋」がデザインに込められたというシンボルマークは、ともすれば沈みがちな地方経済に活力を与えたいという願いが込められています。

確固たる地位に慢心することなく、時代の流れや変化を見据え、いかに九州の経済を向上させるのかを腐心し続けています。

鹿児島銀行のその姿は、未だ活動を続ける雄大な桜島にも似て、見る者にダイナミックな躍動を感じさせます。

従業員の元気さが企業活力の原動力

九州の地方銀行の中でもトップクラスの規模を誇る鹿児島銀行は、152か所に店舗を構える大所帯です。内訳は、本支店113か所、出張所11か所、代理店27か所、さらに海外駐在員事務所が1か所となっています。

2,200人を超える従業員を抱えながら、企業内部の空気は良好で、就職先としても高い人気があります。福利厚生が十分に整備されている、ノー残業の意識が高いなど、働く人にとっての環境が高水準に保たれています。

多彩なクラブ活動

鹿児島銀行の取り組みの中で特に目を引くのは、多彩なクラブ活動です。

  • ラグビー部
  • 陸上部
  • 野球部
  • 女子バレーボール部
  • 男子バレーボール部
  • テニス部
  • サッカー部
  • バスケットボール部
  • 剣道部
  • 弓道部

スポーツクラブの種類の多さには目を見張るものがあります。さらに文化系クラブには、英会話部、華道部があります。

生き生きとした人間を擁する職場でなければ、企業としての生命力が不足し、顧客にとっても魅力のある場が提供的できないことを、長い経営知識から良く理解されているのでしょう。

そうした姿勢は、顧客からも好意をもって受け止められ、接客についても気持ちの良い銀行として認められています。鹿児島銀行のスポーツ振興への取り組みは、他にも見られます。

鹿児島ユナイテッドFCのオフィシャルトップパートナーとして、地元のスポーツとそれを応援する人たちを支え、地域経済の活性化を目指しています。

また鹿児島地域のスポーツ教育財団の理事名簿の中には、鹿児島銀行幹部の名が多数見られ、地道ながらも継続的な活動を行っている様子が伺えます。

地域に溶け込む大地方銀行の親しみやすさ

地域に貢献する存在でありたいという言葉は、単なる掛け声ではありません。鹿児島銀行は鹿児島県のみならず九州を代表する大企業でありながら、原点である地元を決しておろそかにはしていません。

  • さまざまな活動に積極的に関わっている
  • 地場の企業としてできることを模索し、さまざまな活動に積極的に関わっています。

    献血運動や地域公園を始めとした公共施設の清掃活動など、ニュースに取り上げられることのない日常的なコミュニティ活動に従業員全員参加の意識を持って携わっています。

  • 誰もが不便を感じることのない店づくり
  • 銀行内部のつくりも、ユニバーサルデザインを採用し、誰もが不便を感じることなく用事を済ませられる店づくりが基本です。

    各店舗のロビーを開放し、地域のサークル活動や学校で作られた作品の展示場所として提供しています。

  • 各種イベントの参加や開催
  • 産業廃棄物の減量や節電運動など、環境保全にも熱心に取り組み、地域のリーダー的な役割を果たしています。こうした地域との交流は、銀行内部に留まっていません。

    「いぶすき菜の花マラソン大会」や「妙円寺詣り」「おはら祭」などの各種イベントに、運営スタッフとして、あるいは協賛企業として参加・開催をしています。

大がかりな行事だけではなく、各支店が開催する「かぎん爽やかゲートボール大会」「かぎん爽やかグラウンドゴルフ大会」は、地方に住むシニアを元気づけ、その家族も巻き込んで活気に満ちた街づくりにひと役買っています。

こうした各種の活動によって、銀行業務を通した以上の地域とのつながりが生まれ、安定した経営の基盤をさらに日々強化しています。

かぎんカードローンSはみんなが気軽に使える商品

鹿児島銀行が提供するかぎんカードローンSは、地方銀行のカードローンにありがちな制限が少なく、幅広い層に向けて開かれた商品です。

日本のどこに住んでいても申し込みが可能で、仕事をしていない専業主婦でも問題ありません。利用限度の最高はなんと1,000万円。

少額の借り入れをしたい人でも、まとまった融資が欲しい人でも、いつでも気軽に申し込みができるフレンドリーなカードローンです。

属性・地域制限の心配なし!申込幅の広さが特徴

かぎんカードローンSの申込条件をみると、非常に制限事項が少ないことに気づきます。公式サイトに提示されている条件は、たったの2つです。

  • 申込時の年齢が満20歳以上満69歳未満の方
  • 保証会社の保証が得られる方

地方銀行のカードローンに良く見られるような、居住地の制限や職業などの属性の制限もありません。配偶者に定職があれば、本人が仕事をしていない専業主婦でも申し込みは可能です。

もちろんパートやアルバイト、派遣社員・契約社員、もちろん個人事業主も申し込みに際してなんら問題ありません。

年齢の上限も65歳に設定されているカードローンが多い中、最長で69歳までは借り入れができます。規約によれば、70歳の誕生日以降の借り入れができなくなるだけで、返済はその後も継続できるため、その時点で一括返済の心配もありません。

対応エリアが広いのは、契約方法が関係している

営業区域内のみの申し込みを制限している銀行カードローンに対して、かぎんカードローンSの対応エリアが広いのは、その契約方法が関係しています。かぎんカードローンSは、来店不要で利用が可能という、とても気軽なカードローンです。

一般的な地方銀行のカードローンでは、申し込みまでは自宅でできても、正式な契約となると来店が必要というケースが多く見られます。かぎんカードローンSの場合、申し込みから契約までスマホひとつで完了可能です。

しかも鹿児島銀行の口座がなくても、借り入れも返済も困りません。利用者の利便性から考えれば、これ以上のシステムはなかなか見当たらないでしょう。

仮審査は気軽にスマホ・ネット・電話から

かぎんカードローンSの申し込みを希望する場合には、スマートフォンやパソコン、電話、FAXから気軽に実行できます。ネットからならば24時間365日申し込みが可能です。

かんたん申し込みを利用すると、入力項目が少なくて済むので端末の操作が苦手でも楽々クリアできます。

詳細な情報についてはその後電話で連絡があり、質問に応答する形で申し込みが終了します。審査結果が通知された後に郵送で書類が送られてくるので、必要事項を記入して送り返すだけです。

鹿児島銀行の近くに住んでいなくても、店舗の窓口に行く必要がないので大丈夫です。口座開設の手間もなく、希望すれば自分の保有口座に振込融資もできます。

申し込みに際しては、担保・保証人の準備も要らず、希望融資額が300万円以内ならば必要書類は本人確認だけです。入会金、年会費、カード発行手数料など一切不要でカードローンが利用できます。

専用アプリを利用した申込方法

さらに手軽で便利なのが、スマートフォンの専用アプリを利用した申込方法です。

無料アプリのダウンロード後、必要事項を入力し、本人確認書類を写真で撮って送信すれば、申込手続きは完了です。

通常よりも審査が速く行われ、当日中に振込融資をしてもらうこともできます。

通常の申込方法では、審査から契約の手続きに時間がかかるため、融資まではどんなに急いでも1週間は見なければなりません。

郵送の状況によってはもっとかかる可能性もあります。かぎんカードローンSで融資を急ぐ場合には、アプリ利用が有効です。

最高額は1,000万円!ワイドにビッグに借り入れが可能

かぎんカードローンSの大きな特徴は、借り入れられる最高限度額がメガバンク並みに高いことです。地方銀行のカードローンの限度額平均は300万円で、やや多いところでも500万円までが主流です。

地方銀行で1,000万円は最高クラス

東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックでさえ500万円を限度としているところ、地方銀行で1,000万円はもちろん最高クラスです。

ちなみに消費者金融のカードローンは、軒並み300万円までで、これは総量規制の関連もあり限度額の設定が制限されているためです。

申し込みから契約までの流れが簡単

当然のことながら、利用限度額は個人の状況によって異なるため誰もが1,000万円の借り入れができるわけではありません。また、300万円以上は収入証明書の提出が必要となります。

それでも大きな融資が必要な場合、通常であれば担保や保証人を準備し、銀行の窓口で折衝するのが一般的です。それに比べると、申し込みから審査、契約までの流れが非常に簡単で負担を感じません。

あくまでも審査によって貸付額が決められる

また、専業主婦の借り入れに対しては、最初から金額に制限を設けているカードローンも珍しくありません。

パートやアルバイトといった、非正規の職業に対しても同様です。そうしたくくりがなく、あくまでも審査によって貸付額が決められるという体制にも、親近感が持てます。

かぎんカードローンSの利用限度額は、10万円~1,000万円となっています。高額融資を望む人もいれば、ほんの少し不足分を補うだけで良いという人もいます。

利用者それぞれの事情にあった借り入れができる、そんな柔軟性をもったカードローンといえるでしょう。

かぎんカードローンSのメリット

かぎんカードローンSは、全国どこからでも、鹿児島銀行の口座なしで借り入れができます。口座開設の面倒がなく、アプリからならば印鑑の必要すらありません。

希望する金額によっては、収入証明書など余分な書類の準備も要りません。消費者金融よりも低い金利で有利に借り入れができ、高額融資が可能であればさらに業界最低ラインの超低金利となります。

鹿児島銀行の口座なしでも借り入れ可能

地方銀行のカードローンのデメリットとして良く挙がるのが、該当銀行の口座開設が必要となることです。借り入れはATMでできても、毎月の返済を口座引き落としにしなければならないというケースが一般的です。

お金を借りるためには、必然的に欲しくもない口座を開かなければなりません。利用者の多くは、銀行口座を増やしたいわけではありません。ローンカードだけで完結できれば、それに越したことがないはずです。

借り入れも返済もATMで用が足りる

かぎんカードローンSの場合は、借り入れも返済もATMですべて用が足ります。希望をすれば、自分が今もっている口座への振込融資が可能です。

銀行口座を開設するのは、便利なようで不便もあります。メインバンクが他にあれば、カードローンの利用がないと放置状態となります。

鹿児島県に口座が開設できたとしても、他県に住んでいれば他に使い道はありません。鹿児島銀行ではそうした利用者の不利益を考え、口座開設を不要とする英断を下しています。

そうすることで潜在的な利用者候補が全国に広がり、どこかでかぎんカードローンSを目にした人にも、利用のチャンスがもたらされます。

カードローンを利用したいと考える人は、さまざまな情報を比較検討するでしょう。中には金利面で気になって調べても、居住エリアや口座の開設の問題であきらめざるを得ないという人もいるかもしれません。

店舗窓口に出向く必要も、口座開設の手間もないかぎんカードローンSであれば、気になった人が申し込めるよう、ハードルが低く設定されています。

300万円まで収入証明書不要・負担の少ない申込体制

かぎんカードローンSの申し込みで必須となるのは、本人確認書類だけです。運転免許証かパスポート、住民基本台帳カードといった、写真入りのものが必要ですが、通常であればそれほど提出するのに苦労はないでしょう。

カードローンを申し込む際、ただでさえそれほど嬉しい気分でいるわけではありませんが、準備するものが多ければ多いほど、さらに気が重くなります。収入証明書の提出が不要というだけでも、かなり気楽になります。

  • 収入証明書が必要となるのは300万円以上の融資を希望する場合
  • 給与証明書、源泉徴収票、年間所得証明書、市町村民税特別徴収税通知書などを収入証明として提出します。こちらは申込時ではなく、審査通過後の本契約の際に必要となります。

  • 300万円以下なら本人の申告による確認
  • 300万円以下の借り入れであれば、年収については本人の申告による確認となります。会社や税務署に問い合わせされるわけではありませんが、信用情報機関の情報や申告された勤務年数などから推測される通念上の範囲で判断されます。

    収入証明書の提出がないからといって、極端な虚偽の年収を申告しても、あまり意味を成さないのはそのためです。もちろん会社名や勤続の実体を偽っても、審査が通りにくくなるだけです。

かぎんカードローンSは、申し込みの間口が広い商品です。専業主婦やパート・アルバイト、年金生活者も対象としている以上、わざわざ過大な年収を偽る必要はありません。

申込者の負担をできるだけ軽減している鹿児島銀行に対しては、利用する側も誠実な姿勢で申し込みに臨むべきでしょう。

高額融資なら超低金利でお得に借り入れできる

かぎんカードローンSの金利は、1.9~14.5%となっています。銀行カードローンの良いところは、消費者金融と比較して金利が低めに設定されている場合が多いということです。

中でもかぎんカードローンSの下限金利1.9%は、業界でも破格の安さです。例えば1,000万円の借り入れで比較した場合、他の銀行カードローンの下限金利は以下のようになります。

銀行カードローン 下限金利
みずほ銀行カードローン
「エグゼクティブプラン」
3.5%
東京スター銀行
「スターワンバンクローン」
7.8%

かぎんカードローンSの金利設定の詳細は次の通りです。

借入限度額 金利
50万円以下 14.5%
50万円超100万円以下 12.5%
100万円超200万円以下 9.5%
200万円超300万円以下 8.5%
300万円超400万円以下 6.5%
400万円超500万円以下 4.5%
500万円超800万円以下 3.9%
800万円超 1.9%

もちろん、800~1,000万円まで借り入れできれば最低金利で利用できることになりますが、そこまでいかなくても、相当有利に借り入れできることは間違いありません。

収入証明書が不要の200万円から300万円でも、8.5%と10%をはるかに下回っています。消費者金融の場合、上限の300万円を借り入れても10%前後の業者が多いので、借り換えすれば相当な利息分が節約できます。

かぎんカードローンSの使い道には、業務上の利用以外に制限はありません。複数の消費者金融からの借り入れをまとめて一括返済し、かぎんカードローンSだけで返済すれば、金利が安くなる上、返済日も1日に絞ることができます。

かぎんカードローンSの金利は全体的に見ても消費者金融より有利であり、高額融資が通れば比較にならないほどの低金利となります。

かぎんカードローンSのデメリット

全国から誰もが気軽に申し込みできるかぎんカードローンSですが、スマートフォンが無く、鹿児島銀行の口座がない場合、即日融資ができません。

通常の方法で審査結果が出るのは早くても翌営業日です。アプリを利用しない場合には、契約書のやり取りに時間がかかるので、さらに融資までの時間がかかります。

高額の借り入れでは下限が1.9%という驚くべき低金利となりますが、50万円以下では14.5%とごく平均値です。アルバイトをしていても学生は利用できないのも、人によっては不便に感じそうです。

アプリ申し込み以外の即日融資ができない

かぎんカードローンSは来店せずに申し込みから融資までが可能ですが、即日融資を希望する場合は鹿児島銀行に口座が必要です。

また、インターネットや電話、FAXなどからの申し込みでは、審査結果が伝えられるのは翌営業日となり、そこから郵送での契約手続きが開始されます。

契約が整った時点で他銀行の口座への振込融資はできますが、少なくとも1週間以上は見ておかなければなりません。

全国どこからでも利用が可能なことや、鹿児島銀行に口座開設の必要がないのは、かぎんカードローンSの大きなメリットです。

即日融資には条件が多い

しかし即日融資に関しては、鹿児島銀行で口座が所有できる範囲内での居住が条件となります。またアプリによる申し込みでなければ実現できないため、スマートフォン利用者という制限が生まれます。

自動契約機があるメガバンク系のカードローンでは、即日融資がごく当たり前となっています。また、消費者金融であれば申込者が自宅にいながら、即日融資できるところがほとんどです。

地方銀行のカードローンにも、ごく一部ではありますがかぎんカードローンSのように全国区でサービス提供している商品には、即日で振込融資可能というものも見られます。

鹿児島県近隣に住んでいて、スマートフォン操作ができなければ、即日融資は不可能です。ただ翌日以降であれば、アプリからの申し込みで振込融資が可能となります。

鹿児島銀行の営業エリア外から利用する場合には、融資までの時間を考慮し、早めの申し込みがおすすめです。

融資額が少ない場合の金利は平凡

かぎんカードローンSの金利は、下限が1.9%、上限が14.5%です。貸金業者と比較すれば、上限金利でも十分な低さといえますが、銀行カードローンの中では標準的です。

利用限度額が高額であればあるほど、借り入れる際の金利は有利になります。しかし、例えば金利が低いからといって500万円の融資を希望しても、それがそのまま通るわけではありません。

実際にいくらまで借りられるのかは、個人の状況が精査され、銀行と保証会社の審査結果によって決定されます。

借り入れできる額によってそれほどメリットはなし

かぎんカードローンSの利用限度額は、10万円以上1,000万円までです。他社のカードローンでは、専業主婦が平均50万円までに設定されています。

かぎんカードローンSでは属性による制限は公表されていませんが、100万円以上をすんなり借り入れられる保証もありません。

50万円以下の金利14.5%であれば、他にも似たようなカードローンはあります。即日融資に対応していて、さらに金利が低い商品も存在します。

かぎんカードローンSは一見かなりの低金利商品に思えますが、借り入れできる額によってはそれほどのメリットはありません。

目安としては金利が10%以下となる100万円を超えて借りられるかどうかが、分岐点といえそうです。

申し込みをすると、仮審査後に融資可能額が伝えられてから、契約の意図を確認されます。自分がいくら借り入れしたいのか、いくらだったら契約の価値があるのか、金利と突き合わせて先に良く考えておく必要があります。

申し込み可能な年齢でも学生は利用不可

かぎんカードローンSは、専業主婦でも申し込みができ、年齢制限も比較的幅広いのが特徴です。

しかし、パートやアルバイトOKでありながら、学生の申し込みは不可という落とし穴があります。20歳以上でアルバイトをしていても、身分が学生の場合には申し込みできません。

カードローンを利用するときには、さまざまな事情が想定されます。就職が決まり、早めに引っ越しをする資金にしたいという場合もあるでしょう。

その際、アルバイトですでに定期的な収入を得ていても、学生のうちはかぎんカードローンSの利用はできません。

  • アルバイトをしていても身分が学生の場合は申し込みできない
  • 地方銀行のカードローンの中には、学生でも20歳を過ぎていれば利用ができる商品はたくさんあります。そうした商品と比べると、社会人限定となるかぎんカードローンSに不便を感じます。

    申込条件の表記には明記されていませんが、サポートセンターで確認すると学生は申し込みできないことを伝えられます。職業の属性や年齢層の上限が幅広い割には、残念な点といえます。

全国どこからでも申し込みができるため、親の同意が確認しづらいなどの問題がありそうですが、商品によっては学生枠を設けているカードローンもあります。

借入額の制限をつくるなどして対処できれば、かぎんカードローンSの利用者の幅がさらに広がりそうです。

かぎんカードローンSは他社カードローンと比べて申込者の条件が少ない商品ですが、申し込みに際して不安に感じる点があれば、念のため確認をしておくとより安心です。

かぎんカードローンSの申し込みの流れと注意点

かぎんカードローンSの申し込みの流れは大きく分けて2つです。インターネット・電話・FAXからの申し込みの場合には、契約は郵送で行われます。

アプリからならば、スマートフォンで契約まで完結でき、口座があれば即日振込依頼も行えます。利用に際しては、約定返済額が減少していくことに注意が必要です。

また、基本的には借り入れ・返済ともATMからの利用となります。

主な申込方法と借り入れまでの流れ

インターネットとFAXは24時間申し込みが可能です。電話での申し込みは、12月31日~1月3日を除く平日9時~20時、土・日・祝日は9時~17時までの受け付けです。

  1. インターネットからの申し込み
  2. 画面に必要な情報を入力後、送信します。翌営業日以降に申し込みの内容確認の電話があり、その後審査に入ります。審査の結果も電話で通知されます。

    承認されると正式な申込書と契約書、カードローンの内容説明書などが自宅に郵送されるので、必要事項を記入して本人確認書類と共に返送します。

    鹿児島銀行で返送された書類の内容の確認が済み次第、ローンカードが発行され自宅へ郵送されます。

  1. 申込専用アプリを利用する場合
  2. アプリを利用する場合には、スマートフォンにアプリをダウンロードします。画面の内容に従って必要事項を入力し、本人確認書類を撮影して、送信します。申込確認の連絡後、即日審査が開始されます。

    審査結果の通知後、スマートフォンから正式契約が行われます。その際、アプリ内から口座への振込融資の依頼が可能です。鹿児島銀行に口座があり、13:30までにすべての手続きが完了できれば即日融資に対応してもらえます。

アプリで申し込みを行っても、鹿児島銀行に口座ない場合には即日融資は受けられません。またインターネットやFAXによって申し込んだ場合でも、土日を挟むと受け付けが翌営業日以降となり、審査もそれ以降で行われます。

郵送の場合、書類に不備があればその分日数がかかり、融資がさらに遅れます。鹿児島銀行に口座がない人でも、できるだけ早く申し込みの処理をしてほしいのであれば、アプリを利用するのが正解です。

借入残高によって異なる最低返済金額

カードローンで借り入れを行った場合、気になるのが毎月の返済金額です。かぎんカードローンSの返済金額は、借り入れた額によって異なります。

借入残高 毎月の返済金額
2,000円以下 1,000円
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円
800万円超 100,000円

上記は借りたお金に対して最低限返済しなければならない金額で、これを約定返済額といいます。かぎんカードローンSの場合、返済は口座引き落としではなく、毎月10日までにATMから入金します。

返済が進むにつれ毎月支払う額が少なくなるため、楽になったように感じますが、返済額が下がるとその分返済のペースも落ちます。

例えば50万円の借り入れをした場合

毎月1万円ずつ返済を行っていたとすると、30万円以下になると約定返済額は5,000円になります。

1万円の返済ペースを変えなければ、残り40か月で完済できて利息総額は80,514円円です。

これを5,000円に落としてしまうと、返済完了まで107か月、利息総額は239,890円となります。

毎月の負担は軽くなりますが、4倍近く多く利息を支払う計算になります。これはあくまで単純なシミュレーション結果から割り出した金額のため、現実の状況では多少の変動が予測されます。

しかし一律14.5%の金利がかかる50万円以下では、返済期間の長さが返済額にかなりの影響を及ぼします。

約定返済額はあくまで最低ラインです。利息総額で損をしないためには、上乗せして繰上げ返済を行い、返済期間の短縮に努めるのが一番の方法です。

MICS提携ATMでも利用できない場合がある

かぎんカードローンSの借り入れは振り込みでも対応してくれますが、返済についてはATMのみとなります。利用できるATMは鹿児島銀行と提携している金融機関、MICS提携金融機関のATMがアナウンスされています。

MICS提携でも利用できるのはごく一部

MICS提携金融機関には、都市銀行、地方銀行、信託銀行、新生銀行・あおぞら銀行・商工中金、第二地方銀行協会加盟行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協・信漁連などが含まれます。

しかし実際に利用できるのは、このうちの一部です。また、コンビニATMの中にも利用可能なものもありますが、九州地区のごく一部に過ぎません。

利用しやすいのはゆうちょ銀行ATM

全国どこからでも、もっとも利用がしやすいのはゆうちょ銀行ATMです。ゆうちょ銀行ATMからはほぼ24時間借り入れができるので、利用に不自由は感じません。

ゆうちょ銀行であれば国内どこにでも必ずATMが設置されており、その数も年々増えてきています。ただしゆうちょ銀行ATMの場合、時間外手数料などが発生するため、利用には注意が必要です。

かぎんカードローンSは、鹿児島銀行発のカードローンでありながら、利用する人を選びません。

一度も九州に足を踏み入れたことがないという人でも、非常に気軽に利用ができます。カードローンさえ手に入れば、提供元が遠方であることは気にならなくなります。

基本的に利用するのは、借り入れから返済までATMだけです。ゆうちょ銀行以外でも、利用可能なATMが近くにある可能性があります。

かぎんカードローンSの契約時には、一応確認しておくとより便利に利用できるかもしれません。

日本全国の悩みに応えるかぎんカードローンS

明治時代から鹿児島の経済を支えてきた鹿児島銀行が、全国に向けて提供しているかぎんカードローンSは、さまざまな面で広がりを感じさせる商品です。

  • 鹿児島銀行の口座不要
  • 社会人なら誰でも申し込みOK
  • アプリで最速融資
  • 借入額の幅が大きい

鹿児島銀行の口座が不要なので、国内どこからでも便利に利用ができます。営業エリアなどの地域制限は一切ありません。申し込みから契約、融資まで、どんな遠隔地からでも手続きを進められます。

専業主婦や年金受給者など、社会人ならば属性にとらわれず申し込みが可能。インターネット、電話、FAXと申込方法が多彩で、サポートセンターの丁寧な応対が不安を解消してくれます。

できるだけ早い融資を望む人には、申込専用アプリが提供されるなど、まさに至れり尽くせり。鹿児島随一の地方銀行の貫録が感じられます。

利用限度額の最高は1,000万円とメガバンク並みでありながら、少額の借り入れにも対応しています。他社からの借り入れのおまとめに、生活の中のちょっとした不足分に、使う人に合わせた自由な使い道が魅力です。

お金の問題で悩んだら消費者金融に頼る前に、まずはかぎんカードローンSをチェックしてみてはいかがでしょうか。

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.