結婚式をしたいけどお金がない時はどうしたらいいの?
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】お金の豆知識結婚式をしたいけどお金がない時はどうしたらいいの?

結婚式をしたいけどお金がない時はどうしたらいいの?

結婚式費用節約や相場

結婚式を挙げるお金がないから貯めたい!節約方法はないの?

「結婚式をしたいけれど、貯金ができていない!」といった方や、「結婚式にどのくらいお金がかかるかわからない」という方は多いと思います。ただ、今現在貯金がなかったとしても、親に援助を期待できないし借りることもできなかった場合でも、挙式を諦める前にどうにかできる方法はないかどうかをぜひ考えてみてください。結婚式といっても、「ジミ婚」や「派手婚」などさまざまです。

今回は、結婚式をしたいけどお金がないと悩む方に向けて、費用節約のコツや相場、さらに、多様化したウエディングについてもご紹介します。

結婚式の費用はどのくらいかかるの?

結婚式の費用

結婚式のみにかかる費用は、どのようなウエディングプランを選択するかによってかなり異なります。安くても数十万円、高くて500万円を超える場合もあり、平均的には300万~350万円ほどかかることが多いようです。

結婚式にかかる費用には、どのようなものが含まれているのでしょうか?

一番高いウエイトを占めるのは料理や飲み物で、100万~130万円ほどかかります。その他、新郎新婦の衣装(新婦のお色直し1回分含み)で約60万~70万円かかり、挙式料で30万円前後、さらには装花や写真、ビデオなどにそれぞれ10万~30万円ほどかかります。

300万円以上ものお金はとても用意できない場合、どのくらいの予算までなら用意できそうなのかをパートナーと相談し、ウエディングプランナーや式場の方に提案してみるのも良いでしょう。また、式場を検討する上でも、ただ提案された見積もりを鵜呑みにするのではなく、どうすれば費用が安くなるのか等、節約方法について考えることも大切です。

婚式費用の節約のコツ

数百万円にもなる結婚式の費用を節約するための、5つのポイントについて見てみましょう。

オフシーズンの日程を選ぶ

オフシーズンの日程を選ぶ

季節で選ぶ

結婚式は、一般的に春や秋に多く行われる傾向があります。真夏や真冬などは人気が低い分、料金も安くなる傾向がありますので、値段交渉がしやすいかもしれません。1月・2月の寒さが厳しいシーズンと、真夏の7月・8月の暑いシーズンは、式場も比較的空きがあることが増えるので、挙式を安く済ませられるキャンペーンなども打ち出されるかもしれません。

逆に、GWやジューンブライドで人気が高まる6月は料金が高くなりますので、交渉は難しくなりそうです。

日にちで選ぶ

結婚式も縁起物ですので、縁起の良い日とされる大安に式を挙げようとすると、料金は高くなります。100万円ほど変わることもあるくらい、金額に大きな差が出るのです。

結婚式はゲストが出席しやすい土日や祝日に行うことが多いため、やはり土日や祝日は費用が高くつきます。その中でも大安を選ぶとなるとさらに日にちが限定されるため、料金設定が高くなることは明白でしょう。

逆に、式場にもよりますが、仏滅だと値引きになる場合もあります。

パートナーや親族がこだわらなければ、仏滅に安く式を挙げることもできるでしょう。

時間帯で選ぶ

時間帯によっても料金が変わってくることがあります。例えば、挙式の時間帯を夕方や夜にするナイトウエディングのような結婚式であれば、朝や昼に式を挙げるよりも安く済むこともあるようです。

夏の暑い時期などにこのようなナイトウエディングで式を挙げると、涼しく、そしてロマンチックに、さらには費用を節約することもできるなど、さまざまなメリットがあります。また、ゲストが参加しづらい平日であっても、夜に式を挙げる場合なら仕事帰りに参列してもらうことができるかもしれません。

申し込みのタイミングに注意する

結婚式場の費用は、申し込みのタイミングによっても金額が変わってきます。一般的には8ヶ月以上前に申し込みを済ませますが、式を挙げる日の直前(6ヶ月~3ヶ月前)に申し込みをすると割引率が高くなる式場もあります。

招待状などを手作りする

招待状などを手作りする

結婚式場の見積表をもらうと、どのようなサービスに対してどの程度の料金がかかっているのかがわかります。何でも式場の方に手配してもらうと、当たり前ですがそれはすべて見積金額に追加されていきます。それらがトータル300万円以上の結婚式費用となってくるので、自分たちでできることは自分たちで作業し、費用を節約しましょう。

招待状や席次表などを手作りして節約

例えば、招待状作成のサービスが一人当たり400円の場合、60人に招待状を送るとなると2万4,000円かかります。これを自分たちでより安く作成できれば、節約につながります。

また、席次表や席札、メニュー表などもパソコンからダウンロードして印刷すれば簡単に作ることができるのでオススメです。

ウェルカムボードを手作りして節約

他にも、式場の入口付近に設置するウェルカムボードを100円ショップグッズで自作することが可能です。ボードに写真をたくさん貼ってデコレーションすると、100円ショップのもので作ったとは思えないようなウェルカムボードに仕上げることもできるでしょう。中には、式で結婚指輪の交換をする際に使うリングピローを100円ショップで作る方もいるようです。

これらのアイテムの作り方などは動画共有サイトなどにアップされていることも多いので、参考にしてみましょう。自分たちで結婚式用のアイテムを作成するのは時間がかかりますが、難しいことではありません。

プロフィールビデオを手作りして節約

そして、最近披露宴での演出で増えているプロフィールビデオなども、自作することができます。制作会社に依頼すると数万円~十数万円かかることもあるため、「節約はしたいけどプロフィールビデオは流したい」という場合は画像や動画の編集ソフトを使って、安く、素敵なオリジナルプロフィールビデオを作ってみてはいかがでしょうか。

しかし、招待状や席次表、ウェルカムボードなどを頑張って自作しても、持ち込み料などがかかる式場もありますので、手作りをして時間をかけた分どのくらいの費用を削れるのか、事前に費用対効果を確認してみてください。

海外で式を挙げる

海外で式を挙げる

海外で式を挙げるのはハネムーンも兼ねる方法ですので、「結婚式を挙げたいし、海外へのハネムーンにも行きたい!でも節約もしたい」という方にぴったりです。新婚旅行で海外に行く場合、ヨーロッパなどであればお土産代等も考えると100万円ほどかかることもありますが、海外で挙式すれば、改めて新婚旅行の費用をかける必要はありません。

大々的に結婚のお披露目をするのが苦手な方や、親族や大切な人だけに祝福してもらいたい方にもオススメです。

最近では海外で格安の結婚式を挙げるカップルも増えているようです。すべてにおいてコストカットされた海外ウエディングプランを提供する企業を利用することで、節約しつつもハネムーンを兼ねた挙式を実現しているのです。

なお、格安の海外ウエディングプランを提供する企業では、自社の式場を使い、装花、送迎車、衣装、持ち込み料などをリーズナブルに設定していることが多いようです。

式場独自のキャンペーンを活用する

式場独自のキャンペーンを活用

式場では、独自のキャンペーンを行っている場合があります。特定の期間に予約をすれば費用が割引になったり、挙式の費用が無料になったり、オプションをいくつか無料でつけてもらえたり、中にはキャッシュバックをしていることもあるようです。式場の候補をある程度絞り込んだら、こまめにHPやチラシをチェックし、お得なキャンペーン情報を逃さないようにしましょう。

式場だけでなくさまざまなウエディングプランを把握する!

ウエディングプランを把握する

お金がないといっても、数十万円足りないのか、数百万円足りないのかによっても話が異なります。いくらくらいのウエディングプランであれば式を挙げられそうなのか、さまざまなウエディングプランについて把握しておきましょう。

例えば、新郎新婦だけで行う結婚式だと「2人だけ婚」などと呼ばれます。ウェディングドレスやヘアメイク、写真撮影なども行いますが、披露宴などは行わない分、費用は安く済みます。

また、「忙しくて挙式や披露宴の準備に長い時間をかけることができないけれど、まずは式を挙げておきたい」といった場合でも、比較的短い準備期間で挙式することができるというメリットがあります。ゲストに見てもらうことはできなくても、きっと貴重な思い出になるでしょう。

そしていずれ落ち着いたタイミングやお金ができたタイミングで、レストランウエディングなどを開催する案も考えられます。

また、2人だけでは寂しいという場合、家族だけを招いたり、家族に加えて親しい友人ほんの数人だけを招いたりする挙式もあります。2人だけ婚よりは費用がかかりますが、規模の小さな式・披露宴となるため、よほど高価な衣装や料理、引き出物などを選ばなければ、300万円を超えることはないでしょう。

また、お金の問題ではなく、大勢の前で式を挙げるのが恥ずかしいと考えている人にもぴったりかもしれません。

他にも、フォトウエディングのように写真だけで結婚の思い出を残すプランもあります。

式場にお金を支払う際の対応策

式場にお金を支払う際の対応策

見積もりをしたあとは、式のための具体的な打ち合わせが始まりますが、気になる支払いはいつ行えば良いのでしょうか。

支払うタイミングや支払い方法は、式場によって異なります。現金払いだけでなく、中にはクレジットカード払いができる式場もあるようです。打ち合わせの際にしっかり確認しておきましょう。

カード払い・後払いができるかを式場に確認する

支払いのタイミングは主に前払い、当日払い、後払いの3種類です。結婚式場への支払いは平均でも350万円近くかかりますので、そのお金をどのタイミングで支払うのかをしっかり確認しておく必要があります。ご祝儀を支払いに充てられれば、自己資金が少なくても支払いができます。

しかし、一般的には事前に支払うケースが多いようです。

前払いの場合は費用のすべてを自分たちで用意する必要があるというデメリットはあるものの、式が始まれば、あとはお金のことを一切気にせず式に集中できるというメリットがあります。

当日払いの場合は、式と披露宴を終えたあとに受け取ったご祝儀をすぐに数えて支払いに充てることとなります。2次会へ行くまでの時間もさほどありませんので、新郎新婦だけではなく、両親や兄弟など、ご祝儀の金額を数えてくれる人を確保しましょう。

後払いであれば、ご祝儀を含めた資金で支払えば良いので、自分たちの用意する金額は少なくて済みます。ただ、ご祝儀は金額が決められているわけではなく、ゲストによって金額が異なるので、想定していた金額に届かない可能性もあります。

なお、クレジットカード払いが可能な式場もあるようですので、少しでも支払いをあとに延ばしたい場合には、クレジットカード払いができる式場を探してみましょう。

しかし、クレジットカードで支払う場合は利用限度額をオーバーするケースが多いので、引き落としをする金融機関に事前に相談し、限度額変更をしてもらう必要があります。

ブライダルローンを利用

貯金や、両親を含めた家族の援助だけでは結婚式場に支払う金額に満たない場合、ブライダルローンの活用を検討するのも手です。

ブライダルローンとは、結婚式や新婚旅行、新居費用など、結婚にまつわるイベントで使うお金を借り入れることができるローンです。用途を限定している分、一般のカードローンに比べて金利も低くなっていますので、借り入れをするならブライダルローンを検討してみましょう。

カードローンを利用

ブライダルローンを申し込んだものの、追加で費用がかかってしまった場合や、そもそも預貯金で何とかなるかと思いきや少し足りなくってしまった場合など、急を要するような場合には、審査時間の短いカードローンの方が活用しやすいかもしれません。

また、ブライダルというよりは、いざ新婚生活をし始めたけれどお金が全くやりくりできないといったケースも出てくるかもしれません。そのような場合に、用途に限定せずに借り入れできるカードローンは便利です。

お金がなくても結婚式を行う方法はある!パートナーとよく話し合って考えよう

今回は、結婚式をしたいけれどお金がない方に向けて、結婚にかかる費用の相場や、費用節約のコツをご紹介しました。

お金がなくても、ウエディングプランによっては実現可能だったり、ブライダルローンやカードローンなどを活用することで実現可能だったりもします。どのような結婚式を希望するのか、そしてその結婚式を実現するためにどのような方法をとるのかを、パートナーはもちろん、両親とも話し合って考えてみてはいかがでしょうか。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」