ブライダルローンとは?審査や金利について分かりやすく解説
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】カードローンの基礎ブライダルローンとは?審査や金利について分かりやすく解説

ブライダルローンとは?審査や金利について分かりやすく解説

ブライダルローン

ブライダルローンのメリットとデメリットとは

結婚は、人生の中でも大きなイベントでお金もかかりがちです。そんな人生の門出である結婚式には、「ジミ婚」から「派手婚」まで挙式のスタイルも多岐にわたりますが、一般的には約300~350万円の費用がかかるといわれています。新婚旅行なども行くのであれば、さらに費用がかさむでしょう。

多額の費用がかかる結婚式に向けて、しっかり資金を貯めてきた方もいれば、独身時代はなかなか貯蓄できなかった方もいると思います。そこで今回は、貯蓄がなくても結婚資金を準備することができる「ブライダルローン」の特徴や審査基準、金利などについてご紹介します。

ブライダルローンとは?

ブライダルローンとは?

ブライダルローンは、結婚式や新婚旅行の費用を払うために利用するローンのことです。

挙式の場所や衣装などにこだわれば、お金もかかります。しかし、「結婚式は一生に一度のことだから」と考える方も多くいらっしゃいますし、手持ち資金がなくてもその夢をかなえるのがブライダルローンです。

ただ、お金を借りるという経験をしたことがないと、ローンの利用を躊躇してしまう方もいるかもしれません。そこで、他の方がどのようにブライダルローンを活用しているのかをご紹介します。

こんな場合はブライダルローンを利用しよう!

予算オーバーになってでもやりたい挙式プランがある

結婚式の見積もりを挙式場に出してもらうと、 数百万円単位 で費用がかかります。「一生に一度の思い出にしたい」「少しでもたくさんの人にお祝いしてほしい」と思う反面、その費用が不安になるでしょう。また、自己資金があまりなく資金面で親にも迷惑をかけられない場合、自己資金だけで挙げられる挙式プランに練り直すか、十分にお金を貯めてから結婚式を挙げる、といった選択肢が考えられます。しかし、「思い通りの挙式をいま行いたい」「新婚旅行の費用の足しにしたい」なら、ブライダルローンを利用して資金を作る方法が良いでしょう。

以下に、ブライダルローンの利用をおすすめしたい、具体的なケースをまとめています。

貯金を新居やハネムーン費用で使い果たしてしまった

結婚後に新婚旅行に行き、住まいも引っ越して新婚生活をスタートさせる方もいるでしょう。そうなるとブライダル会社以外にも、旅行会社や住宅会社への支払いにまとまったお金が必要になります。新居への引っ越しや家具購入の費用がかかったり、なかにはマイホームを購入して頭金や諸費用で現金をほとんど使い果たしてしまったりなど、さまざまなケースが考えられます。

このように、結婚式を挙げる前に豪華な新婚旅行などに行ったことで、挙式分のお金が不足していた場合にブライダルローンの利用をおすすめします。

予算オーバーになってでもやりたい挙式プランがある

結婚式の予算には、式場やウエディングドレスの費用、列席の食事メニューや人数、ケーキのオーダー、映像やアルバム費用、メニュー表や席次作成などのサービスに対して料金設定がされており、そのトータルが挙式費用となります。予算をどこにつぎ込むか、というやりくりは最大の悩みどころでしょう。

ただ、中途半端に妥協するくらいなら、たとえ予算オーバーでも挙式をして良かったという声もあります。会場の雰囲気やスタッフのサービスが一流の場所にしたい、写真撮影に関しても腕の良いカメラマンにお願いしたいなど、自分たちだけではなく挙式に招かれた方も満足させるためには、多少の予算オーナーも考えなければなりません。その予算オーバー分の資金を助けるのが、ブライダルローンです。

ご祝儀をあてにしていたのに前払いの必要があるといわれた

一般的に、数百万円かかる挙式代の精算については、契約書に前払いか後払いかの記載があります。ここをよく確認しないと、式場をいくつか検討しているうちに気に入った会場があり、勢いで申し込みを入れる方がいるかもしれません。そのため、正式に依頼する前に必ずチェックをしましょう。

また、結婚式の費用が前払いなのに、後払いだと勘違いしたまま挙式準備が進んでしまうケースも少なくありません。そんなときにはブライダルローンでお金を借りて、結婚式の費用を前払いする方法が良いでしょう。

親からお金を借りたくない

お金に関して親に頼りたくない、頼れないという人もいるでしょう。また、挙式のやり方も多様化しており、人によって費用も随分違います。お金をかけずに身内だけで結婚式を行う、という選択もあるのでパートナーの方とよく相談すると良いでしょう。

とはいえ、本当は挙式をしたいし、皆にも祝ってほしいなどの希望があるようでしたら、金銭面的なサポートとしてブライダルローンを活用することができます。挙式が無事終わったあとは、しっかり返済できるようにご夫婦で計画を立てることも忘れないでください。

ブライダルローンの審査は厳しいの?

審査は厳しいの?

ブライダルローンの審査でチェックされているポイントは、返済能力があるのかという点です。金融機関によって審査基準は違うものの、ローン利用者の年齢や収入がコンスタントに入っているかなどは、最低ラインでチェックされます。年齢は20~60歳くらいが一般的で、 勤続年数1年以上、年収200万円以上 といった細かな指定があるといわれています。

さらに、審査の際には必ず個人の信用情報もチェックされており、いままでクレジットカードやローンにおける返済に遅延がないか、みられているのです。現在では、 JICC CIC 全国銀行個人信用情報センター などのHPから、自分自身の信用情報をWEBでチェックすることができます。携帯料金などの返済が遅れた経験がある方は、一度チェックすると良いでしょう。

また、ブライダルローンの審査においては保証人や担保が不要なため、活用もしやすいといえます。ブライダルローンは一般的なローンとは異なり、その用途が結婚関連と限定されています。用途の証明書が揃っていて借入額が少額であれば、審査も難しいことではありません。ただし、借入額が50万円~500万円、700万円と借りられる金額が高くなるほど、審査も厳しくなると思っておいたほうが良いでしょう。

ブライダルローンの審査に必要な書類は、運転免許証などの本人確認書類、収入証明書(会社員なら源泉徴収票、自営業なら確定申告)、そして一番大事なのがお金の使い道が確認できる書類(結婚式場や旅行会社からの請求書、見積書など)です。

借り入れの目的を表す書類のことは「使途確認書」と呼ばれ、結婚資金の準備のためにブライダルローンを利用する証明になります。この書類を提出できない場合は、ブライダルローンを借りることが難しくなる可能性があるため、必要書類はしっかり保管しておきましょう。

また、ローンの審査にも時間がかかりますので、早めに書類を整えて準備することをおすすめします。

ブライダルローンの金利の相場はどのくらい?

ブライダルローンの金利については、使用用途が自由な通常のカードローンと比べると低い金利水準で、年3%~8%になります。

これを300万円~500万円を借り入れする場合で比較すると、金利は銀行カードローンと同等、もしくは若干低い傾向です。そのため、結婚関連の費用としてお金を借り入れるなら、金利の低いブライダルローンを利用したほうが良いでしょう。

ブライダルローンの返済シミュレーション

返済シミュレーション

ブライダルローンで借りた場合、毎月どのくらい返済していけば良いのか分からない方もいると思います。そこで、実際の返済をイメージしてみましょう。

今回は、挙式費用の300万円を返済期間5年のブライダルローンを利用し、お金を借り入れたと仮定します。また、銀行によって金利も変わるため、5.2%のローンと3.975%の2パターンを計算しました。

<A銀行の金利5.2%>
毎月5万6,888円、年間68万2,656円、5年間のトータル保険料341万3,280円
<B銀行の金利3.975%>
毎月5万5,215円、年間66万2,580円、5年間のトータル保険料331万2,900円

以上のことから、月々の返済額はさほど変わらないものの、金利差により5年間で約10万円の差が出てきます。そのため、少しでも安い金利のカードローンを選択されたほうが良いでしょう。

また、借り入れの利用額は50万円~400万円までさまざまです。銀行によっても借り入れできる限度額が違うので、金融機関選びをする際に金利だけでなく借入額が合っているものを選んでください。さらに、金融機関やローンの種類によって、その利用額が決まっていることも注意したいですね。

ブライダルローンのメリット

融資までのスピードが早い

ブライダルローンのメリットは、まとまったお金がないときに利用することで、理想の結婚式が挙げられることではないでしょうか。資金に余裕が出れば、気に入ったウエディングドレスや結婚指輪も思い通りに選べますし、豪華なハネムーンの実現も安易です。

結婚式だけではなく結婚関連費用にもローンを活用することができる

挙式や披露宴の費用だけではなく、新婚旅行や新居費用などにも活用できます。披露宴などの参加人数の調整も、ブライダルローンなら最大500万円まで借り入れることができるので、融通がききやすいでしょう。

保証人や担保不要での借り入れだから融資までのスピードが早い

ブライダルローンは、基本的には保証人や担保が不要のため、審査期間も比較的短いといえます。ただ、保証人や担保が不要で誰でも借り入れができる分、しっかりとした返済計画と必要な金額だけを借りる意識が大切です。

カードローンに比べて金利が低い

金融機関によっての違いはありますが、 最安値のブライダルローン(ネット銀行)の場合、年2.975%~4.975% です。この金利は、一般的なカードローンよりも低い金利のため、結婚関係でローンを利用するならブライダルローンを活用したほうが良いでしょう。

使い道が決まっているため借りすぎを防ぐことができる

ローンの怖いところは、借り入れの便利さを知ったことで、つい借りすぎてしまうケースです。しかし、ブライダルローンはお金の使い道が具体的に決まっており、 結婚式にかかるおおよその費用も想像しやすい でしょう。その必要な費用に合わせて、どのくらいお金が足りないのかを考えれば、借りすぎを防止しながらローンが利用できます。

将来のために自分の貯蓄を残せる

結婚式から新婚旅行、新居生活の費用を支払うと手持ち資金がほとんどなくなってしまうと不安になることでしょう。そのような場合にも、結婚式の費用をブライダルローンで利用することで、手持ち資金を残しつつ希望の挙式を挙げることもできます。

ブライダルローンのデメリット

提出書類が多い

ブライダルローンのデメリットとしては、あくまでも結婚関連の借り入れのため、用途を証明する書類が必要だったり、限度額も決まっていることから生活費などの借り入れを増やすことが難しかったりします。具体的にみてみましょう。

多めに借りることができない

ブライダルローンはあくまでも、結婚関連の費用が必要なときに借りるローンです。そのため「結婚当初に生活費が足りないから、ブライダルローンで借り入れよう」といったことはできません。

提出書類が多い

一般的なカードローンに比べて、挙式の見積書や新婚旅行の明細といった書類を準備する必要があります。仕事をしながら挙式の準備や打ち合わせをすることになるため、書類の用意や提出も大変かもしれません。

ブライダルローンを利用する際はしっかりとした返済計画を

今回は、結婚資金を準備する方法の1つ「ブライダルローン」の特徴や審査基準、金利などについてご紹介しました。

結婚して新しいパートナーとどのような出発をしていくのか、その区切りとなるのが結婚式や新婚旅行です。イメージ通りの挙式や新婚旅行にするには、まとまったお金が必要になります。自分たちだけでは資金調達が難しい場合は、ブライダルローンの利用も検討しましょう。

しかし、気をつけてもらいたいのは、ブライダルローンはいわゆる借金です。

そのため、結婚を意識したときは、まず貯蓄を行いましょう。ブライダルローンの利用はあくまでも最終手段として残しておき、貯蓄をしても足りない分は親に借りられないか相談することも1つの手段です。また、ブライダルローンを利用する場合には、少しでも条件の良いローン会社を選択しましょう。

ブライダルローンの返済と結婚生活の同時並行だと、金銭面的に厳しい部分も出てくるかもしれませんので、借入額や返済計画をきちんと立ててから、ブライダルローンを上手に活用してください。

水野 圭子
水野 圭子

CFP(R)認定者/1級ファイナンシャル・プランナー技能士
株式会社K’sプランニング 代表取締役社長
一般社団法人あんしんLifeコミュニティ 代表理事

大手損害保険会社で事務企画や本店営業を経験後に2010年にFPとして独立。女性の視点も踏まえたお金のノウハウをセミナーや企業研修にて延べ3,000人以上の方々に伝授。家計相談を中心とした個別相談やマネー情報等の執筆でも活動中。
著書:「小学生にもわかるお金のそもそも事典」

© カードローンQ All Rights Reserved.