三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査は甘いの?基準と申し込み方法も解説しました

あらゆる銀行カードローンの中で最も人気な1つが、三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックです。

銀行ならではの年率1.8%~14.6%という「低金利」で、総量規制の対象外として借り入れが可能です。

しかしバンクイックへの申し込みを考えている方の中には、バンクイックは銀行カードローンだから審査に通過できるかどうか不安…という方もいらっしゃると思います。

この記事ではバンクイックの審査の難易度について審査基準などから解説していきます。

目次

バンクイックの審査は甘くはない

前提として審査が甘く通りやすいカードローンというものはありません。金融機関は利用者の返済能力を確認した上で返済可能と判断した方にしか融資をしないため、誰でも借りられるカードローンはないのです。

また、銀行カードローンであるバンクイックは消費者金融カードローンよりも審査は厳しいです。

しかし、審査において重要なポイントを押さえれば、十分通過できるチャンスはあります。

バンクイックの申込基準を確認

バンクイックのお申し込み対象者は以下の通りです。

バンクイックの申込対象者
  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社(アコム㈱)の保証を受けられる方

※外国人の方は永住許可を受けている方が対象

参照:バンクイック商品説明書

バンクイックのカードローン審査に申し込むことが出来るのは原則安定した収入がある方です。

また、バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンですが、グループ会社の消費者金融であるアコムを保証会社としています。

そのためバンクイックでの申し込みが初めてであっても、以前にアコムの審査に落ちていたり金融トラブルを起こしてしまったことがある方はバンクイックの審査においても非常に不利になるでしょう。

上記の表は大手消費者金融各社の年度の新規成約率の比較です。SMBCモビットは成約率を公表していないため比較できませんが、アコムの通過率は大手4社の中で最も高い水準となっていることが分かります。

バンクイックの審査が甘いというわけではありませんが、保証会社のアコムの通過率は相対的には高い方だということは覚えておくとよいでしょう。

消費者金融名新規成約率対象期間
アコム42.0%2021年4~9月(出典:アコムマンスリーレポート
プロミス39.1%2021年4~11月(出典:プロミス月次営業指標
アイフル34.1%2021年4~11月(出典:アイフル月次データ
レイクアルサ35.5%2021年4~9月(出典:新生銀行2021年度四半期データブック

審査で見られるポイント

バンクイックの具体的な審査基準というものは公開されていませんが、バンクイックの公式サイトのコラムにヒントとなる事柄が書かれています。

申込者の属性から信用度を判断

カードローン審査においてまず重要となるのは申込者の属性です。審査を行う会社は属性をスコアリング(数値化)し、ポイントを付けます。スコアリングポイントを総合的に判断し、申込者の信用力とするのです。属性は以下のような項目があります。

本人の属性
  1. 年齢
  2. 性別
  3. 職業や就業形態(正社員、自営業、アルバイト、契約社員)
  4. 勤続年数
  5. 年収
  6. 居住年数
  7. 家の種類(持ち家、賃貸マンション、賃貸アパート等)
  8. 勤務先の情報
  9. 配偶者の有無
  10. 同居家族人数

引用:カードローン審査の注意点は

他社からの借入状況から返済能力をチェック

他の銀行やカードローン会社などからの借入状況をもとに申込者の返済能力を審査します。

貸金業者からの借入状況や延滞・未納などの情報は個人信用情報に記載されます。カードローンの審査では必ずこの信用情報への問い合わせを行い、申込者の返済能力を見ます。

たとえ収入が安定している方でも他社への未納や滞納があると、「この人は借りてもきちんと返済する気がない人なのかな?」と思われ、審査に落ちる可能性が高まってしまうのです。

特に銀行系カードローンはこの返済能力について厳しく見る傾向にあるため、借り入れがある方は可能な限り返済しておきましょう。

総量規制にかからないかを確認

貸金業法によって年収の3分の1以上の額を貸付けることは規制されています。

総量規制は消費者金融などの貸金業者が対象で銀行カードローンは総量規制対象外とされていますが、実際はそうではありません。

銀行カードローンは年収の3分の1以上の貸付を自主規制することで、実質総量規制に則った形をとっているのです。

ですから現時点での借入総額が年収の3分の1に近い方は審査に通るのが難しいでしょう。

心配な方は簡単に出来るお借入診断を試しておこう

出典:https://www.bk.mufg.jp/banquic/shindan/index.html?banner_id=b402271

審査に通過できるか不安な方はあらかじめ借入診断で試しておくと安心です。

この借入診断は「年齢」「性別・独身既婚」「他社借入状況」を入力するだけで簡単に出来る上に信用情報にもならないので是非やっておくと良いでしょう。

この結果はあくまで借入状態から判断したもので審査通過に関してはこの上に返済能力などを加味して決められるものと考えられます。

今回編集部がお借入診断でバンクイックに申し込み可能なラインを探ってみたところ、他社での借入れがある場合、計4件まで、総額800万円までの方がバンクイックの審査に通過できる可能性が高いことが分かりました。

バンクイックの申し込みの流れ

バンクイックの申込方法と申し込み後の実際の流れについて紹介していきます。

バンクイックのお申し込みには3つの方法があります。

1つ目はWEB申し込みです。

バンクイックのWEB申し込みなら、申し込みから融資までをWEB上で完結させることが出来るため店舗に行く必要がありません。また24時間申し込みが可能になっているので、日中店舗に行く時間がない会社員の方も安心して利用できます。

2つ目はテレビ窓口です。

三菱UFJ銀行のATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口で、オペレーターと話しながらその場でお申し込みをすることが出来ます。なお、その場でカードを受け取るには運転免許証が必要なため注意が必要です。

※2022年3月31日(木)をもって、テレビ窓口での新規申込受付は終了となります

曜日テレビ窓口受付時間
平日9:00-20:00
土曜・祝日10:00-18:00
日曜10:00-17:00

3つ目は電話申し込みです。

フリーダイヤル(0120-959-555)への電話で申し込みをすることも可能です。電話で申し込みをする場合も書類提出はWEBアップロード・郵送・FAXのいずれかになるため注意してください。電話で審査結果の回答をもらったらその後の流れは他の方法と同じになります。

曜日電話受付時間
平日9:00-20:00
土曜・日曜・祝日10:00-18:00

必要書類を確認しよう

申し込みをする前に、あらかじめ必要書類の確認をしておきましょう。

まずは申し込みにあたって本人確認書類が必要です。以下の有効書類の中から2点を提出します。

本人確認書類
  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. 個人番号カード
  4. 在留カード
  5. 特別永住許可証
  6. パスポート

※有効期限内のもので、現住所の記載があるものに限る

また、50万円を超える利用限度額をご希望の場合、収入証明書(所得証明書)として以下のいずれか1点をご用意ください。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1、納税証明書その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表、確定申告書第2表

三菱UFJ銀行の口座を持っている方で、借入れ希望額が50万円以内の場合は、本人確認書類の提出は必要ありません。

いよいよ申し込みをします。必要書類を携帯電話やスマートフォンで撮影し、画面の指示通りにWEBアップロード・郵送・FAXのいずれかで送信すればOKです。

送信した画像がうまく撮れていなかったり、ぼやけていたりすると再提出を求められます。顔や文字がしっかりと写っているかを確認してから画像を送るようにしましょう。

書類を提出し終えると審査があります。審査結果はメールまたは電話で届き、通過していればお金を借りることができます。

案内に従って契約を終了させると、数日後にバンクイック専用のローンカードが郵送で自宅に届きます。このローンカードを持って、三菱UFJ銀行orコンビニ提携ATMへ行くと、お金の借入れをすることができます。

また、三菱UFJ銀行に口座をお持ちの方は、ローンカードの到着を待たなくても大丈夫です。審査完了後、UFJの口座にお金を振り込みしてくれますので、お手持ちのキャッシュカードでお金を引き出しに行くことが出来ます。

審査には最短でも1営業日はかかる

バンクイックは最短即日融資に対応していません。さらに言えば、バンクイックに限らず銀行カードローンで即日融資できるところはありません。

なぜなら、銀行カードローンは審査の中で義務付けられている警察庁のデータベースへの照会に最短でも1営業日を必要とするからです。これは申し込み者が反社会的勢力と関わりを持たないことを確認するために行われています。

今すぐお金を借りるなら、最短即日融資が可能なアイフルやレイクアルサ、プロミスといった消費者金融のカードローンを利用することをおすすめいたします。

バンクイックで少しでも早く借りるにはWEB申し込みが1番です。

バンクイックのWEB申し込みはすべての手続きをネット上で完結させることが出来る上、必要書類も画像を送信するだけで提出が完了するため、スピーディで簡潔に終えることが出来るのです。

また、三菱UFJ銀行の口座をすでに持っている方は必要書類の提出もさらに少なくて済みます。

口座を持っていなくてもバンクイックへの申し込みは可能ですが、口座を持っていればよりスピーディに申し込むことが出来るでしょう。

バンクイックの金利は低いのかを検証

カードローンを選ぶ際に金利のことは無視して通れません。

金利が安いカードローンは魅力的ですが、その分審査の難易度が高くなる可能性もあるということは覚えておきましょう。

銀行カードローンの金利は消費者金融カードローンよりも低い傾向にあります。銀行カードローンの審査が厳しいと言われるのはこれも理由の1つです。

バンクイックの金利は利用限度額によって変わる変動金利で、下限金利が1.8%、上限金利は14.6%となっています。

利用限度額借入利率
500万円以下400万円超年1.8%~年6.1%
400万円以下300万円超年6.1%~年7.6%
300万円以下200万円超年7.6%~年10.6%
200万円以下100万円超年10.6%~年13.6%
100万円以下10万円以上年13.6%~年14.6%

バンクイックは国内三大メガバンクの中では上限金利と下限金利が少し高い水準になっています。しかしこれはそもそもの利用限度額が他よりも低いことに起因します。

一般に利用金額が大きいほど金利が低くなるのを考えると、利用限度額が300万円違うにも関わらず下限金利が0.3%しか変わらないバンクイックの金利は高いとは言えないでしょう。

またネット銀行の大手であるセブン銀行、楽天銀行のカードローンと比較してもバンクイックの金利は他行とそれほど変わらないということが分かりました。

銀行名金利利用限度額
三菱UFJ銀行バンクイック1.8%~14.6%10万円~500万円
三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%10万円~800万円
みずほ銀行カードローン1.5%~14.0%10万円~800万円
セブン銀行カードローン14.0%~15.0%10万円~300万円
楽天銀行スーパーローン1.9%~14.5%10万円~800万円

バンクイックの返済シミュレーションをしよう

バンクイックの返済シミュレーション機能を使って金利のイメージを掴みましょう。

今回は20万円の借り入れを月1万円ずつ返済するシミュレーションをしたところ、合計で23回の返済で終えることが出来ました。

金利は上限利息である年率14.6%での計算で、利息分の総額は30,552円となりました。

回数返済額(円)元金(円)利息(円)返済残高(円)
110,0007,5672,433192,433
210,0007,6592,341184,774
310,0007,7522,248177,022
410,0007,8472,153169,175
510,0007,9422,058161,233
(中略)
2110,0009,63836220,181
2210,0009,75524510,426
2310,55210,4261230
230,552200,00030,552

皆さんも借り入れの前に一度返済シミュレーションを試しておくとイメージしやすくなるでしょう。

バンクイックの返済方法は3つある

口座自動支払いは、三菱UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方限定となります。毎月指定の約定日に自動的に口座から引落しをしてくれる支払方法です。自分で入金する手間がないのがメリットです。

口座自動支払いは事前に手続きが必要です。カード発行時に案内と一緒に自動支払依頼書が入っているのでその依頼書で申込み手続きを行う必要があります。依頼書を返送して銀行に到着してから約1週間で登録が完了します。

自動支払いによるご返済のお手続きが完了するまでの間は、ATMまたは振込で返済する必要があります。

ATMでの返済はバンクイックカードを使って三菱UFJ銀行のATMはもちろん、提携コンビニのATMでの返済も可能です。ATM手数料や時間外手数料が無料で利用できるので、時間を気にせず都合の良い時に24時間いつでも返済することができ便利です。

提携ATMはセブンイレブン等で利用できるセブン銀行ATM、ローソン等で利用できるローソンATM、ファミリーマートなどで利用できるイーネットATMです。利用方法は、初期画面の「お預け入れ」または「ご返済」を押して、バンクイックカードを挿入するだけで簡単に返済することができます。

コンビニでも提携ATM以外の場合、返済ができませんので注意しましょう。ATM返済の際に、初期画面で「マイカード」、「カードローン入金」を選択された場合、「バンクイック」の返済はできませんので間違えないように気をつけましょう。

振込返済は、インターネットバンキングである三菱UFJダイレクトを利用して行います。

振込先が利用者によって異なるので、会員ページにログイン後、振込返済先口座照会ボタンを押して振込先を確認することが必要です。その後毎回の返済額以上の金額を入金します。三菱UFJダイレクトを利用すれば振込手数料は無料です。

三菱UFJダイレクトを利用せずATMから振込をする場合は、利用時間や利用機関により所定の手数料がかかります。

次回返済額未満を振り込んだ場合は、毎回返済扱いとならず、臨時返済扱いとなりますので必ず返済額以上の金額を入金する必要があります。

三菱UFJダイレクトで返済するには事前にアプリからスマート口座開設をする必要があります。

三菱UFJ銀行の口座をお持ちの方は、他に自動支払い、ネットバンキング振込があります。

返済期日は2種類から選べる

返済期日は、「35日ごと」または「毎月指定期日」から選択できます。

返済期日が35日ごととは、前回の返済日の翌日から35日後が次の返済期日となります。

ちなみに、返済期日を事前に知らせてくれるメールサービスもあるので活用しましょう。

登録しておけば、返済期日の3営業日前と翌営業日にメールが届くので安心です。

カードローンの返済は自分でATMやインターネットバンキングで返済をしなければならないのでうっかり返済日を忘れてしまう心配があります。

1社だけの借入れだけならまだしも、複数の会社を利用している方にとって返済期日の管理は大変です。

バンクイックにはうっかり返済期日を忘れないために「Eメールサービス」があります。Eメールサービスに登録すると、返済期日が近づいたらメールでお知らせしてくれるので返済期日の管理に大変便利です。

余裕があれば繰上げ返済や一括返済をしよう

カードローンの利息は日割り計算なので毎日利息がかかっています。資金に余裕ができたときに少しずつでも繰り上げ返済(臨時返済)をしたり、まとまったお金ができたときに一括返済をしたりすることで支払う利息は大幅に変わってきます。

繰り上げ返済とは、通常の約定日までに追加で支払う方法です。繰り上げ返済をした分は元金に充当されるので借入残高を減らすことができます。

繰り上げ返済の利息の計算方法は、残高×年利率×借入れ日数÷365日となります。

バンクイックの場合の年利は、10万円以上100万円未満の場合、年12.6%~年14.6%となります。例えば、50万円を年利14.6%で借入れした場合、35日返済で計算すると、50万円×14.6%×35÷365日で7,000円の利息がかかります。

借入残高が50万円だと毎月の最小返済額が10,000円なので仮に10,000円ずつ返済していくと毎月の支払のうち7,000円が利息で元本は3,000円減ります。毎月10,000円しか支払っていない場合、実際には元金がたった3,000円しか減っていないことになり完済までに時間がかかります。

もし繰り上げ返済で10万円を返済するとその10万円は元金に充当されます。だから10万円を繰り上げ返済すると一気に10万円の元金が減るので次回から支払う利息も少なくなります。

まとまったお金が出来て一括返済をする場合も先ほど説明した繰り上げ返済の場合と利息の計算方法は同じです。

一括返済の場合も、残高×年利率×借入れ日数÷365日となるので、先ほどと同じ50万円を14.6%で、前回の約定日から10日後に一括返済する場合の利息は、50万円×14.6%×10日÷365日=2,000円となります。

つまり前回の約定日から10日後に一括返済する場合は、利息2,000円と、元金50万円で合計502,000円を支払って完済となります。

繰り上げ返済をこまめにすることでしっかりと返済している実績を作ることができます

カードローンで限度額を増額したいと思っても誰でも簡単に増やすことは出来ません。当然ですが銀行側も返せる見込みのある金額しか貸してくれないので支払いが遅れてしまっている人や、毎月最少額しか返済出来ていない人は増額を希望しても審査に通らないことがほとんどです。

でも繰り上げ返済をこまめにして借入残高を着実に減らしていっている人は銀行からの信頼ができて増額申請をしても通る可能性が高いです。

しっかりと実績を作ることで今後増額したいときに審査に通りやすくなる可能性が高まります。

バンクイックのメリットとデメリット

ここではカードローンに申し込むにあたってバンクイックを選ぶメリットとデメリットをまとめます。

実際に申し込む前にそれぞれを覚えておくとよいでしょう。

利用限度額100万円以下なら収入証明書不要で借りれる

50万円超の利用限度額を希望の場合には、収入証明書の用意が必要ですが、50万円以下なら必要ありません。

カードローンを利用する方のほとんどは50万円を超えるケースはあまりないので、バンクイックなら必要書類は実質本人確認書類だけでカードローンを利用できます。

月々の返済が1,000円~だから無理なく返済できる

バンクイックは借入利率が年8.1%以下で借入残高が10万円以下の場合、月々の返済額が1,000円からと無理なく返済することが可能です。

借入利率が年8.1%を超えた場合でも、借入残高が10万円以下なら月々の返済額は2,000円からです。

ちょっとした生活費などでお金が必要な場合でも、これくらいの返済額であれば、負担も少なく返済していくことができるので安心です。

お金の借入時も返済時も、コンビニ提携ATMの手数料が無料

バンクイックなら利用限度額の範囲内なら何度でも借入可能で、ATMの利用手数料も無料です。

バンクイックカードを使って、三菱UFJ銀行またはコンビニATMから借り入れ・返済します。

コンビニATMはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどで利用でき、また利用時間帯も0:10~23:50とほとんど24時間利用できるのでとても便利です。

大手消費者金融(プロミス・アコム)のような無利息サービスがない

バンクイックのデメリットとしては、無利息期間サービスがありません。

大手消費者金融でははじめての借り入れから30日や60日といった期間は利息がかからないというサービスを提供しているところも多くあります。

その点に期待する方はバンクイックを選ぶ上でデメリットになるでしょう。

バンクイックに関する質問集

バンクイックについてよくある質問をまとめました。

パート・アルバイトでも借りれる?

バンクイックは、安定した収入があればパート・アルバイトの方でも申し込みが可能です。

ただし、消費者金融に比べると、審査が少し厳しい場合もあります。

バンクイックは銀行のカードローンなので、総量規制に縛られない分、審査の段階で返済能力をしっかりとみてきます。

家族にバレないように内緒で借りれるの?

バンクイックには、家族に内緒でお金を借りる方法があります。

バンクイックを利用する過程で家族にバレるリスクが高いのはローンカードの受け取りのみです。

このローンカードですが、申し込みの中で「テレビ窓口受け取り」と「郵送」の2つの方法から選びます。この時テレビ窓口受け取りを選択してください。

そうすることで自宅への郵送物はなしになりますので、家族にバレる可能性は極めて低くなると思います。

テレビ窓口受け取りには運転免許証(有効期限内・現住所記載の原本)が必要になります。

おまとめローンとして使えるの?

三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』は、おまとめ専用の商品はありませんが、資金使途が自由なのでおまとめに利用することもできます。

ただ、金利などの条件を考えると、おまとめにぴったりのローンとは言えません。

おまとめローンは通常のローンより総借入額が多くなるため、よりおまとめローンにより適した条件のローンを利用すべきでしょう。

もしも返済期日に間に合わなかった場合はどうなるの?

万が一返済期日に間に合わなかった場合、通常の利息の他に遅延損害金が発生します。

遅延損害金の金額はバンクイックの会員ページにログインして確認することができます。返済期日を過ぎてからの返済は、毎回の返済額に遅延損害金を加えた金額以上でないと入金できませんので注意しましょう。

特段の事情でどうしても返済できない場合は早めに三菱UFJ銀行のバンクイック担当部署に相談しましょう。

どんな事情があっても返済が滞ったまま放置するのは絶対によくありません。延滞が続くと信用情報にも記載されますし、利用しているローンカードも使用できなくなる可能性もあります。

一人で悩まずバンクイックの担当者に相談してみましょう。フリーダイヤルがあるので無料で通話ができ土日もつながります。

借入限度額10万円~500万円
金利1.8%~14.6%(実質年率)
ATM手数料無料
利用期間1年(原則として、審査のうえ自動更新)
担保・保証人不要

商号:三菱UFJ銀行 登録番号:関東財務局長(登金)第5号

目次
閉じる