愛知銀行カードローン 愛

愛知銀行のカードローン「愛」は、少額融資専門のカードローン商品です。通常でも金利が13.0%と低金利ですが、愛知銀行の金利優遇サービスを利用することで、さらに金利を低くすることができます。カードローン「愛」のメリットは以下の通りです。

もし今カードローンの利用を考えているのであれば、愛知銀行のカードローン「愛」がおすすめです。

旧財閥系の愛知銀行の特徴とは?

愛知県内の企業や個人には欠かせない愛知銀行をご紹介します。特徴は以下の通りです。

  • 旧財閥系の銀行で大企業はもちろん中小企業からも信頼が厚い
  • ローン商品の種類が豊富で自分に合ったローンを選びやすい
  • 提携銀行やコンビニATMが利用できるので、全国各地から入出金可能
  • セブンイレブンは平日の手数料が無料で利用ができる

また、愛知銀行は利用するだけで金融商品の条件を優遇してくれるサービスが充実しています。メインバンクとして利用すると非常にメリットがある銀行です。

名古屋に拠点を置く愛知銀行

愛知銀行とは、愛知県名古屋市に本店を置く愛知県内第2の地方銀行です。愛知銀行の前身は1910年日本貯蓄興業株式会社です。1916年には名古屋無尽株式会社と屋号を変更し、平成元年に普通銀行に転換するまで運営されてきました。

愛知銀行は地方の銀行の中でも珍しい三菱財閥の流れをくむ銀行です。そのためか財閥系をはじめとする大手企業のみならず、中小の事業者にも手厚いサポートを心がけ、地元愛知の産業を陰で支える存在となっています。

愛知銀行は、名古屋市を中心とする愛知県内に98店舗、近隣の岐阜県、三重県、静岡県、大阪府、東京都にも支店を構えています。

また全国のセブンイレブンやローソンなどのコンビニATMやイーバンクをはじめとするネットバンクを利用することで、全国各地で愛知銀行の口座に入れてある預金を自由に入出金することができます。

愛知銀行を利用する方の大半を愛知県内に在住する方や勤務している方が占めていますが、出張や赴任、引っ越しなどで愛知県を離れても利用できるサービスが行き届いています。

豊富なローン商品から自分に合ったものを選べる

愛知銀行には堅実で利用しやすいローン商品が豊富に取り揃えられており、その中から自分に合ったものを選ぶことができます。それでは愛知銀行のローン商品をそれぞれ見ていきましょう。

    ―住宅ローン―

  • 「住宅ローン」
  • 愛知銀行の中でも定番の商品と言えば、この「住宅ローン」です。名前の通り新築物件やマンション、中古物件を購入する際に利用できる商品です。融資限度額は100万円~5,000万円以下です。

  • 「住まいるいちばん」
  • 「住宅ローン」の融資限度額が5,000万円までだったのに対して、「住まいるいちばん」は最高1億円まで融資可能なローン商品です。利用用途は同じく新築物件やマンションなどの購入費用のみです。大型物件の購入を考える場合には、こちらの商品の方がおすすめです。

    ―カーローン―

  • 「マイカーローン」
  • 自動車やバイクなど新中古問わず購入費用に利用することができるローン商品です。購入費用の他には、自動車学校教習費用や車検費用などにも利用ができます。融資限度額は100万円から1,000万円まで。収入証明書や担保、保証人が不要なので、非常に利用しやすい商品です。

    ―教育関連―

  • 「教育ローン」
  • 学校の入学費用や授業料などに利用することができるローン商品です。融資限度額は10万円から300万円まで。登録した愛知銀行の口座から自動引き落としになるので、返済忘れを防ぐことができます。

    ―リフォームローン―

  • 「リフォームローン」
  • マイフォームの増改築や住宅機器の購入、他社で借りたリフォームローンの借換費用にも利用することができる商品です。融資限度額は10万円から500万円まで。最長7年間の返済期間があります。

  • 「太陽光発電ローン」
  • 住宅用太陽光発電システムを導入する際に利用することができるローン商品です。

    ―目的別ローン―

  • 「ブライダルローン」
  • 披露宴、新婚旅行費用に利用ができるローン商品です。300万円まで借り入れをすることができます。

  • 「トラベルローン」
  • 国内外の旅行や、留学に利用できるローン商品です。

    ―カードローン―

  • 「愛銀カードローン リブレ」
  • 来店不要で、スピード融資が魅力的なカードローンです。用途は自由で500万円まで融資をうけることができます。

  • 「愛銀ポケットローン ユー」
  • 30万、60万、100万、200万と4つのコースから用途自由の融資を受けられるカードローンです。

  • 「カードローン 愛」
  • 安定した収入があればフリーターでも利用ができるカードローンです。限度額を30万円まで、50万円までと2つのコースから選ぶことができます。

ATMが利用しやすい&金利が安くなるキャンペーンも

愛知銀行は愛知県内を中心に営業している地方銀行ですが、コンビニATMを利用することで、全国各地で利用することができます。特にセブンイレブンでは、平日18時までの入出金であれば手数料が無料で利用ができます。

もちろんコンビニが営業している間はATMも利用可能なので、24時間365日常にATMを利用することができます。

ATMの利用のしやすさとともに、愛知銀行にはこまめに利用するだけで金利が安くなるキャンペーンを行っています。例えば愛知銀行の普通口座を給与受取口座に指定することで、ローン商品の金利を年1.0%~3.0%の間で引き下げることができます。

その他にも住宅金融支援機構の利用や、愛知銀行の住宅ローンを利用している方も金利が安くなるサービスがあります。金利の値下がり率は審査によって決まりますが、長年愛知銀行を利用してきた方には特に優遇される傾向にあるようです。

中にはこのサービスを利用することで、全国でもトップクラスの低金利で利用できるローン商品もあるため、気になる場合は愛知銀行の窓口で金利相談をしてみると良いでしょう。

その他にも新規でローン商品を契約した方には、その場でクオカードがもらえるサービスや、新規で給与受取口座を開設した方には、沖縄旅行などプレゼントするキャンペーンなども行っています。

愛知銀行には利用するだけで、得をしてしまう商品やキャンペーンを多く取り揃えているので、まだ利用したことがないという方にはぜひおすすめしたい銀行の1つです。

愛知銀行が提供するカードローン「愛」とは?

カードローン「愛」の特徴は、少額融資に関しては全国トップクラスの低金利である点です。愛知銀行が提供している他のローン商品よりも申し込みがしやすく、非常に使い勝手の良い商品です。カードローン「愛」の特徴は以下の通りです。

  • 普段から愛知銀行を利用していると金利がさらに低くなる。
  • 安定した収入があればフリーターも申し込みが可能
  • 収入証明書や担保、保証人がなくても申し込める

愛知銀行の中でも特に少額融資を希望する際にはおすすめしたい商品です。それでは特徴を詳しく見ていきましょう。

愛知銀行のカードローン「愛」の商品概要

愛知銀行が提供する使い方が自由なカードローン「愛」をご紹介します。

  • 商品名
  • カードローン「愛」

  • 融資限度額
  • 限度額30万円コースと限度額50万円コースの2種類があります。 限度額のコースは審査によって決まり、契約期間中の限度額の変更はできません。

  • 金利
  • 年 13.00%

    ただし以下の条件を満たすことで、金利を大幅に引き下げることができます。

    ①給与受取実績がある方→年1.0%の金利の割引
    ②住宅金融支援機構ご利用中の方→年1.0%の金利の割引
    ③住宅ローンご利用中の方→年1.0%の金利の割引

    カードローンを契約した後、毎年2月末と8月末の取引実績により、金利を最大3.0%引き下げることができます。よって最低金利は年 10.00%となります。

  • ご利用いたただける方
  • 愛知銀行の営業エリア内に在住しているか勤務している方 満20歳~65歳未満の安定した収入を得ている方。 アルバイトやパートなどのフリーターの方でも利用が可能です。

  • 使い道
  • 自由。

    ただし事業性資金、他社のローンの借換返済には利用ができません。

  • 返済方法
  • 定例返済:毎月10日に自動で口座から1万円を返済金として引き落とします。 任意返済:定例返済とは別に、任意の額を愛知銀行のATMやコンビニATMなどを利用して返済することができます。

  • 担保、保証人
  • 保証会社を利用するので、必要ありません。

  • 収入証明書
  • 提出する必要がありません。

以上が愛知銀行のカードローン「愛」の商品概要です。上記のように愛知銀行の営業エリアに関係する方であれば、フリーターでも申し込むことが可能です。しかし例外として、すでに他の愛知銀行のローン商品を利用している方は申し込むことができません。

そのため、カードローン「愛」は、愛知銀行で初めてローンを利用する方に向いている商品と言えるでしょう。

愛知銀行の他のカードローンとの違い

愛知銀行には、カードローン「愛」の他にも、カードローン「リブレ」や愛銀ポケットローン「ユー」といったカードローン商品があります。違いは一体何なのでしょうか?丁寧にご説明します。

  • カードローン「リブレ」との違い

カードローン「リブレ」との大きな違いは、借入限度額です。カードローン「リブレ」は最高500万円まで融資限度額があるのに対して、カードローン「愛」の融資限度額は最高50万円です。

ですので、より高額な融資を希望しているのであれば、カードローン「リブレ」を利用した方が良いでしょう。しかし50万円以下の融資額を希望する場合は、カードローン「愛」の方が金利が低いので、返済額を抑えることができます。

より少額で、こまめにカードローンを利用したいのなら、カードローン「愛」の方がおすすめです。

  • 愛銀ポケットローン「ユー」との違い

愛銀ポケットローン「ユー」との大きな違いは金利です。カードローン「愛」の金利は年13.0%なのに対して、愛銀ポケットローン「ユー」は年10.50%です。ここに愛知銀行の金利優遇サービスを利用すると最大7.50%まで金利を抑えることができます。

仮に融資額100万円以下を希望した場合、全国でもトップクラスの低金利で融資を受けることができます。しかしその分、愛銀ポケットローン「ユー」は審査基準が厳しく、利用者は勤務期間1年以上の社員であることを義務付けています。

ですので、フリーターの方は利用することができません。また審査会社も愛知銀行の子会社が行うので、フリーローン商品の中でも最も審査が厳しい商品の1つと言えます。金利の安さは魅力ですが、審査を考えるとカードローン「愛」の方が利用しやすい商品かもしれません。

カードローン「愛」はフリーターでも利用可能!

カードローン「愛」は、本人に安定した収入があればフリーターでも利用することができるローン商品です。しかし残念ながら本人に収入がない専業主婦の方は、配偶者に収入があっても申し込みができません。

そんなカードローン「愛」ですが、融資限度額が最高50万円までと他のローン商品も低額であることから、申し込みや審査の際に返済能力を証明するための収入証明書を提出する必要がありません。

さらに保証会社を通して審査をするので、ローンを組むのに必要な担保や保証人も不要です。用意するものは免許証やパスポートなどの本人確認証くらいで、役所や勤務先に行って書類を作成してもらう必要はありません。

愛知銀行の他のローン商品では、審査の際に収入証明書や担保などが必要なことが多く、契約までに書類を集めたり、手続きをしたりと面倒な作業が多いです。

しかしカードローン「愛」であれば、特に揃える書類もないので、すぐに申し込みをすることができます。予期せぬ金欠に困ったときには、まずカードローン「愛」の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

カードローン「愛」は審査が通りやすい上に金利も抑えられる!

カードローンを利用する際に最も気になるのが、金利の低さではないでしょうか。カードローン「愛」の場合、少額融資を希望する際には全国でもトップクラスの低金利を実現しています。その他のメリットは以下のようになっています。

  • 金利優遇サービスを利用すれば最大で金利を3.0%も低くできる
  • 愛知銀行のローン商品の中で最も審査が通過しやすい
  • 事前申し込みで面倒な手間を省くことができる

ここでは知らないと損をしてしまう審査が通りやすい理由と金利を低くする方法をご紹介します。

愛知銀行ローン商品の中で最も審査が通りやすい

カードローン「愛」の最大のメリットは、愛知銀行が提供するローン商品の中でも、利用規約を満たしていれば非常に審査が通りやすいという点です。以下の2つの理由で審査が通りやすいといえます。

  • 保証会社が株式会社セディナであること
  • カードローン「愛」は保証会社を通じて審査を行います。審査をする保証会社はクレジットカードを発行している株式会社セディナです。セディナとは、三井住友フィナンシャルグループの信販系と言われる保証会社です。

    信販系の保証会社は、銀行が行う審査よりも審査が通りやすいと言われています。特にカードローン「愛」の場合、融資限度額の上限が50万円までとローン商品の中ではかなり少額の融資を想定しています。

    ですので、通常のローン商品よりも返済が滞るリスクが少なく、審査が通りやすくなっていると言えるでしょう。例外として、過去に愛知銀行やセディナ関連の金融商品で事故を起こしたり、返済が滞ったりした経験がある場合は、審査が通りにくくなっている場合があります。

  • 申込条件が限定されている
  • カードローン「愛」に申し込むためには、愛知銀行の口座を事前に持っている必要があります。愛知銀行の口座を開設するためには、銀行の営業エリア内に在住しているか勤務している必要があるので、当然利用者は限られてきます。

    万が一返済が滞った場合でも、回収のコストが低く抑えられると想定されるため、銀行側のリスクが減ります。また口座の利用履歴を参照することで、収入状況を把握できるので、より利用者の返済能力を正確に分析することができます。

    特に愛知銀行の口座を給与受取に利用すると金利が抑えられるサービスを行っていることからも、口座の利用状況が審査に大きく影響していることが伺えます。通常の利用を繰り返していれば、審査でマイナスになることはないので安心しましょう。

    過去に金融事故を起こしたことがなければ高い確率で審査を通過することができます。ただし申し込みの際に、審査を有利に進めようと勤務状況や収入状況を良く見せようとすると、かえって審査通過が難しくなります。正直に今の状況を記入するようにしましょう。

上手に使えば全国トップクラスの低金利で利用できる

カードローン「愛」の通常金利は年13.0%です。愛知銀行の口座を給与受取口座に指定したり、金利優遇サービスを利用したりすることで最大で年10.0%まで金利を抑えることができます。

愛知銀行が提供する他のローン商品の金利が非常に低いことから、カードローン「愛」の低金利が目立ちにくいですが、全国の用途自由なカードローンと比較することで、カードローン「愛」の低金利を実感できるようになります。

  • メガバンク系カードローンとの比較
  • メガバンク系のカードローンである三井住友銀行カードローンとの比較をしてみましょう。三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.5%となっています。年利が4.0%は低く見えますが、借入上限額である800万円まで審査が通過した場合の金利です。

    カードローン「愛」の借入上限額である50万円を三井住友銀行カードローンで融資を希望した場合、金利は最高の14.5%になると考えられます。通常の状態でも金利はカードローン「愛」の方が低いですが、金利優遇サービスを利用すれば最大で年利を4.5%も安く済ませることができます。

    カードローン「愛」はメガバンク系のカードローンよりも金利が低いことが分かりますね。

  • 消費者金融系カードローンとの比較
  • 続いて利用しやすさがウリの消費者金融系カードローンであるプロミスと比較してみましょう。プロミスの金利は年4.5%~17.5%となっています。もちろんカードローン「愛」の方が金利が低く抑えられることが分かっていただけると思います。

    他の消費者金融系カードローンの金利は以下のようになっています。

    モビット:3.0%~18.0%
    レイク:4.5%~18.0%
    アイフル:4.5%~18.0%
    アコム:3.0%~18.0%

    どれも全国的に有名なカードローンですが、どれもカードローン「愛」よりも金利が高いことが分かります。より低金利で返済額を節約したいのなら、消費者金融ではなく、愛知銀行のカードローン「愛」を利用した方が良いでしょう。

  • 愛知県内の地方銀行との比較
  • 最後に愛知県内にある地方銀行が提供しているカードローンの金利と比較してみます。中京銀行が提供するカードローン「C-style」の金利は年4.9%~14.5%です。名古屋銀行が提供する「カードローンS」の金利は年2.9%~14.5%にとなっています。

    どちらも上限額いっぱいに借り入れができた場合には、金利を安く抑えられますが低額融資を希望する場合には、愛知銀行のカードローン「愛」の方が、金利を低く抑えることができます。

事前審査で手間を省ける!

カードローン「愛」を利用するには、保証会社の審査を通過する必要があります。審査にはわざわざ銀行の窓口まで行く必要もなく、愛知銀行のWEBサイトから事前に審査申込をすることができます。

事前に審査申込をすることで、仕事や用事を済ませている間に審査完了させ、結果を通知してくれます。ですので、銀行の営業時間に振り回されることなく、好きなタイミングで申し込みをすることができます。

審査申込の際には、収入証明書や担保や保証人を証明する書類などを揃える必要がありません。申し込みから契約完了まで必要な書類は写真付きの本人確認証だけで大丈夫です。

予約審査申し込みは、愛知銀行のWEBサイトからたったの30秒程度でできるようになっています。スマホやパソコンを持っていれば今すぐできるので、もし気になる場合にはWEBサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

カードローン「愛」のデメリットはコレ

元の金利が低金利なのに、金利優遇サービスを利用することでさらに金利を抑えられるカードローン「愛」ですが、利用の際にはデメリットもあるようです。主なデメリットは以下の通りです。

  • カードローンの利用がバレてしまう可能性が割と高い
  • 融資までに時間がかかってしまう
  • キャッシュカードが届くまで借入金を出金できない

デメリットの内容を知ることで、回避することもできるので、参考にしてみてください。

カードローンの利用がバレる可能性が割と高い

カードローン「愛」は、非常に使い勝手の良いローン商品ですが、他の銀行のカードローンと比較すると、ローンを利用していることが周りにバレやすい可能性があります。理由は以下の4つです。

  1. 審査結果が自宅に郵送される
  2. 本審査が終わると、審査結果が書類となって自宅に郵送されます。通常のカードローンであれば、審査結果は個人宛てにEメールで届くものが多いですが、カードローン「愛」の場合、書類となって自宅に郵送されます。

    もちろん封筒には愛知銀行としか記載されていないので、封筒だけではローンの利用が分かりませんが、万が一中身を見られた場合にはローンの利用がバレてしまいます。この審査結果の封筒の中には、契約に必要な書類が含まれているので、受け取らないわけにはいかないのです。

  3. 在籍確認がある
  4. 他の銀行のローン商品でもあるように、カードローン「愛」でも審査の際に在籍確認の電話があります。電話をする先は、申し込みの際に記入した勤務先となっています。

    もちろん愛知銀行という名前やローンのための在籍確認であることが分からないように電話をするので、心配する必要はありません。しかし過去にローン商品を利用したことのある人が電話を対応した場合には、ローンの在籍確認であることが分かってしまう可能性もあります。

  5. 返済額引き落としの際に通帳に記載される
  6. カードローン「愛」は、毎月10日に愛知銀行の口座から返済額が引き落としになるシステムになっています。通帳には返済額として引き落とされた旨が記載されます。通帳を人に見せるケースは稀だと思いますが、通帳の中身を見られた際には、ローンの利用がバレてしまいます。

  7. ローン専用のキャッシュカードが自宅に届く
  8. 本契約を済ませた1週間後くらいにローン専用のキャッシュカードが自宅に郵送されます。このカードを利用しないと、借入金を出金できないので、必ず受け取る必要があります。

    もちろん封筒には愛知銀行としか記載されていませんが、カードにはしっかりとローン専用と書いてあるので、中身を見られたらバレてしまいます。

    カードローンを利用するには自宅への郵送物を受け取らなければなりません。万が一バレてしまうようなリスクを考えるのであれば、郵送される時期にはなるべく自宅で自分が受け取れるようにしておくことをおすすめします。

融資までに時間がかかる

上記で説明したように、カードローン「愛」は比較的審査が通りやすいローン商品となっています。しかしその分、融資までに時間がかかってしまうのがデメリットです。時間がかかってしまう要因は以下の3つです。

  • 審査結果の通知まで時間がかかる
  • 前述したように審査結果は郵送で届けられます。郵送には時間がかかるので、即日で審査結果を知ることができません。カードローン「愛」の場合、審査結果を知るまでに最短で3日程度かかると言われています。祝日や連休などを挟むとさらに審査結果の通知までに時間がかかります。

  • 契約の際には銀行の窓口に行く必要がある
  • ローンを契約するには銀行の窓口に行って、直接契約をする必要があります。もちろんこの時点では既に審査が通過しているので、カードローン「愛」を利用する条件は満たしています。

    しかし契約を済ませるには、銀行の営業時間内に窓口に行く必要があります。平日に銀行に行けない方のために、土日祝日も営業しているローンプラザというものがあるので、そちらを利用すると良いでしょう。

  • キャッシュカードが届くまで借入金を出金できない
  • カードローン「愛」には、契約が済んだ段階で、指定口座に借入金を入金してくれるようなサービスはありません。借入金の出金には、ローン専用のキャッシュカードが必要です。

    キャッシュカードが届くのは本契約が完了した1週間程度後になります。いますぐお金が必要という方には大きなデメリットと言えるでしょう。

デメリットを回避する方法は、時間に余裕を持つこと

どうしてもカードローンの性質上、融資までに時間がかかってしまいます。カードローン「愛」で融資までかかる日数は最短で1週間です。通常の場合審査や郵送にもっと時間がかかるので、最初の借り入れまでに2週間程度は余裕を持っておいた方が良いでしょう。

デメリットを回避する方法として、申し込みや契約の際には大型連休の近くに行うのを避けたり、申込書類の不備があって余計に時間をかけたりしないよう心がけましょう。

どうしても融資までに時間がかかってしまうので、お金が今すぐに必要という場合ではなく、万が一の場合に備えてのカードローンとして利用することをおすすめします。

カードローン「愛」の契約の流れと注意点

最後にカードローン「愛」の契約の流れをご説明します。仮審査の際にはWEBで申し込みができますが、本契約の際には銀行の窓口に行く必要があります。返済方法も一緒に説明しますので、検討の際の材料になりますよ!

  • WEBで仮審査の申し込みができる
  • 本契約の際には銀行の窓口に行く必要がある
  • 返済は毎月10日に口座から自動で引き落としされる
  • 任意返済で最終的な返済額を抑えることができる

カードローン「愛」を契約する方法は4ステップ

  1. 仮審査の申し込み
  2. 愛知銀行WEBサイトから30秒で仮審査の申し込みができます。スマホかパソコンがあれば今すぐにでもできますよ。

  3. 審査結果の通知後、愛知銀行の窓口に行く
  4. 審査が終わると審査結果が書類で自宅に郵送されます。審査が通過した際には、封筒の中に契約書類が入っているので、愛知銀行の窓口に行って本契約を済ませましょう。

  5. カードローンが郵送される
  6. 本契約完了後、1週間ほどで自宅にローン専用のキャッシュカードが郵送されます。キャッシュカードでしか借入金は出金できないので、カードが届くのを待つ必要があります。

  7. 愛知銀行のATMやセブンイレブンで出金できる
  8. ローン専用のキャッシュカードを利用することで、愛知銀行のATMはもちろん全国のセブンイレブンやローソンなどのコンビニATMでも借入金を入出金することができます。

返済は毎月10日に自動で引き落とされる

カードローン「愛」の返済は、定例返済として毎月10日に愛知銀行の口座から自動で引き落とされるようになっています。口座の中にお金が入っていれば、返済忘れなども起こらないので、安心です。

また任意返済として、任意の金額を自分のタイミングで愛知銀行のATMやコンビニATMから返済することもできます。任意返済とは、定例返済を基本としてさらに追加で返済する方法です。任意返済をしても返済額が残っている場合は定例返済として毎月10日に自動で引き落とされるので、注意しましょう。

返済額を左右する金利は、愛知銀行の金利優遇サービスを利用することで最大年3.0%も金利を抑えることができます。もちろん金利の優遇には条件が必要ですが、普段から愛知銀行を利用しているのであれば、メリットの多いサービスなので、ぜひ検討してみてくださいね。

カードローン「愛」は低金利なのにもっと低くなる

愛知銀行が提供するカードローン「愛」は、金利が年13.0%と少額融資を希望する際には、全国でもトップクラスの低金利で融資をしてくれます。また元々低金利の商品ですが、金利優遇サービスを利用すれば最大金利を年10.0%まで引き下げることができます。

普段から愛知銀行を利用している方であれば、非常に便利で利用しやすいサービスなので、ぜひ検討してみてください。少額融資なら、カードローン「愛」よりも低い金利のローン商品はなかなか見つからないかもしれません。それではカードローン「愛」のメリットをまとめてみましょう!

  • カードローン「愛」は、メガバンクや消費者金融系カードローンよりも金利が低い。
  • 利用条件をクリアしやすく、他のローン商品よりも審査が通りやすい。
  • 収入証明書が不要で、フリーターでも申し込める。
  • 普段から愛知銀行を利用していれば、最大で金利を3.0%も引き下げることができる。

カードローン「愛」は、愛知銀行の営業エリアに関係のある方にしか利用することができないローン商品となっています。利用条件が限定されていることで、普段から愛知銀行を利用している方には非常に使い勝手が良く、金利を優遇してくれる手厚いサービスが受けられます。

今カードローンの利用を考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか?

診断スタート
第1問 / 4問中

審査時間は早いほうが良い?

YesNo
第2問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第2問 / 4問中

お金を借りることを周囲にバレたくない?

YesNo
第3問 / 4問中

収入証明書の用意はできますか?

YesNo
第3問 / 4問中

返済日は自分で決めたい?

YesNo
第4問 / 4問中

申し込みはWEBで完結させたい?

YesNo
第4問 / 4問中

明細は郵送でなくWEB上で確認したい。

YesNo
第4問 / 4問中

借入場所が多いほうが良い?

YesNo

プロミスは三井住友銀行グループに属する大手消費者金融会社のサービスブランドです。
信頼性の高い三井住友グループの一員であるという点から、プロミスに対する信頼度も高くネームバリューもあるため、安心してカードローンを利用することができると言えます。

フリーキャッシングや女性向けのレディースローン、おまとめローン、自営者向けカードローン、目的ローンなど、利便性の高い商品を幅広く用意しています。また、業界では初めてゆうちょ銀行と提携したり、三井住友VISAプリペイドカードへのチャージサービスを導入したりするなど、利用者にとって便利で使いやすいサービスを提供しています。

プロミスのカードローンは、20歳以上で69歳の安定した収入のある方であれば、申し込みが可能できるため主婦や学生、年金受給の方でも、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。

また、PCやスマートフォン、携帯電話で24時間365日申し込みができ、即座に入金が反映される「瞬フリ」というサービスがあります。
これは三井住友銀行の銀行口座か、ジャパンネット銀行の口座があれば24時間最短10秒で融資を受けることができ、土日祝日や夜間のキャッシングも可能です。

更に返済期日は、5日、15日、25日、末日から、自分の都合が良い日にちを選択することができ「口フリ(口座振替)」や「プロミスATM」、「提携ATM」など、利用者の都合に合わせて選ぶことができます。

CMなどで「はじめてのアコム」というフレーズを聞いたことのある方は多いかもしれません。このフレーズの通り、アコムはカードローンの利用が初めての方にピッタリの商品です。
アコムカードローンは、初回30日間金利0円、24時間365日借り入れ可能、スピーディーな審査など、初めての方でも利用しやすいサービスを展開しています。
最大の特徴は、融資までが非常にスピーディーな点です。
最短30分という早さで審査結果が届き、受付が受理されてからは最短1分で、振り込みが完了します。
また、スマートフォン・携帯電話・パソコンから、24時間いつでも利用することができ、アコムの店舗ATMも24時間営業のため、いつでも借り入れ・返済が可能です。更に、自宅や勤務先の近くにあるコンビニエンスストアのATMや、提携金融機関のATMからも借り入れができます。

申し込みもWEBで全て行うことができ、明細もWEB上で確認できるため、周囲に内緒で申し込むこと可能です。

返済についても口座振替(自動引き落とし)かそれ以外の返済方法かで返済日が異なりますが、口座振替(自動引き落とし)以外の場合は、ある程度自由に返済日を選ぶことができます。

是非一度お試しください。

竹中直人のCMでおなじみの、三井住友銀行グループのモビット。
銀行口座を持っていなくても利用できる、とても便利なカードローンです。
書類さえ揃っていれば10秒で審査がうけられることや、即日融資が受けられることも特徴として挙げられます。

満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方であれば利用できますが、無職、専業主婦、年金以外の収入がない方は利用ができません。

申し込みから利用できるまでがとても早いのがモビットの大きな特徴です。
まず、webでできる簡易審査は、約10秒で審査結果を表示してくれます。
「web完結申込」を利用すると、本申込から実際に利用できるまで最短30分です。

また、急ぎの融資を希望する方専用に、フリーコールの窓口を設けています。申込完了後すぐに電話をすることで、すぐに審査を開始してくれます。

返済日に関しても5日、15日、25日、末日から選ぶことができ、都市部の銀行ATMや全国のコンビニエンスストアの端末・店頭等で利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、2007年に発売された個人向けの金融商品(無担保ローン)です。
担保・保証人不要で申し込みができる無担保ローンで、資金使途は原則自由(事業性資金を除く)です。
限度額の範囲内で繰り返し利用でき、コンビニATMで気軽に借り入れや返済が可能です。

バンクイックの金利は年1.8%~14.6%と銀行ならでは安心の金利で、利息の支払いを少しでも抑えたい方に選ばれています。

また、口座を持っていないと申し込みできない銀行カードローンが存在する中、三菱東京UFJ銀行カードローンは銀行口座不要で申し込みが可能です。

申し込みもインターネットでの24時間受付や、三菱東京UFJ銀行店舗内のATMコーナーに設置されているテレビ窓口(無人契約機)が9:00~21:00(土日、祝日は9:00~17:00)まで営業しており、審査を通過した後ならバンクイックカードの即日発行、受け取りも可能です。
更に、全国にある三菱東京UFJ銀行のATMだけではなく、提携コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)の利用手数料もバンクイックカードを利用した際は無料で借り入れできるため、様々なメリットがあります。

三井住友銀行は、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行と並ぶ日本の三大メガバンクの一つです。
その三井住友銀行が提供するカードローンは「返済利息額を上回れば返済額の自由設定」が可能で、任意返済を希望の方は、ボーナスなど臨時収入で返済もできます。

三井住友銀行カードローンの大きな特徴は店舗に併設されているローン契約機(ACM)で、申し込み~借り入れまで完結できてことです。
さらに、このローン契約機(ACM)は土日でもローンカードを発行でき、Web上での申し込みが可能で、土日・祝日でも受け取ることができます。

また、三井住友銀行ATMだけでなく、イーネットATM・ローソンATM・コンビニATM・ゆうちょ銀行ATMでも利用手数料や時間外手数料も無料で利用できます。

申し込みに関しても、銀行口座の開設なしで行うことができるため、銀行カードローンの中では、比較的スムーズに融資を受けることが可能です。

返済を行う際も毎月5日、15日、25日、末日(銀行休業日の場合は、翌営業日)に前月の約定日の借入残高に応じて返済できるため、利用者の都合に合わせて選ぶことが可能です。

ただし、学生さんや専業主婦の方は、安定した収入が本人にない場合は利用ができないため注意が必要です。

© カードローンQ All Rights Reserved.