百十四銀行カードローン 114スマートネクスト

お金を借りる疑問の総合研究所【skkc.jp】百十四銀行カードローン 114スマートネクスト

百十四銀行の「114スマートネクスト」は、来店不要で借り入れができるカードローンです。

百十四銀行の本拠地である香川県はもちろん、西日本の広域にわたって申し込みが可能です。パート・アルバイト・契約社員など収入の額に関わらず利用ができ、限度額は最高300万円。

口座があればパソコンやスマートフォンから来店不要で契約完了、即日融資にも対応しています。借入・返済がATMからできるのでとても気軽です。

西日本地域において独特の存在感を放つ百十四銀行

百十四銀行は香川県高松市に本店を置く、実力派の地方銀行です。日本の銀行の歴史の創世記より続く歴史をもち、西日本では確固たる地位を築いてきました。

日本銀行やみずほ銀行などとのつながりも深く、地方銀行でありながらゆるぎない信頼性があります。その長い経験を元に、現代の地域ニーズに対応するさまざまなサービスを日々開発・提供し続けています。

創立時のナンバーを冠する百十四銀行の誕生と歩み

香川県高松市を本拠地とする百十四銀行は、その名が示す通り、明治政府の国立銀行条例により開設されたナンバー銀行です。

かつて国立銀行として創設された銀行は、百五十三までの漢数字をつけられていましたが、現在まで名称としているのはごくわずかです。

百十四銀行の歴史

百十四銀行が開かれたのは、明治11年(1878年)のこと。以来、約140年にわたり地域の暮らしに寄り添ってきました。

大正13年(1924年)に高松銀行と合併し「高松百十四銀行」と名称変更されましたが、昭和24年(1949年)に再び「百十四銀行」に改称されています。

国立銀行であった名残としては、日本銀行の旧高松支店をそのまま受け継ぐといった出来事も記されています。

また現在でもみずほ銀行との深いつながりを有するなど、歩んできた歴史の影響が色濃く残り、独特の存在感を放つ地方銀行となっています。

周囲の地方銀行と提携を行う

現在の百十四銀行は単に長い歴史に頼っているばかりではありません。周囲の地方銀行とさまざまな提携を行い、顧客の利便性と互いの経営強化策を実現しています。

日本国内の数ある銀行に先駆けて、ATMの共有化を図ったのもそのひとつです。阿波銀行、伊予銀行、四国銀行とATMの相互乗り入れを行い、手数料の無料化にも踏み切っています。

これにより他県に出かけても、負担を感じずに引き出しができるようになっています。互いに切磋琢磨するライバルでありつつも、良好な関係を保って連携をする。

それが顧客へのサービス向上となり、最終的な利益につながるのを確信し、具体的な施策へと発展させる推進力はさすがに老舗銀行の力量といえるでしょう。

地域・働く人・銀行すべての幸せな未来を創造

百十四銀行の強みはその長い経験値をもって、将来まで見通す力です。

地域社会を力強くサポート

地場産業を支えることこそが地方銀行の経営の安定化のカギであり、理想的なサイクルを生み出すことを深く理解しています。

近視眼的な金融施策ではなく、中小企業を育てることが何よりも重要であることを知り、じっくりと腰を据えたサポート体制を整えています。

例えば、地元の中小企業再生を目的とした「かがわ中小企業再生ファンド投資事業有限責任組合」は、官民一体型のファンドとして地域社会を力強くサポートしています。

「114景気対応緊急融資(緊急サポート)」は、国の景気対応緊急保証制度に対応した商品として、中小企業の金融を積極的に後押してきました。

そうした百十四銀行の取り組みに対しては、平成24年に金融庁及び経済産業省から「経営革新等支援機関」の認定がされています。

女性の活躍の場の拡大も

百十四銀行は外部への働きかけだけではなく、内部に働く人の暮らしを充実させることも、地域貢献の主眼としています。

ダイバーシティ(多様性)への取り組みとして、女性が輝き活躍できる職場づくりを目指し、女性職員で構成するプロジェクトチームを発足させています。

女性の積極的登用や、「育休復帰セミナー」「女活パワーアップセミナー」「イクメン応援セミナー」の定期開催、「ワークライフバランス相談窓口」の設置など、具体策は尽きません。

金融という場において、これまで見逃されがちであった女性の活躍の場を拡大し、より元気な地域社会への確実なベース構築に貢献しています。

顧客ファーストを感じさせる商品ラインナップ

百十四銀行は歴史を重ねながら、地元社会とともに歩んできました。そのまなざしは顧客の求めるものを常に探り、その時代に合わせた最良の商品やサービスを提供しようとしています。

例えばもっとも顧客が必要とする定期預金商品にも、百十四銀行ならではのこだわりと工夫が見られます。

  • 一般的な「スーパー定期預金」や「積立定期預金」
  • 退職金専用の「114ワンダフルライフ」
  • 普通預金のように出し入れ自由な「114スーパー貯蓄預金」
  • 満期日まで待たなくても、定期的に利息を分割して受け取りができる「わくわく定期」
  • 年金受け取り口座に事前予約すると金利が上乗せされる「プレ年金定期預金つながり」

など多彩な商品群が目を引きます。

顧客の年代やライフステージに合わせて必要とされる、個人資産の管理が百十四銀行に来ればワンストップで解決できます。

顧客が暮らしの中でどうしても必要になる資金を、悩みなく手にするためのローン商品にも力を入れています。

より個人的なニーズを満たすローンも

住宅ローンだけでも、住宅取得用、増改築用、セカンドハウス用など合わせて6種類提供されています。

マイカーローン、ビジネスローンといったおなじみのところから、介護ローン、レジャーローン、旅行ローンなど、暮らしの隅々まで行き渡る商品ぞろえです。

女性客に好評のブライダルローン、インテリアローンの他、仏具ローン、家電製品ローンといったより個人的なニーズを満たす商品もあります。

Yahoo!ウォレットを口座で利用できる

ポータルサイトで知られたヤフーが提供するオンライン決済サービス「Yahoo!ウォレット」を口座で利用できるなど、時代にいち早く対応したサービスの提供も始めています。

また、口座から楽天Edyに直接チャージ できるのも、顧客の利便性を追求する百十四銀行らしい取り組みといえます。

12万人が利用する「114スマートネクスト」とは

地方銀行のカードローンでありながら、利用者が12万人もいるのは「114スマートネクスト」がそれだけ使い勝手が良い商品という証です。

パートやアルバイトでも申し込みができ、収入による制限がありません。

地元密着型の銀行でありながら、西日本の広範囲にわたって営業拠点をもつ百十四銀行は、カードローンの申し込みが可能なエリアもワイドです。

「114スマートネクスト」は申し込みできる属性が広範囲

「114スマートネクスト」は、仕事をしている人であればパート・アルバイト・派遣・契約社員の区別なく申し込みが可能です。

銀行カードローンの中には正社員のみを対象としている商品も多く、低金利商品を借りたくても手が出せないという場合もあります。

多様性が叫ばれる現代社会では、いろいろな仕事の仕方が当たり前となっています。定期収入があるにも関わらず、働き方によって門前払いをされるのは辛いことです。

百十四銀行は、ダイバーシティへの取り組みを強化しています。その銀行が送り出している「114スマートネクスト」は、正規の社員でなくても満20歳以上から65歳未満の働く人ならば誰でも申し込みができます。

「114スマートネクスト」の利用者は12万人

香川県全体の人口が約100万人なので、単純に1割以上が利用していることになります。もちろん「114スマートネクスト」の利用地域は香川県のみにはとどまりません。

愛媛県、徳島県、高知県の四国全域の他、岡山県、広島県、兵庫県、大阪府、愛知県、福岡県、さらに東京都と西日本の広範囲と首都圏にまで利用地域が及んでいます。

忙しく働く人に優しいカードローン

来店しなくても申し込みできるので、忙しく働く人に優しいカードローンです。百十四銀行のモットーは、地元の個人・中小企業を徹底サポートする堅実な企業であることです。

「114スマートネクスト」は、地域社会の土台となる働く人の暮らしを支えることの重要性を良く知る百十四銀行らしいカードローン商品といえるでしょう。

最短即日審査・口座があれば即日融資も可能

「114スマートネクスト」は口座を持たなくても、申し込みが可能なカードローンですが、百十四銀行に口座を所有していればさらに便利に使えます。

口座があれば最短即日審査が行われ、口座への振り込みで即日融資が可能となります。申し込みの際には本人確認書類などが必要となりますが、口座があれば本人確認の手続きがカットされます。

そのため百十四銀行の口座所有者は、web完結でスピーディーに契約まで完了できます。スマートフォンやパソコンから自宅にいながら、すべてが終了するのでとても手軽です。

  • 口座を持っていないと時間がかかる
  • 百十四銀行に銀行口座を持っていない場合には、審査結果が即日とならない可能性が高くなります。

    申し込みはインターネット上からできますが、来店をしない場合にはその後のやり取りが郵送となるので実際に借り入れができるまでには相当数の日数がかかります。

    審査が通った後で契約書の郵送・返送、ローンカードの発行から配送を合わせると、速くても2~3週間は見ておく必要があります。

借り入れや返済は、近くのATMが利用できます。「114スマートネクスト」に対応しているのは、百十四銀行、提携金融機関、ゆうちょ銀行のATMの他、セブン銀行、イーネット、ローソン、バンクタイムなどのコンビニATMです。

地方銀行が提供するカードローンには、該当の銀行ATMかせいぜい提携金融機関のATMしか利用できないものもあります。近所のコンビニATMで借り入れも返済も対応していれば、利用の幅がグンと広がります。

利用者4割が女性の安心・安全なカードローン

「114スマートネクスト」は利用者の4割以上が女性です。年代も30代、40代を中心に幅広い年齢層が利用しています。

カードローンの利用が初めての場合、どうしても不安が先立ちます。世の中のニュースでも、カードローンに対してはさまざまなマイナスな要素を耳にします。

しかし、最近のカードローンには、一般市民が安全に利用できるような制限が設けられ、正しい知識があれば決して怖いものではありません。

上手に利用すれば、生活をスムーズに送る上でのこの上のない味方ともなります。とはいえ、あまり聴き慣れない業者を利用するなどで、不正金利の被害を受ける危険性がまったくないわけではありません。

カードローンは何といっても借金には違いありません。借入先には、しっかりとした規定を持ち、常に親身になって相談に乗ってくれるような業者の選定が重要となります。

114スマートネクストなら信頼性抜群

「114スマートネクスト」を提供する百十四銀行は、香川県高松市に長きにわたって根を張り、四国の経済を根底から支え続けてきた金融界の重鎮です。

明治時代から庶民生活を見守り、現代にいたるまで地域の産業の発展に貢献してきました。そんな地方銀行が送りだしている「114スマートネクスト」であれば、信頼性は抜群です。

金利は消費者金融よりもずっと低く、無理なく返済できるシステムを敷いています。カードローン初心者や女性に優しい商品だからこそ、地域で選ばれ続けています。

申込者の多くが、趣味や娯楽に利用しているというのも、暮らしの中で身近な存在と受け止められている表れではないでしょうか。

「114スマートネクスト」を利用するメリット

地域的にも年代・属性的にも幅広い利用がされている「114スマートネクスト」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

パートやアルバイトからの利用が可能だけあって、年収による申し込みの制限は置かれていません。

本当に申し込みができるか心配なときには、ネット上の5秒診断でチェックしてから本番スタートができます。

年収による足切りなしで申し込みができる

銀行カードローンは消費者金融と比べて、申し込みの条件に制限がある商品も多く見られます。例えば「年収○○万円以上」などといった、年収制限などがあります。

「114スマートネクスト」は、申し込みする時点で決まった収入さえあれば、金額に関わらず誰でも受け入れてもらえます。非正規雇用で年収が少ないからといって、カードローンの申し込みをあきらめる必要はありません。

返済に関する保証は保証会社が肩代わり

申込条件の中には、「保証会社の保証が受けられる方」という項目があります。「114スマートネクスト」は、百十四銀行が個人に対して貸し付けを行う、無担保融資です。

担保となる物件や、個人で保証人を準備する必要がありません。その代り返済に関する保証を、保証会社が肩代わりします。

そのため、保証会社側が保証するのに問題のない人物であるかどうかを判断し、問題がなければ申し込みが可能となります。保証料は借入時の金利の中に含まれており、別途支払う必要はありません。

保証会社はエム・ユー信用保証株式会社

この会社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にありますが、消費者金融アコムの子会社です。

過去にアコム系での借り入れをして何らかのトラブルがあれば話は別ですが、基本的にはそれほど心配しなくても保証は受けられると考えて良いでしょう。

年収制限による門前払いがない「114スマートネクスト」は、銀行カードローンの中でも、より庶民の生活に寄り添った商品といえます。

1,000円からでも借り入れできる気軽さが魅力

「114スマートネクスト」が庶民派のカードローンだと考えられる理由は、もうひとつあります。ATMから借り入れる際には、1,000円から出金してもまったく問題ありません。硬貨に対応している機械であれば、さらに少額での借り入れが可能です。

限度枠内であれば、何度でも借り入れ可能

「114スマートネクスト」の最高利用限度枠は300万円です。これはすべての人が対象となるわけではありません。

収入や審査の結果によって250万円・200万円・150万円・100万円・50万円・30万円の融資枠が決定されます。設定された限度枠内であれば、何度でも借り入れができます。

利用者の多くは、借り入れたお金の用途を趣味や娯楽に利用していますが、習い事の月謝を現金で支払わなければならなかったり、映画を見に行くのに少し足りなかったりというときにでも、数千円借り入れて急場をしのぐことができます。

地元密着型の銀行といっても、いざお金を借りるときに面倒な手続きがあったり、○○万円以上と決められていたりするのでは、まったく生活用途に合いません。

過去の銀行の融資のイメージは確かにそういった面があり、市民にはなかなか利用しづらく感じられました。

今日、今すぐに必要な、社会的に見ればほんの少額が足りないということは、誰にでもあります。そこを補填してくれてこその、カードローンです。

「114スマートネクスト」は必要に応じて借りられ、ATMからの返済が簡単にできます。個人の必要性にしっかりと応えてくれる、それが「114スマートネクスト」の大きな魅力です。

5秒診断で借り入れ前のチェックができる

仕事をしていれば誰でも申し込みができると聞いてもやはり心配、という人には「5秒診断」が準備されています。年齢と年収、借り入れの件数と金額を入力してボタンを押すだけです。

年収には制限がないとはいえ、定期的な収入という部分ではやはり金額が少なすぎるとグレーゾーンになります。年収50万円を境に、借入可能かどうかの判断が怪しくなります。しかしそこで、まったくのNGとなるわけではありません。

仮審査で5秒審査よりもさらに詳しいチェック

仮審査に進むよう促され、さらに詳しい生活情報が求められます。一般的な視点からは、年収50万円以下で暮らすのは不可能です。

世帯収入や扶養の状況を確認し、そこから貸付可能の有無が判断されます。60万円以上であれば、融資可能の可能性ありと表示されます。

5秒審査は、あくまで自分でカードローン申し込みについて検討する材料に過ぎません。しかし、迷っているよりも目の前に可能性が表示されれば勇気が出ます。

仮審査の申し込みは、電話やインターネットから

仮審査の申し込みは、電話、インターネットからは365日24時間受け付けています。5秒診断で決心がつけば、すぐにその場で申し込みができます。

カードローンの申し込みは、タイミングが重要です。「114スマートネクスト」は申し込む側の気持ちを配慮し、心のハードルを下げてくれます。

どうしようかと悩んだときに判断材料を与えてくれる、そこからいつでも申し込みの手段が得られる。百十四銀行の「114スマートネクスト」の入り口には、必要な人がいつでも手を伸ばせるような工夫が感じられます。

「114スマートネクスト」のデメリット

100万円に満たない年収であっても申し込みが可能な「114スマートネクスト」は、利用者数から見ても使いやすいカードローンであることは間違いなさそうです。

しかしその一方で、毎月の返済額がやや高めの設定であったり、銀行カードローンとしては金利の魅力が薄かったりというデメリットもあります。

口座がない場合にはローンカードの到着を待たなければ借り入れできないので、急いでいる場合には適しません。

借入可能額に対しての返済額がやや高め

「114スマートネクスト」の利用限度額は、収入や審査結果によって変わります。

ときには、100万円の借り入れを予定していても、実際には30万円までしか認められないという場合もあります。

返済は借り入れた金額に従って、変わります。金額による約定返済額は次の通りです。

借入額 約定返済額
1万円未満 借入残金
1万円超30万円以下 10,000円
30万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超 40,000円

借り入れている金額が大きければ返済額が多くなるのは道理ですが、最少額が1万円というのは、かなりの負担です。

約定返済額は毎月必ず返済しなければならない最低ラインの金額を決めたもので、各業者で独自に設定されます。

消費者金融の最少の返済額は比較的高めに設定されており、10,000~15,000円も珍しくありません。

銀行カードローンの場合は、約定返済額をかなり低く抑えて目玉としている商品もあります。中には2,000円、3,000円からという広告も目にします。

返済額が高めなのは利用者に負担をかけないため

お金がない状況で借り入れているときには、返済額が1万円以上となるのは辛い話です。もっと懐事情に合わせて返済をしたい、と考える人もいるでしょう。

ただし考え方によっては、それ以下の少額としてしまうと返済期間が延びて、借りた金額以上に利息が膨れ上がる可能性があります。

単純に考えると1万円ずつ返したときと、3,000円ずつ返したときでは、返済期間に3倍以上の差が出ます。

百十四銀行側としては、利用者に大きな利息負担をかけないためにも、約定返済額を高めに設定しているのかもしれません。

銀行カードローンの中では平均的な金利

「114スマートネクスト」の金利は9.0%~14.5%です。この数値は銀行カードローンの中では、特に目立っているとはいえません。

消費者金融の上限金利は平均18.0%なので、それに比べるとかなりお得に感じます。

しかし銀行カードローンでは10%以下の超低金利も見られ、金利面では「114スマートネクスト」よりも優れた商品が他にたくさんあります。

  • 金利の種類が2つしかない
  • 上限金利14.5%は、銀行カードローンとしてはごく平均的です。特に高いわけではありませんが、逆に魅力的というほどでもありません。

    「114スマートネクスト」の金利は借り入れる金額によって違い、8つのコースのうち200万円・150万円・100万円・70万円・50万円・30万円は14.5%で、250万円と300万円が9.0%に設定されています。

    金利の種類が2つしかなく、段階的な数字がないのは珍しい設定です。

金利が細かく設定されていると借りる側としては検討の余地もありますが、「114スマートネクスト」の場合は200万円借りても30万円借りても金利が変わりません。

ただ250万円・300万円の高額融資が受けられれば、かなりの低金利になります。複数の消費者金融からの借り入れがあり、高い金利に悩んでいる人であれば、借り換えに役立ちます。

18.0%と9.0%では利息に2倍の差があります。返済日が月1回にまとめられるというメリットもあります。「114スマートネクスト」は上限金利で借りるのであればごく普通の商品ですが、高額融資が期待できる人にとっては価値が高いカードローンです。

口座がなければ融資までに時間がかかる

口座があれば即日融資も可能、というは「114スマートネクスト」のひとつの売りです。しかし、百十四銀行に口座がない人は実際の融資までかなり時間がかかります。

口座があり即日融資を希望する旨を伝えれば優先的に審査してもらえますが、そうでない場合は審査結果の連絡も即日とはならないようです。

口座開設にも手続きが必要

「114スマートネクスト」では利用の際に、ローン口座を開設しなければならないため、窓口に出向くか郵送での処理が必要となります。

一連の手続きが終了した後でローンカードが郵送され、その後ようやく借り入れが可能となります。

審査結果の連絡後すぐに窓口で手続きを行ったとしても、1週間から10日後でなければ借り入れはできません。

消費者金融は元より、銀行カードローンでも即日融資に対応する商品が増えてきています。

特にメガバンクが提供するカードローンは自動契約機がある場合も多く、そうしたタイプではかなり遅い時間まで即日融資が可能です。

中には土日祝日に関わらず、ローンカードを発行してくれるところもあります。誰に対しても即日融資可能な商品と比較すると、「114スマートネクスト」はかなり不便といわざるを得ません。

カードローンと聞くと消費者金融の広告のせいで、何となくスピーディーにお金が借りられるイメージがありますが、「114スマートネクスト」の場合はそれが当てはまりません。

時間がかかることを覚悟しておく

公式サイト上では、申し込みから融資までの期間を10日から2週間とアナウンスしています。最初から百十四銀行を利用している人ならば遅くても翌日までには振込融資される可能性が高いのですが、口座がない人は相当数の日にちを覚悟しておく必要があります。

「114スマートネクスト」利用の流れと注意点

「114スマートネクスト」の申し込みの流れは、口座がある場合とない場合で大きく異なります。web完結ができるのは口座がある人のみで、それ以外は郵送か窓口での手続きが必要です。

窓口申し込みをしても、その場で審査結果が出るわけではないので2度手間になります。利用に際してはカードローン専用口座の開設が必要となります。

「114スマートネクスト」の申し込み方法は5つ

「114スマートネクスト」の申し込み方法は、店頭窓口、インターネット、電話、FAX、郵送の5つあります。

インターネットだけで完結するためには

インターネットだけで完結するためには、百十四銀行に口座を持っていなければなりません。web完結を行う場合には画面から申し込みし、本人確認のメールを受けとります。

メール記載のURLからログインし、必要事項を入力すると審査に入ります。審査結果通知のメールが届いたら、再びログインして審査結果の確認と契約手続きを行います。

一連の処理は早ければ当日中に行われ、午前中に手続きが完了できれば、口座への振込融資が可能です。口座を所有している場合は、すでに本人確認が済んでいるため、あらためての書類提出は必要ありません。

口座がない場合には、インターネットから申し込みを行い、審査結果が伝えられた時点で窓口に来店してその先の手続きを行います。

窓口で対面での申し込みを

窓口で対面での申し込みを希望する場合も、初回の来店時は申し込み手続きだけです。審査結果は後日連絡され、その後本人確認書類を持参の上、再度来店しなければなりません。

その際、カードローン専用口座も開設します。ローンカードは1週間から10日後に自宅に郵送となり、借り入れができるようになります。

来店せずに申し込みから借り入れまでの手続きすることも可能ですが、その場合には郵送ですべての書類をやり取りするため、少なくとも1か月はかかると考えて良いでしょう。

口座開設の処理も種類の郵送でできます。近くに店舗がなく、申込書を取りに行けない場合には、電話で依頼すると送ってもらえます。

「114スマートネクスト」の審査とは

「114スマートネクスト」の審査は、保証会社のエム・ユー信用保証株式会社が行います。三菱UFJフィナンシャル・グループに属し、三菱東京UFJ銀行とアコムが共同で設立した会社です。

銀行カードローンの審査は消費者金融と比較して、厳しいといわれます。消費者金融では、最短30分の審査を謳う広告も良く見かけます。申し込みの間口も広く、審査の難易度はかなり低めです。

銀行カードローンの審査の難易度は、それぞれの銀行で利用している保証会社の種類によります。「114スマートネクスト」の場合は、保証会社が消費者金融のアコムの子会社です。そのため、審査基準としてはアコムに準ずると考えられます。

審査には信用情報機関のデータが照会される

「114スマートネクスト」の審査では消費者金融が主に利用する日本信用情報機構(JICC)と全国銀行個人信用情報センター(JBA)が利用されると考えられますが、過去に何らかの信用事故や複数回の返済遅延を起こしていなければ、それほどの心配はありません。

「114スマートネクスト」は収入が低くても、借入可能なカードローンです。希望する融資額から下げられることはあっても、除外される可能性は低いと考えて良いでしょう。

消費者金融と異なり、銀行カードローンは収入の1/3を超えた貸し付けを制限する総量規制の対象外です。最近は銀行側でも独自の規制を行っているようですが、消費者金融での借り入れが難しい人でもチャレンジする価値はあります。

「114スマートネクスト」の借り入れと返済

「114スマートネクスト」の借り入れは、基本的にはATMを利用します。百十四銀行や提携銀行のATMでは、時間外以外では手数料が無料です。

コンビニATM、ゆうちょATMを利用すると、平日であっても手数料がかかってしまうので、できれば銀行ATMを利用したいところです。コンビニATM、ゆうちょATMの手数料は平日が108円、土日祝日は216円です。

借り入れについて

借り入れについては、設定された利用限度額の枠内であれば何度でも出金できます。ATMが対応していれば、1円からでも借りることができます。

ほんの少しだけ生活費が足りない、ランチに誘われたけど現金がないといったときでも気軽に利用ができます。

返済について

返済は借り入れている残高に従った約定返済額を、毎月26日までにATMかローン専用口座で入金します。約定返済額に上乗せする繰り上げ返済については、特に手数料負担などは発生しません。

利用残高に従って約定返済額が下がったら、その分を上乗せして返済期間の短縮を心がけるのが賢い利用方法です。

例えば残金が30万円以下になると約定返済額は1万円になりますが、その場合の利息総額は74,817円です。それ以前と同様に2万円ずつ返済していれば、利息総額は33,012 円と1/2以下で済みます。

「114スマートネクスト」を利用する場合には、約定返済額が切り替わるタイミングを良く知っておくと、最終的な負担の軽減につながります。

どれほど良いカードローンでも、長く利用するほど利息負担が拡大することを忘れないようにしなければなりません。

地元の暮らしをサポートする「114スマートネクスト」

百十四銀行の「114スマートネクスト」は、四国の香川県から西日本の広い地域まで利用可能な、頼れるカードローンです。

パートやアルバイト、契約社員など幅広い属性で申し込みができ、消費者金融よりもお得な金利で借りられます。

担保や保証人不要で、百十四銀行の口座があれば、即日融資にも対応。ATMで少額から気軽に借りられるので、ちょっとした手持ちが心細いときの心強い味方となります。

入会金や年会費が無料なので、使わずに持っているだけでも負担はありません。時間のあるときに申し込んでおけば、いざというときに役立つことでしょう。

  • 正社員以外でも申し込みができる
  • 西日本広域にわたる申込可能エリア
  • 担保・保証人不要
  • 12万人が利用する信頼性

「114スマートネクスト」を提供する百十四銀行は、明治時代に創業した国立銀行を礎とする信頼性抜群の地方銀行です。

地元貢献を経営理念に掲げ、人々の暮らしをしっかりとサポートしています。12万人もの人たちが「114スマートネクスト」の愛用者、しかも女性が4割という実績からも信用性の高い商品であることはわかります。

申し込みの対象地域に住んでいるのならば、まずはチェックしてみてはいかがでしょうか。カードローンが初めてという人でも、きっと安心して利用できるはずです。