1万円だけ借りたい!今すぐに1万円を手に入れるにはどうすればいい?

1万円だけ借りたい!今すぐに1万円を手に入れるにはどうすればいい?

今すぐ1万円を借りるためにはどうしたらいい?

今すぐ1万円を借りるためにはどうしたらいい?

次の給料日まで、あと1週間だけどどうしてもお金が足りない……計画的に生活していたけど急な物入りで1万円ほど現金が足りなくなった……など切実なキャッシュフローで困ることがあるかもしれません。

1万円なら親兄弟から無利子で借りる、仲の良い友達から借りて、余裕ができたら飲みにでも誘ってお礼をする、などがまず頭に浮かびますが、自分の生活状況を探られるのは嫌ですし、何より多くの方が「借り」を作りたくないと思うことでしょう。

法律が整備されている昨今では、これらの法に基づく「金利」を支払ってでも金融機関から「借金(キャッシング)」をする選択肢もあります。

そこで今回は、キャッシングを含め、今すぐに1万円を手に入れる手段をご紹介します。

1万円だけ借りたいときってどんなケース?

お金を借りなければならないケースは、男性と女性およびそれぞれの年代で、その理由はさまざまでしょう。

生活を破綻させないためにするキャッシングと、生活を充実させるためにするキャッシングは、その動機が180度違います。

まずは、一般的な1万円だけ借りたいときのケースを見ていきましょう。

商品の購入時

商品の購入時

生活を充実させるためにするキャッシングは、20代~30代の独身女性に多いキャッシングの形態です。海外旅行代金の足しにする、欲しい衣服や装飾品を手に入れるためなどが理由に挙げられます。

しかし、このように商品を購入する場合は、たとえ1万円であってもすぐにキャッシングを考えず、クレジットカードによるショッピング枠を利用しましょう。

飲み会の参加費が足りなそうなとき

飲み会の参加費が足りなそうなとき

学校や職場あるいは近所の付き合いで、歓送迎会、打ち上げ会、慰労会など何かと飲食を伴う会合に誘われたとき、月末近くだったりすると予定外の出費で1万足りないということがあるかもしれません。

このような人付き合いの場合、グッと我慢するわけにはいかないため、現金の準備が必要になるでしょう。

友人から借りていた1万円を返すとき

友人知人から借りた1万円。特に催促されているわけではないが、そろそろ返さないとまずそうだという状況のとき、そう思ったときが返し時のため、先延ばしせず、手持ちの現金が足りないときは、何らかの方法で1万円を用意することはやむを得ないでしょう。

今は良いが、この先1万円くらい足りなそう

「今月は、何とかなりそうだけど、来月あたりの月末は1万円くらい足りなくなるかもしれない……」と不安なとき、来月のために事前に準備をしておきたいと思うことがあるかもしれません。

「今ではないがきっとこの先1万円が必要になるはず」このような場合は、事前に準備した1万円は別の用途に消えてしまう可能性があります。そのため、できれば利用する目的ができたら1万円を用意しましょう。

1万円を今すぐ手に入れる方法

生活費のつなぎとして1万円を手に入れる方法は、キャッシングだけではありません。実は、さまざまな方法があります。返済する必要がない手段で1万円を手にできればそれに越したことはないでしょう。

ここでは、キャッシング以外で今すぐに1万円を手に入れる方法をご紹介します。

ブランド品の買い取り依頼

ブランド品の買い取り依頼

ネームバリューのあるブランド品を持っていたら、専門業者に買い取りを依頼しましょう。ネットで調べれば、高価買い取りをうたった専門店が多数あることが分かります。

信頼できそうな店を探して、買い取り依頼をしてみましょう。生活費のつなぎとしてなら十分な金額を手にすることができるはずです。

最近は、LINEなどで写真を投稿し、その場で査定などというサイトもありますが、あまり高額の査定は期待できないようです。

また、写真では十分な査定ができないため、ものを先に送るよう要求するサイトがあります。

ものを送ってしまった後で低い査定額を出されても、ものの引き取りに輸送料がかかるなど厄介なことになる可能性があるため、ブランド品は、店舗に持ち込みその場で査定してもらうのが無難です。

本などの買い取り依頼

本などの買い取り依頼

書籍類(ゲームやCD、DVDも含む)の買い取りは気軽に利用することが可能です。

大手書籍買取店の場合、自分で荷造りをすれば、運送業者が無料で荷物を取りに来て、すぐに査定され、1品ずつの買い取り単価と合計査定額がメールなどで知らされます。

書籍類は、査定価格が想像以上に低いということは比較的ないため、そのまま了承すれば指定の口座に査定額が振り込まれます。

大手書籍買取店のwebサイトによると、買い取り査定額の平均は、5,000円以上とあります。

多くの書籍やゲーム、CDなどを持っている場合は、この方法でも、取りあえずの1万円は、どうにかなりそうです。

質屋の利用

質屋の利用

あまり質屋のイメージが良くないのか、質屋を利用することに抵抗感がある方が多いようですが、生活費のつなぎとしての1万円を確保するには、質屋の利用がおすすめです。

質草は、借り入れた後、流れてしまう前に元金に利息をつけて返金することで取り戻すことができ、何回でも利用できます。

インターネットを使ったキャッシングの方法がさまざまな提案されていますが、あえて質屋という昔ながらの先人の知恵をもっと活用してみるのも良いのではないでしょうか。

今すぐ1万円を借りたいときは?

売れるものがない……という場合もあるでしょう。その場合は、「キャッシング」という手段もあります。

では、キャッシングを利用する場合、1万円のみを今すぐに借りることができるのでしょうか?キャッシングの種類別にご紹介します。

カードレス・キャッシング

カードレス・キャッシング

パソコンやスマートフォンの普及により、銀行系から消費者金融系まで「カード」を発行しない「カードレス・キャッシング」(※1)が普及してきています。

申し込みは、手元のパソコンかスマートフォンで、インターネット経由で申し込むだけです。

申し込んだ後に、利用希望者が電話でカードレス・キャッシングを申し込んだ旨を金融機関に伝えれば、利用者の意思確認がこれで済み、そのほかの審査が通れば申込時に登録した銀行口座に、借入額が振り込まれます。

審査には、在籍確認をしないよう希望することにより、会社や家族への確認の電話もなく、利用が可能です。

カードレス・キャッシングは、カードがないだけではなく、インターネットで完結するため、契約書類もキャッシングの利用明細も発行されない設定になっています(利用明細の発行は、有料で発行するように変更もできます)。

必要なときだけ利用明細を印刷したい場合、利用明細ファイルをダウンロードしUSBに保存することで、コンビニのプリンターから印刷することが可能です。

また、インターネットを使い、カードも書類も発行しないことから経費の節約とともに紙の節約にもなり、このことが返却利率にも反映され、一部のカードレス・キャッシングでは、カード・キャッシングに比べ返却利率が低めに抑えられています。

カードレス・キャッシングの特長は、返済利率の低さだけではありません。

カードを発行する必要がないこと、キャッシング時もパソコンやスマートフォンがあれば、ログインIDとパスワードの入力だけで良いため、今すぐ1万円を借りたいときに、素早くそのニーズを満たすことができます。現金を手にするまでの速さは、カードレス・キャッシングが一番でしょう。

また、ローン返済時の振込手数料も無料になるサービスも一部行われています。

(※1)カードレス・キャッシング:「ネットローン」や「ネット完結型ローン」と呼ばれるときもあります。

クレジットカード・キャッシング

クレジットカードには、商品の購入に使えるショッピング枠と呼ばれる利用限度額が設定されています。

この限度額内までならクレジットカードのショッピング枠で欲しいものを手に入れることができますがこの限度額を超えるものを、キャッシングと併用して手に入れるときなど、クレジットカード・キャッシングを利用する際は、次のことを知っておきましょう。

クレジットカード・キャッシングの利用は、カードローン・キャッシング同様、「信用情報機関」に利用金額と返済記録が残ります

当然ながら、クレジットカードによる利用記録もカードローンでの利用記録も、日本に3つある信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構、CIC)のいずれかに保存されますが、その記録は、カードの使われ方がショッピングなのかキャッシングなのかで内容が異なり、扱いも違ってきます。

とりわけ、キャッシングの利用金額と返済記録は、利用者の信用情報に強くかかわる情報ですから、返済を延滞したり返済ができなくなって金融業者とトラブルになった記録などが残ると、違うカードの申請時審査に通らなかったり、現在のカードの利用限度額が減額されるなど、非常に大きなマイナス材料になってしまいます。

また、クレジットカード・キャッシングの返済利率は、比較的高く年率15%~18%になることを知っておきましょう。この理由からもクレジットカード・キャッシングは、少額短期間の緊急避難的な利用にとどめる方が賢明でしょう。

少額短期間の例として、1万円を年率18%で次の給料日までの最長1カ月間借りる場合、利息は、次の通り148円であり、この程度であれば利用しても問題はないでしょう。

計算式:1万円×18%×30日/365日=148円

なお、クレジットカード・キャッシングのうち銀行系カードなら収入の3分の1までという貸金業法の総量規制を受けません。

また、クレジットカード・キャッシングの最大の特徴は、VisaやMasterCardと提携しているカードなら海外でもキャッシングができることです。海外で手持ちの外貨が底をついたとき、どうしても現金が必要な場合、クレジットカード・キャッシングが役に立ちます。

銀行系カードローン・キャッシング

銀行系のカードローンは、三菱東京UFJ銀行発行の「バンクイック」などがあります。

「バンクイック」の返済利率は、年率1.8%から14.6%です(ただし、返済が滞り、代位弁済(※2)がされたときの保証会社への返済利率は、最高18%程度になります)。

銀行系カードローン・キャッシングは、キャッシング申込時の審査に時間がかかるのが通常で、また借入額が10万円からになります。

そのため、審査を通して今すぐ1万円だけ借りたいというニーズには適用していません。

ただ、返済利率が比較的低いというのは魅力です。計画的なキャッシングで、あらかじめ審査に通っていれば検討に値するキャッシング方法だと考えられるでしょう。

(※2)代位弁済:カードローンの利用者が何らかの理由で返済を滞らせ、督促状などにも答えない場合、あらかじめカード発行会社と契約を結んだ保証会社が利用者の債務を返済すること。

消費者金融系カードローン・キャッシング

消費者金融系カードローンは、「カードローン専用アコムカード」などがあります。

アコムカードによるキャッシングでの返済利率は、3%~18%です。ちなみに、「バンクイック」の保証会社はアコムであり、代位弁済後の返済利率が最高18%になるのはこのためです。

そのほかに、大手消費者金融を例に返済利率を示すと、「プロミスカード」によるキャッシングでの返済利率は、4.5%~17.8%で、「アイフルカード」によるキャッシングでの返済利率は、4.5%~18%です。

カードレス・キャッシングを覚えると、カードによるキャッシングがもどかしくなりますが、消費者金融系キャッシングの場合、ほとんどの金融業者で、初回の借り入れには、一定期間返済利率が0%になっています。

初回借入時だけの特典ですが、1万円を今すぐ借りて、返済利率が0%の期間に元金を返済すれば、金利なしでキャッシングが可能です。

また、ノーローンでは、契約月の次月の1週間、および完済月の次月の1週間は、何回でも返済利率0%でキャッシングが可能です。

これはしてはいけない!ヤミ金融からのキャッシング

これはしてはいけない!ヤミ金融からのキャッシング

ヤミ金融からのキャッシングは避けましょう。ヤミ金融の見分け方は、返済金利の高さにあります。

利息制限法で決められている最高金利である年率20%を超える返済金利を取られるところは「ヤミ金」です。健全なキャッシングサイトが多くある中で、あえて「ヤミ金」に手を出さないように返済金利の上限が20%であることは覚えておきましょう。

キャッシング以外も検討する

今回は、1万円と金額を設定し、今すぐ1万円を手に入れる方法をご紹介しました。

キャッシングにはさまざまな方法があり、1万円だけを借りることは難しくありません。しかし、キャッシングも借金であることには変わりありません。キャッシングも返済がつきものだということを忘れずに利用するようにしましょう。

キャッシング以外にも、今持っている貴重品や生活用品を買い取ってもらう方法などあります。キャッシングを利用する前に、そちらも検討してください。

大山 敏和
大山 敏和

CFP(R)認定者/社会保険労務士/年金アドバイザー
アクシス社会保険労務士事務所代表

2014年8月CFP(R)認定、ファイナンシャルプランナーとしてお客様個人の資産状況分析、および資産形成・運用ノウハウのアドバイスならびにご提案を長期ライフプランとして提示。将来、老齢年金受給世代になったときに豊かに暮らせるライフプランの構築をターゲットに現役世代から見据えるライフストラテジーの確立を応援している。

© カードローンQ All Rights Reserved.