何が違うの?カードローンとキャッシングの違いを徹底解説!

何が違うの?カードローンとキャッシングの違いを徹底解説!

カードローンとキャッシングの違い

お金の貸し手である銀行・クレジットカード会社・消費者金融会社などの立場から見ると、借り手にクレジットを与える際には、借り手の信用を評価することは当然です。具体的には返済能力、返済意思や担保などがあります。一般的にカードローンやキャッシングの場合、返済能力と返済意思は必須です。

また、担保は住宅などの大きな買い物のローンと違って、カードローンやキャッシングには不要です。それでも、審査の際は、自己所有の住宅や預貯金などを保有していると有利な場合もあります。

今回は、カードローンとキャッシングの違いや、どういった方にそれぞれの金融商品が向いているかをご紹介します。

カードローンとキャッシングの違い

一括返済が可能なキャッシング機能の利用については、クレジットカードをさまざまな用途で保有されている方が多いこともあり、比較的気軽に利用されています。しかし、一般的なカードローンの利用には、長期の借り入れのための申し込みということもあり、審査の基準も高いせいか抵抗がある方が多いのではないでしょうか。

以下では、カードローンとキャッシングの違いを詳しく見ていきましょう。

借入期間が違う

カードローンとキャッシングの大きな違いは?

カードローンはキャッシングよりも、長期の借り入れです。

キャッシングは、短期間で借り入れをして一括で返済が主流となり、一方カードローンはローンを取り扱う金融機関が長期間の借り入れ、返済が主流となっています。

ただし、キャッシングでも何度も借り入れを繰り返せば、長期間の取引となります。逆に、カードローンはすぐに返済可能です。

ある程度多めの利用限度枠(利用限度額)を設定しておけば、いつでもまた繰り返して借り入れができる仕組みです。

 

利用限度額が違う

比較的少額でキャッシングを利用されている場合は、一括払いが主流です。これに対して、金額が大きくて一括返済ができない場合、金利が低くて多額の借入金でも、長期のある程度の定額返済が可能なのがカードローンの魅力でしょう。

返済方法が違う

カードローンは利用限度額を設定しておけば、利用額に応じて返済額を一定にすることが可能です。キャッシングの場合でも、リボルビング払いで分割返済を選択すれば、返済額を一定にすることが可能ですが、キャッシングの利用者は最初翌月一括払いが主流です。これを繰り返すことは可能ですが、慣れてくると利用する借入金額が増えたり、利用する頻度が多くなったりします。

また、それ以外にも、期日に返済するためのお金の資金繰りが悪化することもあるかもしれないので注意が必要です。

年会費が違う

クレジットカードと違い、カードローンは年会費が掛かりません。クレジットカードの中にも年会費の掛からないものもありますが、基本は年会費が発生するクレジットカードがほとんどです。そのため、余計な費用が掛からずにいざというときに現金を借り入れたい際はカードローンのほうがおすすめです。

金利が違う

カードローンとキャッシングでは金利が違う

カードローンは、キャッシングよりも比較的に金利が低めな傾向にあります。ただし、変動金利型のカードローンの場合は、金利の上下に注意が必要です。

キャッシングの場合、毎月の資金繰りが厳しくなり、仮にリボルビング払いに変更できたとしても、カードローンよりも金利が高く、元金が減りにくいのがネックです。

借り入れる金額や、期間などを考えて効率よく利用しましょう。

 

ショッピング決済機能の有無が違う

カードローンには商品を購入する際の決済機能がありません。クレジットカードにはショッピング枠があり、買い物の際に現金がなくても商品を購入することができます。

カードローンに向いている方は?

カードローンを利用する際は、「これだけ貸してくれる」よりも「これなら返せる」という思いが大切です。すでに利用している目的別ローンの返済も含めて考えましょう。

以下では、カードローンに向いている方をご紹介します。

教育・マイカー・住宅ローンなどの目的ローンを利用している方

マイカーなどの目的ローンを利用している方

他の目的ローンを利用中の方は、返済経験がありますから、延滞しないか不安なときもあったでしょう。

順調に返済できていれば良いのですが、不測の事態にも備えなければなりません。「預貯金などの満期では返済日に間に合わない」場合はまだしも、家計のローン負担が増える場合は注意が必要です。

例えば、「出向などでお給料が下がった」「会社が業績不振でボーナスが出なくなった」などという場合、もしくは「冠婚葬祭や突然の病気のためによる入院などの大きな出費」などには注意してください。

目的別ローンの返済は待ってはくれません。目的ローンの利用者以外の方も含め、家計が不安定なときに味方になってくれるのが、気兼ねせずに無担保で借り入れできる今どきのカードローンです。

クレジットカードをよく利用されている方

クレジットカードをよく利用されている方のケース

クレジットカードの利用頻度が多くなると、その支払いのためにキャッシング機能を使います。キャッシングを利用すれば、そのうち金利の負担が多くなるでしょう。

毎月定額のリボルビング払いにもできるカードもありますが、金利の面で高額になるので、負担はなかなか減りません。

このケースでは、クレジットカードのキャッシングからカードローンに切り替えると家計の負担をおさえることが可能です。

中には、ローンは使わずにクレジットカードのポイントをためて、旅行や商品と交換して生活を楽しんでいるという方もいます。それでも決済日が近くなってときには収入が減り、他の支払いが増えるなどして現金不足が起こること少なくありません。

また、キャッシングで借り入れをして一時はしのげても、しばらくの期間は生活のやりくりが厳しくなるケースもあることでしょう。このようなケースでも、低金利のカードローンが効力を発揮します。その場合、事前に自分に合わせたローンの限度枠、もしくは限度額を用意しておくのもおすすめです。

借り入れをあまり利用されたことがない方

クレジットカードを持たない方や、カードローンが必要ないという方もいらっしゃいます。このような方がクレジットカードやカードローンが必要となった場合、つまり借り入れが初めての方は注意が必要です。ショッピングや大きな買い物をする以外にも、クレジットカードやデビットカード、そしてカードローンの使い方は事前に確認しておきましょう。

クレジットカードを使用するのは、ETCと旅行のときくらいという方、公共料金の支払いでポイントをためる方、ポイント以外にも公共料金などの期日管理が面倒なのでクレジットカードを利用している方なども、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

これらの毎月の支払っていたものが、突然何らかの理由で滞りがちになり、「ある程度一定の額で利用できればありがたいな」と思うケースも考えられます。こんなときには、カードローンが役に立ちます。

また、毎月の返済ができている場合は、余裕資金ができた際(預金の満期・ボーナスなど)に一部でも追加返済できれば家計は安泰です。返済して残高が減れば、毎月の返済額も下がります。

逆に、一時的に追加で借り入れが必要であれば、借入金を増額できます。返済可能なカードローンの利用限度額をあらかじめ設定しておくことをおすすめします。

中には、身内の方が堅実派でカードそのものも持たしてもらえない方もいます。バイトをしていて収入が入れば、すべて自分のことに使えるような若者でも、今すぐに現金が必要だったり、不足していたりといったケースもあるでしょう。このような場合でも、PCやスマートフォンから、誰にもバレずに申し込みできるカードローンが便利です。ただし、あらかじめ返済可能な利用限度枠を設定しておき、借り過ぎには注意するようにしましょう。

キャッシングに向いている方は?

クレジットカードの発行枚数で1番多いのは銀行系です。次に流通系、そして信販系の順です。その他「メーカー・小売商団体・石油」系などがあります。

財布替わり、ショッピング、通販などで使われているクレジットカードですが、ほとんどのカードにはキャッシング機能が付いています。ただし、「使う必要がない」「使い方が分からない」「存在自体知らなかった」などの理由から使用されていない方も多くいらっしゃるのも事実です。

以下では、もう少しそのキャッシング機能について、いくつかのライフスタイルに合わせてご紹介します。

スキー・温泉などの旅行好きや出張が多い方

旅行が大好き、出張が多い方向き

旅行中に急に現金が必要になったけれど、日常の生活費にまで手をつけたくないといったケースもあります。そんなときキャッシング機能が使えます。翌月、お支払いとなっても少しの金利負担(もしくは金利が高くても短期間の場合)で助かります。

会社の出張なども同様で、ホテル代や交通費を会社都合で立て替え払いしなければいけない場合なども、キャッシングがあれば現金を一時的に都合づけることも可能です。出張の手当てが後日入金となる会社員の方など、立て替えが必要な場合には、有効的に利用できるのではないでしょうか。

 

買い物が好きでクレジット払いが主流の方

買い物が好きでクレジット払いが主流の方向き

お店や通販など買い物でポイントがたまり、一括払いやボーナス払いなどは金利が掛からないところから、クレジットカードなどは現金代わりに利用されることが多いのではないでしょうか。それには、現金など大金を持ち運ぶ必要がなく、カード1枚で現金代わりになるというメリットがあります。

ただし、決済日にお給料などが他の用途で必要となり、決済に間に合わないなど、不測の事態が起こることがあるものです。こんなときにもキャッシングが利用できると大変便利です。

また、年会費は高めですが、ゴールドカードなどのステータスを重んじる方もいらっしゃるのではないでしょうか。これらのカードは、宝石など大きな金額のものを購入する際に利用できます。また、特別なサービスを受けられるため重宝されています。ただし、ゴールドカードの所有となると、年収500万以上の正社員が主流です。

最近の入会条件の傾向としては、平均年収が下がっていることもあり、以前に比べるとゴールドカードが取得しやすくなっています。そのため、年収が低くてもゴールドカードに入会できる場合もあるでしょう。

ゴールドカードに限らず、普段は現金をあまり持たずカードだけで済ませているという方も多くいらっしゃいます。ネットで買い物した場合、コンビニ払い、もしくは代金引換を選択できすが、その場合は現金でしか購入できないケースもあります。そんなときはキャッシングが助けてくれます。

日常生活でよくクレジットカードを利用する方

日常生活でクレジットカードを利用する方向き

公共料金・教育資金・携帯使用料・ネット諸料金などは、すべてにおいて毎月定額ではありません。つまり、毎月の支払いが大きく変動する場合が問題です。

住居費「家賃や変動型の住宅ローン」で時期や季節によって、大きく変動する場合があるでしょう。その場合、その分の家計の負担度が増すことになります。

こうした生活は、部活やクラブなどで活躍している子供の遠征費、冠婚葬祭、車の修理など、突発的な出費でさらにピンチを迎えることになるでしょう。ボーナス支給まで毎月の光熱費や遊興費を節約するなど計画を立てるにしても、今月分が不足しているなど短期的なお金が急に必要になったケースでは、キャッシングは一時的に効果を発揮します。

また、ショッピング枠は目いっぱい使用してしまい、お金はお給料日まで入ってこない場合もあります。仮に、カードの限度額には余裕があったとしても、カードの利用ができないお店では現金が必要です。こうしたケースでもキャッシング役に立つかもしれません。

使用限度額や返済期限に注意して計画的な利用を

今回は、カードローンとキャッシングの違いや、それぞれどういった方に向いているかについてご紹介しました。

貸し手の銀行などが借り手の信用を評価する場合は、安定した収入や他の負債の有無、公共料金などの期日通りの返済経歴を見ています。その場合キャッシングやカードローンは通常無担保が主流ですが、自己所有の住宅や預貯金などの保有は有利です。借り手から見ると、これだけ貸してくれるよりも、これなら返せるという発想が大切なのではないでしょうか。

使用限度額や返済期限などに注意して、計画的にキャッシングやカードローンをうまく利用すれば、家計がピンチのときなどもその力を発揮するでしょう。

木村 正人

ファイナンシャル・プランナ-、CFP®、GLGカウンシルメンバ-
FP1-オフイス21 代表(http://fp1-office21.com/)

ライフプラン&マネ-に関するコンサルティングから金融・財務など法人まで、コンサルティングを行う。全国信用組合月刊誌、みずほリサーチ&コンサルティング専門書、そのほか「一般・経営者」向けコラムなど原稿執筆実績あり。

© カードローンQ All Rights Reserved.