カードローンで審査落ちしたくない専業主婦必見!審査が甘い会社の見極め方

カードローンで審査落ちしたくない専業主婦必見!審査が甘い会社の見極め方

審査落ちしたくない専業主婦

カードローンの審査落ちを回避したい専業主婦の方へ。審査が甘い会社を見極める方法

カードローンの審査では、安定した収入があるかどうかという点が重要な審査基準です。主婦でも、パートやアルバイトをしている方はその収入を頼りに審査に臨むことができますが、収入がまったくない専業主婦の場合はそうはいきません。

しかし種類は限られてしまいますが、収入のない専業主婦でも借りられるカードローンはあります。この場合、カードローンの審査ではどういったことが重要になってくるのでしょうか。また、カードローン会社によって審査の方法は違うのでしょうか。

ここでは、専業主婦でも借りられるカードローンのご紹介と、審査が甘いカードローン会社の見極め方、審査に落ちてしまうケースなどの具体例をご紹介します。

専業主婦はカードローン審査に通りにくいの?

主婦はカードローン審査に通りにくいの?

専業主婦はカードローン審査に通りにくいとよくいわれますが、これを考える前に、まずカードローン審査のポイントを確認しましょう。

お金を貸す立場に立って考えると理解しやすいかもしれませんが、貸主にとって一番重要なことは、貸したお金が返ってくるかどうかということにつきます。住宅や車を担保に取っている場合は、最悪それを売り払って換金することができるため、担保自体の評価も審査基準になります。連帯保証人がついている場合は、連帯保証人から返済してもらえそうであればそれで良いとされることもあるでしょう。

一方、カードローンのように無担保で保証人が必要ない借り入れの場合は、本人から返済してもらうしか回収方法がありません。そのため、本人に返済能力があるかどうかが重要になってくるのです。

本人の返済能力とは、分かりやすくいえば「安定した収入があるかどうか」ということです。専業主婦であっても、パートやアルバイトをしていて安定した給与収入があれば、その収入額をもとに審査することが可能です。しかし、収入のない専業主婦の場合は、本人の年収で審査することができませんので、旦那さんの収入を世帯収入として審査することになります。

ここで最初の疑問に立ち返ってみましょう。専業主婦がカードローンの審査に通りにくいかといえば、正社員などの安定した収入がある方と比較すると審査上不利な点も多いことは確かですし、収入の有無によって選択肢が限られてしまうことも事実です。しかし、専業主婦であっても、カードローンが利用できないわけではありません。それでは、どんなカードローンであれば借り入れできるのか、見ていきましょう。

専業主婦でも借り入れできるカードローンは?

専業主婦であってもパートやアルバイトをしていて安定した収入がある方と、そうでない方とに分けることができます。それぞれ利用できるカードローンの種類が異なってきますので、下記をご参照ください。

安定した収入がない方の場合

配偶者の同意書

銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、収入のない専業主婦でも利用することができます。その際確認していただきたいのが、条件に「安定した収入のある方」という記載があるかどうかです。もしそういう記載があったなら、総量規制とは別にカードローン会社の自主規制で、収入のない方への貸し出しを行っていないということですので、審査に通ることはできないでしょう。

反対に、収入に関する記載がなかったり、専業主婦OKという記載があったりするカードローンは、収入のない専業主婦も審査対象です。中には、専業主婦の方に限定したカードローン商品を取り扱うカードローン会社もあります。

収入のない専業主婦も利用対象とする銀行カードローンは、世帯収入や夫婦での収入を審査基準にしますので、まずは旦那さんに安定した収入があることが求められます。しかし、旦那さんの年収が仮に600万円だとしても、総量規制の上限のように200万円までの利用枠が見込めるわけではありません。

配偶者貸付制度という、特殊な制度を利用するカードローンもありますが、配偶者の同意書が必要であったり、提出書類が多かったりとあまり便利なものではなく、当該制度を利用するカードローン商品自体かなり限られてしまいます。

あくまでも旦那さんの収入は参考情報でしかありませんので、借り入れできる枠の上限はおおよそ30~50万円に設定されていることが多いようです。

安定した収入がある方の場合

パート、アルバイトなどで安定した収入のある主婦の方の場合は、総量規制の対象とされる、消費者金融カードローン、信販カードローン、流通カードローンの利用も可能です。この場合、年収の3分の1が法的な上限額になりますので、例えば年収が100万円だとすると利用限度額は約33万円となり、おそらくカードローン会社から提示される利用額は上限30万円となるでしょう(他に借り入れがない場合)。

もちろん、勤続年数などその他の情報も合わせて審査され、収入があれば自動的に借り入れできるというわけではありませんのでご注意ください。

消費者金融カードローンなどの選択肢が増えたからといって、必ずしも消費者金融カードローンなどを選ぶ必要はありません。安定した収入のある主婦でも、銀行カードローンを利用するという選択肢もあるのです。選択肢が増えた場合は、金利の高低で商品を選ぶのも方法ですし、「初回利用時は無利息期間あり」などのキャンペーンを行っている商品を選ぶのも良いでしょう。

ご自身の利用の方法や目的に沿った最適なカードローン商品を選択することが、一番大切です。

審査が甘いカードローン会社の見極め方

審査が甘いカードローン会社の見極め方

専業主婦でもカードローンを利用できることは、ご理解いただけたかと思います。カードローン会社によって審査が甘いところ、反対に厳しいところという差があるはずですが、一体どのようにして見極めれば良いのでしょうか。ここでは、審査が甘いカードローン会社の見極め方をポイントごとにご紹介します。

銀行カードローンと消費者金融カードローン

銀行カードローンと消費者金融カードローン

まず、一般的に消費者金融カードローンの審査は、銀行カードローンの審査よりも甘いことが特徴です。それゆえ、ご自身に安定した収入があるのであれば、消費者金融カードローンを選ぶ方が審査を通過する可能性が高くなります。

また、審査のスピードや申込手続き、契約手続きの利便性、借り入れ方法、返済方法が多岐にわたること、お得なキャンペーンを行っている会社があることなど、消費者金融カードローンは銀行カードローンに比べて魅力ある商品が多いこともメリットです。

専業主婦向け商品をイチオシしている銀行カードローン

銀行カードローンの中でも、申込者に安定した収入を求める銀行もあれば、そうでない銀行もあります。そして、後者のうち、専業主婦への貸し出しに力を入れている銀行は、専業主婦でも審査に通りやすい(審査が甘い)でしょう。

カードローン会社の見極め方の1つとして、その銀行が専業主婦向けのカードローンに力を入れているかどうかという点にも注目してください。これはタイミングによっても変化しますので、ご自身が利用するタイミングでチェックすることが一番良いでしょう。

ネット銀行カードローンは比較的甘い

ネット銀行カードローンは比較的甘い

銀行業としては後発組のネット銀行ですが、従来の店舗型銀行と比較して運営コストが掛からないことから、預金金利や貸出金利で有利な点が多いといわれます。これはカードローンの審査にも影響するようで、店舗型の銀行よりは若干審査が甘いことがネット銀行の特徴です。

また、ネット銀行は流通業界の企業が流通業を補完する目的で設立された銀行が多く、ショッピングをさせることが主たる目的であるといえます。そのため、クレジットカードのショッピング枠に近い基準でキャッシング枠をつけてくれる場合があります。これも審査が甘いといわれる理由の1つです。

銀行ごとのカードローン審査の基準は比較できる?

銀行ごとのカードローン審査の基準は比較できる?

カードローンのみならず、融資の際の審査基準を公開している銀行はありません。したがって、どの銀行は審査が甘い、あの銀行は審査が厳しいなど銀行ごとにはっきりと比較することは残念ながらできないのです。

大手銀行の方が審査は甘いとか、地元密着の金融機関(地方銀行、信用金庫など)の方が審査は甘いなど、さまざまな情報が飛び交っていますが、利用者の取引実績などによっても変わるため、一概にいい切ることもできません。

また、審査が甘いから信頼できる業者だとは思わないようにしてください。「審査激甘!」や「審査なしで貸し出します!」などの過激な表現をする業者は違法業者(ヤミ金融)の可能性が高いので、絶対に近づかないようにしましょう。

専業主婦の方がカードローン審査に落ちるケースは?

ここからは、審査に落ちてしまうケースをご紹介します。ご自身が当てはまるかどうか、ぜひチェックしてください。

カードローンの利用条件を満たしていない

初歩的なミスといえるかもしれませんが、カードローンの申込条件に当てはまらない場合は申し込んでも審査落ちしてしまいます。年齢制限や安定した収入の有無もそうですし、地元密着型の金融機関などの場合は、居住地がその金融機関の営業範囲に入っているかどうかもポイントです。申し込みの前に、申込者の条件欄を確認するクセをつけましょう。

他社からのカードローン借り入れがある

パート・アルバイトなどで収入がある場合、消費者金融カードローンを申し込むことも可能です。しかし、総量規制によって借り入れは年収の3分の1までしかできません。

例えば、年収が90万円だとしたら、30万円までは総量規制の範囲内のはずですが、すでに他社で20万円借り入れをしているときに新たなカードローンに申し込みをすると、最大でも10万円までしか借りられません

同様に、すでに30万円満額借り入れをしている状態なら、もう余剰分がないということで審査落ちしてしまうのです。総量規制は一社ごとに判断されるのではなく、トータルの借入残高で判断されるため、十分注意してください。

カードローン審査で嘘をついている

カードローン審査で嘘をついている

ちょっとでも限度額を増やしたい、なんとしても審査に通りたい、そう思う気持ちは誰しも少なからずあるでしょう。とはいえ、年収を水増ししたり、勤続年数を勝手に長くしたり、他社での借り入れを申告しなかったり、という行為は厳禁です。

申込内容に不自然な点があればカードローン会社もその不自然な点を細かく調査しますし、そこで嘘が発覚すると、通るものも通らなくなってしまいます。審査を通るためにしたことが完全に裏目に出てしまうのです。些細なことでも嘘はつかず、正直な申告で審査に臨むようにしてください。

過去に滞納履歴がある

銀行カードローンでも、消費者金融カードローンでも、審査時に個人の信用情報を確認される点は同じです。この個人信用情報というのは、他社での借り入れや返済等の状況(延滞があるかないか、いつあったか、など)、金融事故に関する情報(自己破産や任意整理、個人再生など)が含まれています。

過去に延滞したことがあったり、債務整理を行ったことがあったりする場合は、その情報をもとにカードローン会社が審査の判断をします。「支払日を忘れて数日遅れたことが一度ある」という程度なら大丈夫と判断されるかもしれませんが、何度も延滞を繰り返していたり、長期にわたって延滞していたりすると、審査での印象は悪くなるでしょう。

また、債務整理の直後もカードローンの審査は難しく、5~10年が経過しないと審査落ちしてしまうかもしれません(カードローン会社が個別に判断するため、明確に何年という線引きはできませんが)。思い当たることがある方はご注意ください。

専業主婦でもカードローン審査に通る!

以上、専業主婦のカードローン審査について、注意すべきポイントについてご紹介しました。

一口に主婦といっても、パート・アルバイトなどをしていて安定した収入のある方もいれば、そうでない専業主婦の方もいます。まずは、ご自身の状況で申し込みできるカードローンの種類を確認し、年齢制限や居住地制限などの申し込み条件を確認した上で申し込みするようにすると、無駄なくカードローンの申し込みができるでしょう。

また、申し込み前には現在の借入残高を把握することも大事ですし、過去に滞納を繰り返していないか、債務整理をしていないかを思い出す必要もあります。

そして、審査では嘘をついたり見栄を張ったりすることなく、ありのままの申告をしてください。虚偽申告での審査落ちは将来的にあなたを苦しめることになります。「人事を尽くして天命を待つ」の心意気でカードローンの審査に臨むようにしましょう。

田中 裕晃
田中 裕晃

CFP®・1級ファイナンシャル・プランニング技能士/公認不動産コンサルティングマスター/宅地建物取引士/マンション管理士/ 住宅ローンアドバイザー/賃貸不動産経営管理士 他
日本FP協会主催「くらしとお金のFP相談室」で平成29年度相談員担当

大手賃貸仲介業者に就職し、新人賞獲得。店長職を経験後、売買仲介業者として独立。不動産業を営む傍ら、ファイナンシャルプランナーとしても活動中。

住宅の取得やそれに付随するライフプランニングの設計、資産の組み換え、不動産投資、相続対策などに関しての相談業務を行っている。

© カードローンQ All Rights Reserved.