秋田銀行カードローン あきぎんプライムカード

〈あきぎん〉プライムカードは、秋田県を代表する「秋田銀行」が展開するカードローンサービスです。少額の資金からある程度まとまった資金まで、急に必要となった借り入れが全国各地で引き出しできるので、1枚持っているだけでとても便利に生活できます。

秋田県内はもちろんのこと、北海道や東北地方在住の人にもおすすめのカードとなります。

秋田銀行〈あきぎん〉は地元に根ざした老舗銀行

秋田銀行は創業がとても古く地元に根ざしている地方銀行です。その特徴は老舗の銀行ならではの3つのポイントが挙げられます。

    秋田銀行のここがスゴイ!
  • 住宅、教育、自己投資などさまざまなローンを完備
  • 地元に愛される明治12年創業の老舗銀行
  • 県内80店舗、県外16店舗、インターネット支店を展開している

この項目では、秋田銀行の特徴をもう少し詳しく解説していきます。

住宅、教育、自己投資などさまざまなローンを完備

秋田銀行は老舗の銀行として独身~子育て、シニア世帯などさまざまな家族形態に対応したローンを完備しています。

  1. 住宅
  2. 変動2.725%、固定0.850~1.550%、全固定3.630%と、昨今のマイナス金利政策の影響を受け低金利でマイホームの実現をサポートしています。※2017年4月1日現在の金利で、毎月見直される

  1. リフォーム・空き家解体
  2. リフォーム費用や空き家解体費用など、意外と資金が必要なイベンントを応援するローンです。

  1. 教育
  2. 高校生以上の子どもを持つ家庭で、進学をサポートするローンです。

  1. マイカー
  2. 生活の足として必要な自動車購入のためのローン。他社自動車ローンの借り換えもできます。

  1. カードローン(2種類)
  2. 秋田銀行では〈あきぎん〉プライムカードと〈あきぎん〉SMART NEXTの2つのカードローンを用意。自分の希望や職業に合わせて選択しやすくなっています。

  1. 自己投資(Aサポート)
  2. 結婚式や旅行、カルチャースクールの費用などに使える自己投資系ローンも完備。医療や歯科治療でもAサポートでローンを組むことが可能です。

  1. 子育て世帯応援
  2. 秋田県内の子どもを持つ家庭で、出産や入学、入塾、引越しなどの費用の貸し出しを低金利でサポート。3ヶ月以上7年以内という幅広い返済期間を設けることで子育てを応援しています。

  1. フリー
  2. 審査結果が最短1時間の、使い道が自由なフリーローンです。

  1. 移住・定住
  2. 秋田県内に移住や定住を予定している人を応援するローン。引越しや家財購入、リフォームなどの費用を10万円~500万円まで借り入れることが可能です。

地元に愛される明治12年創業の老舗銀行

秋田銀行は明治12年(1879年)に創業した140年近い歴史を持つ老舗の銀行です。「地域とともに」をコンセプトに掲げながら秋田県内を代表する地方銀行として日々営業しています。

「あきぎん」の愛称でも親しまれ、地元の人に愛されている銀行として秋田県に根付いているのです。さらに、秋田銀行は「地域共栄」を経営理念とし、「地域とともに歩み、地域の発展とともに栄える」など地域密着型金融として取り組んでいます。

  • 口座開設で大切な資金を運用し、便利なサービスが利用可能
  • 地方銀行ですが利用者の大切な資金を守るような、資金作りや資金運用に役立つ大手銀行に負けないくらいの商品を展開中です。

    普通預金や定期預金はもちろんのこと、投資信託、外貨預金、国債、確定拠出年金など個人利用できるさまざまなサービスを実施しています。

    口座開設することでATM宝くじサービスや電子マネーへのチャージ、外貨送金など今の時代に欠かせない便利なサービスも利用することができます。

  • ライフステージに合わせたサービスを提案
  • 秋田銀行では使う・備える・育てるの3つの項目をもとに、20代・30代・40代・50代・60代・70代の各世代ごとに必要なサービスを提案しています。

    公式ホームページでは働き盛りの30代の人に対しては子どものための教育資金、家族で過ごすための住宅資金の人生における3大資金の内2つが降りかかっていることをわかりやすく解説。

    それにより、ライフステージに合わせてどの金融商品が必要なのかを簡単に把握できるようになっています。

県内80店舗、県外16店舗、インターネット支店を展開している

秋田銀行は秋田県内に80店舗、県外に16店舗の支店の営業所を持っており、さらにインターネット上の「あきぎんこまち支店」も合わせると計97の店舗を展開中です。

秋田県は8つの地区で分類することができます。

  • 熊代・山本地区
  • 大館・鹿角地区
  • 男鹿・潟上・南秋田地区
  • 北秋田地区
  • 秋田市内
  • 大仙・仙北地区
  • 由利本庄・にかほ地区
  • 横手・湯沢・雄勝地区

上記8つの地区に80の店舗が分散し店舗外ATMも充実しています。秋田県在住の利用者は秋田銀行の口座を開設しておくと貯蓄やローンの利用に困ることは少ないといえますね。

さらに県外に16店舗の支店を展開しています。北海道から東京まで事業を拡大しているのです。

【北海道】
  • 札幌支店、旭川支店
  • 【青森県】
  • 八戸支店、青森支店、弘前支店
  • 【岩手県】
  • 盛岡支店
  • 【宮城県】
  • 仙台支店、仙台南支店、仙台泉中央支店
  • 【福島県】
  • 福島支店、郡山支店、いわき支店、郡山北支店、郡山南支店
  • 【新潟県】
  • 新潟支店
  • 【東京都】
  • 東京支店
  • ※2016年3月31日現在

    秋田県内を代表する地方銀行ですが北海道や東北地方にも支店が多いため、県外に引越しまたは移動することになっても取引は可能です。さらに、秋田銀行は「あきぎんこまち支店」という実店舗のないインターネット専用の支店を持つのが特徴です。

    パソコンやスマートフォンから24時間いつでも取引が可能で、発行されるキャッシュカードにて秋田銀行の店舗ATMやコンビニATMを利用できます。秋田県内のATMなら月3回まで利用手数料が無料というのも口座開設の強みとなります。

    〈あきぎん〉プライムカード【カードローンの特徴】

    秋田銀行が提供しているカードローンのサービスは2種類あり、そのうちのひとつが「〈あきぎん〉プライムカード」です。このカードローンの特徴は下記の4つになります。

      〈あきぎん〉プライムカードの特徴
    • 利用限度額の幅が広い
    • ローンの使い道は自由!好きなことに使える
    • 最短3営業日で借り入れができる
    • 資金に余裕があるときは入金ですぐに返済できる

    この項目では、4つの特徴をもう少し詳しくご紹介します。

    利用限度額の種類が6パターンで幅広い

    〈あきぎん〉プライムカードは最小50万円~最大500万円までと6種類の幅広い利用限度額を設けています。低金利のお得なカードローンなので収入が安定している人向けのサービスです。

    【6つのコース】
  • 50万円・100万円・200万円・300万円・400万円・500万円
  • 利用限度額は年収の50%以内となり、所定の審査によって決定します。一般的なカードローンの場合、年収の1/3以下以内を利用限度額として設定していることが多いので、50%以内という設定金額は利用者にとって助かるものといえますね。また、毎月の返済額は借入残高に応じて自動的に設定されます。

    返済日前日の借入残高 毎月の返済額
    30万円以下 5,000円
    30万円~50万円以下 10,000円
    50万円~100万円以下 20,000円
    100万円~200万円以下 30,000円
    200万円~300万円以下 40,000円
    300万円~400万円以下 50,000円
    400万円~500万円以下 60,000円

    〈あきぎん〉プライムカードが手元にあれば1,000円から借り入れが可能なので、必要な分だけローンが組めるサービスです。

    余計な金利を発生させない仕組みも嬉しいですね。また、利用限度額の範囲内なら何度でも資金を借り入れすることができます。

    ローンの使い道は自由!好きなことに使える

    〈あきぎん〉プライムカードで借り入れする際はその使い道は基本的に自由です。

    • 給料日前でお金が足りないとき
    • 突然飲み会に誘われた
    • 自分へのご褒美や美味しい料理を堪能したい
    • 恋人や家族、仲間と思い出を作る旅行へ行きたい
    • 大切な人にプレゼントを贈りたい
    • 友人や知人の冠婚葬祭が続いている

    など、まとまった資金が必要なイベントは盛りだくさんですよね。事業性の資金目的以外なら〈あきぎん〉プライムカードの借り入れで得た資金の使い道は制限されません。

    利用限度額によっては最大500万円まで借り入れができるので、使い道の幅が広がるとても便利なカードローンといえます。

    最短3営業日で借り入れができる

    〈あきぎん〉プライムカードは、事前申込から最短3営業日で借り入れをスタートすることができるカードローンです。事前申込の審査結果は3日以内に連絡が入るため、手続きがスムーズに進行すると数日後にはローンが利用できます。

    また、〈あきぎん〉プライムカードが届く前に借り入れもスタートすることができるので、手元にカードがなくても必要なときに借入可能です。大手銀行などは審査が即日など対応が早い場合があるので、それに比べると秋田銀行のカードローンは特別早く審査結果がでるとはいえません。

    しかし、審査は早くてもカード自体が手元に届いていない影響で借り入れがすぐに行えないカードローンもあります。秋田銀行はこのようなサービス内容で他との差別化を図っているのです。

    資金に余裕があるときは入金ですぐに返済できる

    〈あきぎん〉プライムカードの返済システムには「随時返済」というサービスもあり、カードローン専用口座にあらかじめ入金しておくことで、引き落とし日を待たずにすぐに返済することもできます。

    通常は借入額に応じて毎月一定額が口座から自動引き落としされるシステムなのですが、ボーナスや臨時収入などまとまった資金が手元にあって余裕がある場合は、早めに返済し利用限度額を当初の金額に戻すことが可能です。

    この随時返済を利用することで、早めに入金したときの利息分が借り入れの元金から差し引かれます。(繰上げ返済)すると、減額された元金をもとに改めて金利が計算されるので、翌月からの返済利息が減少するのです。随時返済サービスは、秋田銀行の窓口か提携ATMからカードローン専用口座に入金することが条件になります。

    〈あきぎん〉プライムカード【メリット】

    〈あきぎん〉プライムカードに申し込むと得られるメリットは主に4つです。特に注目すべきなのが他社に負けない「金利設定」といえるでしょう。

      〈あきぎん〉プライムカードのメリット
    • クレジットカードローン、他社銀行ローンより低金利
    • 100万円以下なら所得証明書不要
    • パーソナルプラザなら土日契約OK
    • 全国のコンビニや提携金融機関で借り入れできる

    この項目では、上記4つの詳しい内容をご紹介します。

    クレジットカードローン、他社銀行ローンより低金利

    〈あきぎん〉プライムカードの最大のメリットとして挙げられるのがカードローンの「金利」です。年5.0~9.8%という金利の安さは業界でも異彩を放っています。金利は借り入れの利用限度額に応じて異なります。

    利用限度額 金利
    50万円・100万円 年9.8%
    200万円 年8.0%
    300万円 年7.0%
    400万円 年6.0%
    500万円 年5.0%

    一般的なクレジットカードのカードローンの場合は、年15.0~18.0%の金利を設定しているケースが多いですが、〈あきぎん〉プライムカードは最高でも年9.8%を実現しています。

    大手銀行や他の地方銀行から、10%を切る金利を設定しているカードローンを探すのは難しいので、とにかく安い金利のカードローンを選びたい人にとてもおすすめです。

    さらに注目したいのが〈あきぎん〉プライムカードのすべての借り入れが「固定金利」になるということ。その他の銀行系カードローンの場合、借入残高が高額になるほど金利が低い変動金利を採用しているところも多いです。

    しかし、〈あきぎん〉プライムカードなら最大借入額500万円なら固定の年5.0%になり、借入残高が減っても金利の変動を心配することなく返済を続けることができます。

    100万円以下なら所得証明書不要

    〈あきぎん〉プライムカードを申し込む際、利用限度額が100万円以内に収まる場合は所得証明書の提出が不要です。

    数年前までは借り入れの契約時に収入の書類提出などは必要なかったのですが、多重責務者の問題が多発したこともあり2010年6月18日に「改正貸金業法」が施行されたことで提出が義務付けられました。

      改正貸金業法
    • 借入時は基本的に収入を証明する書類の提出が必要
    • 収入の1/3を超える新規の借り入れができない(クレジットや消費者金融の商品が対象)
    • 法律で定められている上限金利29.2%から借入額に応じた金利(15.0~20.0%)に引き下げ
    • 貸金業務取扱責任者が営業所に置くこと

    この法改正により収入を証明する書類の提出が定められているのですが、少額の借り入れの場合は融資先によって提出を不要としているところもあります。

    〈あきぎん〉プライムカードでは利用限度額100万円以下という条件をクリアすることによって提出する書類を省けるのです。早く借り入れしたい人にとって書類の準備は手間がかかるので、不要というのはとても嬉しいですね。

    パーソナルプラザなら土日契約OK

    秋田銀行は「パーソナルプラザ」という専門スタッフが在籍している営業所以外の窓口を展開中です。

    このパーソナルプラザは土日も営業しているため、平日に秋田銀行へ出向くことができない人でも〈あきぎん〉プライムカードの申し込みが可能になります。

    また、パーソナルプラザは平日も19:00まで営業しているので、仕事帰りの時間帯でもカードローンの相談を行うことができます。

  • パーソナルプラザ営業時間
  • 平日:9:00~19:00
    土日:10:00~16:00
    祝日:休業

    秋田銀行の営業所や支店の窓口は基本的に15:00までの受付となります。会社勤めのサラリーマンや平日時間が取れない人にとって嬉しい情報ですね。

    さらに、カードローンだけではなく住宅、教育、マイカーなどの各種個人向けローン、生命保険、ライフコンサルティングサービスなどの相談も可能です。

    パーソナルプラザは秋田県内に7箇所設置されています。

    パーソナルプラザ名 所在地 電話番号
    本店パーソナルプラザ(本店営業部 1F) 秋田市山王3丁目2番1号 0120-804-874
    東中央パーソナルプラザ(秋田東中央支店内) 秋田市広面字谷地田89番地1 0120-804-701
    大館パーソナルプラザ(大館西支店内) 大館市片山町2丁目3番12号 0120-804-540
    能代パーソナルプラザ(能代南支店内) 能代市字寿域長根54番地の13 0120-804-778
    大曲パーソナルプラザ(大曲支店内) 大仙市大曲須和町1丁目1番3号 0120-804-654
    横手パーソナルプラザ(横手条里支店内) 横手市条里1丁目12番21号 0120-804-225
    本荘パーソナルプラザ(本荘東支店内) 由利本荘市中梵天101番地の1 0120-804-323

    全国のコンビニや提携金融機関で借り入れできる

    秋田銀行はATMネットワークが充実しており、全国に270箇所ある〈あきぎん〉ATMと各コンビニに設置されているATM、提携している全国金融機関のATMで借り入れができます。

      ATMネットワーク
    • 〈あきぎん〉ATM
    • ローソン
    • ファミリーマート(E-net)
    • セブンイレブン(ゼブン銀行ATM)
    • サークルKサンクス(BankTime)※秋田県内のみ
    • ゆうちょ銀行
    • 全国提携金融機関

    ローソンやファミリーマート、セブンイレブンは全国展開しているコンビニなので、〈あきぎん〉プライムカードさえ持ち歩けば全国各地で必要なときにカードローンが利用できます。

    たとえば、出張先や国内旅行で手持ちの現金がなくなったときでも、提携ATMを探せばすぐに借り入れが可能です。借入額も1,000円から取引できるので少額の出費の際にも便利ですね。

    〈あきぎん〉プライムカード【デメリット】

    低金利が魅力で少額の借り入れから利用できる便利な〈あきぎん〉プライムカードですが、デメリットもあります。

      〈あきぎん〉プライムカードのデメリット
    • 秋田銀行の口座を開設する必要がある
    • 本申込や契約時は来店が必須
    • 返済日の変更ができない

    この項目では、それぞれのデメリットの内容を詳しく解説していきます。

    秋田銀行の口座を開設する必要がある

    〈あきぎん〉プライムカードで借り入れを行う場合、秋田銀行に口座開設をして返済口座として指定する必要があります。つまり、毎月秋田銀行の口座に返済額を入金しておく必要があるのです。

    事前申込の際は口座開設が不要ですが、本申込や契約を交わす際は必須となります。すでに秋田銀行の口座を持っている場合は手続きもスムーズに行える可能性が高いですが、口座の新規開設から行わなければならない人は手続きに時間を要するおそれがあるのです。

    口座開設不要の銀行系カードローンも存在するので、これは〈あきぎん〉プライムカードのデメリットといえます。口座開設に費用はかかりませんが、管理する口座が増えるのは少し面倒ですね。

    本申込や契約時は来店が必須となる

    〈あきぎん〉プライムカードに事前申込をし、仮審査に通ったら、本申込を秋田銀行の窓口で行う必要があります。ですので、必ず1度は来店しなければなりません。

    秋田銀行の営業所や支店がない地域の人が〈あきぎん〉プライムカードを申し込むのは少し困難といえます。来店不要の他社カードローンも増えてきているので、そこに面倒くささを感じる人にはデメリットとなるでしょう。

    また、申し込み当日にローンを利用することはできません。事前申込や本申込など段階を踏む必要があるので、カードローンを即日に利用したい人には、〈あきぎん〉プライムカードはあまりおすすめできないのです。

    秋田銀行の窓口はほとんどが平日9:00~15:00までの受付となります。その間に来店しなければならず土日や祝祭日は休業日です。店舗や時間帯によっては混み合うこともあるので、数時間待たされる心配もでてきます。

    ※平日の時間帯に出向くのが難しい人は、平日19:00まで、土日16:00まで営業しているパーソナルプラザを利用する手もあります。

    返済日は毎月5日!日付を変更することはできない

    〈あきぎん〉プライムカードの返済日は毎月5日と決まっており、それを変更することはできません。(銀行休業日は翌営業日に引き落とし)返済日の変更が1ヶ月後まで指定できる他社カードローンも多いのでこちらもデメリットとなります。

    万が一やうっかりで返済専用口座に残高がない場合は、自動引き落としができず「返済遅延」と判断されてしまい、新たな借り入れを行うことはできなくなります。

    〈あきぎん〉プライムカードの引き落とし内容は貸越利息→約定元金返済額の順番です。毎月5日までに2つの合計金額を返済専用口座に入金しておく必要があるので、申し込む場合は引き落とし日に注意する必要があります。

    〈あきぎん〉プライムカード【申込方法】

    メリット・デメリットをそれぞれご紹介しましたが、やはりカードローンとして低金利のサービスは魅力です。この項目では〈あきぎん〉プライムカードを申し込む際の流れをご紹介します。

      〈あきぎん〉プライムカード申込方法
    • 申込条件の確認
    • 持参するものを用意する
    • 事前WEB申込後、秋田銀行に来店で口座開設
    • 審査結果は本人にのみ通知される

    この項目では、上記4つのポイントをもう少し詳しく解説します。

    申込条件は3つ!事前確認しておこう

    まずは〈あきぎん〉プライムカードの申込条件を確認しましょう。申込条件に該当しない人は事前申込の時点で審査に通らない可能性が高いです。

    • 契約時の年齢が満20歳以上63歳以下の人
    • (株)秋田ジェーシービーカードの保証を得られる人
    • その他秋田銀行所定の条件を満たす人

    上記の3つが秋田銀行の公式ホームページに記載されています。所定の条件については各金融商品によって秋田銀行が定めていますが、〈あきぎん〉プライムカードの場合、最低利用限度額が50万円なので100万円以上の収入を得ていることも条件になります。

    来店時に持参するものを用意しておく

    秋田銀行の窓口やパーソナルプラザにて本申込をする際に必要となるものを用意します。

      すべての人が用意するもの
    • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
    • 預金口座の届け印
    • 利用限度額が100万円以上になる場合
    • (給与所得者の人)源泉徴収票または給与証明書
    • (個人事業主の人)納税証明書その2または確定申告書の写し

    利用限度額は自分の収入の50%以下なので、100万円以上を超える場合は収入金額を証明する書類も準備する必要があります。

    事前WEB申込後、秋田銀行に来店で口座開設

    〈あきぎん〉プライムカードの事前申込から本審査までの流れをご紹介します。

    1. 事前申込
    2. 事前申込は秋田銀行のホームページからWEBでの手続きが可能なので、自宅にいながら手続きすることができます。

      ご本人様確認情報→お勤め先情報→資金計画→金融機関ご利用状況→申込内容確認の順番に入力していき、送信すると事前申込が完了です。

      WEBだけではなく書類を記入して店頭やFAXから申し込むこともできます。書類の受け取りは秋田銀行の窓口やホームページからダウンロードが可能です。

    1. 審査結果の連絡
    2. 事前申込のあと、3日程度で審査結果の連絡が電話で届きます。

    1. 秋田銀行またはパーソナルプラザに来店
    2. 提出が必要な証明書などを持参して秋田銀行またはパーソナルプラザに来店し、本申込と契約を行います。秋田銀行の口座を持っていない場合は新規で口座開設を行います。

    1. 本審査通過後、借り入れが可能
    2. 来店時の申し込みをして本審査に通過したらローンカードが郵送されます。手元に届くまで時間がかかりますが、申込時に入金口座を指定することでローンカードが届く前に借り入れができるようになります。

    審査結果は本人にのみ通知される

    審査結果は申込時に記入した電話番号に連絡が入ることになっています。また、結果内容を伝える相手は「本人のみ」なので、電話番号を携帯に指定しておくと家族や職場にバレてしまう心配はありません。借り入れはデリケートな問題なので、周りにバレてしまうリスクが低くなるのは嬉しいですね。

    低金利の借り入れが魅力の〈あきぎん〉プライムカード

    今回の記事では秋田銀行の発行する、〈あきぎん〉プライムカードの特徴やメリット・デメリットをまとめてみました。再度ポイントをまとめます。

      〈あきぎん〉プライムカードのおすすめする特徴やメリット
    • 利息年利5.0~9.8%で借りられるので、銀行系カードローンの中でも低金利
    • 審査に通過すればカードが届く前に借り入れもできる
    • 全国のコンビニや提携金融機関で借り入れが可能
    • 資金の使い道は事業用を除いて自由

    やはり一番のメリットは年5.0~9.8%の金利設定です。大手や他の有名カードローンでも10%を切るような金利設定を行っているところは少ないので、〈あきぎん〉プライムカードなら返済額を抑えることもできます。

    申し込んでも即日融資はできませんが、本審査に通過するとカードが届く前に借り入れることも可能です。また、コンビニのATMとも提携しているので、全国各地で急な出費に対応してくれるのが嬉しいポイント。

    借り入れで得た資金の使い道は事業用以外であれば本人の自由なので、自分の生活を充実させることができます。秋田県内や北海道、東北地方に在住していて安定した収入を得ている人は、低金利の〈あきぎん〉プライムカードの申し込みを検討するのがおすすめです。

    診断スタート
    第1問 / 4問中

    審査時間は早いほうが良い?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第2問 / 4問中

    お金を借りることを周囲にバレたくない?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    収入証明書の用意はできますか?

    YesNo
    第3問 / 4問中

    返済日は自分で決めたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    申し込みはWEBで完結させたい?

    YesNo
    第4問 / 4問中

    明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

    YesNo
    第4問 / 4問中

    借入場所が多いほうが良い?

    YesNo

    プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
    信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

    フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

    プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

    また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
    これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

    更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

    CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
    アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
    最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
    最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
    また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

    申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

    返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

    是非一度お試しください。

    竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
    銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
    書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

    満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

    申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
    まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
    「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

    また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

    返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

    三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
    担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
    限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

    バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

    また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

    申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
    更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

    三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
    その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

    三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
    さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

    また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

    申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

    返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

    ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

    © カードローンQ All Rights Reserved.