バイクローンの金利相場は?頭金はいくら必要?上手なローンの組み方
お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】カードローンの基礎バイクローンの金利相場は?頭金はいくら必要?上手なローンの組み方

バイクローンの金利相場は?頭金はいくら必要?上手なローンの組み方

  バイクローンの金利相場

バイクローンの種類と金利相場について

バイクが欲しいと思ったら、どうやって手に入れますか?

お金を持っている方なら現金で買うかもしれません。これからお金を貯めて買う方もいらっしゃるでしょう。家族からお金を借りて買うという方法も考えられます。知り合いからバイクを譲ってもらうという場合もあるでしょう。また、手に入れる方法の1つには、バイクローンを借りて働きながら返済していく方法もあります。

お金を借りる場合は借りたお金の返済だけでなく金利の支払いもありますので、どこからお金を借りるかも重要でしょう。バイクローンの金利は、取り扱う金融機関によって大きく差があります。どうせなら自分に有利な条件でお金を借りたいですよね?

今回は、バイクローンを使う場合の金利相場や頭金、上手なローンの組み方についてご紹介します。

信販系バイクローンと銀行系バイクローンの特徴

バイクローンを借りたいと思ったら、バイクローンの取り扱い金融機関を探す方が多いでしょう。バイクを買うためのローンを取り扱っている金融機関は、全国に100以上あります。100社も候補があったら選ぶのに時間がかかってしまいますよね。ですから、どんなバイクローンがあるのかを系統立てて説明するところから始めます。

バイクローンには、大きく分けて信販系バイクローンと銀行系バイクローンがあります。それぞれの特徴を確認してみましょう。

信販系バイクローン(オートローン)

まずは信販系バイクローンについて解説します。

そもそも信販系って何?と気になる方もいらっしゃるでしょう。信販系とは、信販会社(信用販売会社)系という意味です。物を買ったときに代金を立て替え払いしてくれて、本体の代金を分割払いで払えるようにしてくれる会社のことです。

今回のバイクローンに例えると、バイクを買うと信販会社がバイクの販売会社に代金を払ってくれます。その後バイクを購入した方は、バイクの代金を立て替えて払ってくれた信販会社に対してバイクの代金を分割払いで支払うのです。このときに金利分も一緒に支払うことになりますので、総額の支払いはバイク本体を現金で買うときよりも高くなります。これは金利の支払いが必要になるため、当然の仕組みです。

それでは、以下で信販系バイクローンの特徴をご紹介します。

すぐに使える

信販会社のバイクローンは、バイクを買ったときに代金を立て替え払いしてくれる仕組みです。そのため、現金を銀行に引き出しに行く必要がありません。

クレジットカードの利用上限を上げる必要もありません。バイクの販売店が信販系のバイクローンを取り扱っていれば、購入と同時にバイクローンが利用できます。

その場で手続きできる

バイクローンの手続きは非常に簡単です。バイクの販売店で申込書に記入をするだけで完了します。

バイクローンの種類にもよりますが、収入の証明書などは必要ありません。銀行系のバイクローンであれば収入の証明書などを提出する必要があるので、後日改めて書類を提出することになります。買いたいときに即買えるということを実現できるのが、信販系バイクローンの特徴といえるでしょう。

審査が早い

信販系バイクローンの特徴の1つが審査スピードです。銀行系が数日必要であるのに対して、信販系はその日のうちに結論が出ます。申し込んだその日のうちにバイクローンが借りられるかどうかが判明するのです。

買いたいと思った日に買える、バイクに乗りたい方にとってはとても大きな特徴といえるでしょう。

繰り上げ返済ができない場合がある

これは信販会社によって異なるポイントですが、バイクローンの内容によっては、当初の返済を変更する繰り上げ返済ができない場合もあります。

手元にお金ができたときに、金利負担を減らすために繰り上げ返済をしたいと考えるのはよくあることですが、繰り上げ返済をしようと思ったときになって「繰り上げ返済不可」だと気付く場合があるのです。

買うときには繰り上げ返済まで気にする方は少ないと思いますが、考える余裕のある方は、繰り上げ返済ができるバイクローンを選びましょう。柔軟性が高いためおすすめです。

繰り上げ返済ができるバイクローンを選ぶ場合は、繰り上げ返済の手数料がいくらになるかも確認しておきましょう。ローンによっては繰り上げ返済の手数料が高くて繰り上げ返済を踏みとどまることもあります。これには、繰り上げ返済をすると金利収入が入らなくなるので、その分繰り上げ返済手数料で収益を賄おうというローン会社側の考え方があります。

複数ある中から返済方法を選択、変更ができる場合がある

ローンの返済方法は、一般的には毎月同じ金額を払う元利均等返済ですが、ローン会社によっては当初の返済が少なく、徐々に返済額が増えていく方法を選ぶことができます。反対に、当初の返済が多く、徐々に返済額が減っていく方法もあります。最初の支払いが楽な方がいいか、後から返済が楽になる方がいいのかという選択になります。

他にも、当初の返済期間を延長して返済負担を軽減する方法もあります。選択肢ですから、少ないより多い方がいいでしょう。

残価設定ができる場合がある

残価設定は、最近増えている返済方法です。残価設定や残価クレジット、据置(すえおき)などいろいろな呼び方があるようですが、内容は同じです。一定期間後にバイクを買い取ることを前提に、販売価格と買い取り予定額の差額を購入額としてローンを組む方法です。

銀行系バイクローン(マイカーローン)の特徴

銀行系バイクローンは、各銀行が取り扱うローンです。金融機関によってはマイカーローンという名称で取り扱っていることがあります。銀行系バイクローンの特徴を確認してみましょう。

金利が低い

こちらは後ほど詳しくご紹介しますが、銀行系バイクローンは金利が低いことが大きな特徴です。バイクローンの種類や審査の結果にもよりますが、信販系バイクローンの金利の半分またはそれ以下になることがあります。

審査に時間がかかる

金融機関によっても異なりますが、一般的に、銀行系バイクローンは実際にお金を借りるまでに時間がかかります。

大手銀行が扱うバイクローンの中には、即日での審査を謳っているものもあります。

手続きに必要な書類が多い

銀行系バイクローンは、手続きに必要な書類が多いという特徴があります。本人確認のための書類や収入証明書等の書類はもちろん、バイクのカタログまで必要になるケースもあるようです。審査に時間がかかる場合が多い理由の1つといえるでしょう。

審査のために銀行に行かなければならない場合がある

地方銀行等のバイクローンでは、融資開始までに実際に金融機関に足を運ばなければならない場合もあります。

申込者の住所によってはローンが利用できないこともある

地方銀行のように一定のエリアで店舗展開をしているような金融機関では、エリア内でのバイクローンしか取り扱わない場合があります。極端な話をすると、北海道の金融機関は、沖縄に住んでいる人にはバイクローンの審査を通すことはないということです。利用したい銀行系バイクローンがある場合は、営業エリアを抑えておきましょう。

バイクローンの金利の相場は?

信販系バイクローン(オートローン)の金利

信販系バイクローン(オートローン)の金利

信販会社によりますが、3%~18%の間で、購入される方の年収といったステータスによって変わります。

金利の種類は変動金利のローンと固定金利のローンがあります。変動金利と固定金利のどちらが有利とは一概にいえません。

一般的には、金利が上がりそうな時期は固定金利でローンを組む方が良いといわれています。反対に、金利が下がりそうな時期は変動金利でローンを組む方が良いとされています。

金利の動向は販売店に聞いてもわかりませんが、金利の種類が選べる場合は変動金利と固定金利のどちらで借りる方が多いか質問してみるといいでしょう。

借り入れ期間は最長で10年程度が一般的です。バイクの購入額が高い場合は、返済期間が長くないと毎月の返済負担が重くなります。購入金額が低い場合は、返済期間を短くしても毎月の返済が苦しくなることは少ないでしょう。

銀行系バイクローン(マイカーローン)の金利

審査に時間がかかる

銀行系のバイクローンの金利は、1%~3%程度です。信販系のバイクローンと比べると、金利の低さが際立ちます。

金利の種類は、変動金利と固定金利のいずれもありますが、金融機関によって対応が異なり、また借り入れ期間は10年までのケースが多いようです。

銀行系バイクローンの中には即日で審査の回答をくれるものもありますが、そのようなローンは金利が高く、信販系のバイクローン金利と変わらない水準となります。銀行によっては、住宅ローンなど他のローンを借りていると金利が優遇される場合もあるようです。

バイクローンの頭金はいくら必要?

バイクローンの頭金はいくら必要?

ローンを借りるときには「頭金がいくら必要か」という話になることが多いのですが、実際に頭金はいくら必要なのでしょうか?

実は、最近は頭金を必要としないバイクローンが増えています。頭金を支払う必要がある場合と支払わなくても良い場合の違いはどのようなものなのでしょうか。バイクローンの頭金を支払うメリットとデメリットは何かお伝えします。

バイクローンの上手な組み方

審査のために銀行に行かなければならない場合がある

バイクローンに上手な組み方はあるのでしょうか。バイクローンにはいろいろな利用の仕方がありますので、活用できる方法は積極的に取り入れるといいでしょう。

購入後にかかる費用を考えてローンを組もう

まずは、バイク本体以外にもいくつかお金がかかることを覚えておきましょう。

これらの費用の一部をローンに組み入れることもできます。

保険 強制加入の自賠責保険料(7,500円~22,510円)、任意加入のバイク保険料などが必要です。
税金 重量税が年間1,900円(登録年数による)、自動車税が6,000円かかります。
その他の維持費用 ガソリン代やアクセサリ代などが必要になります。

頭金を利用してローンを組む

頭金を利用してローンを組む

現状では頭金を必要としないバイクローンが多いものの、頭金を入れると良いことがあります。それは「信用が増す」ということと、「金利の負担が少なくなる」ということです。

信用が増すというのは、これから先きちんと返済してくれそうだと相手に感じてもらうことです。信用が増した結果、金利が下がる場合があります。金利が高いことの意味は、返済が不安定になる可能性があることの裏返しです。きちんと返済してくれそうな方に対してはお金を借りてほしいため、金利を下げるケースが多く見られます。

金利の負担が少なくなるということについては、単純に金利が下がるということではありません。金利が同じだとしても、借りる金額が少ないほうが支払う総額が少なくなるのです。

例えば、250万円のバイクを買うのに、全額の250万円をバイクローンで借りるのと、頭金を50万円支払って、200万円のバイクローンを組むのでは支払総額が異なります。250万円に対する利息分と200万円に対する利息分が変わってくるのです。

金利が低ければ50万円の差は大きくないのですが、バイクローンは金融機関によっては金利が高いことがあります。その場合に、50万円の差が総支払額の違いを生み出すことになるのです。

残価設定を利用する

信販系バイクローン(オートローン)

信販系バイクローンの特徴で挙げた、一定期間後にバイクを買い取ることを前提に、販売価格と買い取り予定額の差額を購入額としてローンを組む残価設定のバイクローン。このようなバイクローンを利用してバイクローンを組む方法を考えてみましょう。

例えば販売価格が200万円、3年後の買い取り価格が100万円だとすると、3年間で100万円を返す設定になります。200万円のバイクを実質100万円の負担で自分のものにできるため、支払額に対してバイクのグレードを高くすることができるという、お得感のある返済方法といえるでしょう。

ローンの金額が半分になるということは、返済額も大よそ半分になります。一定期間が経過したタイミングで新しいバイクに乗り換えるか、買い取り価格で一括払いして自分で購入するか、買い取り価格で新たにローンを組むかという3つの選択肢があります。

リーズナブルな返済額でその都度新車に乗りたいと考えている方にはおすすめの借り方といえます。

注意点としては、綺麗な状態で乗り続けないと買い取り額と実際の価格に差が出てしまい、差額は別途負担しなければならないということです。

消費者金融系カードローンを利用する方法も

その場で手続きできる

使い道が自由なため、車体購入費以外に利用できる消費者金融系のカードローンを利用する方法を検討してもいいかもしれません。審査が早く、早ければ当日に融資が受けられます。特に使い道の制限がなければ、バイクの本体以外に使っても問題ありません。選択肢の1つとして覚えておくと良いでしょう。

銀行系・信販系どちらのバイクローンにもメリットあり

今回は、バイクローンについて、信販系のバイクローンと銀行系のバイクローンの特徴や金利相場、そして頭金や上手なローンの組み方をお伝えしました。

金利の面で有利なローンは銀行系のバイクローンです。一方で、信販系のバイクローンは使い勝手という点では銀行系バイクローンよりも便利でしょう。

ローンの組み方に関しては、残価設定のバイクローンや頭金の利用、カードローンの利用をご紹介しました。負担を減らして予算以上のバイクに乗ることのできる残価設定方法は、バイク好きにはたまらないローンといえます。バイクに乗りたいと思ったら、活用を検討されてはいかがでしょうか。

高橋 成寿
高橋 成寿

ファイナンシャルプランナー
寿FPコンサルティング株式会社 代表取締役

慶應大学卒業後、金融関係の経験を積んでファイナンシャルプランナーとして独立。2007年の開業以来、1,000世帯を超える家計相談に従事。知っておいて損は無いこと、知らないと損すること、世の中にある色々なお金の情報発信を心がけている。

© カードローンQ All Rights Reserved.